クレジットカードのサインで名前の間違いは大きなトラブルに!

お店で買物をしたり食事をしたりした際に、クレジットカードで支払うと、伝票にサインを求められます。この時のサインは、きちんとした署名をしていますか。

日本は印鑑文化で、サイン文化ではないために、サインについてかなり疎かにしているところがあります。しかしこのサイン、一つ間違うと大きなトラブルに繋がりますので、安易な形でサインをしてはいけません。

クレジットカードの裏にもきちんとサインをしておく必要があります。

サインの書き方は、次の記事をご覧ください。

カード裏面のサインと同じものを伝票に書くことが鉄則

クレジットカードの裏面には、サインパネルと言う署名欄があります。ここにはフルネームでサインをしておくよう、カードが配達された際の用紙にしっかり注意書きされています。

サインというのは個人を特定するためのものですから、名字だけ・名前だけと言うものではいけません。

必ずフルネームで記入しておきましょう。

カードのサインと一致しないと盗んだカードだと思われるかも

日本に比べると、海外では結構しっかりサインを確認するところが多いように感じます。日本ではサインを求めておいて、カードの裏面を見ないお店も散見されますから、逆に困ったものだと思います。

外国でカードを盗まれたときのために、サインは日本語で書くのが良いということもよく言われます。中国はともかく、他の外国の人にとって、日本語のサインはマネがしにくいようですので、ある程度は有効かもしれませんね。

一方で、外国の人であっても、フルネームのサインと名字だけのサインは、異なるサインだということはひと目で分かります。そうなると、名字だけのサインを伝票に書き込むと、裏で警察に通報されるかも知れません。

これは、日本人なら「名字だけを書いたのだな」と判断できますが、日本語を知らない外国人だと、単に異なるサインをしたと言うふうにしか判断できません。宅配便の受け取りサインのような、名字だけの書き方ではだめですよ。

その国の言葉に精通しているのならともかく、そうでない場合、警察に連行されると事情を説明するのも大変です。ですから、サインパネルと同じサインをすることを忘れないでください。

もちろん、書く時の状況によって何となく違う字になってしまうことはよくありますが、それは許容される誤差の範囲として認められると思います。

私たちだって、外国の人のサインの一致不一致を見分けるのは難しいですよね。あからさまに異なるサインでない限り問題はないでしょう。

外国の飲み屋さんはサイン違いに寛大過ぎる

実際どの程度のレベルまでOKなのかは分かりませんし、風聞の域を出ないのですが、外国の酒場でクレジットカードを使い、かなり怪しいサインをしたとしても通ってしまうことがよくあるそうです。

これは、酔っ払った人の場合、まともなサインができないのが普通だという感覚があるからだそうです。

言われてみればそのとおりかも知れませんが、万が一、不正利用でトラブルになった場合どうするんでしょうね。

サインを必要とするカード支払いの場合、加盟店は十分な注意をもってサインの照合を行うことが義務付けられています。

万が一、そのカードが盗難品や不正利用のものであった場合、伝票とカードのサインの照合を後で求められることがあります。

もし、明らかに異なるサインを通してしまっていた場合、加盟店はその分の支払いをカード会社から受けることはできません。丸損になってしまいます。

このルールがどの程度厳密に運用されているのかは分かりませんが、きちんとしたお店であればあるほど、カードと伝票のサインの照合はしっかりと行っているでしょう。

論外なのはカードの貸し借りによるサイン違い

例えば、家族に買い物を頼んだ時にクレジットカードを渡して、それで支払ってくるように頼んだとします。実はこれ、重大な利用規約違反になるのです。

サインレス取引が可能なお店や金額ならわからないかも知れませんが、コンビニでお酒とおつまみを買ってくるように頼んだ場合、サインを求められる金額に届いてしまうことは珍しくありません。

自分以外に自分のサインは書けないと考えるべき

他人のクレジットカードを盗んで、裏面のサインパネルにあるサインを真似る練習をして悪用を試みれば、時間さえかければある程度のレベルには達すると思います。

しかし、その間に持ち主が気づいて届け出てしまうと、そのカードを使った段階で警察に通報されるでしょう。

ですから、現実的にはクレジットカードのサインを真似て見破られないということはないと考えて下さい。

それよりも、家族にカードを貸す必要があるならば、家族カードを発行してもらえば良いのです。

18歳以上であれば、問題なく家族カードは発行されるでしょう。また、18歳未満の子どもに預けるのであれば、デビットカードや電子マネーで管理すればいいと思われます。

楽天Edyは年齢制限がありませんから、コンビニで買い物する程度のお金を入れておいて、買い物のたびにカードを渡し、帰ってきたらカードを回収するという方法も取れますね。

カードの貸し借りが発覚すると強制解約になることもある

サイン違いで、お店で不審に思われた場合には、その場ではカード決済を断られるだけで終わると思います。しかし、裏ではカード会社に連絡されたり、警察に通報されたりする可能性もあります。

そうした場合、カード会社からカードの利用について問い合わせがあったり、場合によってはクレジットカードが一時利用停止になるなどの、セキュリティ確保が行われるでしょう。

その上で、クレジットカードを自分以外の家族や知人などに貸したことが判ると、なんらかのペナルティがあると思います。それは文書による厳重注意だけかも知れませんし、クレジットカードの強制解約かも知れません。

それについては予告もないと思われます。

クレジットカードの約款には、カード会社と契約し、サインパネルにサインをした本人以外は、そのクレジットカードを使ってはならないと明記されているからです。

クレジットカードは発行され送付されてきても、所有権はカード会社にあり、カード会員はそれを貸してもらっているに過ぎません。又貸しは社会的にもルール違反ですよね。

また、強制解約になった場合、信用情報にカードが解約になったという事実だけが記入されます。それがカード会員によるものなのか、カード会社からの強制解約なのかは明記されません。

しかし、他の状況と合わせて検討された場合、他のクレジットカードも更新拒否などになる可能性は否定できませんので、くれぐれも注意して下さい。

新婚旅行でのクレジットカード利用にはサインに注意する

合理的な理由があってサイン違いを起こしてしまう可能性があるのは、結婚直後でカードの氏名変更届がまだの場合です。

特に新婚旅行ではタイミングによってズレが起こりやすいので注意しましょう。

現在では、まだ女性の方が男性の姓に入ることが多いので、特に女性に注意してほしいことと言えるでしょう。

新婚旅行はタイミング的に旧姓で取り扱われることが多い

海外への新婚旅行で注意しないといけないのは、パスポートの名義と航空券の名義、クレジットカードの名義を一致させておくということです。旅行のタイミングでの戸籍上の氏名は重要ではありません。

通常の婚約から結婚、新婚旅行という流れでは、結婚式・披露宴の当日に旅行に出発することになりますし、婚姻届けの提出も前日までか当日に行われることが多いですね。

中には新婚旅行から帰ってきてから届けを出す人もいるようですが、その場合は逆に混乱が少なくて良いかも知れません。

結婚して名字が変わると、パスポートの名前も変ります。一方で、飛行機の予約をする時には、航空券とパスポートの氏名が一致していないといけないので、旧姓で予約をすることになります。

そして、チェックインの際には航空券の名義の通り搭乗券が発行されますので、パスポートと氏名が異なっていると飛行機に乗れません。

海外ではクレジットカードの利用時にパスポートを求められる

海外でクレジットカードを利用する際には、身分証明書の提示を求める国が多いです。お隣の中国では、クレジットカードとパスポートはセットで扱われるようなイメージすらあります。

もちろん、中国人でも身分証明書の提示を求められているのをよく見ます。他の国でも、クレジットカード利用の際にパスポートを求める国は結構あります。

こうした事情があるので、新婚旅行の際にはパスポートと同じように、氏名を変更していないクレジットカードを持って行くべきです。でないと、他人のカードを持っていると思われてしまいます。

そしてサインについても、結婚後の名字ではなく旧姓で書かないとトラブルに繋がりかねません。

一方、同じアジアでもベトナムやフィリピンでは、クレジットカードの普及がまだまだのせいか、パスポートの提示はあまり求められませんでした。ただ、この情報は2010年から2014年ぐらいにかけてのものですから、少し古くなっているかも知れません。

新婚旅行が遅れた場合には全て新しくして出発する

仕事の都合だったり、出産があったりして、結婚からそれなりの時間が経過してから新婚旅行に出かけるという人も、今の時代珍しくないと思います。

そうした場合には入籍して戸籍謄本を取り、それを提出してクレジットカードの氏名変更と、新しいパスポートの発行申請を行って下さい。そして、その手続が終わってから航空券の予約を行えばいいです。

もし、航空券の予約を先行したいのであれば、パスポートの発給申請(記載事項変更)の用紙を先に作って、そこに記入したアルファベットの氏名で予約しましょう。その用紙のコピーを旅行代理店の窓口で見せるのも良い方法です。

もちろん、クレジットカードの裏には新しい姓でサインを行い、そのサインをカード利用時に書くよう注意しておいて下さい。

こうした大きな変更があるときというのは、往々にしてサインを間違えたりしやすいです。気をつけてくださいね。

サインの文字が下手くそなのは気にしなくていい

サインというのは、同一性が最も重要視されるものです。ですから、字が下手だったり、毎回同じように書けなかったりという悩みは必要ありません。

毎回同じように書けていないと自分では思っていても、その人の字の癖というのは必ずサインに現れます。ですから、無理に慣れない書き方をするのではなくて、普段から自分の名前を書いているスタイルで記入して下さい。

クレジットカードのサインパネルは面積も小さく、署名しにくいと感じている人も多いと思いますが、普段通り書けば問題ありません。

基本は油性インクのペンであれば何を使ってもいいのですが、太めの油性ボールペンとか、極細のサインペンとかが書きやすくておすすめです。事前に紙の上でにじみ具合などを確認しておきましょう。

そして、伝票などにサインする時にも、普通に自分の名前を書くと意識しておけばOKです。

実は、韓国でクレジットカードを利用すると、サインはタブレットのようなものにスタイラスでサインする電子式がよく使われています。日本でもたまに見ますね。

私はあれが大の苦手で、まともにサインできた試しがありません。でも、韓国でカードのサインとそれを見比べられたこと、ないんですよね。良いのかなと思いますが、個人的にはとても助かりました。

※ 掲載の情報は2019年7月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!