クレジットカード使いすぎの恐怖。落ち着いて対策を行いましょう

クレジットカードはとても便利なアイテムですが、ついうっかり使いすぎて青ざめるなんてことがある道具でもあります。多少の変動なら節約とやりくりでしのげるかも知れませんが、そうも行かないレベルになったらどうしましょう。

大切なのは、早め早めに手を打ってゆくことです。後でいいやと思っていると、お金の準備ができずに大慌てということにもなりかねません。

残高不足になるのが分かっていて対策しないのはダメ

クレジットカードを使いすぎてしまったし、口座にあるお金ではその支払いには足りない。

支払日の半月後にはお金が入ってくるから、とりあえず放置しておこうと考えるのは非常に危険です。

その入ってくるお金というのが、毎月の収入とは別に入ってくるのならともかく、毎月の収入だった場合次の支払いにも困ることになってしまいます。

支払いが遅れるとそのことが指定信用情報機関に記録される

少し支払いが遅れたぐらいなら、信用情報に傷はつかないと聞いたんですが、何日ぐらいまでなら待ってもらえるんでしょう。
それは待ってくれているのではなく、カード会社の仕事の流れでたまたま情報登録されなかっただけです。原則は 1 日遅れただけでも登録される可能性があるのです。

指定信用情報機関は、カード会社や消費者金融、銀行などがそれぞれの特性に合わせて加盟している情報会社です。一つの会社が複数の機関に加盟していることもあります。

支払い遅れとその影響については別の記事に詳しいので、そちらを読んでください。

残高不足はクレジットカードの大敵。当日入金でも間にあうことも

クレジットカード利用代金の滞納。期間と回数によって強制解約も

繰り返す支払い遅れは突然解約される恐れがある

支払日に引き落としができなかったことは、数日後になってカード会社に伝わります。多くのカード会社では、その段階でクレジットカードの利用を一時停止します。

そして、遅れはしたけれど支払いが行われたということも、数日後にカード会社に伝わりますので、多くの場合その翌日には一時停止が解除されます。しかし、その間に公共料金や携帯電話料金などの請求がかかると、支払いが拒否されます。

スマホ本体の分割払いが携帯電話料金に含まれていた場合、こんどは携帯電話会社が指定信用情報機関に「未入金」情報を登録することになるのです。

そうなった場合のシミュレーションをしてみましょう。

  • クレジットカードの支払いが遅れてカードが止まる
  • スマホ本体の分割料金がカードで支払えなくて未入金になる
  • 携帯電話会社がその情報を指定信用情報機関に登録する
  • クレジットカードの支払いができて一時停止が解除される
  • 携帯電話会社の支払いを現金で行う
  • 現金が減ったため翌月のクレジットカードの支払いも遅れる
  • カード会社は再び一時停止して、カード会員の信用情報を照会する
  • 他社にも未入金情報があることが見える ※
  • カード会社は会員の信用状態が悪化したと判断してカードを強制解約する
  • 強制解約した情報も信用情報として登録され支払完了後 5 年間残る

※ 指定信用情報機関に登録された情報は、他社からはどの会社が登録したのかが分からないようになっています。そのため、スマホの分割払いの遅れでも、他のクレジットカードの遅れと同様に判断されてしまいます。

必ずしもこの様になるとは限りませんが、たった一回の遅れが致命的な状態を発生させてしまうことは十分考えられます。

また、入会審査が甘いカード会社は、途上与信が厳しいため 1~2 回の支払い遅れで強制解約になる可能性があることも忘れてはなりません。

使いすぎの防止には毎月の利用額を予算として決めておくと良い

クレジットカードの使いすぎを防ぐには予算決めが役に立ちます。

公共料金など毎月だいたい決まった金額になるものプラス、カードショッピングの金額を決めておくわけです。

そして、カードショッピングの予算を超えそうになったら、買い物自体を思いとどまるか、現金やデビットカードで支払うようにするといいでしょう。

クレジットカードの使いすぎ防止にデビットカード

デビットカードで使いすぎ防止と言っても、元になるお金は一緒なんだから意味がないように思うんですが。
そんな事はありません。クレジットで使うお金とデビットで使うお金を別口座に分けておくことで、預金残高がないと使えないデビットカードによって使いすぎに気づくことがあるのです。

デビットカードは即時払い型のクレジットカードという位置づけです。ですから、銀行口座にお金が入っていないとデビットカードでの支払いは行なえません。

このため、現金での支払いと同じになりますが、キャッシュレス決済ができますしポイントも貯まります。クレジットカードでのトラブルを防ぐには、クレジットカードの支払い用に使っていない口座でデビットカードを発行しましょう。

詳しくはデビットカードの各記事を読んでみて下さい。

デビットカードとは?仕組みから使い方、トラブル対策まで詳しく

請求が来てから慌てないように利用明細はこまめにチェック

クレジットカードを使いすぎたと慌てる人は、たいてい請求書が来てから気づく場合が多いです。ひどい場合は、引き落としができなかったという連絡が来て初めて気づく人もいますが、これはさすがに論外と言わざるをえません。

クレジットカードの利用明細は、せめて週に一回はネットで確認して下さい。これは不正利用の被害を防ぐという効果もあるのです。

利用明細を必ず見てる?クレジットカードで失敗しないお約束

やむを得ず使いすぎた場合にはリボルビングを利用する

例えば急に入院したときの費用や、高価な家電製品が壊れてしまったときの買い替え費用などは、突然やってくる支出なのでカードで一時しのぎをすることがあるかも知れません。

しかし、支払日にはそのお金を準備しなくてはいけません。それができない場合にはリボルビング払いを利用することも一つの手段です。

リボルビング払いは金利が高いので他の方法を優先して考える

リボルビング払いと分割払いはどう違うんですか。
リボルビング払いは複数の買い物をまとめて分割払いにできる制度です。便利ですが、後から買い物を追加できる性質上、なかなか支払いが終わらないという難点があります。

リボルビング払いには実質年率 15% 前後の高金利手数料が発生します。ですから、できれば親類縁者などに頼ることを最初に考えましょう。それができない場合でも、目的ローンなど金利が低い借り入れを探して対応することをおすすめします。

もちろんリボルビング払いを開始してからでも、借り換えの形で低金利ローンなどに組み替えるといいですね。ただし、毎月の支払額を正確に計算してからにしてくださいね。

リボ払いは手数料が高い!クレジットカードはできれば毎月清算で

利用ごとに明細を確認することでも使いすぎは防げる

クレジットカードの使いすぎは緊急の支出によるものより、ついつい使いすぎてしまったと言うケースが多いと思います。

それを防ぐには、カード会社が準備している会員専用サイトで、自分の利用明細をこまめにチェックしておくのが一番です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る