JALカードSuicaはポイントもマイルも効率よく貯められるカード!

電車やバスにもよく乗るし、飛行機もよく利用する人におすすめなのが、JALカードSuicaです。

さらに東日本在住であれば、選ぶクレジットカードは「JALカードSuica」一択でしょう。

JALカードSuicaなら、買い物でJALマイルを貯められます。

またマイルの他にJREポイントというポイントを貯められるうえに、貯めたポイントをマイルに交換できます。

JREポイントは、特定のお店で買い物をしたり、Suicaにチャージしたりすることで貯められます。

JR東日本という大きな会社が関わっているだけあって、様々な方法でマイルやポイントを貯められます。

家族カードも作れるので、家族で効率よくマイルを貯められますよ。

今回はJALカードSuicaがいかにマイルを貯めやすいカードなのか、オートチャージの落とし穴やJALカードSuicaのデメリットを紹介していくので参考にしてください。

飛行機と電車でマイルを貯められるJALカードSuicaの魅力

JALカードSuicの魅力を説明する前に、基本情報をご紹介します。

JALカードSuica

JALカードSuica
年会費(本会員) 2,000円(税抜)
※入会後1年間年会費無料
年会費(家族会員) 1,000円(税抜)
国際ブランド JCB
ポイントサービス JALマイル
付帯保険 旅行傷害保険(国内・海外)
追加カード 家族会員カード、ETCカード
対応ICカード乗車券 Suica
(PASMO、SMART ICOCA、PiTaPaは非対応)
対応電子マネー Apple Pay

※退会後1年以内の再入会、およびすでにJALカードに入会している人は対象外

JALカードSuicaでは、100円ごとにJALマイルが1ポイント貯まります。

JALカードSuicaの魅力
  • 普段の買い物でマイルを貯められる
  • 飛行機で貯まるマイルを増やせる
  • 貯めたJREポイントを手軽にマイル交換できる
  • 家族カードで効率よくマイルを貯められる
  • Suicaのオートチャージでポイントが貯められる
  • 国内在住で18歳以上なら審査に申し込める

それぞれの魅力ついて、詳しく説明していきましょう。

JALカードSuicaは買い物でマイルを貯められてお得

JALカードSuicaは、JALマイルを貯めたい人におすすめのカードです。

買い物をJALカードSuicaで支払うと、200円ごとにJALマイルを1マイル貯められます。

還元率0.5%は、他のクレジットカードと比べても高いとは言えません。しかし有料のサービスを利用すれば、還元率を上げることが可能です。

年会費3,000円(税抜)のショッピングマイル・プレミアムに入会すると、100円ごとに1マイルが上乗せされるんですよ。

例えばショッピングマイル・プレミアムに入会し、JALカードSuicaで買い物をすると、200円で2マイルを貯められます。

さらにJALカード特約店で買い物をすれば、200円ごとに2マイル貯められます。

ショッピングマイル・プレミアムに入会し、JALカードSuicaを使ってJALカード特約店で買い物をすると、200円ごとに4マイル貯められる計算です。

またJALのサイト「eマイルパートナー」を経由してネットショップで買い物をすれば、さらにマイルを貯められます。

eマイルパートナーで経由できるお店にAmazonがあるのは、大きなポイントです。

JALカードSuicaなら飛行機で貯まるマイルを増やせる

JALカードSuicaは、買い物だけではなく、飛行機に乗って貯まるマイルも増やせます。

JALグループ便の飛行機に乗るだけで、通常のマイルに加えて、次のマイルがプラスされます。

  • 入会後はじめて飛行機に乗ると1,000マイル※
  • 初年の翌年からはじめての飛行機を乗ると1,000マイル
  • 飛行機に乗るたびにフライトマイル10%プラス
※再入会やJALカードを複数持っていると対象外

さらに年会費2,000円(税抜)のツアープレミアムに入会し、対象割引運賃のJALグループ便に乗ると、通常のマイルにツアープレミアムボーナスマイルがプラスされます。

貯めたJREポイントを手軽にマイル交換できて効率的!

JALカードSuicaは、JALマイルだけではなくJREポイントも貯められます。

貯めたポイントは、1,500円単位で何度でもマイルに交換できます。

マイルの交換回数が決まっているカードも多いなかで、何回もマイルに交換できるというのは大きなメリットです。

通常であれば、1,500ポイントを500マイルに交換できます。

ショッピングマイル・プレミアムに入会しておけば、1,500ポイントを1,000マイルに交換できます。

ショッピングマイル・プレミアムに入ると、年会費3,000円(税抜)で100円の買い物ごとに1マイルがプラスされるのです。

またJRE POINT加盟店でJALカードSuicaを利用し買い物をすると、さらに100円につき1ポイントプラスされます。

JALカードSuicaは家族カードで効率よくマイルを貯められる

JALカードSuicaは、2018年7月から家族カードも申し込めるようになりました。

年会費1,000円(税抜)で家族会員に入会すると、家族も同じようにマイルが貯められます。

ショッピングマイル・プレミアムにJALカードSuicaの所有者が入会すれば、家族カードを持っている人も同じようにマイルを貯められます。

つまり、家族カードの会員がショッピングマイル・プレミアムに入会しなくても、本会員が入会していれば、200円ごとに2マイルを貯められるようになるのです。

JALカードSuicaの良いところは、これだけに終わりません。

JALカード家族プログラムに無料で登録すれば、家族カードを持っている人たちのマイルを合算して特典と交換ができます。

家族全員分のマイルを合わせられるのは、かなりマイルが貯めやすいシステムですよ。

Suicaのオートチャージでポイントが貯められる

JALカードSuicaで、Suicaのオートチャージを行うと3倍のポイントを貯められます。

JALカードSuicaは、Suica・PASMOエリア(首都圏)、仙台エリア、新潟エリアの改札でオートチャージが利用できます。

オートチャージできるように設定すれば、残金が少なくなってもわざわざ手動でチャージする必要がなくなります。

通常JRE POINT加盟店で買い物をする場合、オートチャージを利用するとおよそ3倍の1,000円につき15ポイント貯められます。

通常は100円につき1ポイントなので、非常に還元率がいいですよね。

JALカードSuicaは国内在住で18歳以上なら審査に申し込める

日本国内に住んでいて、電話連絡がとれる高校生以外の18歳以上であれば、誰でも申し込めます。

ただし、未成年者は親権者の同意が必要です。

家族会員は、高校生を除く18歳以上で、本会員と生計をともにしている配偶者・親・子どもであれば申し込みができます。

本会員が学生の場合、家族が何歳であろうと家族会員に申し込めません。

JALカードSuicaのJREポイントが3倍貯まる方法を紹介

ここからは、JREポイントの貯め方をご紹介します。

JRE POINT加盟店でJALカードSuicaを利用すると、JREポイントを100円につき1ポイント貯められます。1,000円の買い物なら、5ポイント貯まります。

しかし以下の対象商品をJALカードSuicaで購入すると、1,000円につきJREポイントを15ポイント貯められます。

JREポイントが効率的に貯まる商品
  • 乗車券、定期券、回数券、特急券
    ※JR東日本のみどりの窓口・びゅうプラザ・券売機で購入されたものであること
  • JR東日本国内ツアー(一部対象とならない商品アリ)
  • Suica定期券・Suicaカード
  • ビューカードでのSuicaチャージ
  • オートチャージ
  • モバイルSuicaまたはSuicaアプリケーション

通勤・通学で定期券で毎日電車に乗っている人や、電子マネーとしてSuicaを頻繁に使っている人にとっては大きなメリットです。

定期券を購入する場所によってはポイントが還元されない

JALカードSuicaで定期券を購入すると、JREポイントを貯められます。

しかしこの定期券には条件があり、ポイントが3倍になるのはJR東日本のみどりの窓口・びゅうプラザ・券売機で購入されたものだけです。

それ以外の場所で購入した定期券は、3倍のJREポイントを貯められません。それどころかJREポイントそのものを貯められません。

オートチャージでポイントを貯めるときの注意点

オートチャージでも3倍のJREポイントを貯められるのは、JALカードSuicaの大きなメリットと説明しました。

オートチャージとは、JALカードSuicaで改札口を通る際、残高が少なければ自動的にチャージを行う機能です。

現在のところオートチャージをできるのは、Suica・PASMOエリア(首都圏)、仙台エリア、新潟エリアだけ。

エリア外では、改札口にJALカードSuicaをかざしてもオートチャージが出来ないのは要注意です。

オートチャージの注意点は買い物だとチャージされないこと

オートチャージは、特定の改札口にJALカードSuicaをかざすと行えます。

店舗での買い物の支払い時にJALカードSuicaをかざしても、オートチャージされません。

残金が不足していることを、申し訳なさそうに店員さんから伝えられるだけですよ。

JALカードSuicaのデメリットはマイルの二重取りができないこと

JALカードSuicaのデメリットは、JMB WAONカードを利用してマイルの二重取りができないことです。

JMB WAONとは、チャージした現金を電子マネーWAONとして利用できるカードです。JMB WAONで支払うと200円につきJALマイルを1マイル貯められます。

通常のJALカードなら、JMB WAONへのチャージを行えます。しかもチャージ費用100円につきJALマイルを1マイルを貯められます。

例えばJALカードからJMB WAONへ1,000円チャージし、JMB WAONで1,000円分の買い物をすると、合計で15マイルを貯められます。

200円につきJALマイルを3マイル貯められる計算です。

しかしJALカードSuicaでは、JMB WAONにチャージできないためマイルの二重取りを行えません。

どうしてもJALマイルの二重取りを行いたいのであれば、JALカードをもう1枚用意するしかありませんが、年会費が余分にかかってしまいます。

もしくはチャージによるマイル獲得は、諦めるしかありません。

基本はJALカードSuicaで支払って200円につき1マイルを貯め、WAON電子マネーで支払えば数倍のマイルが貯まるイオンのキャンペーンのときだけJMB WAONを利用するという方法です。

JMB WAONは発行手数料無しのうえ年会費無料ですし、JALカードSuicaだけを利用するときよりもマイルを貯められます。

その他のJALカードSuicaのデメリットは、エリア外だとチャージがしにくい点です。

対応券売機がないエリアで、JALカードSuicaにチャージするためには、駅の券売機VIEW ALTTE(ビューアルッテ)を利用するしかありません。

しかし、東日本以外のVIEW ALTTE(ビューアルッテ)の数は限られているのが現状です。

その点はモバイルSuica利用すれば解決できます。

モバイルSuicaにJALカードSuicaを登録すると、ボタンを押せばJALカードSuicaからモバイルSuicaへチャージができるようになります。

手動という点は不便ですが、改札口で止められるよりも面倒は少ないでしょう。

工夫次第で西日本でもマイルを貯められるJALカードSuica

JALカードSuicaとは、JALカードと東日本のSuica機能付きビューカードが一緒になったクレジットカードです。

200円の買い物につき1マイルのJALマイルを貯められるだけでなく、有料のショッピングマイル・プレミアムに入会すれば、100円につき1マイルを貯められます。

またJALマイルだけではなくJREポイントというポイントも貯められます。

貯めたJREポイントは、JALマイルに交換することもできます。

JALカードSuicaは、飛行機と電車・バス移動が多い人であれば持っていて困らないカードです。

JALカードSuicaのデメリットは、東日本以外の地域の使い勝手が悪い点です。

東日本以外の地域でJALカードSuicaを使用し電車に乗る際、JALカードSuicaそのものではなく、JALカードSuicaを登録したモバイルSuicaを使用することをおすすめします。

すでにJALカード持っている人がJALカードSuicaに切り替える場合、新規で申し込む必要があるので注意しましょう。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!