JCB CARD W plus Lが女性におすすめの理由!Wとの違いも

JCB CARD W plus LはJCB CARD Wに女性向けの特典をプラスしたクレジットカードです。女性向けの保険に割安な掛け金で加入でき、会員限定の様々な優待サービスを受けることができます。

年会費は無料で、どこで使っても通常のJCBカードの2倍のポイントが貯まります(還元率1%)。Amazonなどのポイント優待店では還元率はさらにアップします。

この記事では、JCB CARD W plus LとJCB CARD Wの違いや、JCB CARD W plus Lだけの特典などを紹介します。

JCB CARD W plus Lを選ぶメリットや、審査基準、どんな人におすすめのカードなのかについても解説しているので参考にしてください。

JCB CARD W plus LとJCB CARD Wの違いは女性向け特典の有無

JCB CARD W plus LはJCB CARD Wに女性向け特典が付帯されたカードです。まずはJCB CARD W plus Lの基本的な情報をお伝えしてから、JCB CARD W plus LとJCB CARD Wの具体的な違いを紹介します。

JCB CARD W plus L を選ぶメリットは高還元率

JCB CARD W plus L

年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイントサービス Oki Dokiポイント
付帯保険 旅行傷害保険、国内・海外航空機遅延保険、ショッピングガード保険
追加カード ETCカード、家族カード、QUICPay

通常のJCBカードの場合は1,000円ごとに1ポイントのOki Dokiポイントが貯まるのでポイント還元率は0.5%(Oki Dokiポイント1ポイントを5円分のポイントに交換した場合)なのですが、JCB CARD W plus Lはポイントが2倍になるので還元率は1%です。国内と海外のどこで使ってもポイントは2倍貯まります。

JCBカードにはポイント優待店(JCBオリジナルシリーズパートナー店)があり、そこでJCB CARD W plus Lを利用するとさらにポイント還元率がアップします。

スターバックスでJCB CARD W plus Lを使って支払いをすると、還元率は5.5%になります。

Amazonやセブンイレブンでは、還元率はいつでも2%です。昭和シェル石油でガソリンを給油すると還元率は1.5%、携帯料金や公共料金の支払いでもJCB CARD W plus Lを利用すると還元率は1%になります。

貯まったOki Dokiポイントは、マイルや他のポイントサービスに交換することができ、ほとんどの場合1ポイントを5円分のポイントに交換できます。

JCBのラウンジやコールセンターも使える

JCB CARD W plus L会員は、世界60カ所に設置されたサービス窓口であるJCBプラザや、世界9都市にある会員専用ラウンジであるJCBプラザラウンジを利用できます。また、海外旅行中のトラブルを日本語で相談できるJCBプラザコールセンターも利用可能です。

なお、ETCカードの発行手数料・年会費、家族カードの年会費はすべて無料です。

JCB CARD W plus LとJCB CARD Wの大きな違いは特典

JCB CARD W plus LとJCB CARD Wで違う点には、カードデザインが挙げられます。JCB CARD Wはグレーでシックな色合いですが、JCB CARD W plus Lはピンクで女性らしいデザインです。

また、JCB CARD W plus Lは女性向けの特典が充実しているという大きな違いがありますが、ほかのサービス・機能面ではJCB CARD W plus LとJCB CARD Wに違いはありません。

JCB CARD W plus Lは女性に嬉しい特典が多いので、10代~30代くらいの若年層・子育て層の女性におすすめのカードです。また、JCB CARD W plus Lは年会費無料でポイント還元率が1%と高く、ポイント優待店を利用するとさらにポイントが貯められるので、お得にポイントを貯めたい人にもおすすめです。

JCB CARD W plus L は女性限定のカードなのですか?
女性向けの特典が多いですが、女性に限定されているわけではなく男性でも申し込めますよ。

JCB CARD W plus Lだけの特典・メリット

JCB CARD WにはないJCB CARD W plus Lだけの特典を紹介します。JCB CARD W plus L の女性向け特典は、女性向けカード「JCB LINDA」と共通です。

JCB CARD WにはないJCB CARD W plus Lだけの特典
  1. 女性疾病保険
  2. お守リンダ
  3. LINDAリーグ
  4. メールマガジンMyJCB Express News for LINDA

それぞれの特典を詳しく見ていきましょう。

女性疾病保険

ほぼすべての病気の入院をカバーしていますが、女性特有の病気の場合は手厚いサポートが受けられる保険です。

JCB CARD W plus Lを持つ18~69歳までの女性会員なら加入でき、本会員だけでなく家族会員も加入できます。月の保険料は290円からで、毎年3月1日時点の年齢に応じて保険料が決定します。

乳がん、子宮筋腫や妊娠の合併症など女性特有の病気で入院した場合は通常の2倍の保険金が支払われ、女性特有の病気の手術を受けた場合も保険金が上乗せされます。

女性特有の病気以外の入院・手術も補償しています。日帰り入院でも入院1日目から最長180日の長期入院まで、通算で1,000日まで補償されます。

海外での入院や外来の手術も補償対象です。入院保険金は日額3,000円、入院中の手術保険金は30,000円、外来の手術保険金は15,000円となっています。

お守リンダ

お守リンダとは、プランA~Dまでの4つの保険から好きな保険を選んで入れるサービスのことです。
まとまった人数で保険に加入することになるので、個別に保険に加入するよりも割安な保険料で加入することができます。

プランA 女性特定がん
プランB 天災限定傷害
プランC 犯罪被害補償
プランD 傷害入院補償

プランA

補償期間中に女性特有のがん(乳がん・子宮がん・卵巣がん)と初めて診断確定され、手術を受けた場合に保険金を受け取ることができます。満20歳~満79歳までの女性が対象です。

年齢区分によって月払掛金が変化し、一番低い月払掛金は20~24歳で30円ですが、一番高い月払掛金は55~59歳で630円です。

プランB

天災(地震や噴火、それらによって引き起こされた津波)によるケガに限定した保険です。天災による傷害が原因で入院や手術を受けた場合は保険金が受け取れます。

満20歳~満70歳の人が対象で、月払掛金は60円です。入院保険金は日額5,000円、手術保険金は種類によって5万円、10万円、20万円と変化します。

プランC

携行品ひったくりのみの補償、鍵取り替え費用補償、ストーカー行為等対策費用補償があります。

ひったくりによって持ち物が被害を受けた場合、支払限度50万円まで保険金が受け取れます。鍵取り替え費用補償は、空き巣被害があった場合に鍵の交換で実際にかかった費用を支払限度3万円まで保険金を受け取れる保険です。

ストーカー行為等対策費用補償は、ストーカー行為などを受けて防犯機器を購入した際に実際かかった費用を支払限度50万円まで保険金が受け取れるようになっています。満20歳以上の人が対象で、月払掛金は100円です。

プランD

ケガ(天災によるケガを除く)が原因で入院した場合に保険金が受け取れる保険です。満20歳~満70歳までの人が対象で、月払掛金は390円です。入院保険金は日額5,000円です。

女性疾病保険やお守リンダに加入したくない場合は加入しなくてもいいのですか?
オプション保険なので、加入しなくても大丈夫ですよ。その場合費用は一切かかりません。

LINDAリーグ

LINDAリーグでは、会員限定で「JCBトラベルで使える旅行代金 1万円分」や「TOHOシネマズ映画鑑賞券」などの豪華プレゼントに毎月応募することができます。

LINDAリーグ参加企業から提供される特典や優待を利用することもでき、お得なクーポンや割引、会員限定プランなどがあります。

メールマガジンMyJCB Express News for LINDA

会員は毎月2回、メールマガジン「MyJCB Express News for LINDA」を受け取ることができます。LINDAリーグの優待情報や、会員限定のお得な情報、プレゼントがもらえる抽選ゲームなど、情報は盛りだくさんです。

JCB CARD W plus Lの審査は?JCBカードの中では申し込みやすい

JCB CARD W plus Lの申し込みはオンライン入会限定です。18歳以上39歳以下で、本人か配偶者に安定的な継続収入がある人か、18歳以上39歳以下の学生(高校生不可)であれば申し込めます。40歳以上の人は申し込みできませんが、39歳までにカードを作っておくとカード作成後は40代以降も利用できます。

JCBカードは楽天カードなどの一般的なクレジットカードと比べると、審査は厳しめです。

しかし、JCB CARD W plus LはJCBカードの中では、申し込みしやすいカードです。

年齢制限を設けており、ターゲットは10~30代の女性であることから、他の全年齢対象のJCBカードに比べると年収などの審査基準は幅広いことが分かります。

また本人に収入がない学生(高校生不可)や専業主婦でも申込可能。

両親や配偶者など世帯年収で安定継続収入があるかどうかを評価しています。

JCB CARD W plus L は10~30代女性におすすめ

JCB CARD W plus Lは年会費無料で、還元率はいつでも1%と高く、スターバックスでは5.5%にもなります。18歳以上39歳以下であれば申し込みが可能で、男性でも申し込みすることができます。

JCB CARD Wとの違いは、JCB CARD W plus Lに女性向けの特典が付いていることです。女性向けの特典には、女性疾病保険やお守リンダといった割安な保険料で加入することができる保険や、優待やお得なキャンペーンに参加することができるLINDAリーグなどがあります。

収入が少ない場合や申込者本人に収入がない場合(配偶者等に継続収入がある)でもカードに申し込みできるのも特徴。

JCB CARD W plus L は10~30代の比較的若い層の女性におすすめのカードですが、Amazonやセブンイレブンなどのポイント優待店でよく買い物をする人にも、ポイント還元率がアップするのでおすすめです。

あなたのコメントをどうぞ!