自転車保険を考えるならクレジットカードの保険がオススメ!

x自転車に乗る際、自転車保険に加入することを定める自治体が増えてきました。自転車は、自分が怪我をするとは限りません。相手に怪我をさせてしまい、高額な賠償金を支払わなければいけないケースも増えています。

自転車保険は火災保険や自動車保険など色々な保険に特約として設定されている他、単体で加入することも可能です。しかし、実はクレジットカードに付帯するもので自転車保険をカバーできるということを知っている方は少ないのでは?

クレジットカードに付帯する自転車保険の補償内容や保険料はどうなっているのか、一般的な自転車保険とどう違うのか、気になる疑問にお答えしていきましょう。

クレジットカードに付帯されている自転車保険と自転車はどちらがおすすめか?どのようなカードにどのような補償があるのか?と疑問に思っている読者様に向けた記事執筆をお願いいたします。

自転車保険ってどんな保険?押さえておきたい補償はコレ!

近年、自転車事故によって高額な賠償金を支払うことが増えています。5,000万円を超える賠償金も珍しくは無い中、万が一のときに備えて自治体単位で自転車保険への加入を義務付ける動きも出てきています。

  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 滋賀県
  • 埼玉県
  • 鹿児島県
  • 名古屋市

これから自転車保険への加入を考える上で、自転車保険を選ぶ際にチェックすべき補償が、以下の3点です。

  • 自分が現在加入している保険に賠償責任保険がセットされているか
  • 家族への補償はあるか
  • 示談交渉があるか

それぞれのポイントについてご紹介していきます。

自分が現在加入している保険に賠償責任保険がセットされているか

実は、火災保険や自動車保険に個人賠償責任特約がついている場合があります。

火災保険や自動車保険契約時に個人賠償責任特約も付けていて、それが自転車事故にも対応しているのであれば新たに自転車保険に加入する必要はありません。

ですから、まず自分が加入している保険で個人賠償責任特約がついているのか、お得な保険料で加入できるのか、チェックするようにしましょう。

自転車保険への加入義務は、【自転車保険】ではなく個人賠償責任保険でも良いのですか?
自転車保険の加入義務化は、万が一の時に被害者に対して賠償責任を果たすことができるようにしておく、ということを前提としています。

ですから、相手への賠償が出来る保険に加入していればOKなのです。

家族への補償はあるか

自転車保険を選ぶときには、自分が事故を起こした場合のみでなく、家族が事故を起こしたときも補償対象としてくれるものを選びましょう。

自転車保険によっては、夫婦型、家族型とプランが分かれているものもあります。しっかりチェックしておきたいですね。

示談交渉があるか

自転車事故を起こして被害者への賠償を行わなければいけなくなったとき、自分で賠償金についての交渉を行うのは困難となります。

自転車保険、もしくは個人賠償責任保険に示談交渉がついていれば、示談交渉のプロが行ってくれるので安心です。

自転車保険の示談交渉サービスは商品やプランによって無い場合がありますので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

自転車保険付帯のクレジットカード3選

では、クレジットカードで利用できる自転車保険についてご紹介していきます。

クレジットカードには多くの付帯保険がありますが、自転車保険が最初から付帯されている訳ではありません。

クレジットカードの個人賠償責任保険に加入することで、自転車保険と同じように被害者への賠償補償に備えることができるということになります。

クレジットカードの付帯保険について興味がある方には、こちらの記事がオススメです。

個人賠償責任保険に加入出来るクレジットカードは色々あります。

どのクレジットカードを選べば良いのかを判断するために、まずは家族にも適用されるか、示談交渉はセットされているか、という2点をチェックするようにしましょう。

ここでは、その2点を満たしたオススメのクレジットカードを3つを比較・紹介していきます。

その3つが、こちらです。

  • JCBカード
  • 三井住友VISAカード
  • イオンカード

では、補償内容を見ていきましょう。

カード名 保険料 個人賠償責任 死亡・後遺障害
JCBカード
トッピング保険
日常生活賠償プラン
月額150円 1億円 100万円
三井住友VISAカード
自由設計プラン
月額140円~ 1億円 なし
入院補償
…日額500円
イオンカード 月額260円* 1億円 350万円

これらの保険は自転車事故だけでなく子供が近隣の窓ガラスを割ってしまった、他人の車に傷をつけてしまった、借りたものやお店の物を破損してしまった等、日常生活における様々な賠償責任に対応可能なのも魅力です。

*イオンカードは月々430円、540円のプランにのみ借り物の破損・紛失などによる補償が付帯する。

三井住友VISAカードは個人型と家族型のプランがありますが、個人賠償責任保険について配偶者・同居の親族・別居未婚の子などの家族も対象となりますので、家族が自転車事故を起こした場合にも備えることができます。

JCBカードやイオンカードも、加入者の家族も個人賠償責任の対象となりますので安心です。

クレジットカードの個人賠償責任保険は、補償内容はあまり変わらないようですね。毎月の保険料がお得なカードを選べば良いということでしょうか。
出来るだけコストを抑えたいのであれば保険料を比較して選ぶ、という方法もあります。ただ、クレジットカードの年会費がかかるかどうかもチェックしておきたいポイントです。
確かに、年会費が無料のカードなら、月々の支払い保険料が割高でも結果的に年間で支払う金額はお得になる可能性がありますね。そして逆もしかり、ですね。
クレジットカードの年会費、付帯保険やサービス、そして個人賠償責任保険の内容や保険料、様々な点を確認して選ぶようにしておきましょう。

先ほど紹介した3つのクレジットカードの年会費がこちらです。

カード名 年会費
JCBカード JCB CARD W
…年会費無料
一般カード
…1,250円(税別)
三井住友VISAカード クラシックカード
…1,250円(税抜き)
マイ・ペイすリボ利用で無料
イオンカード 無料

イオンカードは年会費が無料です。JCBカードも39歳以下限定のJCB CARD Wは年会費無料で利用することができます。

JCB CARD Wについて詳しく知りたい方は、こちらをチェックしてください。

三井住友VISAクラシックカードについては、こちらの記事で特集しています。

コストを抑えたい方は、年会費無料のカードを選ぶと良いですね。

各クレジットカードにも自転車保険プランがある!?

自転車保険として個人賠償責任保険が使えるという話をしましたが、実は各クレジットカードも自転車保険・自転車プランに加入することができます。

ここではイオンカードの自転車プランについて見てみましょう。

コース名 月払い保険料 個人賠償責任 死亡・後遺障害 入院日額
C
B
A
320円
530円
1,030円
3,000万円
5,000万円
1億円
100万円
100万円
100万円
2,000円
5,000円
10,000円

イオンカードの自転車プランは個人賠償責任保険と比較すると、その保険料が割高になっています。

ただ、個人賠償責任保険とは違い入院日額補償、通院日額補償が設定されています。どのような補償を受けたいかによって判断すると良いでしょう。

普通の自転車保険とクレジットカード付帯自転車保険はどっちがお得?

クレジットカードに付帯している自転車保険の魅力は、保険料がお得であるという点です。

一般的な自転車保険は、年間3,000円~5,000円程度の保険料がかかることが一般的となっています。

しかし、クレジットカードの個人賠償責任保険(自転車保険)は年間2,000円台で加入可能なものも多く、コストはお得になっています。

では、一般的な自転車保険とクレジットカードの個人賠償責任保険の補償内容にはどのような違いがあるのでしょうか。

自転車保険は被害者への賠償はもちろん、本人の怪我に対する入院・手術についても補償しています。一方、個人賠償責任保険は相手への賠償責任が中心となっています。

一般的な保険会社の自転車保険の内容をチェックしましょう。

保険会社名 保険料 個人賠償責任 死亡・後遺障害 入院日額
au損保 3,920円
6,560円
11,940円
2億円
3億円
3億円
250万円
400万円
400万円
4,000円
6,000円
…通院日額1,000円
6,000円
…通院日額2,000円
三井住友海上 3,990円
5,320円
7,230円
3億円
3億円
3億円
290万円
500万円
500万円
4,000円
6,000円
6,000円
…入院日額1,000円
東京海上日動 2,500円
4,290円
6,690円
無制限
無制限
無制限
100万円
300万円
500万円
なし
3,000円
5,000円
…通院日額1,000円

各プランによって保険料が異なり、保険料が高くなればその分だけ補償も手厚くなります。通院補償を付けたいのであれば、年間6,000円以上の保険料支払いが必要になるわけです。

先ほど紹介したクレジットカード会社の補償と比較すると、保険料が高い分だけ本人の入院や通院補償が充実していることが分かります。

特に東京海上日動は個人賠償責任が無制限となっている点は魅力です。

結局、充実した補償を求めるのであれば、保険会社の自転車保険に加入した方が良いということでしょうか。
自分の補償は医療保険や生命保険で十分ということで相手への賠償責任だけを考えたいということなら、クレジットカード会社の個人賠償責任で十分だと考えることもできます。

自分が加入している生命保険の補償内容を確認し、選択すると良いですね。

自転車保険はクレジットカードの個人賠償責任で対応可能!

自転車による事故によって高額な賠償金を支払うことになった際でも、クレジットカードの個人賠償責任保険に加入していれば対応できます。

一般的な自転車保険に加入するのと同等の賠償保障が、それよりもお得な保険料で利用できるのでぜひチェックしておきたいですね。

ただ、自転車保険は現在加入している火災保険や自動車保険にすでに付帯されている場合がありますし、一般的な自転車保険の方が補償内容は充実しているケースもあります。

その点も踏まえた上で、クレジットカード会社の個人賠償責任保険を検討すると良いでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る