セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを紹介

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、個人事業主や経営者向けのクレジットカードです。

同じくセゾンが扱っているよく似たカードに「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」というビジネスという単語が抜けたものがあります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは法人向けのサービスが整っており、ポイント還元率が高めなのが特徴です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は安めですが、プラチナカードにふさわしい保険やサービスが付帯しています。

そのため、低コストで高品質なサービスを求める人に適したカードだと言えます。

この記事では、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴について解説していきます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

まずはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報を確認しましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報
セゾン・ビジネスプラチナ・アメックス

カード情報 内容
発行元 株式会社クレディセゾン
国際ブランド American Express
年会費 2万円(税抜)
ポイント還元率 0.5%
利用限度額 審査により個別に決定
追加カード ETCカード(年会費無料)
追加カード最大4枚(年会費税抜3,000円)
付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング補償年間最高300万円
支払日 10日締め、翌月4日払い

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンとAmerican Expressの提携カードであり、American Express以外の国際ブランドは選べません。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには、次のような3つの注目ポイントがあります。

  • 法人名義口座で引き落としができる
  • インビテーション無しで取得できる
  • 社員用のカードを発行可能

それぞれについて見ていきましょう。

法人名義口座を引き落とし口座に設定可能

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、個人名義の銀行口座だけでなく、法人名義口座での引き落としにも対応しています。

法人名義口座で引き落としをすれば、経費処理のための仕分けが不要になり、大変便利です。

インビテーションなしで手に入る

プラチナカードの中には、下位のカードの利用実績を積み重ねて、インビテーション(招待状)が届くのを待たないと手に入らないものもあります。

しかしセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、最初からプラチナカードに申し込み可能。

そのため、「今すぐプラチナカードが欲しい」という人に、おすすめのクレジットカードです。

ただし、プラチナカードの厳しい審査に合格する必要があります。

ビジネスっていう名前がついているくらいだから、経営者や個人事業主しか使えないカードなんですよね。
そんなことはありませんよ。

実はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、サラリーマンでも申し込みができるんです!

社員用のカードを発行可能

多くのクレジットカードは「家族カード」を発行可能ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに「追加カード」を発行することが可能です。

家族カードは親族しか持てませんが、追加カードは親族に加えて「社員」にも持たせることができます。

本カードと追加カードの利用明細は別々です。そのため、社員が使う経費の確認が簡単になり、非常に便利ですよ。

セゾンプラチナ・ビジネスはプラチナカードとしては年会費が安い

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、2万円の年会費がかかりますが、これは他のプラチナカードと比べるとかなり安め。

どの程度年会費が違うのか、いくつかのプラチナカードのデータをまとめてみました。

プラチナカードの年会費比較
名称 年会費
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 2万円(税抜)
プラチナカード(American Express) 13万円(税抜)
ANA VISAプラチナプレミアムカード 8万円(税抜)
三井住友プラチナカード 5万円(税抜)
JCB プラチナ 2万5千円(税抜)

この表で、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費はかなり安いことが分かります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードが、プラチナカードとしては年会費が安いというのは分かりました。

でも、やっぱり年に2万円というのは大きいですよ。

実は、年会費を半額の1万円にする方法があります。
1万円なら、平均的なゴールドカードの年会費くらいじゃないですか!

どうすれば年会費が半額になるんですか?

カードの年間利用額が「200万円」を超えると、次の年の年会費が半額になります。

正直、個人には厳しい条件かもしれないですね。逆に言うと、会社で使っていれば、条件達成はそれほど難しくはないでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネスはコンシェルジュ・サービスなどが充実

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、充実したサービスが受けられます。

1.プライオリティ・パスが無料

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、「プライオリティ・パス」に無料登録可能。

「プライオリティ・パス」とは

世界140以上の国や地域にある、500以上の空港ラウンジを利用できる権利です。空港ラウンジでは、飲み物や軽食、新聞、ネットなどを無料で(一部有料の場合も有り)利用できます。

プライオリティ・パスの通常年会費は、429米ドルです。これは1ドル108円で計算すると「46,332円」になります。

つまりプライオリティ・パスの年会費だけで、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費以上の価値があるということです。

2.コンシェルジュ・サービスが無料

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには、「コンシェルジュ・サービス」が付いています。

コンシェルジュは、問い合わせに答えたり、何かの手配をしてくれたりする「秘書」のような存在です。

コンシェルジュに頼めること(例)
  • 国内レストランの案内及び予約
  • ハイヤー送迎サービスの申し込み
  • ビジネス向けバンケット、会議室の連絡先紹介
  • プライオリティ・パスの申し込み
  • フラワーギフト手配

コンシェルジュ・サービスでは専任のスタッフが、年中無休でこうした手助けをしてくれます。

コンシェルジュ・サービスって決まったことしかやってくれないんですか?
そんなことはありませんよ。

クレジットカードで決済する事柄なら、その他の用事でも、ある程度は融通をきかせて相談にのってくれます。

3.高額の傷害保険が自動付帯で適用される

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには、海外旅行傷害保険で「最高1億円」、国内旅行傷害保険で「最高5,000万円」という高額な保険が付帯。

しかも、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの保険の適用条件は、国内・海外問わず「自動付帯」です。

多くのクレジットカードの保険は、旅行代金の決済を該当するクレジットカードで決済していた場合のみ、保険金がもらえます。

しかしセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの傷害保険は、旅行代金の決済に使っていなくても自動的に適用されます。

セゾンプラチナ・ビジネスのポイントはJALマイレージ交換がお得

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで獲得できるポイントは、「永久不滅ポイント」。

ほとんどのクレジットカードのポイントは、1~2年程度で無くなってしまうため、無駄になってしまうことがあります。

ですが、永久不滅ポイントは、名前の通り有効期限がないので、気づいたらポイントを失効してしまったという心配もありません。

永久不滅ポイントは、次のような方法で多く貯められます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイント獲得倍率
利用内容 ポイント倍率 還元率
海外での利用 2倍 1%
セゾンポイントモール利用 最大30倍 最大15%
セゾンお取り寄せグルメ利用 4倍 2%

セゾンポイントモールを利用すると、効率的に永久不滅ポイントを貯めることが可能です。しかし、どんな商品でも30倍になるわけではなく、一部の商品に限られています。

次に、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのポイントの有効な使い方を説明していきましょう。

ギフトカードや何かの商品と交換するのも良いのですが、「JALマイル」への交換がおすすめです。

「SAISON MILE CLUB」に加入すると、クレジットカード1,000円利用につきJALマイレージが10マイル貯まり、さらに2,000円の利用につき永久不滅ポイントも1ポイント獲得することが可能。

永久不滅ポイントは、200ポイントがJALマイレージの500マイルに交換できます。

つまり合計すると、1000円につき1.125のマイルが貯まる計算。これはJALマイレージのマイルの貯め方としてかなり優れています。

ちなみにセゾンの一般カードでは、SAISON MILE CLUBがすでに廃止されています。セゾンのゴールドカードなら加入できますが、4000円(税抜)の年会費がかかります。

SAISON MILE CLUBを無料で利用できるのは、プラチナカードの特権ですから、ぜひとも利用しましょう。

セゾンプラチナ・ビジネスは高コストパフォーマンスのプラチナカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、個人事業主や経営者向けのクレジットカードです。ただし普通のサラリーマンでも申し込みは可能。

とは言え、「法人名義口座が利用可能」「社員用カードを追加可能」など、法人向けのサービスが充実していますので、基本的には経営者などが利用するのがお得でしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナカードとしては年会費が安く設定されています。

しかし、プライオリティ・パスやコンシェルジュ・サービスなど、プラチナカードにふさわしいサービスがしっかりと用意されています。

年会費を抑えてプラチナカードのサービスを楽しみたい、という人なら個人の方でもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを選ぶのがおすすめです。

※ 掲載の情報は2019年7月現在のものです。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る