クレジットカードの名義変更は必須!旧姓のままのリスクと変更方法

結婚すると女性は大抵の人が名字が変わりますよね。名字(名義)が変わったらクレジットカードの名義変更手続きをしなくてはいけません。

今回はクレジットカードの名義変更をするにはどんな手続きが必要なのか詳しく解説していきます。旧姓のままにしておくことでどんなリスクやデメリットがあるのかも説明していくので、これから結婚する予定の人や結婚してまだ手続きをしていない人はしっかりと確認しておきましょう。

なぜ名前が変わったらクレジットカードの名義変更をするのか

結婚すると速やかにクレジットカードの名義変更手続きをしなければいけません。なぜ変更しなければいけないのかというと、次のような項目に変更があった場合は速やかに手続きするという文言が「カード規約」に記載されているからです。

  • 名前
  • 住所・電話番号
  • 職業・勤務先
勤務先が変わったときに変更手続きをすることをうっかり忘れてしまいそうです・・・。
勤務先の項目は「転勤になって別の支社になった場合」も含まれます。人事異動の時期は注意しましょうね。

クレジットカード裏面の署名欄には旧姓で名前が書かれているかと思いますが、この欄を改姓後の名前で記入することで万が一トラブルがあったときに補償を受けることができます。そのためにはクレジットカードの名義変更手続きをして新しいカードを郵送してもらう必要があります。

前のカードの裏面の署名欄は上書きしないように注意してください。

上から名前を2度書きしたり、二重線を引いて新しい名前を記入するのは無効となります。

万が一、不正利用されたときにも補償されるよう、登録情報は最新のものに更新しておきましょう。

クレジットカードを旧姓のままにしておくリスク・デメリットとは?

速やかに名義変更をしなければいけないと思いつつも、結婚後はいろいろやらなければいけないことがあって後回しにしてしまいそうですね。
ちょっと待ってください。旧姓のままにしておくと次のようなリスクやデメリットが生じてきます。
  • 更新カードが家に届かない
  • 海外で身分証明として利用できない

更新カードが家に届かない

結婚すると住所も変更する場合が多いですが、住所変更・名義変更をせずにそのままにしておくとカードの更新時に新しいカードが届かなくなってしまいます。

更新は5年と長いので忘れがちですが、更新カードが届かないとクレジットカードが利用できなくなってしまうので注意しましょう。

もしクレジットカードが前の住所に送られてしまったらどうなるのでしょうか?
簡易書留で送られるので家族や本人のサインが必要となるのですが、新しい住所に住んでいる住人がサインして受け取ってしまうという恐れがあります。

もしも知らない人がカードを受け取ってしまうことで不正利用のリスクが発生してしまうのです。

海外で身分証明として利用できない

海外ではクレジットカードは信用力の高い人しか持てないカードなので「身分証明」として利用することができます。海外旅行をしている人はクレジットカードを身分証明として使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

海外のホテルでは現金で決済することができますが、デポジット(預かり金)が必要となってしまうためクレジットカード決済が主流となっています。

旧姓のままだと不正利用しているのではないかと疑われる可能性があるのでパスポートの名字と相違がないようにしておかなければいけません。

クレジットカードの名義変更はどんな流れで行われる?

クレジットカードの名義変更をするためには、次の方法があります。

  • インターネットによる手続き
  • 書類郵送による手続き

インターネットでの手続きで完了する場合もありますが、身分証明などの必要書類を郵送しなければいけない場合もあります。

インターネットでの手続き

インターネットで手続きをする場合はまず「公式サイト」にログインします。個人情報の変更欄を選択して変更箇所を入力することで手続きが完了します。

手続き後、新しいカードは2週間ほどで新しいカードが届きます。

郵送での手続き

郵送の場合はカード会社の「公式サイト」より必要書類を取り寄せます。書類が届いたら、必要事項を記入して返送しましょう。

新しい住所や名前が記載された身分証が必要になる場合があります。

返送した書類が到着後はインターネットでの手続き時と同様、2週間ほどで新しいカードが届きます。

2週間で届くんですね。ってことは海外旅行行くときには前もって手続きをしておかなければいけませんね。
そうですね。年末年始やGWなどの長期間の休みのときは通常よりも時間がかかるので特に注意が必要です。

引き落とし口座の銀行口座の名義にも注意を

引き落とし口座名義をまだ変更していないという人もいるかと思いますが、クレジットカードの口座情報が変更しなければ手続きは可能です。ただし、銀行口座の名義とクレジットカードの名義が違う場合口座の引き落としが認められない可能性があるので注意しましょう。

また、新たに口座振替依頼書を送っても銀行で口座名義が変更されていなければ「口座名義人相違」として金融機関からカード会社へ口座振替依頼書が返却されてしまいます。

クレジットカードの名義と口座名義が違うと認められないのかはカード会社によって異なりますが、どちらも同じタイミングで変えておくのが良いでしょう。

どのような順序で手続きをした方が良いでしょうか?
まずは金融機関で口座名義の変更からした方が良いですね。その後クレジットカードの名義変更手続きをしましょう。

全体的な手順としては次の表のとおりです。口座名義人の変更に行くときには印鑑の変更も必要となります。印鑑が前の名字の印影であれば新しい名字の印影である印鑑を準備しておきましょう。国民保険または社会保険の場合は※部分の手続きが必要です。

1.住民票 市役所で住民票を発行する
2.マイナンバー 市役所でマイナンバーの名義変更の手続きをする
3.国民保険※ 市役所で「国民健康保険」「国民年金」の名義変更または扶養の手続きをする
4.免許証 住んでいる住所を管轄する警察署で変更手続きをする
(住民票必要)
5.社会保険※ 会社の担当者に「健康保険証」「厚生年金」の名義変更の連絡をする
(扶養に入る場合は世帯主の会社へ連絡する)
6.銀行口座 「口座名義人」と変わっていれば「住所」も変更
(免許証と銀行印持参)
7.クレジットカード カード会社へ連絡する
8.携帯電話 契約している携帯電話会社へ連絡
9.パスポート 各都道府県のパスポートセンターにてパスポート名義を変更する

たくさん手続きすることがあり、大変かと思いますが順番ずつ手続きをしていくことで二度手間になることなく手続きをすることができます。

名義変更するとクレジットカード番号や有効期限は変わるの?

クレジットカードの名義変更をしたらカード番号と有効期限は変わるのですか?
カード会社によってはどちらかが変わる可能性があります。

名義変更と同時に「職業」や「収入」が変わった場合には再審査されることも。

もちろん再審査となるのでクレジットカードを発行できない可能性もあります。また、信用情報は引き継がれるのでブラックリスト入りしている人もそのまま5年の期間内は引き継がれてしまいます。5年とは返済から5年間のことです。

クレジットカードの名義変更の手続きは早めにしよう!

さまざまな名義変更の手続きをしなければいけませんが、クレジットカードの名義変更の手続きも忘れないようにしてください。

クレジットカードは銀行の口座名義を変更してから手続きするのがスムーズです。

もし結婚や離婚をして職業が変わるのであれば、職業の変更もしなければいけません。そうなると収入などが変わってくる可能性があるのでカード会社が再審査します。もし審査が通ればクレジットカードが改めて発行されることになります。

今回の記事を参考に、スムーズに手続きを進めてくださいね。

あなたのコメントをどうぞ!