【初心者向け】Google Payの使い方!チャージして利用しよう

Google Pay(グーグルペイ)とは、スマホをレジでかざすだけで決済できる支払い方法のこと。クレジットカードを直接利用して支払いを行うのではなく、電子マネーで支払いを行うのが特徴です。

ただし、電子マネーの種類によっては、事前にクレジットカードなどからチャージしておかなければ支払いができない場合もあります。

2018年12月まではAndroid Payという名前でしたが、改名しGoogle Payという名前になりました。そのため、名前が違うだけで全く同じサービスです。

Google Payのメリットは、スマホさえあれば支払いができるうえ、登録できる6種類の電子マネーを利用できるお店であれば使えること。

カードを持ち歩く必要も、現金を持ち歩く必要もありません。

この記事では、Google Payに電子マネーを登録する方法やチャージする方法、店舗で使う方法などだけでなく、チャージできるおすすめのクレジットカードも紹介していきます。

Google Payの使い方を学び、お得に便利に使ってみましょう。

Google Payを使いたい!電子マネーを登録&チャージして使おう

Google Payを使いたいけれど、使い方が分からないと不安で使えないですよね。ここでは、Google Payの使い方やクレジットカードの登録の仕方など詳しく説明していきます。

Google Payは、iPhoneでも利用できるのですか?
App storeでGoogle Payをインストールすることはできないため、iPhoneでは使用することはできません。

Google Payを使うならまずはアプリをインストール

Google Payを使うには、Google Payアプリをインストールしなければなりません。

まずは、Google Playでアプリをインストールしましょう。

Google payアプリのダウンロード

Google Payに電子マネーを登録しよう!登録できるのは6種類

Google Playでアプリをインストールできれば、アプリを開いてみましょう。すると現れる画面で「使ってみる」をタッチします。追加する電子マネーやクレジットカードを登録する画面になるため、案内に沿って登録しましょう。

登録できる電子マネーは次の6つ。

  • Suica
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • WAON
  • QUICPay
  • iD

追加する電子マネーを選びます。

Google pay電子マネー選択

Suicaを選んだ場合、次のような画面が表示されます。

Suica登録画面

Suicaのアカウントを登録して、規約に同意しましょう。すると、Suicaが登録されます。

実際にGoogle Payを使えるようになるのは、チャージをしてから。

次に、チャージの方法を説明します。

Google Payにチャージしよう!クレジットカードを登録すると簡単

電子マネーの登録ができれば、次にチャージを行いGoogle Payを使えるようにしましょう。

まずは、チャージをしたい電子マネーを選びます。

チャージしたい電子マネーを選択

Suicaを選んだ場合は次のような画面になります。「チャージ」をタッチしましょう。

Suicaにチャージする

すると、初回のみクレジットカード情報を入力する画面とチャージ金額を入力する画面が表示されます。

Suicaにチャージする金額を入力

チャージする金額を入力したのちに「チャージ」をタッチしましょう。

実際にお店でGoogle Payを使ってみよう!スマホをレジにかざすだけ

チャージができれば、実際にお店でを使ってみましょう。

Google Payの使い方は簡単で、利用する電子マネーの種類を言った後に、スマホをレジにかざすだけです。

重要なのは、支払いを行う電子マネーの種類を店員に伝えること。わかりやすく伝えましょう。

Google Payを使う際には、アプリを起動する必要はありません。ただ、スマホをかざすだけで支払いが完了します。

Google Payにはポイントカード登録も可能!ポイントを貯められる

Google PayにはTポイントなどのポイントカード登録し、ポイントを貯めることも可能です。

Google Payでポイントカードを使うための登録方法も簡単。

まずは、ホーム画面の右下にあるパスをタッチします。すると、パスを設定する画面が表示されるので、+パスをタッチしましょう。

Google payにポイントカードを登録

そして、ポイントカードを登録する場合はポイントプログラムを選択すると、ポイントカードを選択する画面になります。

ポイントカード選択画面

次の画面でポイントカードを読み取るか、会員番号を入力すればポイントカードの登録は完了です。

Google Payにチャージできるクレジットカード一覧!おすすめもご紹介

Google Payで利用できる6つの電子マネー。これらにチャージできるクレジットカードは、数多くあります。電子マネーごとにチャージできるクレジットカードを見ていきましょう。

電子マネー別チャージできるクレジットカード一覧
電子マネー チャージできるクレジットカード
Suica 日本で発行されているクレジットカードほぼ全て
nanaco 現金チャージのみ
(ただし、nanacoモバイルアプリを使えばクレジットカードチャージ可)
楽天Edy 日本で発行されているクレジットカードほぼ全て
WAON ・イオンマークが付いたカード
QUICPay ・Kyash
・JACCS
・JCB
・LINEPay
・ゆめカード
・楽天カード
iD ・LIFEカード
・三井住友カード

6つの電子マネーのうちSuicaと楽天Edyの場合は、日本で発行されているほぼ全てのクレジットカードからチャージすることができます。

Suicaにチャージできるクレジットカードは次の7つ。

Suicaにチャージできるクレジットカード
  • JR東日本グループのクレジットカード(ビューカード)
  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • Diners Club
  • JR東海エキスプレスカード

楽天Edyにチャージできるクレジットカード発行会社は次の通り。

楽天Edyにチャージできるクレジットカード
  • American Express
  • JCB
  • MUFGカード
  • DCカード
  • ニコスカード
  • UFJカード
  • NCカード
  • NTTグループカード
  • エポスカード
  • オークス
  • オーシーカード
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • 山陰信販
  • ジャックスカード
  • セディナ
  • オーエムシーカード
  • CFカード
  • ゼビオカード
  • ダイナースクラブカード
  • 東急カード
  • トヨタファイナンス
  • 日本海信販
  • VJAグループ
  • 三井住友カード
  • ほくせんカード
  • UCカード
  • UCSカード
  • ゆめカード
  • LIFEカード
  • ポケットカード
  • アプラス
  • VISA
Suicaや楽天Edyにはさまざまなクレジットカードからチャージできるんですね。
そうですね。この中でもQUICPayとiDならば事前にチャージしなくても事後払いでGoogle Payを利用できます。

電子マネー別におすすめのクレジットカードを紹介していきます。

Suicaにチャージ!おすすめはビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

Google PayでSuicaにチャージする場合におすすめのクレジットカードは、「ビックカメラSuicaカード」。

ビックカメラSuicaカードをおすすめする理由は次の3つ。

  • Suicaのチャージと利用でポイント二重取り可能
  • 年1回以上の利用で次年度年会費無料
  • Suicaチャージは還元率1.5%

ビックカメラSuicaカードのおすすめポイントは、チャージすることでビックポイントとJREポイントのどちらも貯められること。

チャージして利用することで合わせて11.5%ものポイントを貯めることができます。

ビックカメラSuicaカードについて詳しく知りたい人は、次の記事を読んでみましょう。

Google Payで楽天Edyにチャージ!おすすめはエポスカード

エポスカード

Google Payで楽天Edyにチャージする場合におすすめのクレジットカードは、「エポスカード」です。エポスカードをおすすめする理由は次のつ。

  • 楽天Edyのチャージと利用でポイント二重取り可能
  • 永年年会費無料
  • 海外旅行傷害保険自動付帯

エポスカードは、楽天Edyにチャージするとポイント0.5%還元され、利用すると0.5%還元されるもの。そのため、チャージして利用することで、合計1.0%ポイントを還元することができます。

そのうえ、エポスカードは永年年会費無料にも関わらず、海外旅行傷害保険が自動付帯。海外旅行によく行く人にもおすすめのカードといえます。

エポスカードについては、次の記事に詳しく説明しています。

Google PayでWAONにチャージ!おすすめはイオンカードセレクト

イオンカードセレクト

Google PayでWAONにチャージする場合におすすめのクレジットカードは、「イオンカードセレクト」。

イオンカードセレクトは、クレジットカード、イオン銀行のキャッシュカード、WAONという3つの機能が付いているお得なカードです。

イオンカードセレクトをおすすめする理由は、WAONにチャージして0.5%、利用することで0.5%と合計1.0%の還元率となること。

普通のイオンカードの場合、チャージしてもポイントが付かないため、Google Payを使う場合はイオンカードセレクトがおすすめです。

イオンカードについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください。

QUICPayにチャージ!おすすめはJCB CARD W

JCBカードCARD W

Google PayでQUICPayにチャージする場合におすすめのクレジットカードは、JCB CARD W。JCBのプロパーカードであり、ステータス性も高いカードです。

JCB CARD Wをおすすめする理由は次の2つ。

  • セブンイレブンでQUICPayを利用すると還元率2%
  • 年会費無料
  • 基本の還元率1%

JCB CARD Wは、基本の還元率が1%という高還元率のカードであるうえ、セブンイレブンでQUICPayを利用すると還元率は2%となります。

そのうえ、2019年8月16日~12月15日までの間に、Google PayでJCB CARD Wを使ってQUICPayにチャージし利用した場合には、利用代金の20%がキャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

とてもお得なので、この期間中に登録してみてもいいでしょう。

JCB CARD Wについて、もっと知りたい人は次の記事がおすすめです。

Google PayでiDにチャージ!おすすめはライフカード

ライフカード

Google PayでiDにチャージするのにおすすめのクレジットカードは、ライフカード。

年会費無料であるうえ、優待が受けられるお店が多いのも特徴です。また、通常ならば還元率は0.5%ですが、誕生月の場合は3倍の1.5%となります。

Google Payを使える場所は?6つの電子マネーが使える場所ならOK

Google Payを利用することができるのは、6つの電子マネーを使えるお店。

コンビニの場合は、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK、サンクスなど。どのコンビニでも利用できると考えておくといいでしょう。

他にも、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの家電量販店やイオンやダイエーなどのスーパーなど、さまざまな場所で利用可能です。

タクシーを配車してくれるアプリの「全国タクシー」でもGoogle Payを利用できると聞きましたが、本当ですか?
本当ですよ!

全国タクシーでのGoogle Payの使い方は簡単です。Google Payに支払方法が登録されていれば、全国タクシーのアプリ上の決済方法にGoogle Payが自動的に追加されます。

Google Payは、海外でも利用することが可能です。

ただし、NFCという非接触決済に対応しているスマホでなければ、海外でGoogle Payを使うことはできません。

NFCに対応しているスマホならば、アメリカやイギリスなどの国においてGoogleサービスの決済、オンラインでの支払い、店舗での支払いを行うことができます。

便利なGoogle Payを使いこなすためにお得なカードを選ぼう

Google Payは、クレジットカードなどからチャージしておけばスマホ1つで決済できる、とても便利なアプリであることがわかりましたね。

登録できる電子マネーも6つあり、利用できる場所が多いのも特徴です。海外でも使うことができます。

Google Payの電子マネーにチャージをする際にはポイントの二重取りができるクレジットカードなどを選ぶと、よりお得に利用できるもの。

カードも現金も持ち歩く必要がないGoogle Payを使いこなし、身軽に支払いをしてみましょう。

※掲載の情報は2019年8月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!