クレジットカードには必ず盗難保険が付帯!その内容をチェック

クレジットカードは、カードを提示するだけで買い物ができる、カード番号を入力すればインターネットショッピングができる、とても便利なものです。

しかし、便利だからこそカードを紛失したり盗まれたりしたときに不正利用されるのでは、という不安もあります。自分が使っていないカードの支払いをするのは嫌ですからね。

でも安心してください。クレジットカードには、必ず盗難保険が付帯しています。今回は、盗難保険の内容、手続き方法、そして補償されない例外ケースについてご紹介していきましょう。

クレジットカードが不正に使われたらどうなる?知ってくべき盗難保険

クレジットカードには、様々な保険が付帯されています。その1つが紛失保険・盗難保険です。

クレジットカードの盗難保険は、万が一クレジットカードが盗難被害に遭って不正に使用されても、その金額について補償してもらうことができるというものです。

盗難保険は自動的に付帯されていますし、クレジットカードを持つ人の権利です。特に手続きなく万が一の時に補償してもらえますから、安心してください。

クレジットカードに付帯しているその他の保険については、こちらの記事でご紹介しています。
クレジットカードの付帯保険って何?

安心しました。クレジットカードが盗まれて勝手に使われても、自分で支払う必要はないのですね。
盗難保険は不正利用に対する補償ではありますが、盗難保険適用のためにはカード会社への連絡以外にもしなければいけないことがあります。

保険適用までの流れについて次でご紹介しましょう。

クレジットカードの盗難被害に遭ったらすべきこと

クレジットカードが不正利用される場合の多くは、クレジットカードの盗難・紛失によるものです。

つまり、クレジットカードを紛失した、盗難された時点で不正利用の可能性がありますので、速やかにカード会社に連絡をしなければいけません。また、クレジットカードの紛失はカード会社に届けるだけでなく、警察にも紛失届・盗難届を出す必要があるのです。

警察へ届け出ていなかった場合、盗難保険が適用されない可能性もありますので注意しましょう。海外で紛失・盗難被害に遭った際は、現地警察への届け出が必要となります。

紛失・盗難専用ダイヤルは、どのカード会社も24時間365日対応しています。国内だけでなく海外からでも連絡できるよう、電話番号を控えておくことが大切です。

クレジットカードの紛失・盗難されたときに必要な手続きについては、こちらの記事で特集しています。
クレジットカードを紛失!まず何をすればいい?海外にいる時は?

クレジットカード盗難保険の補償内容をチェック

では、クレジットカード盗難保険はどのような補償内容になっているのでしょうか。

まず気になるのは、補償限度額ですよね。補償額に上限が決まっていて、その限度額を超えた場合に自分で支払わなければいけないと困ります。

しかし、クレジットカード会社の盗難保険では不正利用満額を補償してもらうことができるようになっています。

補償限度額は、それぞれのクレジットカードに設定されている限度額ということです。

不正利用が全額補償されるのは本当に助かります。

不正利用が証明できれば、いつの利用分についても補償してもらえるのですよね?

いえ、クレジットカードの盗難補償には適用期間が設定されており、一般的には連絡をした60日前以降に発生した不正利用のみしか適用されないのです。
つまり、連絡した日の61日以前分の利用については補償してもらえないということですか?

 

はい。ですから、紛失・盗難または不正利用に気づいたら速やかにカード会社に連絡しなければいけないということですね。

クレジットカード会社によっては、連絡後90日前以降を保険適用期間としている場合もあります。自分の利用しているクレジットカード会社の保険適用期間について確認しておきたいですね。

また、不正利用されて半年ほど経過して気づいた場合でも、補償してもらえる可能性はゼロではありません。

期限が過ぎてしまったからと諦めず、異変に気付いた場合は速やかに連絡をし、クレジットカード会社の指示を仰ぐようにしましょう。

盗難保険が適用されないケースもある!?

不正利用満額が補償される盗難保険ですが、必ずしも保険が適用されるとは限りません。

カード保管義務違反など、特定の条件に合致している場合は支払い免除とならず、不正利用分の支払いを求められる場合もあるので注意が必要です。

盗難保険が適用されないケースとして、以下のケースが挙げられます。

  • 暗証番号入力による不正利用
  • 会員の家族など関係者による不正利用
  • 会員の故意や重大な過失による紛失・盗難による不正利用
  • 紛失・盗難が虚偽の場合

それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

暗証番号入力による不正利用

暗証番号は、本人しか知りえない情報です。

暗証番号入力によってカードが不正使用されても、基本的には暗証番号の管理が不十分だったと判断されるので、不正利用されてもカードの名義人に支払い義務が生じてしまうのです。

ただ、暗証番号の管理について過失がないとカード会社が認めてくれれば、不正利用の補償をしてもらえる可能性もあります。

普通は暗証番号を人に教えることは無いですよね…。

暗証番号の管理に過失がないと判断してもらうためには、どうすれば良いのですか?

他人に推測されやすい番号を設定しないことが重要です。

生年月日・電話番号・住所などは避け、定期的に番号を変えるようにしておきたいですね。

会員の家族など関係者による不正利用

家族や身の回りの世話をする人間による不正利用は、会員による過失によって不正利用が行われた可能性があるということで対象外となる恐れがあります。

本当に不正利用なのか、共犯ではないのか、カード会社が判断しづらいためですね。家族であっても、名義人以外がクレジットカードを利用するのは禁止されています。

クレジットカードは自分自身できちんと管理するようにしましょう。

会員の故意や重大な過失による紛失・盗難による不正利用

会員がわざと盗ませた、紛失した場合の不正利用も、補償対象とはなりません。

また、カード裏のサインを記載していないなど会員による過失があった場合も補償されない恐れがあります。

他にも、カード情報や暗証番号をどこかにメモしていてそれを落とした、という場合も、会員による重大な過失と判断されるので保障対象外とります。

紛失・盗難が虚偽の場合

本当は自分で利用したのにも関わらず、盗まれた、紛失したと虚偽の連絡をして不正利用の申告をしても、当然ながら認められません。

そのような申告をした場合、逆にカード会社から訴えられる可能性もあります。虚偽の申告は、決して行ってはいけません。

クレジットカードは盗難保険付帯で安心して利用できる!

クレジットカードには必ず盗難保険が付帯しています。盗難・紛失による不正使用が行われても、全額補償してもらえるので安心です。

ただ、盗難保険を適用にするためには不正利用や紛失・盗難の連絡を速やかにカード会社に連絡し、警察への届け出をするなど手続きが必要となります。

会員に過失があった場合など、盗難保険が適用されないケースもあります。カード会社の規約をチェックしておきたいですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る