リボ払いは手数料が高い!クレジットカードはできれば毎月清算で

クレジットカードの利用料金の支払い方に、リボルビング払いと言う物があることは知られていると思います。クレジットカード会社にしてみれば手数料が稼げるので、積極的にPRしていますね。
利用者側にとってもメリットのある制度なのですが、いかんせん手数料が非常に高額であるため、それを狙って消費者金融などが借り換えを勧めると言う、熾烈な商戦が繰り広げられています。

リボリビング払いは支払金額を安定させる手段

クレジットカードの毎月の利用額に大きな変動がある人の場合、多少の手数料を支払ってでも毎月の支払いを安定させたいと言う人は少なくないと思います。
そうした人にとって、リボルビング払いと言うのはとても便利なシステムです。しかし、年利にして15%~18%くらいの高額な手数料が必要になると言う欠点も持っているのです。

リボルビング払いは支払回数を固定しない分割払い

元来の分割払いと言うのは、購入したものの代金に支払期間に応じた手数料(金利)を加えて、支払回数で等分して支払うものです。実際には初回または最終回で端数処理を行うため、完全な等分ではなく少し誤差は出ますが、これを元利均等払いと言います。
あるいは、購入したものの代金を支払回数で等分した上に、各支払日までに発生する残額に応じた手数料を加算して支払う、元金均等払いと言うものもあります。こちらは手数料が減って行くので、支払い金額も徐々に減って行きます。
いずれにしても、最初に設定した支払い金額と手数料を、最初に設定した回数分支払えば支払いが完了するのが、一般の分割払いです。

一方、リボルビング払いというのは、支払回数を事前に設定しない分割払いです。設定するのは一回に支払う金額だけです。こちらにも元利均等払いと元金均等払いがあります。
同じものを購入した場合、購入したものが一つだけで、支払い方法と利率、一回の支払い金額が同じならば、一般の分割払いとリボルビング払いの間に差は出ません。回数も同じ回数で支払い完了になります。
異なってくるのは、複数の商品やサービスを購入した場合です。もちろん、同時に複数の商品を購入した場合なら、同一条件下で分割払いとリボルビング払いの間に差は出ません。差が出るのは異なるタイミングで買い物をした場合です。

分割払いは個々の買い物ごとに分割契約を行う

例えば、先月に靴を購入し、今月にバッグを購入、来月にはスーツを購入する予定の場合、一般の分割払いであれば、それぞれに対して分割払いの契約をします。支払回数が同じなら、1ヶ月ずつずれたタイミングで支払いも終了します。
しかし、仮に10回払いで購入した場合、3万円の靴を買った段階で元金の支払いは3,000円、4万円のバッグを買った段階で合計7,000円、5万円のスーツを買った段階では合計12,000円と、支払い金額も加算されて行きます。
それに対して1回5,000円のリボルビング払いにすると、支払い金額は5,000円で固定されたまま、支払回数が伸びてゆくという形になっています。
ですので、支払い金額を安定させるという意味では、非常に適した支払い方法なのですが、いくつか注意しておかないといけないことがあります。
特に「利用残高に応じて毎月に支払い金額が上がることもある」と言う部分ですね。例えば残高が20万円までは元金5,000円以上であればOKだったのが、それを超えると元金1万円以上の請求になると言った制度です。

リボ払いはクレジットカードの限度額まで使えるとは限らない

毎月の支払いをリボルビング払いに設定しておけば、使った金額を気にせず毎月一定の支払いで良いといったイメージで、カード会社などは宣伝しています。実際に残債が増えたり減ったりする程度の利用と支払いならその通りです。
しかし、毎月使う金額より支払う金額がコンスタントに少ないと、着実に残債が溜まって行き、そのうち上限に達してリボ払いが使えなくなるのです。こんなシンプルなことに気づきにくいのがリボルビング払いの魔力と言えるでしょう。

リボルビング払いの上限額はクレジットカードの利用枠以下

リボルビング払いを利用できる総額は、もちろんクレジットカードの利用枠の中ですから、その金額が上限であることは言うまでもありません。しかし、必ず利用枠と同額まで使えるかと言うと、別の基準で計算されるため利用枠より小さくなることもあるのです。
リボルビング払いの利用可能金額がクレジットカードの利用枠より小さくなった場合には、その利用枠を超えた段階で、残りの利用金額は翌月一括払いになります。
もちろん、その支払を行えば、リボルビング払いの利用可能枠が元金を支払った分だけ復活しますから、再びその金額分だけはリボルビング払いが利用できます。

リボルビング払いの毎月支払額は利用額平均を基準に決める

こうした事態を避けようと思うなら、最初にリボルビング払いを設定する際に、毎月の元金支払額を毎月の利用額の平均以上に設定しておくことです。
そうしておくことで、リボルビングの残債が膨らんでしまうことを防げます。すると、当然手数料の支払いも少なくて済みますので、毎月の支払いが楽になります。

また、平均で求めた支払額の場合、数か月連続で利用金額未満になることもあるでしょう。そうした場合に口座に残ったお金には手を付けず、利用額が多くなった月のために取っておいて下さい。
そのお金は、リボルビング払いの残債が発生した時に使います。臨時の支払いを行ってリボルビング払いの残債を減らすのに使えば、残債が膨らんでしまわないので困ることもないでしょう。
リボルビング払いの支払金額は、カード会社が一定の金額を提示していますが、それはほとんど下限金額です。ですから、その目安金額に頼らず、自分でしっかり計算した上で支払い金額を決定しておいて下さい。

リボルビング払いの利用額上限はカード会社の判断で抑制される

消費者金融やクレジットカードのキャッシングには、貸金業法によって収入の3分の1までを上限とする総量規制が行われているのは割合有名だと思います。
実は、クレジットカードのショッピング枠にはそうした規制がなかったのですが、分割払い・ボーナス払いなどについては割賦販売法によって枠が定められているのです。翌月一括払いに規制はありません。

リボルビング払いの枠は支払い可能金額から割り出される

翌月一括払い以外の利用可能枠は、収入だけから導かれるのではなく、実際に支払い可能な金額をカード会社が推定して導かれます。
まず、指定信用情報機関に登録されている情報から、他社が一年間に請求する予定の分割払いなどの金額の合計を求めます。もちろん自社で他に請求予定がある場合はそれも加算します。
カード会社に登録されている年収の情報から、その合計金額をマイナスします。さらに、そこから生活維持費という金額をマイナスして「支払可能見込額」と言う金額を算出します。この生活維持費については法律で次のように定められています。

居住形態 家族1人 家族2人 家族3人 家族4人以上
住宅ローンなし かつ
家賃負担なし
90万円 136万円 169万円 200万円
住宅ローンあり または
家賃負担あり
116万円 177万円 209万円 240万円

ここで言う家族とは、生計を同一とする人の人数で、本人や別居者も含んでいます。
例えば、年収400万円で、他社で月額6万5千円支払いのリボルビング払いの利用があり、住宅ローンが残っていて、世帯人数が3人の場合、
400万円-(6.5万円×12)-209万円=113万円 となり、支払可能見込額 は113万円と算定されます。
割賦販売法では、翌月一括払いを除くクレジットカードの利用枠を、支払可能見込額の90%以内と定めています。したがって、上の例の場合は113万円×90%≒100万円という事になります。
もし、ゴールドカードを持っていて、全体の与信枠が200万円であった場合でも、翌月一括払い以外で利用できるのは100万円までということになるわけですね。
このように、全体の与信枠と異なるリボ払いなどの枠が設定された場合には、カード会社から通知されると思います。

リボルビング払いは利用せずに済むなら使わないほうが良い

先にもお話した通り、リボルビング払いの手数料はかなり高額です。利息制限法の上限いっぱいに近いと言っても過言ではないでしょう。ですから、利用せずに済むなら利用しないほうが良いです。
しかし、突発的に大きな金額が必要になった場合で、その先にも複数回の支払いの可能性がある場合には、支払いを安定させるという意味で便利な制度であることに疑いはありません。

貯金があればリボルビング払いは必要ない

ある程度毎月の支払いに使っても良い貯金があるのであれば、もともとリボルビング払いは必要がないものなのです。例えば、毎月コンスタントに利用するのが月に3万円程度の利用額だったとします。
そこに、ある月には自動車の任意保険で5万円の支払いが必要になった場合、普段から任意保険料として毎月5000円ずつ貯えておけば、慌てずにカードで決済できますね。
しかも1万円の余裕も出ますし、1%のポイントバックがあれば500円分のおまけもつくことになります。
まずは過去1年間にクレジットカードを利用した金額を集計してみましょう。そして、その1割を支払い口座に入れる習慣をつけて下さい。
仮に毎月コンスタントに利用する分で36万円、年に1回の支払いに充てる分で14万円、耐久消費財の買い替えなどで10万円とすると、年に60万円ですから1か月に6万円を銀行口座に置いておくわけです。
すると、前年と同じ利用額だったとしたら12万円浮きますし、例えば入院するなどして突発的な支出があった場合でも、ある程度は賄えるでしょう。

リボルビング払いを利用してしまったら最優先で返済する

世の中には「リボを使って後悔している」などと言うメルマガ広告などが溢れかえっています。これは15%の利息のリボ払いより、10%の利息の消費者金融のほうがお得だから借り換えようと言うお誘いです。
もちろんお得なのはお得ですが、実際には危険をはらんでいます。借り換えた分の毎月の返済は発生しますし、クレジットカードの利用は翌月一括払いで継続するわけですから、返済に苦しむことになる可能性が高いです。
例えば、200万円分のリボルビング払いを利用していて、毎月の新規利用が10万円、支払いが12万5千円、手数料利率が15%だったとします。仮に10%の利率で200万円借りてリボルビング払いに充当し、その借入について毎月4万円の元金を返済したとします。
すると、当初は金利が毎月1.7万円くらい発生しますから5.7万円の返済ですね。それに毎月発生するクレジットカードの翌月一括払いを合わせると、15.7万円の支払いになって、現状より増えてしまうのです。
それよりは、収入は可能な限りリボルビング払いの解消に向けて利用し、定額払いの分だけで安心しないことが、時間はかかるけれど確実な解消法だと言えるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る