三井住友VISAゴールドカードは信用度が高い!年会費の割引がある

クレジットカードに高い信頼性を求める方も多いでしょう。この記事で紹介する三井住友VISAゴールドカードは、ブランド力の高さや充実したサービスが受けられるゴールドカードです。

通常の年会費は10,000円(税抜)と、他のゴールドカードと大差はありませんが、やり方次第で年会費を半額以下に抑えることも可能。

三井住友VISAゴールドカードの申し込み条件は、満30歳以上の安定した収入がある方なので、20代の方は原則としてカードを作ることができません。

20代でも作成可能なゴールドカードも発行しています。

20代限定のゴールドカードは、年会費もさらに安く抑えることができ、しかもサービスも充実しているので、20代でゴールドカードを持ちたい方は検討してみるとよいでしょう。

次の記事では、年代ごとにおすすめのゴールドカードを紹介しています。

ここでは、三井住友VISAゴールドカードの魅力や審査条件、年会費を安くするコツについて紹介していきます。

抜群の信頼性!三井住友VISAゴールドカードの魅力

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの基本情報や、その魅力について紹介していきます。

三井住友VISAゴールドカードの基本情報
年会費 10,000円(税抜)
ネット入会で初年度年会費無料
カードブランド VISA、Mastercard
付帯カード ・家族カード
1人目年会費無料、2人目以降1000円(税抜)
・ETC
ポイントサービス ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5〜1.0%
入会条件 30歳以上の安定した収入がある方
付帯保険 海外旅行保険
ショッピング保険

 
三井住友VISAゴールドカードの魅力や特徴は次のとおりです。

三井住友VISAゴールドカードのメリット
  • 抜群の知名度とステータスの高さ
  • 30歳になったら持てるカード
  • 健康相談コールの利用
  • 充実の付帯保険
  • Table Check Pay
  • ゴールドデスク
  • ボーナスポイントアップ
  • 空港ラウンジの無料利用が可能

では、三井住友VISAゴールドカードの特徴を説明していきます。

三井住友VISAゴールドカードの特徴

三井住友VISAゴールドカードの特徴について詳しく紹介していきます。

年会費もお得
抜群のステータスを持つ三井住友VISAゴールドカードですが、やり方次第で年会費を抑える事も可能です。

通常の年会費は10,000円(税抜)ですが、初年度は年会費無料。

翌年以降もWEB明細書を選ぶことで1,000円(税抜)が引かれ、マイ・ペイすリボ選択で5000円(税抜)引き、合わせて6,000円(税抜)の割引が受けられます。

年会費を抑えて充実したサービスが受けられるので、知名度の高いゴールドカードを持ちたい人におすすめです。

ただし、マイ・ペイすリボには注意が必要。マイ・ペイすリボとはリボ払いのことなので、自分の利用額を把握していないと、思いがけなく手数料がかかってしまいます。

リボ払いの怖さについては、次の記事で詳しく説明しています。

ポイント優待サービス
通常のポイント還元率はそれほど高くはありませんが、特定のお店を利用するとポイントが5倍になるサービスが受けられます。

また、三井住友VISAゴールドカードの場合は、一般カードよりもポイント有効期限が3年と1年長いのも特徴です。

買い物保険が付帯されている
年間で300万円の補償が受けられるので、ネットショッピングでも安心して使えます。
空港ラウンジの無料利用
国内の主要空港にてラウンジを無料で利用できます。国内出張や旅行が多い人には助かるサービスです。
Table Check Payが利用できる
食事に出かけたときの支払いを楽にしてくれるサービスです。

TableCheckとは、日本国内の人気店や高級店を多数掲載してグルメサイトであり、リアルタイムで混雑状況をチェックできます。

なかなか予約の取れない人気店の空き状況も把握できるので、憧れのお店で食事ができる可能性も。

また、TableCheckに登録しているお店では、スマホで決済できるサービスが利用できます。

会計時にスマホに支払額が送られてくるので、承認作業を行うだけでサインレス決済ができるのです。

海外、国内障害旅行保険
本会員と家族会員に旅行傷害保険が適用されます。最高で5000万円まで補償が受けられるので、旅行や出張の備えとしては十分です。国内外への出張や旅行が多い人にはおすすめのサービスです。
ゴールドデスク
ゴールド会員専用のデスクが利用できます。カードに関するサービスについて、相談したり質問したりできます。

三井住友VISAゴールドカードをよりお得に活用したい人は、ゴールドデスクに相談することをおすすめします。

ドクターコール
日本国内で起こった急病やケガに対してだけでなく、病院を受診するほどではないが体調面で不安があることなど、体と心の健康について相談に乗ってもらえます。

しかも、24時間年中無休で利用できるのもうれしい点です。

ゴールドカードなので、充実したサービスが受けられるのが三井住友VISAゴールドカードの魅力です。

やり方次第で年会費を押さえることもできるので、お得にゴールドカードを作りたい人におすすめですよ。

三井住友VISAゴールドカードの審査について解説

三井住友VISAゴールドカードを作成したいけれど、審査が通るのか、申込の条件はどうなのか気になるところです。

三井住友VISAゴールドカードの審査状況や申し込み条件について、詳しく見ていきましょう。

三井住友VISAゴールドカードが申し込めるのは30歳以上のみ

三井住友VISAゴールドカードを申込みできるのは、30歳以上の安定した収入のある方です。ちなみに、学生は対象外なので注意が必要です。

ゴールドカードは一般的に審査基準が厳しいイメージがありますが、三井住友VISAゴールドカードはどうなのでしょうか?

三井住友VISAゴールドカードは、申し込み時の年齢を満30歳以上としており、20代の方は作成することができません。

また、クレジットカードの審査は年収だけでなく、勤続年数も審査の対象となることがあるようです。

転職したばかりで勤続年数が短い方は、審査が厳しくなることも。

気になる審査期間についてですが、最短で3営業日ほどで発行してもらうことが可能です。

三井住友VISAゴールドカードへのアップグレードにも審査が必要

三井住友VISAカードから、三井住友VISAゴールドカードにアップグレードしたいと考える人もいますよね。

別の三井住友VISAカードから三井住友VISAゴールドカードアップグレードの場合も、審査があります。

審査基準は新規申し込みと同じですが、三井住友VISAカードを持っており、過去に支払等の延滞がなければ、新規入会よりも信頼性は高くなる可能性があります。

また、三井住友VISAカードを持っている方向けに、インビテーションがくることも。

インビテーションが届いた場合、かなり高い確率で三井住友VISAゴールドカードにアップグレードすることが可能になるでしょう。

インビテーションが来る条件とし、以下のような条件が加味されると言われています。

  • 年齢
  • 性別
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 就業形態
  • 固定電話の有無
  • 持ち家か賃貸か
  • 子どもの人数
  • 住宅ローンの有無

いくつかの条件を点数化して、一定の条件を満たした顧客に対してインビテーションを発行しているようです。

三井住友VISAゴールドカードの年会費を安くする方法を紹介

三井住友VISAゴールドカードの年会費は通常10000円(税抜)です。

高額な年会費を支払ってでも元がとれれば作る価値はありますが、場合によっては年会費を無駄に使うことになります。

しかし、やり方次第で年会費を抑えることができるのです。

それは「マイ・ペイすリボへの加入とWEB明細の利用」です。

マイ・ペイすリボとは、ショッピング1回払いを自動的にリボ払いに変更するサービスです。

申し込み時に最低支払金額を決めておくと、支払総額の一部もしくは全額を支払うことができるのです。

ただし、リボ払いを利用すると金利が発生するので注意が必要です。

マイ・ペイすリボを利用すると、年会費を安く抑えられるのですが、設定金額を誤ってしまうと金利を無駄に払うことになることも。

マイ・ペイすリボは最低10,000円から設定できますが、ショッピングの支払いが10,000円を超えてしまったら、自動的にリボ払いに切り替わります。

リボ払いに切り替わっていることに気が付くのが遅れると、利息の負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

特に年会費を抑えるためにWEB明細を利用していると、紙の明細よりもチェックが曖昧になることが多いので支払方法を見落としがちになります。

マイ・ペイすリボに設定して損しないようにするためにも、設定金額をできるだけ高く設定しておくことをおすすめします。

また、WEB明細を確認しておくようにすると支払方法だけでなく、カードの不正利用にも早めに気が付けるようになります。

他の三井住友が発行している3枚のカードと徹底比較

三井住友VISAカードには、いくつかの種類があります。

種類によって年会費やサービス内容、申し込み条件が変わることがあります。自分に合ったクレジットカードを選ぶためにも、カードの種類や特徴についてよく理解しておきましょう。

三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAプライムゴールドカード 三井住友VISAプラチナカード
年会費 0円(学生)
税抜1,250円(学生以外)
税抜5,000円 税抜50,000円
申込み条件 満18歳以上 満20歳以上30歳未満
安定した収入がある
満30歳以上
安定した収入がある
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
お買物安心保険(年間最高100万円)
海外・国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
ショッピング補償(年間最高300万円)
海外・国内旅行傷害保険(最高1億円)
航空便遅延保険
お買い物安心保険(年間最高500万円)

三井住友VISAクラシックカードは、学生でも利用可能なクレジットカードであり、在学中は年会費無料で作成できるので学生の方におすすめです。

三井住友VISAプライムゴールドカードは、年会費5,000円から持てる20代向けのゴールドカードです。

審査も比較的ゆるいと言われていますので、20代でステータスを求めたい方にピッタリです。

三井住友VISAプラチナカードは、三井住友VISAカードの中でも、最高のステータスを持つクレジットカードです。

年会費も高いですが、その分サービスも充実しています。

ただし、審査もかなり厳しいと言われていますので、申込みをしても通らないことがあります。

三井住友VISAクラシックカードについて知りたい人は、次の記事をご覧ください。

三井住友VISAプラチナカードの詳細は、次の記事に書かれています。

三井住友VISAゴールドカードのデメリット・注意点

三井住友VISAゴールドカードは質の高いサービスが受けられますが、デメリットもあります。

三井住友VISAゴールドカードに入会する前に、デメリットについても理解しておくのがおすすめです。

ポイント還元率の低さ
三井住友VISAゴールドカードの利用額に応じてポイントが付与されるのですが、ポイント還元率があまり高くないことが、デメリットの1つです。

ポイント還元率は通常で0.5%であり、他のゴールドカードと比べて特別高くも低くもありません。

ただし、高いポイント還元率を期待する人には、満足できない可能性があります。

際立った特徴がない
各社ゴールドカードを発行していますが、それぞれのカードごとに特徴があります。

三井住友VISAゴールドカードに関しては、これといった特徴がないのがデメリットの1つ。

提供しているサービスについても、他のゴールドカードでカバーできることがほとんどなので、求めるサービスによっては、他のゴールドカードを選んだ方が使い勝手がよいこともあります。

ゴールドカードを比較して選びたい人は、「おすすめのゴールドカード8枚を徹底比較!メリット・特典から選ぼう」をご覧ください。

ステータスを求める人におすすめのゴールドカード

数あるクレジットカードブランドの中でも、三井住友VISAゴールドカードは、信頼性や知名度が抜群に高いことが特徴です。

クレジットカードのサービスというよりも、信頼性を重視する人にはおすすめのゴールドカードです。

ゴールドカードなので一般のクレジットカードよりも充実したサービスが受けられるのが特徴です。

マイ・ペイすリボやWEB明細を選択すると、年会費をお得にできるので、ゴールドカードを初めて作ってみたい人にもおすすめです。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る