クレジットカードの保険について分かりやすく解説

クレジットカードには、いろいろな保険が付帯しています。また、クレジットカードを持っているからこそ利用できる、お得に加入できるという保険商品もあるのです。

ここでは、クレジットカードに関する保険について分かりやすく解説していきます。海外旅行保険、ショッピング保険、自転車保険など、その種類も決して少なくはありません。

もしも気になる保険があるという方は、ぜひチェックしてください。

クレジットカードに付帯する保険には何がある?

クレジットカードに付帯している保険は、1つだけではありません。

クレジットカードならどのカードにも必ず付帯している紛失・盗難保険を始め、海外旅行保険やショッピング保険など多くの種類の付帯保険があるのです。

クレジットカードの付帯保険は、特に保険料の支払いが必要になるものではありません。クレジットカードを持つ事で自動的に利用できる、加入している状態になりますので、いざという時に使える付帯保険には何があるのかチェックしておくと安心です。

クレジットカードの付帯保険は、ただクレジットカードを持つだけで適用されるのですか?
持っているだけで自動的に適用されるのは、自動付帯というタイプです。付帯保険によっては、クレジットカードを使うことで補償対象となる利用付帯もあります。

どの保険がどのタイプなのかを確認しておくことが大切です。

クレジットカードの付帯保険については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

海外での万が一に対応!海外旅行保険をチェック

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯しているものが多くあります。海外旅行保険では、海外で万が一の場合に使える様々な補償がついています。

主な補償内容を見てみましょう。

  • 死亡・後遺障害
  • 疾病治療・傷病治療費用
  • 損害賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用

死亡時や後遺障害になってっしまった場合、現地でケガや病気をして病院にかかった場合についてはもちろん、物を壊してしまった、盗難被害に遭ってしまったという場合も補償されます。

また、海外で病気やケガをして日本にいる家族が現地へ向かう際の費用についても、救援者費用として補償内容に含まれています。

ただ、海外旅行保険には利用付帯と自動付帯があります。海外でもしもの事態に陥ったとき、出国前にカードで旅行代金の支払いをしていなかった為に補償対象外になっては勿体ないので、適用条件についてしっかり確認しておきましょう。

 

クレジットカードに海外旅行保険が付帯している場合は、保険料を支払ってまで別の海外旅行保険に加入する必要はないということですね。
クレジットカードの海外旅行保険は、カードによってその補償額が不十分である場合もあります。

クレジットカードを複数枚持つ事で補償を上乗せすることは可能ですが、補償額について十分かどうかを検討することが大切です。

海外旅行保険は様々なケースに対応できるような補償となっていますが、その保障内容や補償額についてはクレジットカード会社やカードの種類によって異なります。

各クレジットカードの補償内容をじっくりと比較しておきたいですね。

海外旅行保険の補償内容について興味がある方には、こちらの記事がオススメです。

海外旅行保険はクレジットカードの名義人以外も利用できる!?

海外旅行保険は、クレジットカードに付帯する保険です。クレジットカードの名義人であれば当然利用することができるわけですが、その家族はどうでしょうか。

実は、クレジットカードの海外旅行保険は基本的にカード名義人(本会員)を補償するものです。家族であっても、基本的には補償対象外となります。

ただ、家族会員になる(家族カードを発行する)、家族特約を利用するといった方法でクレジットカードの海外旅行保険を家族にも適用することが可能となるのです。

家族特約は基本的にゴールドカードといったハイステータスカードに付いているものですが、家族特約の場合、家族カードが発行できない18歳未満の子どものみが対象で、配偶者でも対象外となるケースもあります。

各カードの補償対象者については、カード規約などで確認しておくことが必要です。

海外旅行保険を家族に適用するための方法については、こちらで特集しています。

国内旅行保険が付帯したクレジットカードもある

クレジットカードの旅行保険は海外旅行保険が一般的ですが、国内旅行保険が付帯しているクレジットカードもあります。

国内旅行保険は、海外旅行保険と補償内容が異なります。

基本的には、死亡・後遺障害補償のみが付帯、入院や通院補償は怪我をした時のみ対象で、付帯していないカードも少なくはありません。

国内旅行保険にも、自動付帯と利用付帯があります。利用付帯のカードの場合は、事前にツアー代金やホテル代金をカードで支払っていることが保険適用の条件です。

 

国内旅行保険は、日帰りのバスツアーや個人旅行などでも適用されるのでしょうか。
国内旅行保険の適用条件として、宿泊を伴う旅行(ツアー)であることが定められているのが一般的です。

また、公共交通機関を利用しない自家用車での移動中の事故は対象外となる点にも注意が必要です。

詳しくは、こちらの記事でご紹介しています。

必ず付帯している紛失・盗難補償

クレジットカードには、必ず紛失・盗難補償が付帯しています。

万が一クレジットカードを無くした、盗まれたという場合、勝手にクレジットカードを使われたら困りますよね。

しかし、自分が購入していない商品の代金を請求されたとしても、紛失・盗難補償があるので安心です。

身に覚えのない利用履歴があっても、それは返金してもらえるということですね。

これなら、安心してクレジットカードを利用する事ができます。

紛失や盗難に遭ったときは速やかにカード会社や警察へ届け出をしなければいけません。

その届け出がなければ、補償されない可能性がありますので注意したいところです。

また、クレジットカードの盗難保険は、暗証番号入力による不正利用の場合は補償対象外となるのが一般的です。

暗証番号がバレないよう、推測されづらい番号を設定するように心がけておきたいですね。

クレジットカードの紛失・盗難補償には期限がある!

クレジットカードの紛失・盗難補償は、連絡を受けた日から61日前まで遡った利用分からの補償となります。

つまり、紛失・盗難被害に連絡が遅くなれば、紛失してすぐの不正利用が補償されなくなってしまうのです。

補償適用期間によっては、クレジットカード会社によって異なります。90日前以降を補償対象期間としているクレジットカードもあります。

クレジットカードの盗難保険についてもっと詳しく知りたい方には、こちらクレジットカードには必ず盗難保険が付帯!その内容をチェックの記事がオススメです。

自転車保険にもクレジットカード保険が使えるってホント!?

自転車事故によって高額な賠償金を支払うケースが増えてきましたので、自転車保険を考えている人も多いのでは?

保険会社の自転車保険に加入することは可能です。しかし、クレジットカードの付帯保険でも自転車保険の代わりにすることもできるのです。

クレジットカードで加入できる保険に、個人賠償責任保険があります。

個人賠償責任保険は、他人のガラスや車を傷つけてしまった、借りたものを壊してしまったといったケースに加え、自転車事故によって賠償責任が生じた際に補償してもらうことができます。

自転車事故以外も補償してもらえるため、自転車事故のみを補償する保険よりも補償範囲が広い点が魅力です。

クレジットカードの個人賠償責任保険は最初から付帯していれば良いのですが、そうではないのですね。
個人賠償責任保険は、任意で加入する追加保険になります。

クレジットカード会員限定の保険になるので、比較的お得な保険料で加入できるのも魅力ですね。

クレジットカードで加入する自転車保険について興味がある方は、こちらの記事をチェックしてください。

クレジットカードの保険で海外レンタカー利用時に適用となる補償とは

海外でレンタカーに乗る機会がある方は、レンタカー乗車時の事故についても考えておかなければいけません。

万が一事故を起こしてしまった場合の死亡・後遺障害補償だけでなく、レンタカーの修理代金やレンタカーが使用できない場合の利益損害に対する賠償など、様々なケースを考える必要があるのです。

レンタカーに乗る際には、レンタカー代金に含まれている自賠責保険を除き、様々な保険の中から自分で必要だと思うものを任意で加入する必要があるのです。

ただ、クレジットカードに付帯されている保険でカバーできるのであれば任意で加入する保険が少なくて済みます。

クレジットカードの保険でカバ―出来るのは、会員本人の死亡・後遺障害補償、そして傷害治療費補償、携行品損害補償です。

個人賠償責任補償については、レンタカー乗車時は対象外となっていますのでレンタカー事故による損害賠償には対応できません。

海外でレンタカーに乗る際には、是非こちらの記事をチェックしておきましょう。

ゴルフをする人はクレジットカードのゴルファー保険をチェック

ゴルフ保険には、賠償責任補償、ゴルファー損害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償などをカバーしています。

ゴルフをする方でゴルフ保険の加入を考えている方も多いかもしれませんが、もしクレジットカードにゴルフ保険が付帯していればどうでしょうか?わざわざ加入する必要はありませんよね。

ゴルフ保険が自動付帯しているクレジットカードは、限られています。その1つJALダイナースカードですが、年会費は28,000円と決して安くはありません。

ゴルフ保険に任意で加入できるクレジットカードには、三井住友VISAカードやセゾンカードがあります。月々300~500円台で加入できるので、ぜひチェックしてみてください。

一般の保険会社の商品に加入するよりもクレジットカード会社のゴルフ保険に加入した方がお得なのですか?
保険会社では、1週間だけ、2泊3日だけといった短期での加入が可能な商品を取り扱っている場合もあります。

ゴルフに行く頻度が少ないのであれば、このような保険を検討するのも良いでしょう。

クレジットカードのゴルフ保険については、こちらで詳しく解説しています。

意外と知らないクレジットカード保険

クレジットカードの保険には、様々な保険があります。その中で知っておくと便利なものが、次の2つです。

  • ショッピング保険
  • 弁護士特約

それぞれの保険についてご紹介します。

ショッピング保険

クレジットカードにショッピング保険が付帯していれば、万が一購入した商品が破損、盗難被害に遭ったときにその商品代金を補償してもらうことができます。

ただ、ショッピング保険は購入した商品すべてに適用されるというわけではなく、次の点に注意が必要です。

  • クレジットカードで商品を購入することが条件
  • 補償対象となる購入先が国内または海外限定となっている場合がある
  • 補償対象外の商品もある

ショッピング保険では、自転車やコンタクトレンズなどの商品が対象外となっていることが多くなっています。

また、スマホもクレジットカードの種類によっては対象外に設定されているので、各カードの規約をチェックしておきたいですね。

ショッピング保険は、破損や盗難に気づいたらいつでも利用できるのですか?

補償を希望する場合、注意しておきたいポイントはあるのでしょうか。

ショッピング保険を適用するためには、その商品を購入した際の売上票(お客様控え)が必須です。商品購入時の売上票はきちんと保管しておきましょう。

また、補償期間は購入後90~180日程度になっている点にも注意しておきたいところです。

ショッピング保険については、こちらでご紹介しています。

弁護士特約

個人賠償責任保険など、相手に損害を与えてしまった場合の補償では、弁護士相談サービスや示談交渉サービスが含まれている場合があります。

しかし、このサービスは自分が加害者になった時のみ適用となるもので、自分が被害者になった場合は補償してもらうことができません。

そんなときあると便利なのが、弁護士特約です。まだ取り扱っているクレジットカード会社は少ないのですが、自分が被害者になった場合も弁護士への相談費用、依頼費用、書類作成費用などを補償してもらうことができます。

弁護士特約について興味がある方には、こちら被害者になった時はクレジットカードの弁護士費用特約があれば安心!の記事がオススメです。

クレジットカードに死亡保険や入院保険があるの?

クレジットカードには、医療保険が付帯されていません。任意で加入する保険としても、基本的に生命保険や医療保険は含まれていないのです。

クレジットカードで加入できる付帯保険としては、日常生活でのケガや自動車、自転車事故への補償、そして日常生活の賠償責任等であり、病気による死亡や入院には対応できません。

ただ、海外旅行保険であれば、クレジットカードにも死亡や入院保障がついています。クレジットカードの死亡保険は、適用される条件が限られているのです。

クレジットカードの死亡保険についてもっと詳しく知りたい方は、こちらクレジットカードの死亡保険が適用されるには特定の条件がある!?の記事をご覧ください。

クレジットカード会社から届く入院保険はどういう意味?

クレジットカードを持っていると、たまにクレジットカード会社から無料の入院保険の案内が届く場合があります。

保険料無料で一定期間の補償を得られるというものですが、これは利用者とクレジットカード会社、保険会社いずれに対してもメリットがあるのです。

メリット
利用者 ・無料で保険に加入できる
・万が一のときは補償を受けられる
クレジットカード会社 ・クレジットカードを解約すると
 保険の対象外となってしまうので
 クレジットカードの解約を防ぐことができる
保険会社 ・利用者の情報を得ることができる
・プラスαの補償を案内することができる

一定期間経過後は、自動的に解約扱いとなるので更新手続きや新規加入手続きなどをしない限り保険料の支払いが生じることはありません。

無料の入院保険のからくりについて興味がある方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

クレジットカードで保険料を支払うとお得になる

クレジットカードの付帯保険ではなくても、加入する保険をクレジットカードで支払うことで得をする場合があります。

クレジットカードで保険料を支払えば、支払った保険料の分だけポイントが貯まります。

クレジットカードには火災保険を付帯することができませんが、火災保険の保険料をクレジットカードで支払うことが可能な場合もあります。

ただ、火災保険は一括払いのみクレジットカード払いが対応可能、代理店によってクレジットカード払いは不可、というケースもあります。

火災保険料をクレジットカードで支払いたい場合は、クレジットカード払いの可否だけでなく、その条件についても確認が必要です。

クレジットカードでの火災保険料支払いについては、こちら火災保険の支払いはクレジットカードが便利でお得!?の記事でもご紹介しています。

知らなきゃ損!クレジットカードの多種多様な保険は要チェック

クレジットカードには、多くの付帯保険と任意で加入できる保険があります。まずは、そのクレジットカードにどのような保険が付帯しているのかをチェックして、適用条件を確認しておきましょう。

特に、自動付帯なのか、利用付帯なのかを知ることは、いざ保険を使いたいときに重要なポイントとなってきます。

また、自分が必要とする補償が付帯していなければ、任意で加入する保険をチェックしてみると良いですね。お得な保険料で加入でき、保険料がクレジットカードのポイントになるメリットもあります。

何か保険への加入を考えているのであれば、まずクレジットカードの保険情報をチェックしてみるのも良いでしょう。