LINEPayはクレジットカードからのチャージ不可!理由と対処法

LINE Payとは、LINEが提供している電子決済サービスのこと。LINEやLINE Payアプリ内のQRコードを読み取ってもらうことで実店舗での支払いができるうえ、オンラインサービスの決済も行うことができます。

LINE Payのメリットは、おサイフケータイ機能がなくても決済機能が使えること。

スマホ内にアプリをダウンロードすることで利用できるため、とても便利です。そのうえ割り勘や送金といった機能にも対応しており、多くの人に利用されています。

この記事では、LINE Payにチャージする方法やクレジットカードとの関係について、詳しく説明していきます。これからLINE Payを活用したいと考えている方はぜひ、参考にしてみてください。

LINE Payにクレジットカードでチャージすることはできない!

LINE Payにチャージすることで、実店舗でも利用できるようになるんですよね。バーコードを読み取ってもらうだけで決済できるなんて、便利ですよね。
実店舗での支払いが簡単という点も、LINE Payの大きなメリットですね。ただし、実はクレジットカードではLINE Payにチャージすることができないんですよ。
そうなんですか!?それは、知りませんでした。何か理由があるのでしょうか?
理由を詳しく説明していきますね。
今のところ、LINE Payではクレジットカードを利用してチャージすることはできません。その理由は、クレジットカードからチャージできた場合、クレジットカードを現金化することができるためといわれています。

LINE Payでは、チャージしたお金を登録してある銀行口座に出金することが可能です。もしもクレジットカードからLINE Payに対してチャージできた場合は、クレジットカードからチャージした金額がそのまま出金できるということ。

ということはつまり、クレジットカード枠を現金化することができるということになります。現金化することは、クレジットカード規約に反するため行うことができません。そのため、クレジットカードからチャージすることができないと考えられます。

そのうえ、現金化できる業者は貸金業法に基づいて登録していなければ摘発されてしまうもの。LINEを運営しているLINE Pay株式会社は、資金移動業であり貸金業者ではありません。そのため、現金化できるようになると摘発されてしまいます。

クレジットカード枠を現金化することができないという理由から、LINE Payではクレジットカードでチャージを行うことができないと考えておくといいでしょう。

LINE Pay Visaというクレジットカードができると聞いたのですが、本当でしょうか?
Visaとオリコ、そしてLINEがクレジットカードを発行することで合意したとの情報がありますね。2019年8月には先行予約を受け始めるとの情報もあります。
そうなんですね。どのようなことができるカードなのでしょうか?
LINE Payとつなげてスマホ決済を行う、Visaのタッチ決済を行うなど、便利なカードになりそうですよ。事前にチャージすることなく、LINE Payを使うことができるようになるかもしれません。

クレジットカードで支払えるのはLINE系のサービスのみ

LINE Payではクレジットカードでチャージをすることはできないと説明しました。では、クレジットカードは何のために登録できるのか、気になりますよね。

クレジットカードをLINE Payに登録できるのは、LINEに関するオンラインサービスを使う際にクレジットカード払いするため。

LINEに関するオンラインサービスとは、「LINEデリマ」や「LINEほけん」といったサービスのこと。LINEに関するサービスのうち、料金が発生するものに対して支払いをする際に登録したクレジットカードを使用します。

このようにクレジットカードを利用できるのはLINEに関するオンラインサービスのみで、チャージや送金、割り勘といった機能ではクレジットカード払いできないと覚えておきましょう。

また、クレジットカードを登録したからといって、LINE Payのトップ画面にカードが表示されるわけではありません。LINE Payのトップ画面に表示されるのは、あくまでプリペイド式であるLINE Payカードのみ。

クレジットカードを登録したからといって、トップ画面にカードが表示されるわけではないので注意しましょう。

実際の店舗でLINE Payを使う際には、事前にチャージしなければ使えないと考えておくと良いでしょう。

LINE Payでは、日本で発行されているほぼ全てのクレジットカードを登録できると考えておくといいでしょう。

LINE Payへのチャージ方法は3種類!銀行口座やコンビニで

クレジットカードではできないものの、他の方法を使えばLINE Payにチャージすることができます。

LINE Payにチャージする方法は次の3通り。

  • 銀行口座でチャージ
  • コンビニで現金をチャージ
  • LINE Payカードでチャージ

それぞれについて説明していきます。

LINE Payに銀行口座を登録すれば簡単にチャージできる!

LINE Payに銀行口座でチャージをするには、銀行口座を登録しておく必要があります。銀行口座の登録方法は簡単。LINEアプリで銀行口座情報を入力するだけ。

銀行口座を登録しておけば、口座に残高があればスマホだけですぐにチャージできます。

そのうえ、銀行口座登録の場合は、残高が少なくなると自動でチャージしてくれるオートチャージ機能も使えるため、とても便利です。

LINE Payはコンビニでも簡単にチャージできる!

LINE Payへのチャージは、コンビニでも簡単に行うことができます。チャージを行うことができるコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3つ。

セブンイレブンの場合は、セブン銀行のATMでチャージを行います。ローソンの場合は、LINE Payカードを使いレジでチャージを行いましょう。ファミリーマートの場合は、Famiポートを利用してチャージします。

どのコンビニでも簡単にチャージすることが可能です。

LINE Payカードを使えば対応しているお店で簡単にチャージできる!

LINE Payでは、チャージに対応しているお店であればLINE Payカードを使ってチャージすることができます。

LINE Payカードとは

チャージをすることで利用できるプリペイドカードのこと。実際の店舗での買い物やオンラインストアでの支払いで利用することができます。

LINE Payカードでチャージできるお店は次の6つ。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • AINZ&TULPE
  • LIPS and HIPS
  • アインズ

これらの店舗でLINE Payカードを利用しましょう。

方法は簡単。LINE Payカードを見せてチャージしたい金額を支払うだけ。これでチャージは完了です。

LINE Payカードでのチャージは上の6つの店舗でしかできません。

ですがLINE Payカードを利用しての支払いは、JCB加盟店であればどこでも利用することが可能です。

オンラインストアでの利用の際は、クレジットカード支払いを選択し、LINE Payカードの情報を入力します。

この3つの方法の中で一番便利なのはどの方法ですか?
最も便利なのは、銀行口座を利用する方法でしょう。出かける必要がなくスマホを操作するだけでチャージできるため、とても便利ですよ。

LINE Payは便利な支払方法!クレジットカードも登録しておこう!

LINE Payは、チャージしておくことで実際の店舗でもQRコードを見せれば簡単に買い物できる、便利なサービスです。ただし、今現在はクレジットカードでチャージすることはできません。銀行口座を利用した方法などを利用し、チャージを行いましょう。

ただし、LINEのオンラインサービスならば、クレジットカードで支払いをすることもできます。

クレジットカードを登録しておくことで、これらの料金をクレジットカード払いにすることができるるもの。クレジットカードは登録しておくといいでしょう。

※掲載の情報は2019年8月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!