QUICPayと異形端末。クレジットカード支払いが簡単になる

QUICPay(クイックペイ) は JCB が開発したクレジットカード用のインターフェースで、一般的には「ポストペイ(後払い)型電子マネー」と呼ばれています。

内容的には、NTT docomo の iD とよく似ています。支払いの裏付けとなるクレジットカードなどに紐つけて、実際の支払いシーンでは、クイックペイ端末をカード読取機にかざして決済します。

クイックペイはクレジットカードの使い勝手を良くしてくれる

クイックペイのメリットは、クレジットカードなどの支払手段を手軽に使えるようにしてくれることです。これは iD でも同じですが、モバイル版の場合カードを出さずにスマホを読取機にかざすだけでカード払いができてしまいます。

近頃注目の QR コード支払いのように画面操作でもたつくこともありません。
例えばおサイフケータイを利用すると、スマホの電源を切っていても支払いができるのです。

クイックペイの支払いにはデビット・プリペイドカードも使える

クイックペイの支払手段の基本はクレジットカードですが、新しいタイプの QUICPay+(クイックペイ・プラス)では、デビットカードやプリペイドカードを紐つけて使うこともできます。

  • JCB デビットカード
  • じぶん銀行スマホデビット(Google Pay のみ)
  • みずほ Wallet
  • LINE Pay
  • ANA JCB プリペイドカード
  • au WALLET(Apple Pay のみ)
  • Kyash Visa プリペイドカード(Google Pay のみ)

クレジットカード以外の決済手段の場合、一部を除いて基本的にはスマホアプリで利用することになります。いずれにせよ、スマホアプリでの利用がクイックペイ・プラスの長所を最も引き出してくれますから悪くないと思います。

電子マネーの手軽さとクレカ払いの安定感を併せ持っている

特に数千円レベル以下の少額支払いにおいては、どの方式のクイックペイであってもかざすだけで完了です。プリペイド型の電子マネーと同じように気軽に手軽に利用できます。

楽天 Edy の「シャリーン」や WAON の「ワオン!」と同じように「クイックペイ♪」と言う決済音が鳴れば支払いは完了です。1 回の利用上限額は次のとおりです。

  • クイックペイ:20,000 円
  • クイックペイ・プラス:20,000円 以上も可能(※)

(※:支払手段に指定されたカードや加盟店のルールによる。)

しかも、支払手段が別にセットされているので、チャージ残高を気にする必要はありません。クレジットカードであれば利用枠を使い切っていないか、デビットカードであれば口座残高があるかどうかだけを注意しておけばいいのです。

クイックペイは対応カードの支払端末

クイックペイはクレジットカードなどの決済手段のためのインターフェースです。ですから、いくらまで利用できるかなどの条件は、クレジットカードなどによって決まります。

クイックペイは原則として暗証番号を必要としませんが、加盟店の側で一定金額以上で暗証番号を要求できるようにもなっています。ですから 1 万円までの利用にとどめておいたほうがいいでしょう。

クイックペイにはモバイル型など様々な形態がある

クイックペイは FeliCa を利用した支払いインターフェースですから、FeliCa チップが内蔵されていれば、カード型に限らず様々なスタイルの支払い端末を作成することができます。

実際にリリースされているものを見てみましょう。

  • プラスチックカード内蔵型
     ・クレジットカード等一体型
     ・専用カード型
  • モバイル型
     ・おサイフケータイ
     ・Google Pay
     ・Apple Pay
  • 異型端末型
     ・ANA キーホルダー
     ・スピードパスプラス
     ・QUICPay コイン

プラスチックカードについては、クレジットカード一体型と専用カードがあります。どちらもクレジットカードなどの発行会社に申し込んで受け取ります。ですので、支払いもそのクレジットカードからになります。

一方、モバイル型だけを発行しているカード会社もあります。すでにクレジットカードを持っていて、そのカード会社が対応している場合、モバイル型を申し込むことでスマホに登録して使うことができます。

異型端末はカードを取り出すわずらわしさがない

クレジットカードそのものを含めて、カード型はカードケースへの出し入れが面倒ですし、紛失しやすいというデメリットもありますね。

その点、モバイル型だとスマホで支払いができるので、ポケットから取り出してすぐ使えます。一方、スマホは少々かさばるという難点もありますね。その点異型端末は小型だけれど紛失しにくいと言うメリットがあります。

キーホルダー型は、鍵と一緒に持ち歩けるので便利ですし、コイン型は専用リストバンドを使うと腕時計のように巻き付けて使えるので、ジョギングのときなどに便利です。

ANA キーホルダー:
ANA キーホルダーの画像
スピードパスプラス:
スピードパスプラスの画像
QUICPay コイン:
QUICPay コインの画像

いずれも JCB の公式サイトで申し込めます。また、スピードパスプラスについては、ENEOS の旧シナジーグループ(モービル・ESSO・ゼネラル)でも申し込めます。

2019 年 7 月には、スピードパスプラスに代わるエネキーと言うアイテムが投入されますが、スピードパスプラスはそのまま継続利用できます。またエネキーのシステムについては、2019 年 3 月末現在詳細が発表されていません。

クイックペイには 2 種類あるので加盟店をチェック

上でも少しお話しましたが、クイックペイには 2 種類あります。デビットカードやプリペイドカードに紐付けられたものはクイックペイプラスの加盟店でしか使えません。

一方、クレジットカードに紐付けられたものは、1 回 2 万円までなら、どちらの加盟店でも利用することができます。

基本はアクセプタンスマークのチェックから

クイックペイには 2 種類のブランドマークがあり、それがアクセプタンスマークとして加盟店の店頭などに表示されています。

アクセプタンスマークの画像

左のマークのお店では、クレジットカードを登録したクイックペイで、2 万円まで利用することができます。

一方、右のマークのお店ではクレジットカードのほかデビットカードやプリペイドカードを登録したクイックペイ・プラスも利用できます。上限額は変動しますが、Google Pay の場合、3 万円まで利用可能です。

もちろん右のマークのお店ではクイックペイも利用することができます。

クイックペイはコンビニはもちろん数多くのお店で使える

コンビニについては、メジャーコンビニだけでなく、中堅どころのコンビニでも使えるところが多くなっています。また、スーパーもイオンやイトーヨーカドーだけでなく、地域性の強いお店でも使えるところが増えていますね。

また、最近まで使えなかった東京ディズニーランド・ディズニーシーでも使えるようになったという情報があります。業態を問わず使えるところは多いので、[ QUICPay の使えるお店 ]で検索して、公式サイトから探してみて下さい。

最近使えるようになったお店としては、次のようなものが紹介されています。

  • 東京ディズニーランド
  • 東京ディズニーシー
  • ロッテリア
  • 牛角
  • タリーズコーヒー
  • ユニクロ

チェーン店については非対応店もあるようですので、あらかじめチェックしておいてくださいね。

クイックペイ搭載・対応のクレジットカードいろいろ

クイックペイに対応したクレジットカードは、JCB を中心に様々なものがあります。もちろんカード会社ごとにポイントバックや特典などが異なりますので、新たに申し込むなら有利なものを選ぶといいでしょう。

しかしながら、電子マネーに関係するポイントバックは年々寂しくなってくる傾向があります。よく見極めてくださいね。

クレジットカードごとにポイント還元率は異なるが 1 %が最高

電子マネーチャージではポイントがつかないクレジットカードも多いのですが、ポストペイ型の場合どうなんでしょう。
プリペイド型よりはマシな状況だと思います。それでもクイックペイでの支払いについてポイント還元率を示していないカードも結構ありますね。

クイックペイに対応しているクレジットカードのうち、ポイント還元率を公式サイト上に明示していたのは以下のとおりです。優待などを除く、ベーシックな還元率で比較してみました。

  • アプラス:0.5%
  • エポスカード:0.5%
  • クレディセゾン:0.5%
  • JCB プロパーカード:0.5%
  • ミライノカード:0.5%
  • セディナ:0.5%
  • セブンカードプラス:0.5%
  • タカシマヤカード:0.5%
  • トヨタファイナンス:0.5%
  • UCカード:0.5%
  • UCSカード:0.5%
  • ゆめカード:0.5%
  • オリコカード・ザ・ポイント:1.0%
  • au WALLET クレジット:1.0%
  • ワイジェイカード:1.0%
  • 楽天カード:1.0%

このようになります。

おすすめはオリコカード・ザ・ポイント

1.0% の高還元率を誇るカードが 4 種類ありますね。しかし、オリコカード・ザ・ポイント以外は Apple Pay にしか対応していません。Android ユーザーは置いてきぼりです。

ですので、プラスチックカードもおサイフケータイも、ApplePayにも対応しているオリコカード・ザ・ポイントがおすすめと言えるでしょう。

かざして使える便利さは iD と共通

クレジットカードなどを背景に、コンビニなどでかざして使えるメリットは iD と共通です。クレジットカードにもコンタクトレスカードが増えてきたとはいえ、FeliCaの高速安定性にはかないません。

ですので、iD とクイックペイのどちらを選ぶかは、自分のクレジットカードが対応しているかどうかが分かれ目になるでしょう。

あなたのコメントをどうぞ!