楽天カードの家族カードは得?楽天カードの種類ごとに違いを説明します

楽天カードを作ると、追加カードとして「家族カード」を発行することができます。

しかしこの家族カードの詳しい仕様や、作って得になるのかが分からない、という人も多いのではないでしょうか。

そういう方のために、この記事では楽天カードでの家族カードの扱いや、家族カードで出来ることを詳しく見ていきます。

家族カード全般のメリットなどを知りたい場合は、次の記事を参考にしてみてください。

楽天カードの家族カードは家族だけ発行される?

楽天カードの家族カードは、生計をともにする人に家族カードが発行されます。

また楽天カードは、親族以外に生計を同一にする「LGBT」である同性パートナーにも家族カードが発行されると公式サイトに書かれています。

へえ、LGBTの人にも家族カードを渡せるんですね。

これは同居している親族と同じ扱いになる、ということなんでしょうか?

いいえ、LGBTの同性パートナーは、「配偶者」という扱いで、家族カードを発行されます。

楽天の家族カードの仕様を説明します

楽天カードの家族カードは、本会員のクレジットカード1枚に対して「5枚」まで発行可能です。

楽天カードの家族カード会員になると、本会員と同じように家族カードで買い物などをすることができます。

ただし家族カードで使える利用額は、本会員のカードの利用限度額の範囲内に限られますし、家族カード会員が利用した分だけ、本会員が使える利用額が減っていってしまいます。

また、楽天カードの家族カードは本会員のカードと同じ「国際ブランド」となり、「カードランク」「カードデザイン」も同一に。

つまり、本会員が「楽天ブラックカード」を使っているなら、家族カードもブラックカード相当のサービスを受けられるため、非常にお得です。

また家族カードでも、本会員と同じ次のような機能を利用することができます。

楽天カードの家族カードで使える機能
  1. 楽天ポイントカード機能(切替手数料税抜1,000円)
  2. 楽天Edy機能
  3. 楽天カードポイントPay

「楽天ポイントカード機能」とは、カードをレジで提示するだけで、対象店舗での買い物にも楽天スーパーポイントが貯まります。

利用できるお店は限られますが、ポイント還元率1%の楽天ポイントカード利用分のポイントと、ポイント還元率1%の楽天カード(クレジットカード)利用分のポイントが同時に貯まるため非常にお得。

対象店舗で楽天ポイントカード払いをすると(楽天カードで決済)、合計したポイント還元率は「2%」となります。

家族カードにも「楽天Edy機能」が付いているので、家族カードでも電子マネーの楽天Edyが利用できます。

ただし家族カードの楽天Edyは、本会員の楽天Edyと違って「いつでもEdyチャージ」「Edyオートチャージ」が使えません。

ですが楽天カードの家族会員でも、「Edyチャージ」「現金チャージ」「ポイントチャージ」は利用することができますよ。

「楽天カードポイントPay」は、楽天カードポイントPay加盟店で「楽天スーパーポイント」での支払いができるようになるシステムです。

楽天カードの家族カードを作るメリット・デメリットを紹介!

この章では、楽天カードの家族カードのメリットとデメリットを説明していきます。

楽天カードの家族カードを作るメリットは?

楽天の家族カードを持っていると、本会員と同等の「保険」が適用。

そのため、良い保険が付帯する楽天のカードの家族カードを作れば、保険の面で非常に有益です。

特に楽天ブラックカードは、「年会費無料」で家族カードを作れるため(2枚限定)、破格の性能を誇っています。

楽天ブラックカードについては、次の記事で詳しく説明しています。

また、「楽天ANAマイレージクラブカード」を使っていると、家族カードでも「スキップサービス」を利用可能。

スキップサービスは、ANA路線の空港チェックイン時に、読み取り機にカード(バーコード)をタッチするだけで、簡単に素早く搭乗口を抜けられるシステムです。

他に、一般的な家族カードにある次のようなメリットも、楽天の家族カードにもあります。

楽天の家族カードの利点
  1. 年会費が本会員カードより安い(本会員カードが年会費無料の場合は変わらず)
  2. 家族カード利用で本会員にポイントが貯まる(一部例外有り)
  3. 本会員カードと同じようなサービスを受けられる
  4. 利用明細がまとまるため、支出管理がしやすい
  5. 家族会員は本人確認・審査不要で家族カードを持てる

これらのメリットを考えると、基本的には家族カードを作ったほうがお得で便利です。

ただし家族カードを受ける側にも十分な収入がある場合は、別に本会員カードを作った良いケースもあります。

楽天カードの家族カードのデメリット

楽天カードの家族カードには、次のようなデメリットも。

楽天カードの家族カードの弱点
  1. 家族カードではETCカードを作れない
  2. 本会員カードを切り替えたり解約すると家族カードも使えなくなる
  3. 本会員カードと同時に申込んでも同時に届くとは限らない
  4. 家族会員が何を買ったかが本会員に伝わってしまう
  5. 利用枠が足りなくなることがある
  6. 家族カード会員はクレジットヒストリーが空白状態になる

楽天カードの場合、「ETCカード」を作れるのは本会員カード1枚につき1枚だけ。

家族カードを作っても追加のETCカードは作れないため、家族も車の運転をしている家庭では不便です。

また、本会員がより上位の楽天カードに切り替えたり、カードを解約した場合、家族カードもいっしょに使えなくなってしまいます。

さらに、家族カードが使えなくなった時に楽天Edyのチャージ「残高」がある場合、そのポイントは全て「消滅」するというデメリットも。

また、家族カードは、本会員カードよりも届くのが遅れることがあります。その場合、別送の簡易書留郵便で2週間程度の時間がかかることもあります。

家族カード会員も楽天カードの「利用明細」を確認できますが、可能なのは自分が利用した分だけ。

対して本会員側は、家族カード会員側の利用明細を照会できます。プライバシーを気にする人は、家族カードを使いにくいでしょう。

また、家族カードを増やしてもカードの「利用限度額」は増えないため、利用人数が増えた分カードの利用枠が足らなくなる恐れがあります。

さらに、家族カード会員には、クレジットヒストリーを積むことができません。

クレジットカードヒストリーを積むには、家族カードでなく本会員としてクレジットカードを作る必要がありますよ。

クレジットカードヒストリー、いわゆる「クレヒス」については、次の記事に詳しく解説しているので参考にしてください。

楽天カードの「本カード」と「家族カード」のサービスの違いを紹介!

楽天カードの本カードと家族カードには、いくつかの違いがあります。

「楽天カード」「楽天PINKカード」「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」の4つの楽天カードについて、本会員と家族カード会員の違いを見ていきましょう。

まずは通常の「楽天カード」から見ていきましょう。

楽天カードの家族カードの違い

楽天カード

楽天カードの本会員と家族カード会員の違い
内容 本カード 家族カード
年会費 無料 無料
キャンペーン 新規入会特典2,000ポイント
カード利用特典3,000ポイント
同時入会特典1,000ポイント
付帯サービス ポイントサービス、保険など 同等のサービスを利用可能

楽天カードの詳しい情報については、次の記事で説明しています。

楽天PINKカードの家族カードの違い

楽天PINKカード

楽天PINKカードの本会員と家族カード会員の違い
内容 本カード 家族カード
年会費 無料 無料
キャンペーン 新規入会特典2,000ポイント
カード利用特典3,000ポイント
同時入会特典1,000ポイント
付帯サービス 海外旅行傷害保険など 同等のサービスを利用可能

楽天PINKカードについてさらに詳しく知りたい方には、こちらの記事が有用です。

楽天ゴールドカードの家族カードの違い

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの本会員と家族カード会員の違い
内容 本カード 家族カード
年会費 2,000円(税抜) 500円(税抜)
キャンペーン 新規入会特典2,000ポイント
カード利用特典3,000ポイント
同時入会特典1,000ポイント
付帯サービス 国内空港ラウンジ利用権など 同等のサービスを利用可能

楽天ゴールドカードが気になったという人は、次の記事も合わせてご覧ください。

楽天プレミアムカードの家族カードの違い

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの本会員と家族カード会員の違い
内容 本カード 家族カード
年会費 10,000円(税抜) 500円(税抜)
キャンペーン 新規入会特典2,000ポイント
カード利用特典3,000ポイント
同時入会特典1,000ポイント
付帯サービス 楽天プレミアム1年無料
プライオリティ・パス
楽天プレミアム1年無料サービスは無し
プライオリティ・パス無料登録は無し

楽天プレミアムカードの特徴などは、こちらの記事で詳しく説明してあります。

サービス内容については、どちらでも大きな差はありません。楽天プレミアムカードで多少の差が出る程度。

また、家族カードの方が年会費は安くなりますが、キャンペーンで貰える金額は少なめです。

楽天カードなどの年会費無料のものなら、家族カードを作るより、本カードを複数作る方がお得ですよ。

家族カードの方がお得なのはどんな状況でしょうか?
「楽天プレミアムカード」のように年会費が高いものは、家族カードを作れば年会費分の出費を節約できますね。

楽天カードの家族カードのポイントは合算される?

家族カードを利用すると、利用分のポイントが、「本会員の楽天スーパーポイント口座」に貯まります。

ただし、「楽天ポイントカード機能」で支払った場合のポイントカード分のポイントは、家族会員の楽天IDに貯まります。

楽天ポイントカードの、クレジットカード払いの分のポイントは本会員の口座へ。

「楽天カードポイントPay機能」で、持っているポイントで支払った時に貰えるポイントについては、家族会員の楽天IDに貯まります。

う~ん、家族カード会員だと、ポイントを貰える条件が少なくて、それほど自分のポイントは貯まらなさそうですね。

余っているポイントを本会員に渡したりはできないんですか?

できますよ。

本会員から家族カード会員へ、家族カード会員から本会員へ、家族カード会員から家族カード会員へと、好きな相手にポイントを移行することが可能です。

楽天カードの家族カードは上位カードでより役に立つ

家族カードには、「年会費を抑えられる」「家計管理を簡単にする」「原則として審査無しで持てる」「家族カード利用分も本会員にポイントが貯まる」などの様々なメリットがあります。

しかし楽天カードの場合、年会費無料のカードが多く、カード新規作成時に貰えるポイントが多いため、家族カードを作らない方が特になるケースも。

年会費無料の楽天カードを使う場合は、なるべく家族カードではなく本カードを複数作ったほうがよいでしょう。

逆に年会費が高い楽天カードを持っている場合、家族カードを増やしたほうが効率的です。

※ 掲載の情報は2019年12月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!