銀行系クレジットカード5選!将来を見据えて1枚は作るのがおすすめ

この記事では、「銀行系クレジットカード」を紹介していきます。銀行系クレジットカードとは、その名の通り、銀行が発行しているクレジットカードのこと。

銀行系クレジットカードには、信頼性が高い、キャッシュカードと一体型にすれば使い勝手が良い、などのメリットがあります。

銀行系クレジットカードの中でも次の5つは、特におすすめのものです。

おすすめ銀行系クレジットカード
  1. JCB一般カード
  2. 三井住友VISAクラシックカード
  3. 三菱UFJ-VISA
  4. みずほマイレージクラブカード
  5. ミライノカード

この記事では、これらのクレジットカードのメリットやデメリットを解説していきます。

JCB一般カードは信頼性が高くメインカードにピッタリ

JCB一般カード

JCB一般カードは、国際ブランドであるJCBが発行しているクレジットカードです。

JCB一般カードの特徴は次の4点。

JCB一般カードの特徴
  • 年会費は「1,250円(税抜)」
  • 国際ブランドの正規カードのため信頼性が高い
  • インビテーションによる昇格が期待できる
  • 保険が充実

JCB一般カードは、「プロパーカード」のため、銀行系クレジットカードの中でも特に信頼性が高くなっています。

プロパーカードについてはこちらの記事で説明してありますので、「プロパーカードって何?」と思われた方は次の記事を読んでください。

また使い続けると、インビテーション(招待状)によって、より上位のカードを使えるようになる可能性があります。

他にJCB一般カードは保険も充実していて、国内旅行でも海外旅行でも、「最高3,000万円」の旅行傷害保険が付いているのも大きな魅力です。

JCB一般カードは、どんな人向けのクレジットカードですか?
JCB一般カードは、長く使える「メインカード」を求めている人におすすめです。
なるほど、プロパーカードで信頼性が高いからですか。

たしかに国際ブランドのクレジットカードなら、いきなりサービス停止になったりはしないでしょうからね。

それ以外に、より上位ステータスのカードへの「インビテーション」が届く可能性もあるからですよ。

JCBザ・クラスなどのハイランクカードは、いきなり申し込んでも審査に通らない可能性が高いのです。

JCB一般カードから利用実績を重ねてカード会社から信頼をエられれば、将来的に入手できる可能性があります。

一方で、JCB一般カードのデメリットは、基本還元率の低さ(0.5%)。

また、JCB一般カードは審査が難しい傾向があります。一定の収入がなければ、使いたくても発行してもらえない可能性があるんです。

JCB一般カードの詳しい情報が知りたい場合、次の記事も合わせて確認してください。

三井住友VISAクラシックカードなら2つの国際ブランドを利用可能

三井住友VISAクラシックカード

「三井住友VISAクラシックカード」は、三井住友カード会社が発行しているクレジットカードです。

三井住友VISAクラシックカードには、次のような特徴があります。

三井住友VISAクラシックカードの特徴
  • 年会費を実質無料にできる
  • デュアル発行が可能
  • 海外旅行傷害保険が付帯

三井住友VISAクラシックカードの年会費は、1,250円(税抜)。

三井住友VISAクラシックカードは、ネットから申し込むと初年度の年会費が無料です。

さらに「マイ・ペイすリボ」に登録し、年間に1回以上三井住友VISAクラシックカードを使えば、次の年も年会費が無料なんです。

三井住友VISAクラシックカードはカード名に国際ブランドの「VISA」とついていますが、「MasterCard」も選択可能です。

さらにデュアル発行して2枚の三井住友VISAクラシックカードを作って、「VISA」と「MasterCard」の両方の国際ブランドを利用できます。

三井住友VISAクラシックカードには「最高2,000万円」の海外旅行傷害保険が付帯されていますが、国内海外旅行傷害保険は付いていません。

三井住友VISAクラシックカードは、どんな人におすすめでしょう?
スタンダードな「定番」を求める人ですね。三井住友は、クレジットカード業界で長い実績を持っていますので、信頼性が高く利用している人も多くなっています。

三井住友VISAクラシックカードは、ハズレの無い安全な選択肢だと言えるでしょう。

三井住友VISAクラシックカードの弱点は、ポイント還元率が低い(0.5%)ことと、国内旅行傷害保険がついていなことです。

三井住友VISAクラシックカードの特徴や、年会費を無料にする詳しい方法は次の記事に載っています。

三菱UFJ-VISAは多機能搭載の便利なクレジットカード

三菱UFJ-VISA

「三菱UFJ-VISA」は、三菱UFJ銀行のクレジットカードです。

三菱UFJ-VISAの特徴は、次の3つ。

三菱UFJ-VISAの特徴
  • 年会費は「無料」
  • 複数の機能が搭載されている高機能なICクレジットカード
  • ポイントがキャッシュバックされる

三菱UFJ-VISAは、クレジットカードとしての機能とキャッシュカードとしての機能を併せ持っています。

さらに、交通系の電子マネーである「Suica」を搭載。また、Suicaの代わりに「PASMO」が搭載されたカードもあります。

他に、三菱UFJ-VISAで貯めたポイントは、クレジットカードの決済用口座に「キャッシュバック」されるという特徴もあるんです。

三菱UFJ-VISAが合っているのは、どんな人ですか?
三菱UFJ-VISAは、キャッシングや交通系電子マネーなど複数機能を持っているので、財布のカード枚数を減らしたい人に向いているでしょうね。

ただし、三菱UFJ-VISAには、国際ブランドがVISAしかないデメリットもあります。

VISA以外のクレジットカードが欲しい人は、別のクレジットカードを考えてみましょう。

三菱UFJ銀行では他にも数多くクレジットカードを発行しています。

三菱UFJ-VISAのメリットやデメリットは、こちらの記事で紹介してあります。

みずほマイレージクラブカードは目的別に6種類から選べる

みずほマイレージクラブカード

みずほマイレージクラブカードは、みずほ銀行のクレジットカードです。

みずほマイレージクラブカードの特徴は、次の3つ。

みずほマイレージクラブカードの特徴
  • 年会費は「無料」
  • みずほ銀行とイオン銀行のATM・振り込み手数料が無料
  • 目的ごとに違う機能のカードを選べる

みずほマイレージクラブカードの特典として、みずほ銀行とイオン銀行の手数料無料があります。

みずほ銀行とイオン銀行の「ATM時間外手数料」や、みずほ銀行宛ての「振込手数料」などが無料です。

セブン銀行などのコンビニのATMの利用手数料も、月4回まで無料なんですよ。

また、みずほマイレージクラブカードは「6種類」あり、それぞれサービス内容が異なります。

それぞれのカードごとの特徴をリストにまとめてみました。

みずほマイレージクラブカード種類別の特徴
カード名称 特徴 みずほマイレージクラブカード/ANA ANAマイレージクラブ機能が付帯
カード名称 特徴
みずほマイレージクラブカード/ANA ANAマイレージクラブ機能が付帯
みずほマイレージクラブカード/セゾンSuica Suica機能が付帯
セゾンアメリカン・エキスプレス・カード・ベーシック 海外旅行傷害保険が付帯
みずほマイレージクラブカード/THE POINT キャッシュカード・クレジットカード分離型

みずほマイレージクラブカードは種類ごとに機能が異なるため、目的に合ったものを選びやすいでしょう。

みずほマイレージクラブカードはどんな人におすすめですか?
みずほ銀行を使っている人ですね。手数料無料特典がありますから、みずほ銀行を使う機会が多い人ほどお得です。

みずほマイレージクラブカードの弱点は、「還元率が高くないこと」と「カードを紛失するとクレジットカードとキャッシュカードどちらも使えなくなること」。

ただし、「みずほマイレージクラブカード/THE POINT」はカードが分かれているので、カードを無くした時のリスクを減らしたい人にこちらがおすすめです。

みずほマイレージクラブカードが気になった方は、次の記事も確認してください。

ミライノカードは旅行傷害保険に家族特約が付く

ミライノカード

ミライノカードは、住信SBIネット銀行のクレジットカードです。

ミライノカードの特徴は次の3点。

ミライノカードの特徴
  • 年会費は「900円(税抜)」
  • 保険が付帯(家族特約)
  • ポイント還元率が高め

ミライノカードには、「最高2,000万円」の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険がついています。

しかもミライノカードの旅行傷害保険は、カード会員の家族にも適用される「家族特約」がついています(家族の保険金額は半額)。

またミライノカードは、ポイント還元率が「1%」と高めです。

ミライノカードは、どんな人が持つべきでしょうか?
ミライノカードには住信SBIネット銀行利用時にATM振込手数料無料などの特典があるので、住信SBIネット銀行の口座を持っている人ですね。

ミライノカードの弱点は、住信SBIネット銀行の口座が無いと、十分に利点が活かせないことです。

ミライノカードについては、次の記事で詳しく説明しています。

銀行系クレジットカードは銀行利用時にお得なサービスが多い

銀行系クレジットカードの魅力は、信頼性とステータス性が高さ。そのため、メインカードとして1枚は持っておくのがおすすめ。

他の銀行系クレジットカードの利点は、次の3つ。

ミライノカードの特徴
  1. キャッシュカードとの「一体型」がある
  2. ATM手数料無料などの特典があることも
  3. 使い続けることで上位カードへのランクアップが可能

銀行系クレジットカードはATMでお金を引き出したり振り込んだりするような、銀行利用時にメリットが大きいです。

銀行系クレジットカードのデメリットって何でしょうか?
銀行系クレジットカードは、全般的にポイント還元率が低めという弱点もあります。

「ポイントを貯めてお得に使いたい!」という人には向きません。ポイントを貯めたいなら「【高還元率】お得なクレジットカード特集」で紹介しているカードがおすすめですよ。

銀行系クレジットカードは信頼性の高いカードが欲しい人におすすめ

クレジットカードを選ぶ場合、年会費やポイント還元率だけでなく、「信頼性」にも気をつけたいところです。

いくらサービスがよくてもセキュリティ性能が低いクレジットカードでは、盗難時などに思わぬ大損害を受けかねません。

そういう意味でおすすめしたいのが、信頼性とステータス性が高い銀行系クレジットカードです。

銀行系クレジットカードは、使い続けてゴールドカードやプラチナカードに昇格させることもできますから、早いうちから育てるのもいいですね。

※ 掲載の情報は2019年8月現在のものです。
この記事をシェア

銀行系クレジットカードの最新記事

ページ先頭に戻る