iDはクレジットカードのかざす端末。スマホに登録でさらに便利

iD と言う電子マネーがあります。ポストペイ型を基本に作られたもので、使っている人も結構いるんじゃないかと思います。

後払い式の電子マネーと言うと、クレジットカードでも同じじゃないかと言うイメージがありますね。確かにクレジットカードの発達によってさらに近づいた感はあります。しかし iDも進化してプリペイドやデビットと言うのもあるんです。

iD は NTT docomo が開発した支払用プラットフォーム

iD は NTT docomo が開発した電子決済サービスです。NTT docomo のほか、提携会社によって発行されるクレジットカードなどに搭載されることが多いです。

楽天 Edy や 交通系電子マネーなどと同じように、ソニーの非接触型 IC カードの技術である FeliCa を用いて通信などを行っています。

電子マネー iD の基本はポストペイだが他の方式もある

iD とは決済サービスのブランド名でもあります。クレジットカードなどの決済手段をバックグラウンドに持ち、非接触通信技術を用いて「かざす支払い」が行えるものです。

バックグラウンドの決済手段はいろいろですが、店頭で使う時には楽天 Edy や交通系電子マネーのように、iD を読取機にかざすだけで完了します。

また、基本はクレジットカードを利用したポストペイ(後払い)方式なので、チャージ残高を気にすることなく利用できます。

iD は NTT docomo の契約者でなくても利用できるのでしょうか。
docomo の契約者である必要はありません。しかし、docomo の契約者には特別な利用法が準備されいます。

基本は、NTT docomo と契約したカード会社などが、自社のカードなどに搭載して提供します。提供方式は大きく分けて 3 種類です。

  • プラスチックカードによるもの
  • おサイフケータイによるもの
  • Apple Pay によるもの

もちろん、一つの会社が複数の方式を提供していることが多いです。

ポストペイ型 iD の対応利用方法

iD は次の会社から発行されていますが、中にはカードを発行せず、おサイフケータイや Apple Pay だけで対応していることもあります。

プラスチックカード おサイフケータイ Apple Pay
d カード(docomo)
セディナ
三井住友カード
ゆうちょ銀行
オリコカード ×
ペルソナ
STACIAカード
×
大和ハウス
フィナンシャル
× ×
イオン銀行 ×
ポケットカード ×
ライフカード ×
クレディセゾン × ×
UCカード × ×
大丸松坂屋JFRカード × ×
VJAグループ

※:カード発行銀行による

後払い式だけではない iD

iD は決済サービスですので、決済方法としてクレジットカード以外のものを使うと、前払いや即時払いにも対応させることができます。

例えば、三井住友銀行のデビットカードを決済方法として選択すると、デビットカードによる即時支払を iD 払いで利用することができるのです。これはSMBC デビットの申込みのときにあわせて申し込んで下さい。

また、プリペイドカードを利用した場合、前払式電子マネーにもなります。

  • d カードプリペイド(マスターカード)
     ・カードと Apple Pay で対応
  • ソフトバンクカード・VISA プリペイド
     ・Apple Pay のみで対応
  • エデンレッド・チケットレストラン
     ・カードのみで対応。企業による福利厚生(昼食費補助システム)
  • メルペイ
     ・モバイルのみで対応。メルカリアプリを使った決済サービス

エデンレッドのシステムは iD だけでなく、エデンレッドの加盟店でしか使えませんが、コンビニや大手飲食チェーンなどの参入が増えているようです。

iD は発行会社に申し込むことで入手できる

よくある誤解なのですが、iD を入手するために、iD を手に入れてから持っているクレジットカードに紐つけるのではありません。

iD に対応しているクレジットカード会社などに、iD 搭載カードの発行を申し込むのです。もちろん、同じカード会社からであれば非搭載カードからの切り替えもできます。

iD払い とクレジットカード払いの違いとは

iD はクレジットカードなどの決済方法の裏付けが必要なんですよね。ではその二つの間の違いというのは何なんでしょう。
インターフェースの違いです。かざして使うとか、スマホに入れて使うとかの方法が iD の大きなアドバンテージです。

実は、こうした比較はちょっとおかしいのです。iD は多くの場合クレジットカードの決済用インターフェースとして用いられているものですから、比較の対象にはなりません。

ただ、使い勝手という意味では iD に軍配が上がるかも知れませんね。かざす決済ですので、なんと言っても処理の速さが違います。カードを読み取らせて、暗証番号を入れるよりはかざすだけのほうが早いのは当然です。

もちろん iD でも一定金額以上の場合、暗証番号の入力は必要です。

iD の加盟店であればクレジットのブランドは気にしなくていい

iD は顧客側のインターフェースだけではありません。仮に加盟店がクレジットカードの加盟店でなくても、iD 加盟店であれば iD を通じて支払いを受けることができます。

ですから iD ユーザーは、お店が自分のクレジットカードに対応しているかどうかを気にする必要がありません。

iD が使えることだけを確認しておけば支払いができるのです。

iD 利用はPIN レス取引可能な小額決済向き

iD が暗証番号なし(PIN レス)決済に使えるのは、同じお店でクレジットカードのサインレス決済が可能な金額が目安になります。おおむね 4,000 円から 30,000 円以上になると暗証番号を要求されます。

また、カード会社や加盟店によっては、一定金額を超えると利用できないこともありますので注意して下さい。

iD 加盟店はアクセプタンスマークで確認する

iD が使えるお店を見分けるためのアクセプタンスマークというのはあるのでしょうか。
もちろんありますよ。クレジットカード搭載型なら券面に印刷されているのと同じマークです。

iDマーク

このマークが表示されているお店なら、クレジットカード搭載型でも、おサイフケータイや Apple Pay でも、形式を問わず利用できます。

利用できるお店はかなり多いので、店頭でアクセプタンスマークを探すのがいいのですが、事前に知りたい場合は[「iD」が使えるお店検索 ] でドコモのサイトを探し、そこで検索して下さい。

ポイント還元は発行元のカード会社などが決めている

iD はクレジットカードなどの裏付けがある支払い方法ですので、ポイント還元もそちらから行われます。ポストペイ型の iD についてポイント還元率を見てみましょう。

  • d カード:1.0%
  • セディナ:0.5%
  • 三井住友カード:0.5%
  • ゆうちょ銀行:0.5%
  • オリコカード:1.0%
    ( Orico Card THE POINT の場合)
  • ペルソナSTACIAカード:0.5%
  • 大和ハウスフィナンシャル:0.5%
  • イオン銀行:0.5%
  • ポケットカード:0.5%
  • ライフカード:0.5%
  • クレディセゾン:0.5%
  • UCカード:0.5%
  • 大丸松坂屋JFRカード:0.5%
  • VJAグループ:おおむね 0.5%

このように、ほとんどのiD 対応カードは 0.5% の還元率です。しかし、それぞれのカードには特約店があり、2 倍~10 倍くらいのポイントアップも期待できますから、自分がよく使うお店で有利なカードを選べばいいでしょう。

そうしたものがない場合で、iD 利用のために新たにカードを申し込むなら、docomo ユーザーなら dカードGOLDを、そうでないなら Orico Card THE POINT がおすすめですね。

コンタクトレスカードが一般化してもiDには一日の長がある

最近ではクレジットカードにも NFC A/B という非接触式カードが増えてきましたが、通信速度の速さ・確実さでは、FeliCa のほうが安定して早いです。それにスマホ決済という便利な機能もありますから iD はまだまだ発展してゆくでしょう。

デビットカードやプリペイドカードに対応しているところも強いですね。

あなたのコメントをどうぞ!