クレジットカード会社が使うのは、審査機関ではなく信用情報機関

クレジットカードの話題というと、どれだけステータスが高いかと言うこと、ポイントバックでどれだけ差が出るかということ、審査についての話題の 3 つが最も多いと思います。

その中の審査については、わりあい誤解されていることが多いようですね。クレジットカードの審査機関って知ってましたか。これ、意外に誤解されているんですよ。

審査機関ではなく指定信用情報機関にデータが蓄積されている

クレジットカードの審査機関とは、実はクレジットカード会社そのものなのです。いわゆるブラックリストのような情報も、一部はカード会社が持っています。しかし、広く用いられているのは専門の信用情報機関です。

そこには、個人の借り入れや割賦販売の利用情報のほか、申し込んだだけの事実まで広く長く記録されているのです。

クレジットカード会社は加盟する信用情報機関から情報を得る

クレジットカードの申し込みの際に、信用情報を専門機関から入手して審査に使うそうですが、これは個人情報保護法に抵触しないのでしょうか。
会員各社に個人の信用情報を提供できるのは指定信用情報機関という、総理大臣や経済産業大臣が指定する機関に限られていて、その場合は個人情報保護法には抵触しません。

指定信用情報機関というのは、個人を対象にした 3 社と、法人を対象にした 1 社だけです。私たちに関係あるのは個人向けの 3 社ですね。

  • 株式会社シーアイシー( CIC )
     ・割賦販売法に基づく(クレジットカード関係)
     ・貸金業法に基づく(個人向け金融業者関係)
  • 株式会社日本信用情報機構 ( JICC )
     ・貸金業法に基づく
  • 全国銀行個人信用情報センター( KSC または PCIC と略されることもある)
     ・主として銀行関連の個人向け融資が対象

それぞれが加盟社からの情報を登録し開示していますが、事故情報だけは即座に三社で共有されるシステムが出来上がっています。

このうち、CIC は、クレジットカード会社が集まって設立された会社である関係から、ほとんどのクレジットカード会社が加盟していますし、ここの情報を利用することが最も多くなっています。

CIC と JICC に登録される情報と期間はほぼ同じ

CIC はクレジットカードに関係する割賦販売法関連だけでなく、JICC と共通する貸金業法に基づく情報を扱っている関係で、ほぼ同じ内容の情報を同じ期間保持しています。

一方で、KSC は銀行関連情報なので、少し期間が長く保管されるケースもあります。今回はクレジットカード関連なので、主に CIC の持っている情報についてお話します。

  • 申込:本人識別情報
     ・氏名
     ・生年月日
     ・郵便番号
     ・電話番号など
  • 申込:申込内容
     ・照会日
     ・商品名
     ・契約予定額
     ・支払予定回数
     ・照会会社名など
  • クレジット:本人識別情報
     ・氏名
     ・生年月日
     ・性別
     ・郵便番号
     ・住所
     ・電話番号
     ・勤務先名
     ・勤務先電話番号
     ・免許証などの番号など
  • クレジット:契約内容
     ・契約日
     ・契約の種類
     ・商品名
     ・支払回数
     ・契約額(極度額)
     ・契約終了予定日
     ・登録会社名など
  • クレジット:支払状況
     ・報告日
     ・残債額
     ・請求額
     ・入金額
     ・入金履歴
     ・異動(延滞・保証履行・破産)の有無
     ・異動発生日
     ・延滞解消日
     ・終了状況など
  • クレジット:割賦販売法対象商品
     ・割賦残債額
     ・年間請求予定額
     ・遅延有無など
  • クレジット:貸金業法対象商品
     ・確定日
     ・貸付日
     ・出金額
     ・残高
     ・遅延の有無など
  • 利用記録
     ・カード会社などが途上与信に利用した記録
これだけの情報が、だいたい毎月更新で記録されて行きます。異常な動きがあった場合はリアルタイムでの記録も行われますね。そして、申込情報と利用記録は登録日から 6 か月間記録されます。
また、クレジット情報については契約期間中と、残債がゼロになり契約が終了した日から 5 年間記録として残ります。

自分の信用情報は開示請求を行うことで取り寄せられる

ここまで細かく記録されているということは、自分の記録も気になりますよね。間違った内容が記録されていたら困ります。

そこで、自分の情報については開示請求を行い手元に取り寄せができます。また、誤った情報が記録されていた場合、誤っていることの証明をつけて書面で請求すれば、訂正してもらうこともできます。

CIC への信用情報開示請求はわりあい簡単

自分のものとは言え、信用情報開示請求と言うとすごく難しい手続きのように思うのですが、誰にでも行えるものなのでしょうか。弁護士さんとかにお願いするのでしょうか。
名前が堅苦しいので大変そうに見えますが、実際には難しいものではありません。申込書と証明書、手数料があれば誰にでも問題なく行えます。

ここでも CIC を例に説明します。CIC に自分の情報を開示してもらうように請求する場合、開示の方法が 4 種類準備されています。

  • パソコンで開示
  • スマホで開示
  • 郵送で開示
  • 窓口で開示

おすすめなのはパソコンで開示する方法です。

これだと、ほぼリアルタイムで情報が入手できますし、印刷することもできますからチェックも簡単です。

サポート期間中の Windows と、IE または Edge のブラウザ、pdf ファイルを開ける環境があればOKです。MacOS や LINUX 系の OS、Firefox や Chrome、Safari などのブラウザには対応していません。

スマホの場合も同様の手続きで開示できますが、印刷や画面表示の点で少し読みにくいかもしれません。開示請求の方法はパソコン版とほぼ同じです。Android 5 以降でも iOS 7.0.6 以降でも利用できますが、ブラウザなどによっては使えないこともあります。

開示請求には手数料がいる

パソコン版やスマホ版がおすすめなのは本人確認書類が不要だからです。

次のような手順で申し込みます。なお、手数料はカード払いですので、指定のクレジットカードが必要です。

  • OSやブラウザなどの利用環境を確認
  • クレジット契約で登録した電話から発信番号を表示できる状態で、申込窓口に電話し、受付番号を取得する
  • 電話から 1 時間以内に申し込みサイトにアクセスして、自分の情報と受付番号を入力する。
  • その場で開示報告書を pdf ファイルの形で受け取る。パスワードが必要なこともある。

手数料は税込み 1,000円( 2019年 4 月 10日現在)です。96 時間以内の再開示は無料です。詳細は公式サイトで確認して下さい。

郵送開示には本人確認書類の添付が必要

パソコンやスマホでの開示が利用できない場合は、郵送で開示請求できます。公式サイトで開示請求申込書を作成印刷して、免許証の写しなどの本人確認書類と 1,000円の郵便小為替を同封して CIC に送ります。10 日ぐらいで開示報告書が送られてきます。

各地方の中心都市7か所には窓口もありますから、本人確認書類を持って窓口で開示請求を行うこともできます。この場合、手数料は500 円です。

窓口では開示報告書の読み方の説明が受けられますから、これも便利な方法ですね。

悪い情報が載っていなければそれはいい報告書

開示請求で届く報告書はカード会社などに報告されるのと同じ内容です。ただし、どのカード会社が登録した内容であるかという情報は、カード会社には報告されません。本人開示の場合にだけ報告されるのです。

ここに悪い情報が載っていたらカード審査が厳しくなるということですし、悪い情報が載っていなければあとは自分の属性だけで審査してもらえるということです。

たくさんの情報が載っているが重要なのは 3 つ

サンプルを見る限り、とても多くの情報が載っていて判断に迷います。どこを見れば、クレジットカードの審査で大きな影響があるのかがわかるのでしょうか。
最も大きなのは[お支払いの状況]-[返済状況]ですね。あとは[入金状況]です。また、[契約内容]-[極度額]は、利用し過ぎを防ぐ意味でチェックされます。
[お支払いの状況]-[返済状況]という欄は空欄でなくてはなりません。ここに「異動」の文字がある場合、それは金融事故になったという記録です。この記入があることを通称「ブラックリスト入り」と言います。
ここに「異動」の文字があると、クレジットカードの申し込みや貸金業者・銀行の個人向け貸付けも、まず審査に通ることはありません。

時々「 CIC の情報を消せます」言った宣伝がありますが、これは 100% 詐欺です。相手にしないで下さい。

指定信用情報機関は、本人からの請求によって、記載内容が事実ではないと言う客観的証拠が提示されない限り登録情報を削除しません。

入金状況は意外に審査に影響を及ぼすので普段から注意

クレジット情報報告書の最下段には、横長に 24 個のマス目が並んでいます。そこは、直近 24 か月間の支払状況が記号で表示されるようになっているのです。

そこに表示される記号にはいくつかの種類がありますが、重要なのは「$」マークです。

これがすべてのマス目を埋めていることが最も良い状態です。このマークには「請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった」と言う意味があります。

次に良い意味なのは「空欄」です。これはカード会社が CIC に情報を送らなかったということです。正常に入金されている限り、情報を送らない横着なカード会社もあるのです。

  • $:正常入金
  • (空欄):情報なし
  • -:利用なし
  • B:利用者とは無関係の理由で未入金
  • C:原因不明の未入金
  • P:一部入金
  • A:利用者都合の未入金
  • R:保証人などからの入金

下に行くほど評価が悪いです。特に下の 3 つのどれかが一つでもあったら、確実に審査に悪影響を及ぼします。一方、利用なしもあまり高い評価ではありません。カードが使われなければカード会社は経費倒れになります。
24 個の$マークが並んでいるのがベストなのです。

興味があれば開示請求するのも悪くない

開示請求したことを記録する項目は、個人信用情報のリストにはありません。ですから、開示請求したからと言ってカードの審査で不利になることもないのです。
どの信用情報機関も同じような手続きで開示請求できますから、興味があれば自分の信用情報がどのようになっているのかを調べてみても面白いかもしれませんよ。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る