交通系と言えばSuica。でもクレジットカードとの相性は微妙

Suica は交通系電子マネーの筆頭です。関東・東北など、JR 東日本管内にお住まいの方なら、ほとんどの人が知っているでしょう。もちろん、JR 線を利用しない人には縁がないかもしれませんが。

しかし、メジャーな交通系電子マネー 9 種類の中でも筆頭ですし、全国の多くの交通機関でも使えますから、東日本に住んでいなくても利用価値があるかもしれませんよ。

Suica は乗車券だけでなく定期券機能も持っている IC カード

Suica はもともと IC 乗車券としてスタートしました。前身のイオカードは1991 年から運用されていましたが磁気カードから IC カードに切り替えるということで、2001 年から発行されるようになりました。

その後、2004 年からは電子マネー機能が付与され、コンビニなどで使えるようになったのです。

発行枚数も全国第二位のメジャー電子マネー

JR 東日本は通勤通学で使う人も多いですから、ダントツで発行枚数が多いのかと思ったらそうでもないんですね。
地域が限定されるのでそれほどでもありません。しかし、相互利用可能な交通系電子マネー 9 種類を合計すれば、文句なく全国一ですよ。

単純な発行枚数だけで見れば、楽天 Edy が約 1.1 億枚、Suica が約 7,100 万枚です。しかし、交通系を合計すると約 1.4 億枚と楽天 Edy より多くなるのです。ちなみに第 3 位のnanaco は約 6,200 万枚です。

Suica チャージは駅の券売機で行える

Suica はプリペイド式の電子マネーですから、あらかじめ現金をチャージしておかないといけません。チャージできる金額は残高が 20,000 円を超えない範囲です。

駅の券売機では次のようなマークのあるところで現金チャージができます。

Suicaの現金チャージ

また、JR 東日本以外の交通機関の券売機でも、次のマークがあればチャージ可能です。

JR 東日本以外の交通機関の券売機
(IC の文字部分だけのものもあります)

その他、メジャーなコンビニやスーパーなど交通系電子マネーが使えるお店でも、チャージを受け付けているところがあります。急ぎの時には尋ねてみてもいいでしょう。

Suica を利用できるお店は系列を超えているので便利

楽天 Edy は別にして、nanaco が使えるお店はセブン&アイホールディングスが中心になります。コンビニではセブンイレブンだけですね。また、WAON は比較的多くのお店で使えるものの、セブンイレブンやデイリーヤマザキでは使えません。

その点 Suica はお店の系列を超えて広く使えるという意味で、楽天 Edy と同じ便利さがあります。しかも IC 乗車券や定期券としても使えるので、非常に利便性の高い電子マネーだと言えるでしょう。

駅ナカ施設で使えるのはかなりの強み

Suica と楽天 Edy ではどちらのほうが使えるお店が多いのでしょうか。
正直な所わかりません。でも、一人で全国のお店を回るわけじゃないので、自分にとって使い勝手のいい方を選べばいいと思いますよ。

Suica の公式サイトを見ると、ポプラ系列のいくつかのコンビニは掲載されていません。しかし、ポプラの公式サイトには Suica を始めとした交通系電子マネーが掲載されていますので、多分使えるのだと思います。

いずれにせよ非常に使えるお店が多いので、店頭でアクセプタンスマークを確認するか、そのお店の公式サイトで確認してみて下さい。

店頭でアクセプタンスマーク

このアクセプタンスマークがあれば、そのお店で Suica を始めとする交通系電子マネーが利用できます。

Suica のメリットは乗車券としての利便性

Suica はもともと IC 乗車券です。ですので、これにチャージして持っておくだけできっぷを買う必要もありません。定期券機能も持たせられますし、その場合乗り越しをしても差額を自動的に精算できるので手間がかかりません。

また、記名式や定期券の場合、紛失しても届けを出した時点での残高は保証されますし、再発行もしてもらえます。

さらに、モバイル Suica にすれば新幹線の特急券も買えますので、出張や旅行でも便利です。「タッチでGo!新幹線」なら、次の区間で Suica だけで新幹線の自由席に乗車できます。

  • 東北新幹線:東京-那須塩原間
  • 上越新幹線:東京-上毛高原間
  • 北陸新幹線:東京-安中榛名間

Suica はクレジットカードでチャージすると便利

JR 東日本には系列会社として株式会社ビューカードと言うものがあるため、クレジットカードによるオートチャージも可能です。

もちろん、提携カード会社であれば他のカード会社でも使えますし、Suica を搭載したクレジットカードもいくつか発行されています。

意外にたくさん存在している Suica チャージができるカード

Suica カードの場合、クレジットチャージはビューカードからしか行なえないと聞いていたのですが、ポイント還元がすごいビックカメラ Suica カードでもチャージできるのはなぜですか。
それは、ビックカメラ Suica カードの発行元がビックカメラと提携した、株式会社ビューカードだからです。また、提携会社が発行するビューカードというのも存在していますよ。

同じパターンで、他にも Suica を搭載したいくつかのクレジットカードがあります。

これらは、すべて株式会社ビューカードが発行していますので、基本サービスは共通しています。

  • イオンSuicaカード(イオンフィナンシャル)※
  • 横浜バンクカード Suica(横浜銀行)
  • ANA VISA Suica カード(三井住友カード・全日空)
  • みずほマイレージクラブカードセゾン Suica(クレディセゾン・みずほ銀行)※
  • スーパー IC カード Suica「三菱 UFJ-VISA」(三菱 UFJ 銀行)※

これらは株式会社ビューカードの提携会社が発行するビューカードです。Suica機能がついていて、Suicaにチャージすることもできます。後に※が付いているのは年会費無料のカードです。ただし、同じカードのゴールドカードは年会費が必要です。

株式会社ビューカードが発行するカードも、多くのものが初年度年会費無料で、次年度以降も条件付きで年会費無料になることが多いですね。

なお、トヨタファイナンスが発行する TOYOTA TS CUBIC VIEW CARD はSuica にチャージすることはできますが、カード自体に Suica は搭載されていません。

圧倒的に有利なビックカメラ Suica カード

ビックカメラ Suica カードについては、別の記事に詳しく紹介していますが、ビックカメラで使うと 11.5% と言う、とんでもなく高い還元率が期待できるのでおすすめです。

年会費は税別477円必要ですが、初年度無料のうえ前年に一度でも利用していれば翌年も無料になりますから実質無料です。ビックカメラをよく利用する人なら、これが最高の選択肢だと言えるでしょう。

Suica にするかモバイル Suica にするかが悩みどころ

もちろん、普段の使い勝手から言うとモバイル Suica が圧倒的に便利ですし、そちらをおすすめしたいのですが、ビューカードを持っていないと年会費が必要になってしまいます。

しかも年会費税込み 1,030 円と、電子マネーとしてはお安くない年会費ですから悩みどころです。

Suica のためにビューカードを持っておくのがおすすめ

クレジットカードの枚数を増やすのは決しておすすめできることではないのですが、Suica と言う強力なツールを使うための手段と割り切って、年会費が実質無料のビューカードを持っておくのがおすすめですね。

上で紹介した、提携カードを含めたものから選んで下さい。もちろんモバイルじゃなくても、Suica 搭載カードをそのまま IC 乗車券として使ってもいいですよ。

オートチャージを設定しておけば、残高を気にすることなく毎日電車に乗れます。

カード型のクレジットチャージ方法

カード型はビューカードでしかチャージできません。クレジットカードに搭載されたものなら、申し込みのときにオートチャージを希望しておくだけで OK です。

また、駅ナカ ATM の VIEW ALTTE で設定することもできます。画面の案内に従って操作して下さい。

オートチャージではなく、都度クレジットチャージする場合も VIEW ALTTE で画面の案内に従って操作すれば OK です。搭載型でない場合、ビューカードと Suica カードの2枚を準備してATMに挿入します。

モバイル Suicaのクレジットチャージ方法

モバイル Suica の場合、日本国内で発行された 5 大国際ブランドのカードなら、デビットカードやプリペイドカードを除いてほとんどのカードが利用できます。

あらかじめモバイル Suica にカードを登録して、画面操作でオートチャージ条件を設定しておけば、他にすることはありません。オートチャージ条件や金額も、スマホアプリで変更できます。

ただし、先にお話したとおりビューカード以外のカードを登録すると年会費が発生しますし、途中でビューカードに変更しても一度支払った年会費は返ってきませんから注意して下さい。

Suica はクレジットカード込みで申し込むといい

もちろん現金チャージで運用しても問題ありませんが、手間のことを考えるとビューカードと一緒に申し込むのがおすすめですね。

公式サイトには提携カードを含めて案内がありますので、検討してみて下さい。

あなたのコメントをどうぞ!