ゴールドカードの作り方は2種類!おすすめのゴールドカードも4枚紹介

ゴールドカードは一般カードよりもステータス性が高く、一度は持ってみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ゴールドカードにもさまざまな種類のカードがあるうえ、自分から申し込むことで作れるものもあれば、インビテーションを受けることで申し込めるカードもあります。

自分から申し込む場合は審査が一般カードよりも厳しく、審査に通らない可能性もあります。インビテーションを受ける場合は、クレジットカード会社側から招待されているため、審査はあるもののさほど厳しいものではありません。

この記事では、自分から申し込むことで作れるゴールドカードの中でもおすすめの2枚とインビテーションでゴールドカードを作れる可能性のあるおすすめのクレジットカードを2枚紹介します。

ゴールドカードの作り方は難しくありません。この記事を参考に、自分が作りたいと思うゴールドカードを見つけて作ってみましょう。

ゴールドカードの作り方は2種類!自分から申し込むか招待されるか

ゴールドカードの作り方は次の2種類。

  • 自分から申し込む
  • インビテーションを受けて申し込む

それぞれの作り方について、説明していきます。

ゴールドカードを自分から申し込む場合は審査が厳しい

自分から申し込みゴールドカードを作る場合の流れは、次のとおり。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 発行

ゴールドカードは、カードにもよるものの自分から申し込み作ることも可能です。そのため、作り方は一般カードと変わりません。

ただし、ゴールドカードの場合、一般カードと比べると厳しい審査を受けなければならないもの。

ゴールドカードの審査は厳しいですよね。年収が低いとやはり通りにくいのでしょうか?
カード会社によっても異なりますが、年収が低くとも勤務先が信用度の高い会社の場合や勤務年数が長いなど、総合的な返済能力で判断されるので、年収が低めであっても通る可能性がありますよ。

ゴールドカードの招待を受け取り申し込む場合は審査に通りやすい

ゴールドカードの中には、インビテーション(招待)がなければ、申し込みをすることができないカードも存在します。

インビテーション(招待)とは

招待状のこと。カード会社は、ゴールドカードを使うべきだと判断した人に対して、インビテーションを送付します。

インビテーションが必要なカードの場合、作り方の流れは次のとおり。

  1. インビテーション
  2. 申し込み
  3. 審査
  4. 発行

インビテーションが必要なゴールドカードで招待を受けるには、一般カードで利用実績を積み上げなければなりません。

そして、カード会社が定めている条件を満たすことで、ゴールドカードのインビテーションが届きます。

インビテーションによって作れるゴールドカードの場合は、審査に通りやすいのでしょうか?
そうですね!インビテーションのゴールドカードの場合は、クレジットカード会社側から招待されているため、審査はあるものの落ちることは少ないですよ。

インビテーションで持てるクレジットカードの中には、招待の条件がわかっているものもあります。それらのカードで実績を積み上げ、インビテーションを待つのもおすすめです。

自分から申し込むゴールドカードおすすめ2枚

自分から申し込むゴールドカードの中でもおすすめは、次の2枚。

  • dカード GOLD
  • JCBゴールド

これら2枚のカードはどのような点がおすすめなのでしょうか?

dカード GOLDはドコモユーザーならば実質年会費無料!

dカード GOLDは、ドコモの利用料金が1カ月約10,000円(税抜)以上の方におすすめのゴールドカードです。

dカード GOLDとは

NTTドコモが発行してくるゴールドカード。100円(税込)につき1dポイント貯まるうえ、電子マネーiDも利用可能。

dカード GOLDの特徴は、次の2点。

  1. ドコモの利用料金の10%がポイントで還元される
  2. 3年間のケータイ補償付き

dカード最大のおすすめポイントは、ドコモの利用料金のうち10%がdポイントとして還元されること。dカード GOLDの年会費10,000円(税抜)分のポイントを獲得し、実質年会費無料でdカード GOLDを持つことが可能です。

例えば、ドコモユーザーで毎月10,000円(税抜)利用料金として払っているとします。利用料金1,000円(税抜)に対して100ポイント還元されるため、毎月1,000ポイント貯まり年間では12,000ポイントに。年会費以上のポイントを獲得することができるのです。

そのうえ、3年間のケータイ補償付き。

ケータイ補償とは、どのような内容ですか?
ケータイを購入してから3年以内に、紛失、盗難、修理不能といった原因でケータイを使えなくなった場合に、同じ機種の同じ色のケータイ購入の代金を最大10万円まで補償してくれるサービスです。
それはいいですね!ケータイは高いですし、補償が10万円までであれば助かります!
そうですね、10万円の補償であれば、ほとんどのケータイは購入できますし、とてもお得です。
dカード GOLD
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費10,000円(税抜)
還元率1.0%~
電子マネーiD, VISAタッチ, Apple Pay, Google Pay

JCBゴールドは海外旅行保険が充実!ランクアップも可能

JCBゴールドは、海外旅行によく行く方またはさらに上位のゴールドカードを狙っている方におすすめです。

JCBゴールドとは

JCBのプロパーカード。年会費は10,000円(税抜)必要ではあるものの、オンラインで入会すれば初年度の年会費は無料。20歳以上で安定した継続収入があれば、申し込むことができます。

JCBゴールドの特徴は、次の2点。

  1. 海外旅行保険が充実
  2. JCBゴールド ザ・プレミアやJCBザ・クラスにランクアップ可能

JCBゴールドは、海外旅行保険がとても充実しています。というのも、死亡・後遺障害最高1億円、賠償責任も1億円という高い補償が付いているため。

一般的には、死亡・後遺障害最高5,000万円、賠償責任も5,000万円ほど。補償金額はほかのゴールドカードの約2倍にもなります。

JCBカードゴールドは、よく利用することでさらに上位のカードにランクアップすることも可能だと聞きました。
年間の利用金額100万円(税込)以上を2年連続で達成すると、JCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションが届きますよ。
すごいですね!ステータス性の高いカードを持ちたい方にはぴったりですね。
そのうえ、一定の条件を満たせば、JCBカードの中で最も上位に位置するJCBザ・クラスへの招待も受けられますよ。
JCBゴールド
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費10,000円(税抜) 
初年度は年会費無料
還元率0.5%~ ※海外利用時は還元率2倍
電子マネーApple Pay, Google Pay

インビテーションでゴールドカードを持てる可能性があるおすすめ2枚

インビテーションでゴールドカードを持てる可能性があるクレジットカードの中でも、おすすめは次の2枚。

  • イオンカードセレクト
  • エポスカード

それぞれのカードについて、詳しく見ていきましょう。

イオンカードセレクト年間100万円以上利用でゴールドに招待

イオンカードセレクトとは

イオン銀行のキャッシュカードと電子マネーWAON、イオンのクレジットカードという3つの機能が1枚にまとまっているカード。20日30日は5%オフなど、イオングループでの買い物をお得に行うことができます。

イオンカードセレクトの特徴は次の2点。

  1. 年間100万円以上の利用でイオンゴールドカードに招待される
  2. オートチャージでもポイント獲得できる

イオンカードセレクトは年間100万円以上利用することで、イオンゴールドカードへのインビテーションが届きます。

年間100万円ですか。僕には難しそうです。
そんなことないと思いますよ。光熱水費やケータイ料金などの固定費をイオンカードセレクトで支払うようにすれば、年間100万円は難しくありません。

イオンゴールドカードは、ゴールドカードにも関わらず年会費が無料。そのうえ、海外旅行傷害保険が最大5,000万円、国内旅行傷害保険が最高3,000万円と、保険も充実しており大変お得なゴールドカードです。

また、イオンカードセレクトは、WAONへのオートチャージでもポイントが貯まります。そのため、ポイントの二重取りが可能です。

イオンカードセレクトは、イオングループでのポイントが貯まりやすいうえ、買い物もお得になるクレジットカードです。イオンユーザーならば、年間100万円以上の利用を目指して使ってみてもいいでしょう。
イオンカードセレクト
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費無料
還元率0.5%~
電子マネーVISAタッチ, Apple Pay, Google Pay, WAON

エポスカードを年間50万円以上利用でゴールドに招待

エポスカードとは

年会費無料でありながら海外旅行保険が自動付帯されるクレジットカード。利用することでエポスポイントが貯まります。

エポスカードの特徴は次の2点。

  1. 年間50万円以上の利用でエポスゴールドカードに招待される
  2. 海外旅行保険自動付帯

エポスカードは、年間50万円以上利用すると、エポスゴールドカードに招待されます。

エポスゴールドカードは、自分から申し込みをすることで作ることもできます。その場合は年会費が5,000円(税込)。ですが、インビテーションを受けたうえでエポスゴールドカードを作ると、年会費は永年無料となります。

エポスカードから始めてエポスゴールドカードに切り替えたほうが、年会費がかなりお得ですね!
そうですね!招待であればエポスゴールドカードは年会費無料なので、お得にゴールドカードを手に入れたい人にもおすすめです。

さらに、エポスカードは年会費無料でありながらも、海外旅行保険が自動付帯されています。年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が自動付帯のものは、ほとんどありません。

エポスカード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費永年無料
還元率0.5%~
電子マネーApple Pay, Google Pay

ゴールドカードの作り方は簡単!自分に合うカードを作ってみよう

ゴールドカードの作り方には、自分から申し込む方法とインビテーションを受ける方法の2通りありました。

インビテーションを受ける場合は、自分から申し込むよりも審査に通る割合が高く、確実にゴールドカードを作りたい人におすすめです。

インビテーションで作れるゴールドカードの中には、年会費無料のものも。ただし、一般のカードで決められた金額以上の利用をすることで、インビテーションを受け取ることができます。

ゴールドカードは、一般カードと比べるとステータス性も高いうえ、付帯保険や優待サービスが充実しているもの。自分にピッタリなカードを見つけて、ゴールドカードデビューしてみましょう。

※掲載の情報は2020年6月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!