【女性向けクレジットカードおすすめ5選】人気の理由とお得な使い方

クレジットカードには、女性に嬉しい保険や特典、サービスが付帯した女性向けのクレジットカードがあります。

女性向けのクレジットカードはカードデザインが可愛らしいものが多いですが、選ぶ際には見た目だけでなく特典やサービスなどの中身を重視する必要があります。

女性向けと言っても、カードによって年会費や付帯保険、女性向けの医療保険、女性に嬉しい特典や優待など内容は異なります。自分に合ったカードを選ばないと逆に損をしてしまうこともあります。

しかし、たくさんある女性向けクレジットカードの中から、自分に合ったカードを探すのは難しいですよね。

この記事では、女性におすすめのクレジットカードとして次の5枚を比較して詳しく解説します。

  1. 楽天PINKカード
  2. JCB CARD W plus L
  3. ライフカード Stella
  4. 三井住友アミティエカード
  5. イオンカード

どんな女性にどのクレジットカードがおすすめなのかについても、具体的に紹介しているので参考にしてください。

楽天PINKカード

楽天PINKカード

年会費 無料
国際ブランド MasterCard、VISA、JCB、アメリカンエキスプレス
還元率 1~3%
付帯保険 海外旅行傷害保険
追加カード ETCカード、家族カード
女性向けサービス 楽天グループサービスの優待 、RAKUTEN PINKY LIFE、楽天PINKサポート

年会費は永年無料で、通常利用では100円につき1ポイント(還元率1%)、楽天市場ではポイントは最大3倍(還元率3%)。

通常デザイン以外に、ディズニーデザインとお買いものパンダデザインのカードから選べます。

さらに楽天PINKカードの特典には、楽天グループサービスの優待 、RAKUTEN PINKY LIFE、楽天PINKサポートも。

楽天グループサービスの優待は月額300円(税抜)で、楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなどで使える割引クーポンや楽天スーパーポイントのプレゼントなどがもらえるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にはおすすめです。

RAKUTEN PINKY LIFEは月額300円(税抜)で、飲食店や習い事教室、カラオケ店、映画チケットなど110,000以上のジャンルの割引・優待が受けられます。

楽天PINKサポートは、楽天PINKカード会員限定の女性特定疾病補償プランに手ごろな保険料で加入できるサービスです。

乳がんや子宮筋腫など女性特有の病気で入院・手術・放射線治療をした場合に保険金を受け取れます。54歳以下なら保険料は月500円以下で、65~69歳でも月870円と割安です。

楽天市場などの楽天のサービスをよく利用する人や、優待や保険に加入したい人におすすめのカードです。

楽天PINKカードは還元率が高い!

楽天PINKカードは通常利用で還元率1%と高く、楽天市場では最大3%になるので、楽天市場をよく利用する人におすすめです。また、月額料金はかかりますが、楽天グループのサービスを優待価格で利用することもできます。

女性向けの特典に加入する気がない場合でも、特典に加入しなければ料金はかからないので通常の楽天カードと同じように使うことができます。

しかし通常の楽天カードと併用することはできないので、楽天PINKカードに切り替えるか解約して再度申し込みする必要があります。

切り替える場合は手数料が1,000円かかるので注意してください。

楽天PINKカードと楽天カードの違いを詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてください。

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus L

年会費 無料
国際ブランド JCB
還元率 1~5.5%
付帯保険 海外旅行傷害保険、ショッピングガード保険
追加カード ETCカード、家族カード
女性向けサービス 女性疾病保険、お守リンダ、LINDAリーグ

申し込みができるのは18歳から39歳までの人で、ネット入会限定のカードです。年会費は無料です。JCB CARD W plus Lは国内・海外どこで利用してもポイントが2倍になります(還元率1%)。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーというポイント優待店でカードを利用すると、さらにポイント還元率がアップし、昭和シェル石油では2倍(還元率1.5%)、アマゾンやセブンイレブンでは3倍(還元率2%)、スターバックスでは10倍(還元率5.5%)になります。

女性向け特典として、女性疾病保険、お守リンダ、LINDAリーグがあります。

女性疾病保険は、ほぼすべての病気の入院・手術を補償するだけでなく、女性特有の病気(乳がん・子宮がん・子宮筋腫・妊娠の合併症など)で入院・手術した場合はさらに手厚い補償が受けられ、受け取る保険金が上乗せされます。月払保険料は290円からです。

お守リンダは4つのプランから好きな保険を選んで加入できるサービスです。女性特定がん、天災限定傷害、犯罪被害補償、傷害入院補償があり、月払保険料は30円からと割安。

LINDAリーグはビューティ・コスメ・エンタメなどで会員限定の優待が受けられるサービスです。

女性向けクレジットカードは女性限定なのですか?
女性向けのカードであっても、ほとんどの場合男性でも申し込めるようになっていますよ。気になるカードがあれば申し込んでみましょう。

基本還元率が1%!さらにAmazonで利用すると2%にアップ

JCB CARD W plus Lは年会費が無料で、還元率は1%と高く、アマゾンなどで利用すると2%にアップします。割安な保険料で保険に加入できるというメリットもあります。

しかし、JCB CARD W plus Lは18歳以上39歳以下でないと申し込みができません。

40歳以上は申し込みができませんが、39歳までにカードを作っておくと40歳以降もカードを利用できます。

国際ブランドがJCBのみなので、海外ではVISAやMasterCardと比べると利用できる場所が少ないというデメリットもあります。また、ショッピングガード保険が付いていますが海外での買い物が対象なので、国内のショッピングガード保険は付いていません。

JCB CARD W plus L はどんな人におすすめですか?
年会費が無料で還元率も高く、女性向け特典も豊富なクレジットカードを探している人にJCB CARD W plus Lはおすすめです。

JCB CARD W plus L が女性におすすめである理由を詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてください。

ライフカード Stella

ライフカード Stella

年会費 初年度:無料
次年度以降:1,250円(税抜)
国際ブランド JCB
還元率 0.5~1.5%
付帯保険 旅行傷害保険(国内・海外)、シートベルト傷害保険
追加カード ETCカード、家族カード
女性向けサービス 検診クーポン無料プレゼント、海外でのショッピング代金3%キャッシュバック

海外旅行先でのショッピング代金の3%がキャッシュバックされるのが大きな特徴です。希望すれば、女性特有の病気である子宮頸がんと乳がんの検診が無料で受けられるクーポンがもらえます。

次年度から年会費がかかりますが、170ポイントで年会費無料コースに応募でき、無料にすることができます。

ポイントはステージ制を採用しており、通常は基本ポイントが1倍ですが、利用金額が増えるとポイントは最大で2倍になり、誕生月はポイントが3倍になります。

100円で0.1ポイント貯まるので、1ポイント=5円のギフトカード等に交換すると還元率は0.5%になります。還元率はそこまで高くありませんが、キャッシュバックがあるので年1回以上海外旅行に行く人にはおすすめのカードです。

海外でお得にショッピングを楽しみたい人におすすめ

ライフカード Stellaを海外でショッピングに利用すると、3%が後日キャッシュバックされます(上限年間80万円)。

たとえば海外で10万円使ったとすると、3,000円がキャッシュバックされることになります。しかし事前にエントリーが必要なので忘れないようにしましょう。

ライフカード Stellaには海外旅行傷害保険(最大2,000万円)やシートベルト保険(最大200万円)、カード会員保障制度が自動付帯されているので、カードを持っているだけで保険の対象となります。

ただし、国内旅行傷害保険(最大1,000万円)は利用付帯なので注意してください。

また、ライフカードの優待サービス以外に、発行国際ブランドであるJCBの海外優待サービスも受けられます。

ハワイのワイキキのトロリー乗車賃が無料になるほか、「たびらば」というJCBの海外旅行情報サイトで海外のレストラン等を予約すると、10~20%割引になるJCB優待が利用できます。

ライフカード Stella の魅力については、次の記事で詳しく紹介しています。

三井住友アミティエカード

三井住友VISAアミティエカード

年会費 通常1,250円(税抜)
インターネット入会で初年度の年会費無料
国際ブランド Visa、Mastercard
還元率 0.5~2.5%
付帯保険 旅行傷害保険(国内・海外)、ショッピング補償
追加カード ETCカード、家族カード、バーチャルカード
女性向けサービス 貯まったポイントを美容家電やコスメなどの景品と交換可能

旅行傷害保険やショッピング補償が充実しているので、旅行や買い物好きな女性におすすめのカードです。

通常は年会費がかかりますが、「マイ・ぺイすリボ」に登録し前年に1回以上利用すると、次年度の年会費を無料にできます。また、年間のカード利用額が100万円以上300万円未満であれば年会費が半額、300万円以上の場合は無料になります。

通常は1,000円で1ポイントが貯まりますが、携帯電話の利用料金をカード決済にすると携帯利用料金分のポイントは2倍になります。貯まったポイントは1ポイント=5円で交換できるので、通常利用の還元率は0.5%です。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで利用するとポイントが5倍になり、ポイント優待サイトであるポイントUPモールを経由すると、ポイントが2~20倍になります。

貯まったポイントはキッチン家電やグルメなどだけでなく、美容家電やコスメなどの景品と交換できます。

三井住友アミティエカードは旅行傷害保険やショッピング保険が充実しているので、きちんとした旅行保険がつくカードを探している人におすすめです。

海外旅行傷害保険は最大2,500万円、国内旅行傷害保険は最大2,000万円補償され、カードを持っているだけで自動的に適用される自動付帯なので安心です。

サポートデスクでは、国内だけでなく海外からでも年中無休でカードの盗難・紛失の連絡を受け付けています。

年会費無料のクレジットカードではこのようなしっかりした旅行傷害保険やサポートは付かないことも多いですが、三井住友アミティエカードがあればもしもの時に備えられるので、海外旅行好きの女性におすすめです。

デメリットは年会費がかかることですが、「マイ・ペイすリボ」に登録し年1回以上利用すると無料にできます。また、還元率は0.5%と高くはないですが、ショッピング保険が充実しているので安心して旅行や買い物を楽しみたい人にもおすすめです。

三井住友VISAアミティエカードの女性に嬉しい特典については、次の記事でも詳しく紹介しています。

保険の自動付帯や利用付帯には、どんな意味があるのですか?
自動付帯はカードを持っているだけで保険適用されますが、利用付帯はカードを持っているだけでは適用されず、旅行代金などをカードで支払いをすると補償されるようになります。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

年会費 無料
国際ブランド JCB
還元率 0.5~1.33%
付帯保険 カード盗難保障
追加カード ETCカード、家族カード
女性向けサービス テーマパーク・コスメ・ファッション・旅行などの優待

通常200円で1ポイント(還元率0.5%)のときめきポイントが貯まりますが、イオングループ対象店舗だとポイントは2倍になります(還元率1%)。ポイントTOWNを経由してショッピングすると、ポイントは最大21倍になります。

ポイント還元率や「お客様感謝デー」で買い物代金5%OFFや、「ときめきWポイントデー」でポイント2倍などの特典は、通常のイオンカードと変わりません。

イオンカード会員はよみうりランドや日光江戸村などのテーマパークを優待価格で利用できるほか、GrobalWiFiは20%OFF、タイムズカーレンタカーは最大35%OFFになります。

また、ファッションや化粧品、香水の購入、ホテルの予約などをときめきポイントTOWNを経由して行うとポイントがアップするなど、女性に嬉しい優待が受けられます。

インターネットで申し込みすると、審査はありますが最短5分で発行できます。カードの到着を待たずにスマートフォンでApple PayやイオンiD、ネットショッピングが利用できます。

イオン系列の店舗でよく買い物をする人や主婦におすすめ

イオンやイオンモール、マックスバリュなどのイオングループの対象店舗で利用するといつでもポイントが2倍になり、還元率は1%です。

イオングループの対象店舗で毎月20日と30日に開催される「お客さま感謝デー」でカードを利用すると、買い物代金が5%OFFになります。

そのほか、毎月10日の「ときめきWポイントデー」にカードを利用するとポイントが2倍になるなど、お得に買い物をすることができるんです。

しかし、イオングループの対象店舗以外の加盟店で利用すると還元率は0.5%なので、イオン系列のお店を利用しない人にはメリットは少なくなります。また、貯めたポイントは1,000ポイント以上にならないと交換できないというデメリットも。

いつでもポイント2倍の対象となるイオングループの店舗とは、具体的にどの店ですか?
イオン、ダイエー、マックスバリュ、ザ・ビッグ、イオンモール、ウエルシア薬局、OPA、サンデー、グルメシティ、ミニストップ、イオンタウン、イオンシネマ、ハックドラッグなど、たくさんありますよ。

イオンカードをお得に使うコツを詳しく知りたい人は、次の記事を参考にしてください。

特典を重視して目的に合ったクレジットカードを選ぼう

華やかなデザインが特徴の女性向けクレジットカードですが、女性向け特典も充実しています。

年会費やポイント還元率だけでなく、女性向けの優待サービスや保険などをよく検討して、目的に合った特典のカードを選びましょう。

年会費が無料で、還元率が高く女性向け特典が豊富なカードを探している人や、女性向けの保険に割安な保険料で加入したい人には、「楽天PINKカード」や「JCB CARD W plus L」がおすすめです。

安心して海外旅行に行きたい人には、「ライフカード Stella」か「三井住友アミティエカード」が良いでしょう。よくイオン系列の店舗で買い物をする人や主婦には「イオンカード」がおすすめです。

この記事で紹介したカードはすべて、専業主婦でも申し込みが可能です。

人によって得られるメリットが違うので、自分の目的に合ったカードを選びましょう。

※ 掲載の情報は2019年7月現在のものです。
この記事をシェア

女性に人気のおすすめなクレジットカードの最新記事

ページ先頭に戻る