クレジットカードは本人以外使えない!返金や補償のルールを知ろう

クレジットカードを他の人と貸し借りしたりしていませんか?実は、クレジットカードは本人以外が使用することができないのです。

本人というのはクレジットカードの名義人ということですか?
そのとおりです。クレジットカードを契約した人のみが使用できます。
信用できる人なら貸しても問題なさそうですけどね…。
親しいからと言って信用できるとは限りませんよ。なぜクレジットーカードを貸し借りすることができないのか勉強してみましょう。

家族であれば何気なく貸し借りしている人も多いのはないでしょうか?今回はなぜクレジットカードは本人以外が使用してはいけないのか・もし身内が勝手に使用してしまったらどうなってしまうのか詳しく説明していきます。

クレジットカードを初めて持った人・家族がいる人はぜひこの記事を読んでクレジットカードの基礎的な知識を身につけておきましょう。

クレジットカードは家族でも貸し借りしてはいけない

クレジットカードは赤の他人だけではなく、家族や恋人や子供でも貸し借りして使用することはできません。

少額なら大丈夫そうな感じがするんですけどね。
少額でもいけません!立派な違反行為になってしまいますよ。

なぜしてはいけないのかというとカード会社の会員規約(約款)によって禁止されているからです。

下記は三井住友カードの会員規約を抜粋したものです。

第2章 カードの管理
第6条(カードの貸与と取扱い)
2.カードの所有権は当社に属し、カードおよびカード情報はカード表面に印字された会員本人以外は使用できないものとします。また、会員は、現行紙幣・貨幣の購入、または、現金化を目的として商品・サービスの購入などにカードのショッピング枠を使用してはならず、また違法な取引に使用してはなりません。
3.会員は、カードおよびカード情報の使用・保管・管理を善良なる管理者の注意をもって行うものとします。会員は、カードを他人に貸与・譲渡・質入・寄託またはカード情報を預託してはならず、また、理由の如何を問わず、カードおよびカード情報を他人に使用させまたは使用のために占有を移転させてはなりません。
4.カードおよびカード情報の使用・保管・管理に際して、会員が前3項に違反し、その違反に起因してカードおよびカード情報が不正に利用された場合、本会員は、そのカード利用に係る債務についてすべて支払いの責を負うものとします。

会員規約は基本的にクレジットカードが発行されてから届くとき一緒に同封されています。細かい文字でたくさんの文章が載っているのであまり読む気になれない人も多いかと思います。ただし読んでなかったからといって貸し借りして良いわけではありません。読んでいないと言ってもきっと確認不足と言い返されてしまうでしょう。

もしクレジットカードを貸して代金の請求時にお金を貸した相手に返してもらえなかったらトラブルになる可能性もありますね。
そうですね。クレジットカードを利用したときの請求は全てクレジットカードの持ち主に行ってしまいます。

本人以外がクレジットカードを使用した場合どうなる?

バレなければクレジットカードを貸し借りしても大丈夫では?なんて思った人もいるかと思いますが、もしバレたときには取り返しのつかないことになってしまう可能性もあるのです。

カードの支払い義務を背負わなければいけない上に、クレジットカードの利用停止・強制解約という処分が行われることになります。

強制解約!?強制解約されたあとはもう一度発行することができるのでしょうか?
一度信用力を失っているので再び同じクレジットカードを発行するのはしばらくの間難しいかもしれませんね。

本人以外が使用したら所有者とクレジットカード会社にバレる可能性も

クレジットカードを本人以外がこっそり使用してもクレジットカードの所有者は利用明細を確認すれば分かってしまいます。

そもそもクレジットカードの所有権はクレジットカードの名義人ではなく、クレジットカード会社となっています。

所有権はクレジットカード会社のため、カードを利用している名義人はクレジットカード会社から借りているという形になります。本当の所有者であるクレジットカード会社が貸すことを認めていないので、たとえ名義人が認めていても成立しません。

クレジットカード会社も調査をしようと思えばすぐに不正利用していることは気付いてしまいます。

クレジットカードを利用するときには本人か確認するためにクレジットカードの裏面の署名とお店側が発行する利用伝票のサインが一致しているのかチェックされます。そのため、クレジットカードの裏面に署名をしていない場合は利用することができません。

身内が勝手にクレジットカードを使用した場合は基本的には返金不可能

家族が勝手にクレジットカードを使用してしまった場合は返金してもらえますか?
基本的には返金できないと考えた方が良いでしょう。

クレジットカードを勝手に使われてしまった場合、一見返金可能な気がしますが保管状況によっては不可能です。しっかりと保管していたにも関わらず利用されてしまったときは法律上返金することが可能ですが、手続きや証明が必要です。

身内が勝手に使用してしまった場合には、クレジットカードの管理がしっかりとできていないと判断されるので規約違反としてクレジットカード会社からの補償を受けることができません。

クレジットカードを机の上に置いたままにしていたり、パソコンにカード番号やセキュリティコードを登録して置いたりしていても管理不十分と見なされます。

身内が勝手にクレジットカードを使用しないように防止!

身内が勝手に利用した場合に返金することはできないので、しっかりと防止することが大切です。防止する方法をチェックしてしっかりと管理しましょう。

  • 家族であっても暗証番号を教えない
  • 子供の目の届かないところに保管する
  • 外出時、家族がいても肌身離さず持ち歩く

近年、オンラインゲームが流行っている関係で子供が親のクレジットカードを利用して課金してしまうトラブルが増えています。こういったトラブルを防ぐためにしっかりと管理してください。

不正利用を防ぐためにも毎月利用明細をチェックすることも大切です。

家族間でもクレジットカードの貸し借りは禁止

クレジットカードはクレジットカード会社から借りているものであり、所有者が規約で禁じている以上、会員が勝手に貸し借りしていいものではありません。

もし家族にもクレジットカードを使用させたいのであれば「家族カード」を発行することをおすすめします。

家族カードはカード本会員の家族が利用することができる追加発行のカードです。家族カードの審査は本会員の信用情報で行われます。手数料や年会費がかかる場合もありますが、パートやフリーター・専業主婦の人でも利用することができます。

規約違反をしてしまうとクレジットカードを利用することができなくなってしまうので、正しく利用してトラブルを回避しましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る