JCB CARD EXTAGEは学生におすすめ!将来を考えるならこれ

海外旅行に出かけるときなど、クレジットカードを持っていると便利です。大学生や社会人になったのをきっかけに、クレジットカードを作ろうと考える人も多いでしょう。

若い人におすすめしたいクレジットカードに、「JCB CARD EXTAGE」があります。

JCB CARD EXTAGEは、申し込み対象者が18歳から29歳と限られているのが特徴で、学生でも入会できます。

ETCや家族カードも無料で作成できるので、初めてクレジットカードを作る、試しにクレジットカードを使ってみたい人にはおすすめのクレジットカードだと言えるでしょう。

やり方次第ではポイント還元率をアップさせることもできるので、カードを使ってポイントで得することも可能です。

また、利用期間も入会から5年間という決まりがあります。

JCB CARD EXTAGEを持つメリットやデメリット、作成をおすすめしたい人について詳しく紹介していきます。

まずは押さえておきたいJCB CARD EXTAGEの基本情報と特徴

クレジットカードを作るときには、その特徴や条件を比較すると押さえておきたい基本の情報を、紹介していきます。

JCB CARD EXTAGEの情報をまずは理解しておきましょう。

JCB CARD・EXTAGE

年会費 無料
※家族会員、ETCも無料
カードブランド JCB
付帯カード ETC、家族カード
申し込み資格 18歳〜29歳
付帯保険 海外旅行傷害保険、ショッピングガード保険
ポイントサービス OkiDokiポイント

その特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • ETCカードも無料
  • ポイントが貯めやすい
  • 海外旅行保険付き
  • 海外でJCBデスクが利用可能

年会費無料のクレジットカードは、他にもたくさんありますが、ETCカードまで無料で作成できるクレジットカードは少数です。

申し込み資格を満たしており、ETCや家族カードを作りたい人にとっては、お得なクレジットカードだと言えますね。

また、ポイントが貯めやすいのも魅力です。ほとんどのクレジットカードは、ポイントサービスを提供しており、カードによって還元率や特典が異なります。

クレジットカードのポイント還元率は、0.5〜1.0%が平均です。JCB CARD EXTAGEは、
OkiDokiポイントが利用できますが、1,000円ごとの利用で1ポイントが貯まる仕組みです。

JCB CARD EXTAGE入会後3カ月間は、なんとポイントが3倍、4か月目以降は1.5倍となるので、お得にポイントが貯められるのです。

JCB CARD EXTAGEは、クレジットカードのポイントサービスをお得に利用したい人におすすめのクレジットカードですよ。

また、海外旅行に出かける人にもメリットが大きいです。それは、海外旅行保険が付帯しているからです。

最高で2,000万円の補償が受けられるようになっているので、新たに海外旅行保険に加入し直す必要もありません。

また、JCBの海外デスクも利用できるのも魅力です。

年会費無料でこれだけの充実した特典が受けられるので、申し込み資格を満たしている人は作っておいて損はないでしょう!

ポイントが貯まらないことも、JCB CARD EXTAGEのデメリット

年会費無料でありながら、保険や付帯カードなどの点でメリットが受けられるJCB CARD EXTAGEですが、デメリットもあることを覚えておきましょう。

JCB CARD EXTAGEは、還元率が0.5〜0.75%と、ポイントの還元率自体はよくありません。

しかし、セブンイレブンやAmazon、ガソリンスタンドなど、JCB ORIGINAL SERIESパートナーに指定されているショップでJCB CARD EXTAGEを使うと、還元率が1.0〜5.0%へとアップします。

JCB ORIGINAL SERIES パートナーによく使うお店が見つかれば、高いポイント還元率が期待できるでしょう。

また、JCB CARD EXTAGEはJCBブランドのクレジットカードですが、VISAやMastercardと比較してしまうと、使えるお店が限られてしまうことも。

特に、海外ではJCBが使えないことが度々あります。

そして、使える期間が限られていることに不満を感じる人もいるでしょう。最大で5年間しか有効期限がなく、その後は自動的にJCBの一般カードに切り替わります。

JCB CARD EXTAGEだからこそ受けられるメリットもあるので、他のJCBカードに切り替わることに不満を感じる可能性もあります。

また、JCB CARD EXTAGEは、途中解約すると解約手数料がかかることも覚えておきましょう。

JCB CARD EXTAGEとJCB CARD Wと比較!お得なのはどっち?

JCB CARD EXTAGEのように、主に学生や若者向けのJCBブランドのカードに、「JCB CARD W」があります。

両カード共に申し込み資格に年齢制限があるので、どちらのカードを作成するか迷うかもしれません。

どちらのクレジットカードも、年会費も無料で家族カードもETCカードも無料で作成できる点は共通しています。

大きな違いと言えば、加入条件の年齢設定です。JCB CARD Wは、18歳以上39歳以下(高校生は除く)を加入対象としいます。

JCB CARD EXTAGEは、18歳以上29歳以上(高校生は除く)と、JCB CARD EXTAGEの方が、利用できる年齢の幅が狭いのです。

また、ポイント還元率にも違いがあります。JCB CARD Wの基本のポイント還元率が1.0%であるのに対して、JCB CARD EXTAGEは0.5%です。

基本の還元率だけ見てしまうと、JCB CARD EXTAGEの方がポイントの還元率は低いです。

しかし、JCB CARD EXTAGEは入会後の3カ月間はポイントが3倍になり、4か月目以降も通常ポイントに1.5倍が加算されます。

さらには、年間の利用金額が20万円を超えると、翌年度も継続してポイントが1.5倍になるのです。

携帯電話の使用料金や食品を全てJCB CARD EXTAGEで支払えば、20万円ならすぐに達する金額ですよね。

使い方によっては、JCB CARD EXTAGEでも高いポイント還元率が期待できるでしょう。

また、クレジットカードのデザインを比較してみると、JCB CARD Wがシンプルなデザインであるのに対して、JCB CARD EXTAGEはディズニーデザインも選べます。

JCB CARD Wの色はグレー1色ですが、JCB CARD EXTAGEでは、濃いめのピンクや薄いグレーなども選べますよ。

最後に、年会費や特典についてです。JCB CARD WとJCB CARD EXTAGEは、年会費やサービス面での差はほとんどありません。

クレジットカードの色やデザインにこだわる人には、JCB CARD EXTAGEがおすすめですよ。

JCB CARD EXTAGEは30歳になるとJCB一般カードに切り替わる

JCB CARD EXTAGEは、18歳から29歳と申込者の年齢制限を設けています。そして、JCB CARD EXTAGEを作ってから使える期間は、5年と決まっています。

JCB CARD EXTAGEは、29歳までに申し込みをすれば5年間持てます。つまり29歳で申し込みをすれば34歳までJCB CARD EXTAGEを持てますよ

そして、18歳でJCB CARD EXTAGEを作ったとしても、カードの有効期限は5年と決まっています。

有効期限が過ぎてしまったら、自動的にJCB一般カードへと切り替わることを覚えておきましょう。一般カードに切り替わると、次の点も変わります。

JCB一般カードに切り替わったときの変更点
  • 年会費 無料 → 1250円(税別)、家族会員は400円(税別)
  • 国内旅行傷害保険 付帯なし  → 最高3,000万円
  • 海外旅行傷害保険 最高2,000万円 → 最高3,000万円

また、JCB CARD EXTAGEで貯めたOkiDokiポイントは、一般カードに切り替わってもそのまま持ち越されます。

JCB CARD EXTAGEはクレジットカード初心者におすすめ!

JCB CARD EXTAGEは、本人だけでなく家族やETCカードも無料で作れるので、ファーストクレジットカードにおすすめです。

使い方次第でポイントも多く貯められるので、お目当ての品やサービスに交換することもできますよ。

学生社会人1年生でも手軽に作れるクレジットカードなので、最初に持つカードとして検討してみましょう。

※ 掲載の情報は2019年8月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!