クレジットカードの選び方をメインカード・サブカードに分けて紹介!

どうやってクレジットカードを選べばいいでしょうか?

いろんなクレジットカードがありすぎて、クレジットカードの選び方が分かりません・・・。

自分に合ったクレジットカードを選ぶことが大切ですよ。

この記事では、具体的な選び方を紹介していきますね。

クレジットカードを作ろうと思っても、種類がたくさんありすぎてどれを選べばいいのか分からないという人は多いですよね。

そこで、当記事では、メインのクレジットカードを選ぶ際に重視する点やおさえておくべきポイント、サブのクレジットカードを選ぶ際のポイントや注意点などを詳しく解説します。

また、今持っているクレジットカードから別のカードに変える時の注意点なども解説しているので参考にしてください。

クレジットカードの選び方を学んで、自分に最適なカードを選びましょう。

メインで使うクレジットカードの選び方のポイントと注意点を紹介!

メインで使うクレジットカードを「メインカード」と言いますが、メインカードは1枚に絞るのがおすすめです。

何枚もカードがあると管理が大変ですが、メインで使うカードを1枚に絞っておけばポイントが集約しやすく、支払い日などの把握も簡単ですよ。

メインカードを選ぶ際に、頭に入れておきたいのは次のポイント。

メインカードを選ぶ際のポイント
  • 普段遣いができる
  • 年会費が無料
  • 信用できるカード会社か

クレジットカードは、使う人によっておすすめのカードが異なります。そのため、この章では指標となるメインカードの選び方を紹介していきます。

初めての人には普段使いができるクレジットカードがおすすめ

今まで一度もクレジットカードを作ったことがない人は、まずは普段使いができるカードを選びましょう。

楽天市場でよくネットショッピングする人は「楽天カード」、イオン系列のスーパーでよく買い物をする人は「イオンカードセレクト」など、よく利用するお店によっておすすめのカードが異なります。

普段買い物をするところで使うと、ポイント還元率が上がったり割引が受けられたりしてお得になるカードを選ぶと良いでしょう。

初めてのクレジットカードの選び方は、次の記事に詳しく書かれているので参考にしてください。

1枚目は年会費無料のクレジットカードがおすすめ

1枚目のクレジットカードには年会費が無料のクレジットカードがおすすめです。

もしクレジットカードを作ってまったく利用しなかったとしても、年会費が永年無料であれば問題はありません。

年会費無料のクレジットカードの選び方については次の記事で詳しく解説されています。

年会費無料のクレジットカードはたくさんあると思いますが、その中からどういう基準で選べばいいですか?
選ぶ時のポイントの1つとなるのが、還元率の高さです。
還元率とは、カードを利用して買い物をするとどれくらいカードのポイントが貯まるかを表しています。

たとえば還元率が0.5%だと1,000円の利用で5ポイント、還元率が1%だと1,000円の利用で10ポイント貯まります。

当然、還元率が高いとその分お得にポイントが貯められるので、還元率の高いカードを選ぶとお得です。

貯めたポイントは支払いに利用したり、他のポイントや商品などに交換したりすることもできます。

年会費無料でも1%と還元率の高いカードや、特定のお店で利用すると還元率が1%以上になるカードなどもあるので、自分に合ったカードを選ぶと良いでしょう。

還元率が高いクレジットカードは、「高還元率クレジットカード6選!ポイント還元率・年会費・特徴を比較」で紹介しています。

クレジットカードの発行会社で選ぶという方法もある

クレジットカードを発行している会社は日本で100社以上あり、カード発行会社でカードを選ぶ方法もあります。

買い物の際のカードの使い勝手は、中小カード発行会社と大手のカード発行会社に違いはありません。

しかし大手カード会社の方が、セキュリティやサポート面で優れていると言われています。

逆に、申込者を集めるために、年会費や還元率といったサービス面では中小カード会社の方が勝っている所が多いです。

大手カード会社にはたとえば三菱UFJニコスやJCBカード、三井住友カードなどがあります。初めてカードを作るなら、信用度の高さから大手カード会社を選ぶというのもおすすめです。

クレジットカードの特典も重要!サービスなどを重視する選び方も

クレジットカードには、入会でポイントがプレゼントされたり、カードの提示で割引になったり、空港ラウンジが無料で利用できたりと、様々な特典が付いていることも。

クレジットカードに付帯された、「特典・サービス」で選ぶという方法もおすすめです。

例えば、年会費が無料のカードの中にも、毎月20日30日は買い物代金が5%OFFになる「イオンカードセレクト」や、提示するだけで7,000店以上を割引価格で利用できる「エポスカード」、ハワイにある楽天カードラウンジが使えるようになる「楽天カード」などがあります。

年会費が高くなると特典も豪華になる傾向にあります。どんな特典を使いたいのか明確にしてから選ぶと良いでしょう。

特典目当てのクレジットカード選びについて、詳しく知りたい人は次の記事も参考にしてください。

クレジットカードの付帯保険で選ぶ

海外での治療には日本の保険が効かないため、治療費が非常に高額になるケースも。

そのため、海外旅行に行く前に保険に入る人が多いですよね。実は、クレジットカードに保険が付帯されていることが多いのです。

クレジットカードの保険がしっかりしていれば、旅行前に保険にわざわざ入る必要はなくなります。旅行が好きな人は、付帯保険を比較してカードを選ぶと良いでしょう。

クレジットカードの付帯保険は、「海外旅行傷害保険」だけでなく「国内旅行傷害保険」や「ショッピング保険」などが付いていることが多いです。

年会費が有料のカードには、さらに飛行機遅延や荷物紛失の際に補償してくれることもありますよ。

付帯保険を比較する際に注意することはありますか?
クレジットカードの保険には自動付帯と利用付帯の2種類があるので注意してください。

利用付帯は旅行代金などをカードで支払った場合にのみ保険が適用されますが、自動付帯にそのような決まりはなく、自動的に保険が適用されます。

自動付帯であれば、保険適用になるか確認する必要がないので便利です。

ただし、年会費無料カードで海外旅行傷害保険が自動付帯されているカードは稀で、「ゴールドカード」や「ブラックカード」などカードのランクが上がると補償内容が充実し、自動付帯の補償額も増えます。

そのため、自動付帯で充実した海外旅行傷害保険が欲しい場合はブラックカードやプラチナカードといったランクの高いカードを探してみるのもおすすめです。

海外旅行傷害保険では傷害死亡・後遺障害の補償金額を全面に出してアピールしていますが、治療費用がどこまで出るかも大切なので、傷害死亡・後遺障害の補償金額以外の内容もきちんと確認しておくと良いでしょう。

付帯保険でカードを選ぶ際の考え方について、さらに詳しく知りたい方は次の記事も参考にしてください。

ちなみに、エポスカードはカードブランドをVisaにすると、年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯。金額は大きくありませんが、年会費無料で自動付帯される保険としては優秀です。

サブのクレジットカードはどこがいい?ポイントと注意点

メインカード以外に、「サブカード」を持つことをおすすめします。

サブカードとはメインカードの弱点を補うカードのこと。

クレジットカードはカードごとに特典やメリットが異なるので、目的に合わせてカードを使い分けることでより多くの特典を利用することができます。

また、クレジットカードを2枚以上持つことで、メインカードが紛失・盗難に遭った場合でも予備のサブカードを使用できます。

さらに、大きな買い物をカードで決済する際、限度額までしか利用できませんが、サブカードがあればメインカードの限度額を超えた金額をカードで支払うことができます。

ここではサブカードの選び方を紹介します。

サブのクレジットカードを選ぶ時のポイント

サブのクレジットカードを選ぶときのポイントは、メインカードを補うようなカードを選ぶことです。

クレジットカードは大きく2種類に分けられ、プロパーカードと提携カードがあります。プロパーカードはクレジットカード会社が単体で発行しているカードのことで、提携カードとはカード会社がほかの企業と提携して発行するカードのことです。

プロパーカードは付帯保険などの付帯サービスが充実していることが多く、提携カードは割引やポイント還元率アップなど提携企業のサービスをお得に利用できることも。

そのため、クレジットカードを複数枚持つなら、「プロパーカード」と「提携カード」それぞれを作っておくとより多くのメリットが受けられるのでおすすめです。

次の記事では、プロパーカードと提携カードの違いを説明しています。

次の記事では、サブカードを持つメリットや選ぶ時のポイントを詳しく説明しているので、参考にしてください。

サブのクレジットカードを選ぶときの注意点

複数のクレジットカードを持つ場合、どのカードでいくら使ったのか分からなくなってしまうこともありますよね。

利用金額を把握しておらず無計画に利用していると、予想を超える支払い金額になってしまうこともあるので、こまめに支払い金額を照会するようにしましょう。

また、クレジットカードの枚数が増えると不正利用されても気付きにくくなる可能性があります。

1枚しか持っていない場合であれば、どこでいくら使ったのか、大体覚えていると思いますが、カードの枚数が増えるとどのカードをどこでいくら使ったのか覚えておくのは難しくなります。

不審な請求がないかこまめにチェックするよう心がけましょう。

「不正利用されたかも?」そう思った時の対応を、次の記事では説明しています。

夫婦のクレジットカードの選び方は?注意点も合わせて説明

夫婦でクレジットカードを選ぶ際は、まずは固定経費をカード払いにすることを考え、還元率の高いカードを選ぶと良いでしょう。光熱費や通信費などをカード払いにするだけでポイントが毎月貯められます。

また、夫婦の場合、スーパーで買い物をすることが多いですよね。スーパーで割引になるクレジットカードがおすすめです。

例えば、イオン系列のスーパーをよく利用するなら「イオンカードセレクト」、西友系列(西友、リヴィン、サニー)ならウォルマートカード・セゾン アメリカン・エキスプレスなどをっ持っていると、買い物代金の割引が受けられるのでお得です。

そして、よくネットで買い物をするならネットショッピングでの還元率が高いカードや、よく旅行に行くならマイルがたまりやすいカードなど、夫婦それぞれのライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

専業主婦などの場合は、家族カードもおすすめです。カードによって発行できる対象が異なりますが、生計を共にしている家族であれば発行できる場合がほとんどです。

家族カードについては詳しく知りたい人は、「家族カードとは?仕組みから疑問まで分かりやすく解説」をぜひ読んでみてください。

家族カードを発行する際にも審査があるのですか?
本会員が審査に通っていれば、基本的に家族カードに審査は必要ありません。

支払いはメインのカードに集約されるので家計管理がしやすく、ポイントが貯めやすいというメリットがあります。

夫婦のクレジットカードの選び方については次の記事で詳しく解説されています。

今のクレジットカードから別のカードに変更する時の注意点は?

今持っているクレジットカードから別のカードに変更したい場合、収入が少ない人は5枚以上クレジットカードを持つことが困難な傾向が。

新しいカードを持つなら解約する必要が出てきます。クレジットカードを解約する際には、注意すべきことがあります。

解約すると貯めたポイントは使えなくなるので、解約前に使い切ってしまいましょう。

また、解約後は家族カードやETCカードなどの追加カードも当然使えなくなるので、覚えておいてください。

カードで公共料金などの引き落とし設定をしていると解約後に変更する必要があります。

旧カードはすぐに解約せず、支払いを新カードにすべて切り替えてから解約しましょう。

また、新たに別のカードを申込みたい場合、旧カードはすぐには解約せず、新カードの利用が半年以上経過してから解約しましょう。

クレジットカードの審査は、それまでのカードの支払い状況などもチェックされています。長期間きちんと支払ってきたカードは、他のカードの審査用に残しておくのがおすすめ。

新カードの利用歴が半年以上になったり、カードを申し込む予定がなくなったりしてから、旧カードを解約しましょう。

リボ払いなどまだ返済していないお金がある場合は、解約時にまとめて請求されるので、まとまったお金が手元にないなら解約をもっと後にするほうがいいです。

2枚目のクレジットカード審査は厳しい?注意することは?

枚目のクレジットカードの審査は、1枚目のクレジットカードで支払い遅延などを起こしておらず、収入や勤務先、ローンの支払い状況なに問題がなければ、審査に通る可能性は高い傾向が。

クレジットカード機能だけを使いたい場合、キャッシング機能を付けなければ審査に通る可能性は高くなります。

また、クレジットカードの審査は銀行系が一番難しいと言われているので、ネット銀行系や流通系のカードを選ぶと審査に通る可能性は高いですよ。

クレジットカードを変える際の注意点について詳しく知りたい人は次の記事も参考にしてください。

クレジットカードの選び方には国際ブランドも大事!VISAがおすすめ

数多くあるクレジットカードは、作る目的をはっきりさせることで、自分に合ったクレジットカードが分かります。

初めてのクレジットカードは、普段使いができるカードや年会費無料のカードがおすすめです。カード会社や特典、付帯保険でメインカードを選ぶのも良いでしょう。

サブのクレジットカードは、メインカードを補ってくれるカードを選ぶのがおすすめ。

ただし、クレジットカードの枚数が増えるとその分管理が大変なのでサブカードは2~4枚程度にしてください。

クレジットカードを作るときには、国際ブランドの選択も大事なポイントです。

複数のクレジットカードを持つなら国際ブランドは重複しないようにしましょう。

VISAとMastercardは世界で広く利用できるのでおすすめです。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。
この記事をシェア

クレジットカードのお得な選び方の最新記事

ページ先頭に戻る