クレジットカードの種類は多すぎて分からない!立場や目的別に紹介

現在、多種多様なクレジットカードが発行されていますが、誰にでも適した万能のカードというものはありません。

なぜなら、クレジットカードを持つ人の状況や、カードに何を求めているかによって、最適なクレジットカードが変わってくるからです。

この記事では、次の2つの項目に分けて、クレジットカードの選び方について説明していきます。

クレジットカードの選び方
  1. 自分に立場(年齢・仕事等)による選び方
  2. クレジットカードの用途による選び方

それぞれの項目で、おすすめクレジットカード紹介と関連記事へのリンクがありますので、チェックしてみてください。

クレジットカード選びの基本はメインとサブで分けて考える事

クレジットカードを作る時は、「メインカード」と「サブカード」に分けて考えると良いでしょう。

ただしメインカードにどんなものを選ぶべきかは、その人の立場と目的により変わってきますので、一概にこれが良いとは言えません。

どうして、誰にでもおすすめできる最善のメインカードがないんですか?
たとえば、会社員で仕事でよくクレジットカードを使う人なら、信頼性の高い「ゴールド」以上のカードを持っているのが良いでしょう。

でも、ネットショッピングしかしない人なら、ステータス性が高いカードを使う必要はありませんよね?

たしかにそういう利用方法なら、「年会費」の安さや「ポイント還元率」の高さを基準に選んだほうがお得ですね。

つまり人によって、クレジットカードに何を求めるかが違うため、コレが1番と決めつける事ができない、と。

そういう事です。

状況により最適なクレジットカードが変わってくるからこそ、カードの情報を集めて、自分に合ったものを選べるようにするのが大事なんですよ。

メインカードが決まったら、メインカードの弱点を補えるようなクレジットカードをサブカードとして選びましょう。

メインカードに、ステータス性が高いものを選んだなら、サブカードはポイント還元率が高いものを選ぶ、などとすると無駄がありません。

クレジットカードの選び方の基本について詳しく知りたい場合は、「クレジットカードの選び方をサブカード・メインカードに分けて紹介!」をどうぞ。

クレジットカードの種類とおすすめカード

ここではクレジットカードの種類を、使用者の立場によって分けて説明していきます。

立場ごとのおすすめクレジットカード
  1. 学生におすすめのクレジットカード
  2. 女性におすすめのクレジットカード
  3. 社会人におすすめのクレジットカード
  4. 一定以上の立場の人におすすめのクレジットカード
  5. 個人事業主や経営者におすすめのクレジットカード

それぞれについて見ていきましょう。

学生におすすめのクレジットカード

学生にクレジットカードが必要なのか、と疑問に思う人もいるでしょうが、海外旅行に行く際や一人暮らしをする際など、クレジットカードを持っていると便利なものです。

今は多くのカード会社が、「学生向け」のクレジットカードを発行していますので、そうしたカードを選べば、お得にクレジットカードを使えます。

学生がクレジットカードを選ぶ時は、維持費(年会費、ETC年会費等)、ポイント還元率を重視するのが無難。

三井住友VISAデビュープラスカード」「JCB CARD W」などが、おすすめの学生向けクレジットカードです。

学生向けのクレジットカードについては、「学生におすすめのクレジットカード9選!それぞれの特徴を紹介します 」で詳しく紹介しています。

女性におすすめのクレジットカード

女性の場合、女性向けのクレジットカードを選ぶという手段もあります。

女性向けクレジットカードには、乳がんなど女性特有の病気に対する「保険」がついていたり、女性が喜ぶ「優待」があったり、とお得な事も多いのです。

女性向けのクレジットカードとしては、「楽天PINKカード」「JCB CARD W plus L」などが挙げられます。

女性向けのクレジットカードについてさらに詳しい情報が知りたい方は、「【女性向けクレジットカードおすすめ5選】人気の理由とお得な使い方」を確認してください。

社会人におすすめのクレジットカード

社会人の場合、ある程度信頼性の高いクレジットカードを持っていたほうが良いでしょう。「銀行系クレジットカード」などがその代表です。

銀行系クレジットカードは、信頼性が高いだけではなく、キャッシュカード一体型にすれば、銀行で便利に使えます。

社会人におすすめのクレジットカードは、「三井住友VISAクラシックカード」「三菱UFJ-VISA」あたりでしょう。

社会人におすすめの銀行系クレジットカードについては、「銀行系クレジットカード5選!将来を見据えて1枚は作るのがおすすめ」で詳しく紹介しています。

一定以上の立場の人におすすめのクレジットカード

管理職であったり、他社との折衝が多い人の場合、社会的信用の高いクレジットカードを持っていた方が安心です。

よって、ある程度知られているカード会社の、「ゴールドカード」程度は持っておきたいところでしょう。

また、飛行機での出張が多い人などは、空港ラウンジ利用権などのサービスが付帯しているゴールドカードを選ぶと効率的です。

MUFGカードゴールド」「ミライノカードGOLD」などが、おすすめのゴールドカードです。

もっと多くのゴールドカードについて知りたい方は、「おすすめのゴールドカード8枚を徹底比較!メリット・特典から選ぼう」を確認してください。

ゴールドカードさえ持っていれば十分ですか?
立場にもよりますが、日本国内で使う分にはさほどは問題ないでしょう。
日本国内では?

じゃあ海外だと違うんでしょうか?

海外では、日本よりもクレジットカードの影響が大きくなっています。より高位の「ステータスカード」を所持していると、何かと有利になるでしょう。

ゴールドカードより上に、プラチナカードやブラックカードなどが存在します。こうしたステータスカードは、審査が厳しく入手が困難ですが、そのかわりに高い社会的信用を持ちます。

おすすめのステータスカードは、「JCBプラチナカード」と「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」です。

クレジットカードのステータス性は重要!ハイランクカードを4つ紹介」では、ステータスカードが詳しく紹介しています。

個人事業主や経営者におすすめのクレジットカード

個人事業主や会社経営者の場合、「法人カード」を使うのが基本です。

個人用のクレジットカードを会社用に流用すると、どれが私費でどれが会社の経費なのか、まとめるのが面倒になります。

また、法人カードには法人向けのサービスがあり、そうした面でも便利です。

法人向けのクレジットカードとしては、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」「JCB法人カード」などがおすすめ。

法人カードについて詳しく知りたい場合、「法人向けクレジットカードおすすめ5選!年会費・還元率・保険を比較」も合わせて確認してください。

目的別のクレジットカードの種類とおすすめカード

クレジットカードを種類分けする場合、立場ではなく「利用目的」で行うこともできます。

クレジットカードの利用目的として考えられるのは、次のようなものでしょう。

クレジットカードの利用目的
  1. ネットショッピングで使いたい
  2. マイルを貯めたい
  3. ポイントを貯めたい
  4. ガソリンスタンドでお得に使いたい
  5. 家電量販店でお得に使いたい
  6. 旅行に役立つカードがほしい

それぞれについて見ていきます。

ネットショッピングはクレジットカード決済がお得

ネットショッピングをする場合、「ポイント」も貯まりますし、他の決済方法のように「手数料」もかかりませんので、クレジットカードで決済するのが一番お得です。

ネットショッピングで使うクレジットカードを選ぶ際は、自分がよく使うサイトに合ったクレジットカードにするのが賢明です。

楽天市場をよく使うなら「楽天カード」、Amazonをよく使うなら「Amazon Mastercard クラシック」を選ぶ、などとするのがおすすめ。

ネットショッピングでおすすめのクレジットカード情報は、「 ネットショッピングでおすすめのクレジットカード6選!」の記事に載っています。

クレジットカードならマイルも貯めやすい

多くのクレジットカードでは、貯めたポイントを「マイル」と交換することが可能です。さらに一部のクレジットカードは、カード利用時に直接マイルを貯める事もできます。

飛行機を使う人なら、他のことでポイントを消費するより、マイルとして使ったほうが高効率でお得です。

クレジットカードの利用目的がマイルを貯めることなら、「JALカードSuica」「ANA JCBカード」などの、航空会社の提携カードを使うのが有効。

クレジットカードとマイルの関係については、「陸マイラーにもおすすめ!マイルが貯まるクレジットカードを比較」の記事で詳しく扱っています。

ポイントで得したいなら基本還元率とポイントボーナスが重要

とにかくポイントを貯めて、お得にクレジットカードを使いたい場合、「基本還元率」が高いものを選ぶのが大事。

さらに基本還元率だけではなく、ポイントボーナスがどれだけ付くかにも気をつける必要があります。

ポイントを貯めるのにおすすめなクレジットカードは、「リクルートカード」「REX CARD」などです。

クレジットカードのポイントについては、「高還元率クレジットカード6選!ポイント還元率・年会費・特徴を比較」も確認してください。

ガソリンスタンドで役に立つクレジットカード

自動車をよく使うなら、ガソリンスタンドを利用する機会も増えます。そういう人は、給油時にクレジットカードを使うとガソリンが割引になったりとお得な特典があるのです。

ガソリン用のクレジットカードを作る場合には、自分が使っているガソリンスタンドで有効なものを選びましょう。

ENEOSカード」「出光まいどプラス」などがおすすめのクレジットカードです。

ガソリンスタンドで得するクレジットカードについては、「ガソリンカード7選!ガソリンスタンド別おすすめクレジットカード」の記事に詳しく載っています。

家電量販店用のクレジットカードで大量ポイントゲット

家電量販店を利用する機会が多い人なら、その家電量販店のクレジットカードを作るほうがお得です。

専用のクレジットカードを使うと、家電量販店や購入する商品によっては10倍以上の高還元率であることも。

家電量販店では、1回で使う金額も高めになりますので、かなりのポイントが貯まるでしょう。

自分がよく使う家電量販店を選んで、作ると効率的にポイントを貯めることが出来ますよ。

家電量販店でおすすめのクレジットカードは、「ビックカメラSuicaカード」「ヤマダLABIカード」などです。

家電量販店で有効なクレジットカードの情報は、「家電量販店でお得なクレジットカード!年会費や還元率の高さを比較」の記事で説明してあります。

海外旅行に行くならクレジットカードは必須

海外では、クレジットカードによる支払いが一般的です。ホテルを利用する場合など、クレジットカードがないとかなり不便でしょう。

海外ではクレジットカードが身分証明書のような役割をするんですよね。
それだけではありませんよ。

クレジットカードには、旅行傷害保険が付いているものもあります。旅行用のクレジットカードを作る時は、保険にも注意すべきでしょう。

旅行時に役に立つクレジットカードとしては、「アメリカン・エキスプレス・カード」「オリコカード・ザ・ワールド」などがあります。

旅行時に役に立つクレジットカードについて詳しく知りたい方は、「旅行におすすめのクレジットカード5選!保険と特典でお得に旅しよう」も合わせて確認してください。

分割払いを使わないならデビットカードも便利

クレジットカードとよく似た働きをするものに「デビットカード」があります。

クレジットカードは「後払い」で、デビットカードは「即時支払い」と、決済方法が違うものの、基本的な使い方はほとんど変わりません。

デビットカードを使うと、銀行口座から即時にお金が引き下ろされますので、口座残高以上にカードで無駄遣いしてしまうということが起こらず安心です。

クレジットカードだとついつい使いすぎそうだ、という人におすすめのカードですよ。

デビットカードについては、「デビットカードを選ぶならこのカードがおすすめです」でまとめています。

どの種類のクレジットカードを使うかは状況次第

クレジットカードは1枚だけではなく、メインカードとサブカードで2枚以上持つのが有効です。

1つのクレジットカードでは、あらゆるニーズに対応することはできませんが、カードを複数持つことにより、お互いの弱点を補完しあえます。

どんなクレジットカードを使うかは、「自分の状況(年齢・職業等)」と、「利用目的」によって決めると良いでしょう。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。