意外と知らないゴールドカードの作り方

ゴールドカードにあこがれを持っている人、これから作りたいと思っている人はいると思いますが、どうやればゴールドカードを作ることができるのかは知っていますか?

実は、ゴールドカードを作る方法は難しいものではありません。もちろん審査に通る必要はありますが、ゴールドカードを作るためには2つの方法のどちらかを選択すれば良いのです。

今回は、意外と知らないゴールドカードの作り方について詳しくご紹介していきましょう。

ゴールドカードを作るなら2つの方法をチェック!

まずは、ゴールドカードを作る2つの方法をご紹介します。それが、こちらです。

  • 自分で申し込みをする
  • インビテーションを受けてから申し込みをする

基本的に、ゴールドカードは申し込みをすることで作ることができるカードです。ただ、申し込みをして確実に作ることができるわけではなく、一般カードよりも基準の厳しい審査をクリアしなければいけません。

つまりゴールドカードを作るまでの流れとしては、申し込み→審査→発行という手順になるわけです。

この流れは、一般カードと変わりません。ただ、審査基準が一般カードよりも高いので、ハイステータスカードと呼ばれているわけです。

ゴールドカードの審査が厳しいのは知っていますが、どのような条件であれば審査に通ることができるのでしょうか。
カード会社によって条件は異なりますが、一般的には年齢と年収の条件をクリアしていることが求められます。

また、カードの利用額や利用頻度が基準を満たしていることを条件としていることを公表しているカード会社もあります。

ゴールドカードの審査については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ゴールドカードがほぼ確実に作れるインビテーションとは

ゴールドカードは、自分でカード会社に申し込みをすることで作ることも可能です。ただ、その場合は審査で落とされてしまう可能性もゼロではありません。

ただ、インビテーションを受けてから申し込みをした場合は、ほぼ審査に落ちること無くゴールドカードを手にすることができます。

インビテーションとは、招待状のことです。事前にゴールドカードを使うだけの信用があると判断した相手にしかインビテーションは送付しませんので、これが届いてから申し込みをすればスムーズにゴールドカードを作ることができるのです。
審査に落ちる心配がないというのは嬉しいですね。

インビテーションを受けるためには、どうすれば良いのですか?

インビテーションは、現在利用しているカードの利用状況を見て発行されます。

クレジットカードの利用頻度が高く金額も大きい、問題なく支払いをしているといった条件を満たすことで、インビテーションが送られてくるのです。

インビテーションが送られてくる条件は、全てのカードで公表されている訳ではありません。しかし、おおよそ分かっているカードもあります。

カード名 条件
イオンゴールドカード ・直近年間カードショッピングで
 100万円以上利用
セブンカード・プラス(ゴールド) ・セブンカード・プラスを
 年間100万円以上利用
・セブン&アイグループ店舗で
 年間60万円以上のカード利用

インビテーションを受けるためには、まず一定額以上の利用を心がけるようにしたいですね。

インビテーションからゴールドカードを申し込むとお得かも!?

インビテーションを受けてからゴールドカードの申し込みをすると、通常の申し込みよりお得になる場合があります。

エポスゴールドカードは通常5,400円の年会費がかかりますが、インビテーションが届いてから指定された期日までに申し込めば、年会費が永年無料となる特典があるのです。

ただ、インビテーションが届いても優待がない場合もあります。ただ、通常申し込みよりも審査に通る可能性が高いので、それはメリットだと言えるでしょう。

クレジットカード会社がインビテーションを送付する理由とは

どうしてクレジットカード会社はインビテーションを送付するのでしょうか。それは、クレジットカード会社は一般カードよりもゴールドカードを使ってもらった方がメリットがあるためです。

  • 一般カードより年会費が高いのでその分の収入が増える
  • 限度額がアップするので利用額が増える可能性がある
  • ゴールドカードを持つ事で解約する可能性が低くなる

まず、年会費無料もしくは数千円といった一般カードからゴールドカードになることで、年会費が数千円~1万円にアップし、その分カード会社の収入が増えます。また、ゴールドカードは利用限度額がアップするので、利用額も増える傾向にあります。

一般カードは何枚も持つ人は珍しくありませんし、解約をすることも珍しくありません。ただ、ゴールドカードはハイステータスカードであるために貴重です。ゴールドカードにアップグレードすると、どうしても心理的に解約しづらくなるというメリットがカード会社にはあるのです。

ただ、ゴールドカードにアップすれば年会費は上がりますが、受けられるサービスも充実します。上手く利用すれば、利用者にとっても年会費以上のメリットを得られる可能性はあります。

ゴールドカードのメリットについては、こちら知らないあなたは損してる!?ゴールドカードのメリットを徹底解説の記事で詳しくご紹介しています。

インビテーションが来て初めて申し込み資格を得られるゴールドカードも!?

ゴールドカードは、インビテーションが届いて申し込めば審査に通りやすいメリットがあるとご紹介しました。

しかし、実はインビテーションが届かないと申し込みができなゴールドカードもあります。

インビテーションが届くことで初めて申し込みができるゴールドカードが、次の3つです。

  • セブンカード・プラス(ゴールド)
  • イオンゴールドカード
  • JCBゴールドザ・プレミア

それぞれのカードについてご紹介していきます。

セブンカード・プラス(ゴールド)

セブンカード・プラス(ゴールド)は、インビテーションが届いて申し込みが出来るゴールドカードで、年会費が永年無料という魅力があります。

一般カードであるセブンカード・プラスの特典に加え、海外だけでなく日本国内のショッピングガード保険が付帯する点が特徴です。

イオンゴールドカードも、インビテーションが届いて初めて申し込みが出来るゴールドカードです。

イオンカードの一般カードの特典に加え、イオンラウンジサービスや年間300万円までのショッピング保険、最高3,000万円の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が魅力です。

そして実は、イオンゴールドカードも年会費が永年無料となっています。ゴールドカードを年会費無料で手にすることができるのです。

特定の空港ラウンジだけでなくイオンモールなどにあるイオンラウンジも利用でき、疲れたときに休憩することが可能です。

JCBゴールドザ・プレミア

JCBゴールドザ・プレミアは、さきほど紹介した2枚のカードとは異なりゴールドカードから更にハイステータスなゴールドカードへとグレードアップするのです。

JCBゴールドカードで一定の利用条件を満たして初めてインビテーションが届くのですが、その条件はJCBゴールドカードを年間100万円以上利用すること、となります。

JCBゴールドザ・プレミアは年会費が10,800円かかりますが、世界1,200か所以上の空港ラウンジが無料で利用できるプライオリティパスが発行できるメリットがあります。

レストランやホテル・旅館の優待サービスも充実している、非常にお得なゴールドカードだと言えるでしょう。

JCBゴールドザ・プレミアは魅力的なカードではありますが、そもそもJCBゴールドカードを持たなければいけないですよね。

まずは、JCBゴールドカードの審査を受けるいうのも、簡単ではなさそうです。

JCBゴールドの申し込み条件自体は、20歳以上で本人に安定した収入がある事、となっています。しかし、実際は年収500万円以上は欲しいところで、JCBカードの利用実績もある程度必要です。

確かに、比較的難易度の高いカードであるとは言えるでしょう。

JCBゴールドについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

ゴールドカードに切り替えたいならクレヒスが重要!

一般カードからゴールドカードに切り替えたいということであれば、何よりもクレヒスが重要となります。

ゴールドカードになると、利用限度額がアップし、利用できる特典・サービスも増えます。ですから、それだけの支払い能力・信用が求められます。

だからこそ、審査のときに注目されるのがクレヒスです。

収入が一定額以上あって安定していることはもちろんですが、今までのクレジットカード利用実績で一定額以上の利用がある、そして延滞などの問題がないということは、ゴールドカード発行のために必須条件です。

特に、作ろうとしているゴールドカードと同じカード会社の一般カードのクレヒスは、ゴールドカード審査に大きく影響します。

また、クレヒスも短期間だけでなく、最低でも半年もしくは1年以上必要です。まったく利用していないようでは、審査のしようがありません。

定期的な利用、そして確実な支払い実績を積み重ねるのが大切です。

クレヒスは、自分が希望するゴールドカードと同じ会社のカードだけ気を付けておけば良いのでしょうか。
ゴールドカードを作る際の審査では他帆カード会社の利用履歴もチェックされます。

同じカード会社はもちろんですが、すべてのクレジットカード利用に注意しておく必要がありますね。

ゴールドカードはインビテーションが届いて申し込むとお得

ゴールドカードは、普通に申し込みをして審査を受け、発行するという方法で作る事が可能です。ただ、一定の基準を満たした顧客に対して送られるインビテーションが来てから申し込むとお得です。

まず、事前審査が終わっているので審査に通る可能性が高くなります。そして、カードによっては年会費無料でゴールドカードを手にすることができるのです。

どの方法でゴールドカードを作るにしても、クレヒスが重要となるのは間違いありません。まずはしっかりクレジットカードを利用し、確実な支払いを続けるようにしたいですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る