JCBゴールドはコスパよし!JCBゴールド ザ・プレミアを狙うのも手

年齢的にも、ステータスを示すためにも、そろそろゴールドカードを持ちたい!と考えている人も多いでしょう。

ゴールドカードは一般のクレジットカードと比べて高額な年会費がかかりますが、さまざまなサービスが受けられるのが魅力です。

ゴールドカードの中でもコスパ抜群なのが、JCBゴールドカードです。

最高1億円の手厚い保障が受けられる傷害保険や、空港ラウンジの無料利用といった、さまざまなサービスを受けられます。

さらには、全国の指定された店舗にてJCBゴールドカードにて支払を行うと、飲食代金やコース料金の割引が受けられるサービスも提供しています。

ここでは、JCBゴールドカードの魅力や特徴について紹介していきます。ゴールドカード選びで迷ったときの参考にしてください。

JCBゴールドはJCB一般カードの上位カード。次の記事を参考に、JCB一般カードと比較してみましょう。

JCBゴールド
注目ポイント
  • 海外旅行保険やショッピング保険などの付帯保険が充実
  • 空港ラウンジ(国内とハワイ)が無料
  • ゴールド会員用デスクが利用可能
  • グルメ優待サービスが利用可能
  • ゴルフサービスが利用可能
  • OkiDokiポイントプログラムがとってもお得
国際ブランド
電子マネー
カード情報内容
発行元株式会社ジェーシービー
年会費10,000円(税抜) 
初年度は年会費無料
申込資格20歳以上(学生不可)
安定継続収入がある
還元率0.5%~ ※海外利用時は還元率2倍
追加カード家族カード(1人目無料、2人目以降:税抜1000円)
ETCカード(手数料、年会費無料)
QUICPay
限度額最大500万円
海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
キャンペーン情報

今ならインターネットで新規入会するとJCBギフトカードが5,000円分もらえます!
他にもJCBオリジナルシリーズパートナー利用でポイントが10倍になるキャンペーンも実施中!

家族カードを発行してもらいたいときは、1人目が無料で、2人目以降は1000円(税抜)で持つことが可能です。

JCBゴールド自体の年会費は高いと感じるかもしれませんが、家族カードの年会費を抑えて、しかも充実したサービスが受けられるので、コスパは良いです。

ゴールドカードを持ちたいだけでなく、家族カードも作りたい人におすすめですよ。

では、JCBゴールドの魅力をそれぞれ見ていきましょう。

JCBゴールドは年間500万円までのショッピング保険が付帯される

ネット通販などでも便利に使えるJCBゴールドですが、安心して買い物ができるようにショッピング保険が充実しているのもうれしい点です。

国内外を問わずJCBゴールドカードで買い物した商品については、購入日から90日以内の盗難、破損について補償が受けられます。

最高で500万円まで(1年間)補償が受けられるので、高額な買い物をしたときも安心です。

JCBゴールドには割引などのお得なサービスが充実している!

JCBゴールドは、様々な割引サービスが充実しています。

一つ一つご紹介していきます。

JCBゴールドのグルメ優待サービスは魅力的!割引が受けられる

JCBゴールドは、グルメ優待サービスが受けられるのも魅力の1つです。

優待ガイドには全国で250以上の店舗が登録されており、そのお店の飲食代をJCBゴールドで支払った場合は20%もの割引を受けられるようになっています。

登録されているお店は高級店が多いので、外食や接待などでお店を使う機会が多い人にとって、節約効果は大きいでしょう。

20%もの割引を年に何度か受けるだけで、年会費の支払い分をカバーできます。

JCBゴールドのゴルフサービスはゴルフ好きにおすすめ

全国的にも有名なコースにて行われるゴルフコンペへの参加や、ゴルフ場手配のサービスが受けられます。

予約困難と言われている人気コースで、プレーするのも夢ではありません。ゴルフ好きな人にとって、満足できるサービスを受けられるでしょう。

ただし、対象のゴルフ場は関東や関西に集中しており、北海道・東北・中部・南九州には利用できるゴルフ場が無いのは残念な点です。

JCBゴールドの会員情報誌を常にチェックしておくと更にお得

JCBゴールドは充実したサービスが魅力的なゴールドカードですが、サービス内容について理解していなければ、その恩恵を受けられません。

JCBゴールドでは、会員情報誌を発行しており、さまざまな優待情報を掲載しています。

情報誌をチェックすることで利用したいサービスが見つかったり、知らなかったサービスに気が付いたりすることも多いのです。ゴールドカードの恩恵を存分に受けたい方には、うれしいサービスだと思います。

JCBゴールドのデザインはシンプルで高級感がある

ゴールドカードをステータスのために持ちたいという人もいるでしょう。支払いのときにゴールドカードを出すと、周りからも一目置かれますし、優越感にひたれます。

ゴールドカードの満足度を高めるのに、カードのデザインも重要な要素の一つになっています。

JCBゴールドは洗練されたデザインと評判が高く、女性ウケ抜群のディズニーデザインも選べるのがうれしい点です。

クレジットカードのデザインにもこだわりたい人には、おすすめのクレジットカードです。

JCBゴールドの申し込み条件は20歳以上!学生はNG

JCBゴールドを申込みしたいときは、申し込み条件を満たしているかどうかを確認しておく必要があります。

20歳以上で安定した収入のある方を条件としており、学生はクレジットカードを作れません。

安定した収入といっても、審査に通るためにどれだけの年収が必要なのかは明記されていませんが、申込者の年齢の平均年収が期待できれば、審査に通る可能性は高そうです。

つまり、若い人でも安定した収入が見込めれば、JCBゴールドを持つこともできるということです。

ただし、勤続年数が短い、過去に支払いを延滞したことがあるような場合は、審査に落ちることもあることを覚えておきましょう。

JCBゴールドは旅行や出張におすすめ!空港ラウンジや旅行保険が充実

JCBゴールドは、旅行に関するサービスが充実しているので、旅行や出張に出かける機会が多い人にはおすすめです。

海外旅行保険

海外旅行保険が付帯しているゴールドカードは他にもたくさんありますが、JCBゴールドの補償は手厚いです。

海外旅行傷害保険が最高で1億円、国内は最高で5000万円と付いているので、旅行や出張の度に保険に入る必要もありません。

同程度の補償を付けてくれるゴールドカードは他にもありますが、年会費とのバランスを考えると、JCBゴールドはコスパに優れているのです。

JCBゴールドは、海外出張や旅行が多い人に特におすすめですよ。

他にも、航空機遅延保険や空港ラウンジなど、旅行する上で助かるサービスが付帯されています。

航空機遅延保険

ほかにも、国内外に出かけるとき飛行機を利用する機会が多い人にとって助かるのが「航空機遅延保険」。

さまざまな事情で手荷物が紛失してしまったり、手元に届かなかったりした場合にかかる予定外の出費について補償が受けられます。

空港ラウンジサービス

国内の主要空港と、ホノルル国際空港のラウンジが無料で利用できます。同伴者についても、同伴者料金を支払えばラウンジを利用できるようになります。

ラウンジでは、フリードリンクや雑誌や新聞の閲覧など、出発前の空いた時間をゆったりと過ごすことができる環境が整っています。

国内の空港を利用する機会が多い人や、ハワイによく出かける人にとっては、うれしいサービスです。

JCBゴールドを持つならJCBゴールド ザ・プレミアを狙おう

JCBゴールドよりも良いサービスが受けられるので、JCBゴールド ザ・プレミアにランクアップを狙うのがおすすめです。

この章では、JCBゴールド ザ・プレミアの入会条件と、JCBゴールドとの違いを見ていきましょう。

JCBゴールド ザ・プレミアを作るには招待が必要

JCBゴールド ザ・プレミアは、誰でも申し込みできるわけではありません。

JCBゴールドのオプションサービスとなるので、所定の条件を満たした人だけが作れるカードなのです。

JCBゴールド ザ・プレミアに上がる条件
  • ショッピング利用合計(JCBゴールドでの支払金額が、2年連続で100万円以上であること)
  • 会員専用WEBサービスを利用していること

JCBゴールドで食事や旅行代金などを全て支払していれば、年間で100万円の支払いは決して達成できない金額ではありません。充実したサービスが受けられるので、招待が届いた人は、利用を検討してみましょう。

では、次にJCBゴールドとの違いを説明していきます。

JCBゴールド ザ・プレミアを作るには招待が必要

JCBゴールドとJCBゴールド ザ・プレミアムの違いを表にまとめてみました。

JCBゴールド JCBゴールド ザ・プレミア
年会費 10,000円(税抜) 15,000円(税抜)
空港ラウンジ ホノルルのみ 約1,200カ所
京都の会員専用ラウンジ
グルメ優待 20%割引 30%割引

JCBゴールドとJCBゴールド ザ・プレミアムは、5,000円ほどしか年会費が変わらないのに、かなり豪華な特典が受けられます。

日常の支払いをJCBゴールドで行うなどして、JCBゴールド ザ・プレミアムのインビテーションを目指してはいかがでしょうか。

ゴールドカードを初めて持つ人にもおすすめ!

ゴールドカードを持ちたい人にとって、年会費やサービス内容が気になるところでしょう。年会費を支払ってでも、ゴールドカードを持つ価値はあるのかという点を重視して、クレジットカードの種類を選ぶ人も多いと思います。

JCBゴールドは、年会費は10,000円(税抜)と高いと感じるかもしれませんが、海外旅行保険やグルメ優待などのサービスが充実しています。

国内外の出張や旅行の回数が多い、接待やデートなどで外食することが多い人にとっては、受けられるメリットは大きいです。

特に、旅行代金をJCBゴールドで支払すると、ポイントの還元率が高くなるので、それだけでも年会費の元を十分に取れますね。

安定した平均ほどの年収があり、過去に延滞等がなけれ、審査が通る可能性は高いでしょう。

さらに上位のカード「JCBプラチナ」を狙うのもいいですね。JCBプラチナについては、「JCBプラチナはコンシェルジュ付き!JCBザ・クラスとの違いとは?」の記事をご覧ください。

※ 掲載の情報は2020年2月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!