nanacoチャージに使えるクレジットカードは意外に少ない。

セブンイレブンと言えばなじみ深いコンビニですが、実は世界最大のチェーンストアなんです、知ってましたか。世界中に 6 万店舗以上、年間売上高は 10 兆円以上と言う巨大チェーンです。

このセブンイレブンと同じグループのセブンカードサービスが発行する電子マネーが nanaco です。背景の凄さとは裏腹に、ちょっと弱い部分もある電子マネーなんですよ。

nanaco はチャージして使うタイプの電子マネー

nanaco は、いわゆる「プリペイド型」の電子マネーです。現金やクレジットカード、ポイントなどをチャージすることでバリューを増価させ、それを使って買い物することができます。

もちろんnanaco を利用することでポイントバックが行われ、そのポイントをチャージすることができるのでお得な支払方法でもあります。

「チャージしてかざす」が電子マネーの基本

電子マネーにはプリペイド型とポストペイ型がありますが、電子マネーといえばプリペイド型が主流だと思います。あらかじめ電子マネーにチャージしておいて、チャージ残高から買い物で使った金額が差し引かれる方式ですね。

支払時にはレジ係の人に「 nanaco で」と申し出て、読取機に電子マネー(カードやおサイフケータイなど)をかざし、決済音が鳴ったら完了です。

楽天 Edyの「シャリーン」とか、WAON の「ワオン!」に比べると「ピュイピュ」 とでも例えたらいいのでしょうか、nanaco はちょっと自己主張の薄い決済音です。

意外にコンビニでは使えない nanaco

nanaco は海外のセブンイレブンでも使えるんでしょうか。
残念ながら、nanaco は国内専用です。それでも 2 万店舗以上ありますから使えるお店は多いですね。

とは言うものの、nanaco が使えるコンビニはセブンイレブンだけです。ほかのメジャーコンビニでは使えません。同じ商業流通系電子マネーの WAON がセブンイレブンとデイリーヤマザキを除いたメジャーコンビニすべてで使えるのとは対照的ですね。

もちろんコンビニでの利用も楽天 Edy が最強で、駅ナカコンビニと電子マネー未対応のお店を除いて使えないお店はありません。

nanaco はセブン&アイグループで利用するのが基本になる

コンビニではセブンイレブンでしか使えない nanaco ですが、セブンイレブン自体が国内に20,000店舗以上を展開しているので、それなりに使える電子マネーではあります。しかしながらグループ外に対して比較的閉鎖的なのは弱点ですね。

主な電子マネーで、メジャーコンビニ 5 社について使える店舗数を見てみましょう。全国に展開するメジャーコンビニとは次の 5 つです。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ

上の 3 つが、10,000 店舗以上を抱える 3 大コンビニエンスチェーンです。

  • 楽天 Edy :約 51,000 店
    (すべてのメジャーコンビニで利用可)
  • 交通系電子マネー:約 51,000 店
    (すべてのメジャーコンビニで利用可)
  • WAON :約 29,000 店
    (セブンイレブン・デイリーヤマザキ以外で利用可)
  • nanaco :約20,000店
    (セブンイレブンのみ利用可)

やはり、楽天 Edy と交通系が圧倒的ですが、nanaco はコンビニチェーンとして最大なのに、他のコンビニで使えないというのは弱点としか言いようがありません。

使えるお店はセブン&アイグループが中心になる

nanaco が使えるお店は増えていますが、それでもやはりセブン&アイグループが中心になります。もちろん、これは WAON はイオン系列が中心になるのと同じで、ある程度は無理からぬ事なのです。

ですので、nanaco を利用するかどうかは、自分のよく利用するお店で特典があるかどうかというところに注目すべきでしょう。

セブン&アイグループはかなり大きいので使えるお店は多い

セブン&アイグループって、どんなお店があるんでしょうか。スーパーなどのほか、飲食店などもありますよね。
イトーヨーカドーはグループ中核ですからよく知られてます。株式会社そごう・西武も傘下企業ですし、デニーズなどもグループ内ですね。

スーパーでは、ヨークベニマルやヨークマートも傘下企業です。アカチャンホンポも8割の株式をセブン&アイホールディングスが持っていおます。一方、傘下企業ではなくても飲食関係では使えるところもあります。一部を抜粋してみましょう。

  • 小僧寿し
  • かっぱ寿司
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • 上島珈琲店
  • コメダ珈琲店
  • CoCo壱番屋
  • Volks
  • ビックカメラ
  • Loft
  • Joshin
  • ドラッグストア・ツルハグループ
  • スギ薬局
  • ココカラファイングループ
  • ENEOS(旧シナジーグループ)
  • ENEOS(旧 ENEOS は 2019 年 7 月から利用可能)
  • ROUND 1
  • 快活 CLUB
  • 成田空港
  • 新千歳空港

現金チャージはセブン銀行 ATM が便利

チャージができるお店はセブン&アイグループ企業のほかは、旧シナジーグループの ENEOS スタンドや一部の家電量販店ぐらいです。

ですのでチャージはセブン銀行 ATM を利用するのが手軽でいいですね。

また、セブン銀行 ATM では楽天 Edy と「交通系ICカード全国相互利用サービス」に加盟している Suica や ICOCA などの交通系電子マネーのチャージもできるので大変便利です。

JCB ブランドなら多くのカードで nanaco チャージができる

nanaco にチャージすることができるクレジットカードは限定的です。しかし、JCB カードでチャージすることができるため、国際ブランドとして JCB を載せているカードなら、一部を除いてほとんどのカードでチャージが可能です。

ただし、クレジットカードのポイントはつかないことも多く、過去についていたカードでも nanaco を含めた電子マネーチャージではポイント付与が制限されることが多くなっています。

クレジットカードによるチャージは少し手間がかかる

クレジットカードを使って nanaco にチャージするには少し手間がかかります。まず、初回操作が必要です。

  • 本人認証サービスに登録したクレジットカードで nanaco にチャージ可能なものを準備する
     ・JCB:J/Secore
     ・VISA:VISA認証サービス
     ・マスターカード:Mastercard SecureCode
  • nanaco サイトの会員メニューにアクセス
  • クレジットチャージに進む
  • 特約に同意する
  • カード情報を登録する
  • nanaco カードの場合オートチャージの要不要を登録する
  • 登録情報を確認する
  • 本人認証サービスを通過する
  • 登録が完了したら 24 時間後からチャージが可能になる

ちょっと手間ですが、案内に従って作業を進めましょう。24時間が経過したら、会員サイトからクレジットチャージの作業を行います。

  • nanaco 会員メニューにログインする
  • チャージ金額を申し込む
  • セブンイレブンの店頭やセブン銀行 ATM で残高確認をする
  • 自動的に受け取りが完了する

なお、nanaco モバイルを使っている人は、会員メニューから申し込んだらすぐにチャージが行われます。

チャージに使えるカードは割合少ない

nanaco チャージに使えるカードは次のとおりです。

  • セブンカードプラス
  • セブンカード
  • クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン(以上、セブン&アイグループ)
  • セゾンカード
  • UC カード(以上セゾングループ)
  • 三井住友 VISA カード(VJAを含む)
  • セディナカード
  • OMC カード(以上、三井住友グループ)
  • MUFG カード
  • DC カード
  • UFJ カード
  • nicos カード(以上、三菱UFJニコス)
  • JCB (プロパーカード/提携カード)
  • ライフカード
  • オリコカード
  • アプラスカード
  • Yahoo!カード
  • NTT グループカード
  • ゆうちょ銀行カード

たくさんあるようにも見えますが、例えば商業系でメジャーな楽天カード( VISA・マスターカード・アメックス)や、エポスカード、国際ブランドのアメックスやダイナースクラブも利用できません。

これらは楽天 Edy では利用できるので、少し劣るのかも知れませんが、WAON に比べると使えるクレジットカードが多いのは優れているとも言えるでしょう。

セブンカード・プラスで nanaco 一体型を選ぶべきか

nanaco にオートチャージできるクレジットカードを、今から申し込むとすればセブンカード・プラスになります。これには nanaco 一体型と紐付け型というタイプがあります。

一体型は文字通りクレジットカードに nanaco が搭載されているもので、紐付け型はオートチャージなどを行う際に、事前登録が必要なものです。どっちが便利でお得なんでしょう。

iPhone 利用者は一体型のほうがいいかも知れない

なんとなく一体型のほうがカード枚数も減っていいような気がするんですが、紐付け型のほうがいいことってあるんでしょうか。
一体型は、おサイフケータイに対応していないという大きな欠点があります。ですから、iPhone 利用者の人は一体型でいいと思いますが、Android 利用者の人は紐付け型がおすすめです。

他にも、一体型だとnanaco の新規発行手数料の 300 円が無料になるという特典もありますが、長く使って行くものですからあまり気になる値段ではないでしょう。

支払の際にプラスチックカードを出さずにすむおサイフケータイは、大きなメリットがあると思いますよ。その他の条件は一緒です。

nanaco は使える店の利用頻度で考える

nanaco にもポイント還元がありますが、それが有利に働くのは一部の店舗に限られます。0.5%を超えるポイント還元率があるお店か、イトーヨーカドーのように駐車場の無料特典があるお店をよく使う場合にはぜひ持っておきましょう。

そうでない場合は、他の電子マネーとどれがお得か見比べて持つといいかも知れませんね。私はnanaco、WAON、楽天Edy を全部おサイフケータイに入れて使い分けています。

あなたのコメントをどうぞ!