ミライノ カード GOLDは年会費がお値打ちなゴールドカード!

ミライノ カード GOLDは、住信SBIネット銀行とJCBの提携により発行されているクレジットカード。

2017年11月から新規会員を受け付けしたばかりの新しいクレジットカードなので、初めて名前を聞いたという人も多いでしょう。

銀行が発行しているクレジットカードはほかにもいくつかありますが、ミライノ カード GOLDは年会費やサービス面においてお得度が高いです。

年会費もほかのゴールドカードよりもお得に設定されており、使い方次第では年会費を無料にすることもできるのです。

ここでは、ミライノ カード GOLDの魅力やデメリットなどについて詳しく紹介していきます。ゴールドカードを選ぶときの参考にしてみましょう。

お得な年会費に充実のサービス、ミライノ カード GOLDの魅力

ミライノカードGOLD

ミライノ カード GOLDはどのようなクレジットカードであるのかを知るために、まずは基本情報について理解しておきましょう。

ミライノ カード GOLDの基本情報
年会費 3000円(税抜)
年間100万円以上の利用で次年度年会費無料
カードブランド JCB
付帯カード ETCカード:年会費無料
電子マネー QUICpay
ポイントプログラム ミライノポイント
付帯保険 海外旅行保険

 
ミライノ カード GOLDの一般カードには、ミライノカードがあります。一般カードでも年会費がかかってしまいますが、カードの利用金額に応じて年会費を無料にすることができます。

ミライノカードについては、次の記事をご覧ください。

ミライノ カード GOLDの魅力について詳しく見ていきましょう。

ミライノ カード GOLDの年会費
ミライノ カード GOLDの年会費は、3000円(税抜)です。年会費がかかりますが、ミライノカードで年間利用額10万円以上を超えると次年度の年会費が無料になります。

一方でミライノ カード GOLDは、クレジットカードの年間利用額が100万円を超えると次年度の年会費を無料にできます

年間で100万円と聞くと達成が難しいと感じるかもしれません。2人以上の家族がいる家庭の1カ月あたりの食費は約7万円だと言われています。

食費を毎月クレジットカード払いにして、その他買い物や毎月の電気料金、電話代まで全てクレジットカードで支払うようにすれば、決して達成できない金額ではありません。

ミライノ カード GOLDはゴールドカードの中でも年会費がお得に設定されているので、お得にゴールドカードを作りたい人にはおすすめです。

ミライノ カード GOLDのポイントサービス
ポイントサービスはカードの利用金額に応じて「ミライノポイント」がたまるようになっています。

たまったポイントは、住信SBI銀行のスマプロポイントに交換可能です。スマプロポイントは、キャッシュバックやJALマイル、カードの支払額に充当するといった使い方ができます。

ただし、ポイントには有効期限があるので注意が必要です。ミライノカード利用でたまったポイントは有効期限が2年間、ミライノ カード GOLDの場合は3年間の有効期限が設定されています。

ミライノ カード GOLDのスマプロランク
スマプロランクとはクレジットカードの利用状況に応じて、毎月ごとにランク付けが行われることです。

ランクに応じてSBI銀行に口座を持っている人を対象に、ATMや振込手数料の無料回数が決まってきます。

ミライノ カード GOLDを持っていると、基本ランクから一気に2ランクアップするので、住信SBI銀行に口座を持っている人はお得に使えるカードです。

ミライノ カード GOLDの旅行保険
ミライノカード、ミライノ カード GOLD両方とも海外と国内の障害旅行保険が付帯しています。

ミライノカードでは国内、海外共に最大で2000万円の補償が受けられるのに対して、ミライノ カード GOLDでは海外、国内共に最大で5000万円の補償が受けられます。

旅行保険の補償について見てみると、ミライノ カード GOLDは年会費が1万円以上かかるようなゴールドカードに付帯されている保険と同程度の補償が受けられます。

また、ミライノカードの国内、海外旅行保険がカードの利用に応じて付帯される「利用付帯」であるのに対して、ミライノ カード GOLDはカードの利用有無に関係なく付帯される「自動付帯」であるという違いもあります。

一般的なゴールドカードでは、海外旅行保険は自動付帯となっていても、国内旅行保険については利用付帯となっているケースが少なくありません。

ミライノ カード GOLDは海外、国内共に自動付帯であること、条件をクリアすれば年会費も無料になることから、コスパはかなり高いゴールドカードだと言えるでしょう。

ミライノ カード GOLDは、海外や国内への出張や旅行が多い人におすすめです。

ミライノ カード GOLDの空港ラウンジサービス
ミライノ カード GOLD保持者は、国内の主要空港とハワイホノルルの国際空港のラウンジを無料で利用できます。

これは、ミライノカードにはないサービスなので、国内外の旅行や出張、ハワイに出かける機会が多い人にはうれしいサービスですね。

ミライノ カード GOLDはJCBブランドの特典利用が可能
JCBブランドのクレジットカードを持っている人が利用できるJCBプラザやコールセンター、グローバルWiFi、海外レンタカーといったサービスが受けられます。

旅行に出かけたときに便利に使えるので、海外や国内に出かける機会が多い人は重宝します。

ミライノ カード GOLDのデメリット・注意点

年会費もお得でサービスも充実しているミライノ カード GOLDですが、デメリットもあることを覚えておきましょう。

ミライノ カード GOLDを作る前にデメリットについて理解しておくと、より便利に使えるようになります。

カードブランドがJCBのみ
ミライノ カード GOLDで選べるカードブランドはJCBしかありません。JCBは日本国内で広く使用できますが、海外に出かけるとVISAやMastercardのほうが使えるお店や場所が多いのが現状です。

ところが、一般カードであるミライノカードでは、JCBだけでなくMastercardも選べるようになっています。

クレジットカードの国際ブランドについては、次の記事を読むのがおすすめです。

海外に出張や旅行に出かける機会が多い人にとって、JCBブランドでは使い勝手がよくないと感じるかもしれません。

しかし、ミライノ カード GOLDの持つ旅行保険や空港ラウンジ利用といった、充実したサービスと比較すると、ミライノカードよりもミライノ カード GOLDに魅力を感じる方も多いでしょう。

そのような方には、ミライノ カード Travelers Goldをおすすめします。サービス内容についてはミライノ カード GOLDとほとんど変わらないのですが、付帯保険についてはミライノ カード GOLDよりも充実しています。

しかも、ミライノ カード Travelers Goldは家族特約も付けられるので、自分だけでなく家族も一緒に海外に出かける機会が多い人におすすめです。

しかし、年会費はミライノ カード Travelers Goldが10,000円(税抜)、ミライノ カード GOLDは3,000円(税抜)とかなり、開きがあります。

また、ミライノ カード GOLDでは海外の空港ラウンジの利用が、ハワイのホノルル空港に限られていましたが、ミライノ カード Travelers Goldは、主要な海外空港ラウンジを年間6回まで無料で利用できるのです。

利用できる空港の数も多いだけでなく、搭乗時間ギリギリまで利用できるのもうれしい点です。海外に出かける機会が多い人には、ミライノ カード GOLDよりもミライノ カード Travelers Goldの方がおすすめです。

住信SBI銀行口座を持っていないとお得度が下がる
ミライノ カード GOLDは住信SBI銀行が発行しているカードなので、住信SBI銀行に口座を持っていないと、お得度が下がる可能性が。

ミライノカードやミライノ カード GOLDの利用金額に応じてたまるミライノポイントは、スマプロポイントに交換することでポイント還元率がアップしてお得に使えるようになります。

スマプロポイントとは

住信SBIネット銀行が発行しているポイント。ミライノカードの利用分を住信SBI銀行の口座から引き落としたり、住信SBI銀行の口座で給料を受け取ったりするとポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは、現金やJALマイルに交換することができます。

また、カードの利用金額に応じて決まるスマプロランクによっては、住信SBI銀行口座の取引手数料をお得にすることが可能です。

ミライノ カード GOLDを作るなら住信SBI銀行に口座を作って、給与の振込などでメインの銀行口座として使用したほうが、よりお得にミライノ カード GOLDを使えるようになるでしょう。

住信SBI銀行は店舗を持っておらず、不便に感じるかもしれませんが、提携しているATMの数も多く、手数料やサービスが充実しています。

ミライノ カード GOLDを使うことで、手数料をお得にすることもできるので、節約につながります。

ミライノ カード GOLDを作成したいなら、住信SBIネット銀行の口座を同時に作るのがおおすすめです。

ポイントに有効期限がある
ミライノ カード GOLDの利用金額に応じてミライノポイントがたまりますが、ポイントには有効期限があります。

ミライノカード利用でためたポイントの有効期限が2年、ミライノ カード GOLDの利用でためた場合は3年と有効期限があります。

せっかくポイントを貯めても、期限が過ぎて無効になってしまったらお得に利用できません。

また、ポイントは、1000ポイントから交換できるような仕組みなので、1,000ポイント以下については有効期限が過ぎると利用できなくなってしまうので注意が必要です。

ミライノ カード GOLDは年会費が3000円(税抜)かかりますが、年間の利用額が100万円を超すと翌年度の年会費を無料にできます。

ミライノ カード GOLDを作ってもあまり利用する予定がないのであれば、お得感を感じにくいかもしれません。

家族カードがない
ミライノ カード GOLDは家族カードがありません。家族カードを作りたい人には向かないです。
ラウンジの利用が限られる
ミライノ カード GOLDの特典として、国内の主要空港や海外の一部の空港のラウンジが無料で利用できるサービスが受けられます。

国内で利用できる空港ラウンジの数は多いのですが、海外についてはハワイのホノルル空港に限られてしまいます。

ハワイ以外にも訪れる機会が多い人にとっては、メリットを感じにくいです。

世界の多くの場所で空港のラウンジを利用したいのなら、ダイナースクラブカードがおすすめです。

ダイナースクラブカードの詳細は、次の記事をご覧ください。

住信SBI銀行に口座を持つ人におすすめ!

ミライノ カード GOLDは、お得にゴールドカードを持ちたい人にはコスパが良いと感じられるクレジットカードだと言えます。

よりお得に使うためにも住信SBI銀行に口座を持っている人や、口座を作るのが苦にならない人におすすめしたいカードです。

住信SBI銀行に口座を持つことで、ポイントをお得に使えるようになるだけでなく、銀行利用時の手数料を抑えることができるようになります。

また、ミライノ カード GOLDは、年間のカード利用額が100万円以上を超えると翌年の年会費を無料にできるので、年会費を抑えてクレジットカードを作りたい人にもおすすめです。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。
この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る