クレジットカードの反映は意外と遅い!明細確認は少し待たされます

クレジットカードの利用明細を、郵送ではなくネット上のサイトで確認している人も増えたと思います。エコロジーの観点から、ショッピング利用だけの人にはネットでの確認をカード会社も推進しています。

一方、ネット上で確認できるなら、使ってすぐにリストに反映されると思っていたのに、なかなか反映されないからイライラしている人も多いでしょう。実際どのくらいで反映されるのでしょうか。

請求が届かないとクレジットカードの明細には反映されない

クレジットカードが利用されると、自動的にカード会社のサーバに、そのカードが利用できるかどうかの照会が入ります。これを信用照会(オーソリゼーション)と言って、オーソリなどと略されることもあります。

この信用照会には「この金額の利用を認めても良いか」と言う情報が含まれますので、カード会社のサーバにはOKを出した際に、その情報が記録されます。しかし、それは利用記録ではないのです。

売上票がカード会社に到着すると利用明細に反映される

クレジットカードを利用すると、レシートとは別にクレジットカードの利用明細票が手渡されることがありますね。あれは、もともと複写式の伝票であったものの名残です。

複写式伝票は3枚複写になっていて、サインをしたページがサイン入り売上票として、加盟店からカード会社に送られるものです。複写された2枚のうち1枚は加盟店控え、もう1枚が「お客様控え」として利用者に手渡されます。

現在一般的なカード読み取り機では、レシート状の伝票が端っこだけ繋がった状態で3枚出力され、そのうちの一枚にサインします。そして、サインしていないものが控えとして渡されるようになっています。

さらに、暗証番号を入力するタイプのものでは、サインが必要ないため、普通のレシートと一緒にお客様控えが手渡されて支払いが終了します。いずれの場合も、利用者には見えないところで、加盟店控えと売上票が出力されています。

大規模店で磁気ストライプ取引でもサインレスを可能にしている場合には、レシートそのものがお客様控えになっているケースも見受けられますね。

この伝票出力を行う機械は、取引前の信用照会から、売り上げデータの作成、伝票出力まで一連の作業として行ってくれています。

そして出力された売上票は、加盟店で取りまとめられ、カード会社に郵送されます。

それがカード会社で売り上げデータとして確認されると、利用者の見るサイトの利用明細に掲載されるようになっています。

クレジットカードを利用したときのサインの書き方に悩んだことはありませんか。サインの書き方は次の記事で紹介しています。

クレジットカードのを利用したときのレシートはすぐに捨ててはいけません。レシートの扱いは、次の記事で紹介していますので参考にしてください。

処理方法が多様なので処理にかかる時間も異なる

最も一般的なのは、上にあげた例のように、クレジットカード処理端末機から出力される伝票にサインをしたり暗証番号を入力したりして支払いを完了させるケースです。

この場合、売り上げデータは通信回線を通じて端末機を取り扱っている会社のデータセンターに送られます。そこでバッチ処理と言う、一定の期間ごとにまとめてデータを処理する作業を経て、カード会社に送られます。

このデータ送信経路も、利用しているデータ端末によって経由するルートが異なるため、いつカード会社に届くと言うことは明言できません。

ネット通販などで利用した場合は、商品の発送日を基準として伝票が処理されますから、実店舗での利用よりさらに処理が遅くなりやすいです。

売上票はすべての売り上げについて、加盟店から売上票保管センターに郵送されますが、事前にデータで処理されるものと、インプリンタのような手書き伝票を利用するものとでは、さらに利用明細への反映タイミングがずれます。

ですから、同じ日にクレジットカードを利用したとしても、利用明細に反映されるのが同じ日になるとは限りません。

また、カード会社に問い合わせても、カード会社もデータの到着待ちですから、いつ反映されるかと言うことについて回答できないのです。

カード利用速報は利用明細と一致しないこともある

カード会社によっては、クレジットカードが利用されると、翌日くらいに「クレジットカード利用速報」をメールで送ってきてくれます。これは先に紹介したように、信用照会が行われ、利用の承認が下りた段階で自動的に発信されます。

しかし、その後返品などで売り上げがキャンセルされた場合には、その速報は送られないことが多いです。

ですから、「キャンセルした情報が来ない」と焦る必要はありません。

売上票データが届くと利用明細に掲載される

その後、クレジットカードの売上票データがカード会社に送られると、速報データではわからなかった利用店名や商品の内容などが判明します。その段階で「カード利用メール」を送ってくれる会社もあります。

楽天カードは速報メールと利用メールの両方を送ってくれます。私も楽天カードを持っていますが、過去にさかのぼってチェックしたところ、だいたい利用日から早くて5日後、遅いと1か月以上後に利用情報が届いています。

速報メールは、利用の翌日に必ず来ていますね。カード利用メールで最も多かったのは、利用の8日後に届いたパターンです。

このようにかなりの幅がありますから、あまりイライラせずに待って、請求額が確定する日の翌日に内容をチェックすればいいと思います。

速報メールが来ても売り上げが確定したわけではない

1回の買い物に対して、速報メールが2通届くことがあります。これは通信回線の混雑やサーバアクセスの輻輳によって、加盟店への信用照会の回答が遅れた時に良く起こります。

加盟店のレジの人が、回答があまりに遅くてエラーが出たのだと思い込んで、もう一度カードを通すと言う作業を行ってしまうと起こるトラブルです。

これは最初の操作の時には回線混雑などで、なかなか回答が返ってこないのに、2回目の操作の時にはあっさり通って処理が進むため気づきにくいのです。

しかし、実際の請求処理は1回しか行われませんから、二重請求になることはめったにありません。二重請求になった場合、伝票も2セット出てきますからその場でわかります。

その場合には、その場ですぐに取り消し処理を行ってもらいましょう。お店によっては、サービスカウンターでないと取り消し処理ができない場合もあります。

運悪く、ちょうど締切日の処理締め切り時間に重なってしまった場合は、一度二重請求されて、翌月に相殺処理を行うと言ったケースがないわけではありませんから、利用明細はしっかりチェックしておきましょう。

もちろん、その場で気づかなくても、あとから利用明細を見て同じ日に同じ金額で2回請求されていたらわかりますね。

その場合にはカード会社に連絡して下さい。

クレジットカードの二重請求された場合の対処方法は、次の記事を読んでみましょう。

クレジットカードのレシートや利用明細を捨ててはいけない

クレジットカードを利用すると、必ずお客様控えが発行されます。一部の店舗では、レシートの中にカードお客様控えが印字されて出てくることもあります。

レシートと別の場合には、クレジットカードお客様控えとレシートをテープなどで止めて保管して下さい。一枚で出力されたものは、それをそのまま保管すれば問題ありません。

レシートやお客様控えは利用明細と照合するためのもの

その上で、締日を過ぎ、利用金額確定日を過ぎた段階で、ネット上で確認する利用明細と照合して、誤りがないかどうかをチェックして下さい。

利用した覚えのないものが利用明細に記録されていたら、すぐにカード会社に問い合わせを行いましょう。自分が利用してレシートを紛失していたり、ネット通販で利用して控えを印刷するのを忘れていた場合でも、内容を聞けば思い出すでしょう。

それでも、全く覚えがなければ、何らかの不正利用に巻き込まれた可能性が出てきますので、カード会社とよく相談して対応を決めて下さい。

対面利用以外は自分で控えを取っておくこと

ネット通販でクレジットカード払いを利用した時は、買い物が確定した画面を印刷しておいても良いですし、内容を手書きでメモしておいても良いでしょう。

あるいは送られてくるネット通販の利用明細メールを、専用のフォルダを作ってそこに移動しておいても役に立ちます。

公共料金や携帯電話などの通信費についても、毎月決まった日に専用サイトで利用金額を確認すれば問題ありません。また利用明細に「○○電力」「○○ガス」などと記載があれば、公共料金の支払いだとすぐにわかるのでチェックしやすいでしょう。

感熱紙のレシートや伝票は印字面を内側にする

感熱紙に印字されたレシートやお客様控えは、印字面が他のものに触れると褪色して読めなくなることが意外に多くあります。一番問題なのは皮革製品や塩化ビニール製品です。

つまり、財布の中に入れて置いたら読めなくなったと言うトラブルはわりあいよく起こるのです。その他、有機溶剤やそれを使用した油性ペン、はんこの朱肉、消しゴムやラバーマットなども色褪せの原因です。

そして、化粧品や整髪料でもダメになることがあります。ですので、感熱紙のレシートなどを受け取ったら、印字面を内側にして二つ折りにしてから、財布などに入れて下さい。

確定日までに利用明細に反映されないと翌月以降の請求になる

さて、実際の請求についてですが、締日までに利用したものについて、売上票が確定日までにカード会社に届いた場合、その月の売り上げにカウントされます。

それに間に合わなかった場合、締日までに利用された物であっても、請求は翌月以降になります。

売上票データを届けるまでに2週間程度の猶予がある

例えば月末が締め切りで、利用者の銀行口座からの引き落としが翌月の26~28日ぐらいの場合を見てみましょう。

月末までに利用者がクレジットカードで支払いを行ったものについては、加盟店は売上票を集計して、できるだけ早くカード会社に送らなくてはならないルールになっています。

おおむね猶予は一週間ぐらいですね。そして、売上票の現物やデータが受け入れられるのは翌月の10日くらいまでです。カード会社はそれをもとに利用明細に反映し、利用金額を12~13日ごろに確定させます。

さらにそこから一週間ぐらいの期間は、利用者が一括払いからリボルビング払いに変更するなどの、支払方法の変更期間として設定されています。

だいたい毎月20日前後に変更締め切りが行われて、その月の銀行引き落とし金額が決定し、利用者に通知されます。

その段階で引き落とし額が確定しますから、それ以降は変更ができません。また、利用した覚えがないものについての連絡なども、その日までに行っておかないと、翌月以降の処理になってしまいます。

利用額確定日直後には必ず手元のお客様控えとの照合を行う

上の例で言うと毎月12、3日前後にある、前月末締めでの確定利用金額の利用明細と、手元のお客様控えを照合する作業を行ってください。

使った覚えばないものについては、すぐにカード会社に連絡して調べましょう。

逆に、使ったと言う記録があるのに利用明細に記載がない場合は、加盟店からカード会社へのデータ送信やサイン入り売上票の送付が遅れていると言うことです。

特に海外での利用については、カード会社に請求が届くのが遅くなる傾向があります。ですから、利用明細に記載があった分は別の袋にでも入れて、記載がなかった分については、翌月利用分のお客様控えと一緒にしておいて下さい。

ネットで利用明細が確認できるようになったのは便利ですが、そこへのデータの反映は、まだまだ旧態依然と言う部分があるので、いつ反映されるかはわからないのです。

※ 掲載の情報は2019年7月現在のものです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る