主婦だってゴールドカードが欲しい!その方法や注意点をご紹介

ゴールドカードを作る時、やはり申し込み条件として【安定した収入があるということ】という点は避けられません。

主婦は収入が少ない、もしくはゼロですから、ゴールドカードなんて無理だと思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、主婦でも作ることができるゴールドカードはあります。今回は、主婦がゴールドカードを持つための方法、そして注意点についてご紹介していきましょう。

主婦だけど、ゴールドカードを持ちたいという方は、ぜひチェックしてください。

主婦でもゴールドカードは作れる!そのために必要な2つのポイントとは

主婦がゴールドカードを作るためには、次の2つのポイントを押さえておく必要があります。

  • 世帯収入
  • クレヒス

これが何を意味するのか、詳しく見ていきましょう。

ゴールドカードは配偶者の収入を合わせた世帯収入が審査される

収入が少ない、ゼロの主婦がゴールドカードを申し込んだときに、何を基準として支払い能力を判断をするのでしょうか。そのポイントとなるのが、世帯収入です。

つまり、主婦がゴールドカードを申し込んだ際には配偶者であるご主人の収入が支払い能力判断のポイントとなるのです。

本人の年収がなくても、世帯年収として安定・継続した収入があれば審査に通る可能性はあります。

ご主人の収入から支払うことが出来るというのは、クレジットカード会社にとっても安心材料となるわけですね。

クレヒス

ゴールドカードの審査では、収入額で信用を判断するわけではありません。

実は、ゴールドカードの審査で重要視されるのはクレヒスなのです。

過去・現在のカードやローンの利用状況、支払い・返済状況を確認し、遅延などの問題が見つかれば審査に通ることはできません。

これは、申し込み者本人だけでなく、世帯収入として考えるときには配偶者のクレヒスもチェックされます。

クレヒスに問題がなければ、ゴールドカードを利用できる可能性はグッと高まるのです。

クレヒスについて詳しく知りたい人は、次の記事をご覧ください。

専業主婦がゴールドカードを申し込むときの注意点をチェック

専業主婦がゴールドカードを申し込む際に、必ずチェックしておきたい点を挙げてみます。

  • 申し込み条件に専業主婦の項目があるかをチェックする
  • キャッシング枠はゼロで申し込みをする
  • クレヒスに問題がないか確認しておく

この3点にどうして注意しなければいけないのか、その理由を解説していきましょう。

申し込み条件に専業主婦の項目があるかをチェックする

ゴールドカードには、それぞれ申し込み条件があります。年齢や収入についての記載がありますが、中には本人に収入がなければ申し込みが出来ないカードもあります。

ですから、まずは申し込み条件として【本人または配偶者に安定継続した収入があること】という記載があるカードを選ぶようにしましょう。

また、申し込み条件には本人に安定継続した収入があること、となっている場合でも、申し込みフォームで専業主婦を選択できる場合もあります。

気になるカードがあれば、申し込み対象者がどうなっているか確認してみると良いですね。

収入はゼロで申し込んでも審査に通るのでしょうか?

パートをしていた方が有利になりますか?

パート収入がある主婦の場合、自身の収入だけで審査をするとなれば収入額やその安定度で不安視されてしまう恐れがあります。

専業主婦で世帯収入が安定している方が審査で有利になるケースもあるのです。

ただ、学生でも申し込みが出来るゴールドカードも登場していますし、申し込み条件にパートやアルバイト可という記載があるものもあります。

その場合は、パート収入でもそれが安定・継続して得られるものであれば審査に通る可能性は十分あります。

まずは申し込み条件をしっかり確認することが大切なのです。

学生でも申し込みが出来るゴールドカードについては、こちらでご紹介しています。

ゴールドカードを申し込む際、キャッシング枠はゼロで申し込みをする

収入がない専業主婦は、返済能力が不安視されるのは当然です。

特に、キャッシングについては総量規制の関係で収入の3分の1が上限額となりますから、下手に記載することで審査に通らない可能性が出てきます。

また、キャッシング枠の審査はショッピング枠の審査と別に行われるので、より審査ハードルが高くなる傾向にあります。

まずはキャッシング枠ゼロで申し込みをして、どうしても必要な場合のみ後から追加での申し込みを検討してみると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングについては、次の記事で説明しているのでご覧ください。

ゴールドカードを申し込む前にクレヒスに問題がないか確認しておく

ゴールドカードの審査通過のためには、クレヒスに問題がないことが必要不可欠です。

世帯収入で申し込みをする場合、ご主人のクレヒスに問題が無いかどうか確認しておきましょう。過去1年以内に延滞や支払い遅れがないか、現在返済中の借り入れが多くないか、状況を把握しておく必要があります。

クレヒスについて知りたい人に、次の記事がおすすめです。

主婦の中でもゴールドカードがオススメなのはどういう人?

ゴールドカードは、特典が多い点が魅力ではありますが、やはり割高な年会費が発生することになってしまいます。

その年会費を支払ってもゴールドカードを持った方が良いのは、どのような人なのでしょうか。迷っている方は、ぜひ以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 年間利用額が一定額以上ある
  • 海外へ行く機会が多い

どちらかに当てはまれば、ゴールドカードを持つ事をオススメします。では、それぞれのチェックポイントについて解説していきましょう。

年間利用額が一定額以上ある

ゴールドカードの中には、充実のポイントサービスがあるものが多くあります。

年間の利用額が一定以上あれば、それだけポイントも貯められますし、貯まったポイントをマイルや商品に交換すれば一般カードを利用するよりもかなりお得です。

また、一定額を利用する事でボーナスポイントをもらうことができるカードもあります。

同じ金額を利用するのであれば、ゴールドカードを利用した方がお得なのです。

海外へ行く機会が多い

ゴールドカードの特典に、空港ラウンジの利用サービスがあること、そして海外旅行傷害保険が付帯していることが挙げられます。

海外へ行く際に、その都度旅行保険に申し込みをするのは手間ですし、費用もかかってしまいます。ただ、ゴールドカードを持っていれば旅費をクレジットカードで支払うか、そのカードを持っているだけで旅行傷害保険が適用されるので安心です。

また、空港での待ち時間をラウンジでゆったり過ごすことができるのも嬉しいですね。ラウンジの利用料は、通常1,000円~3,000円程度であることを考えれば、年数回利用するだけで十分ゴールドカードの年会費分をカバーすることができます。

次の記事では、ゴールドカードの保険について説明しています。

ゴールドカード利用できる空港ラウンジについては、次の記事がおすすめです。

主婦にオススメのゴールドカードをご紹介

ゴールドカードの中には、自身に収入のない専業主婦の申し込み自体ができないものもあります。

例えば、ANAワイドゴールドの場合は申し込み条件が【満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方】となっています。

つまり、専業主婦の申し込みが出来ないわけです。パート収入がある主婦であれば申し込める可能性がありますがANAワイドゴールドカードは審査が比較的厳しいカードと言われていますから、落ちてしまう可能性もあります。

そこで、パート収入の主婦や専業主婦でも申し込みが出来る、審査通過の実績が多くあるオススメのゴールドカードについてピックアップしてみます。

  • JCBゴールドカード
  • イオンゴールドカード
  • エポスゴールドカード

今回は、この3つのゴールドカードについてご紹介していきます。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、本人に安定した収入があることが条件となりますので専業主婦の申し込みはできません。

ただ、パート収入がある主婦であれば、利用できる可能性があります。

JCBゴールド

項目 内容
年会費 10,000円
*オンライン入会で初年度無料
旅行傷害保険 ・海外旅行傷害保険
…利用付帯で最高1億円
…自動付帯で最高5,000万円
・国内旅行傷害保険
…自動付帯で最高5,000万円
優待・特典 ・全国70,000か所以上の施設の優待サービス
・国内主要空港ラウンジの無料利用
・ダニエル・K・イノウエ国際空港ラウンジ無料利用
・ゴルフエントリーサービス

年会費は割高となりますが、もしJCBゴールドカードが発行できれば、年間利用額が一定額を超えるなどその利用状況次第で更なるプレミアムカードをゲットできる可能性があります。

また、JCBゴールドカードはその審査スピードも魅力です。最短で申し込み当日に発行、翌日には手元に届くというスピード感は、ゴールドカードでは稀です。

安定した収入があれば利用できる可能性があるとは言いますが、やはりパート収入だけでいきなりJCBゴールドカードを申し込むのは気が引けます。
JCBの一般カード(プロパーカード)の利用状況によっては、JCBゴールドカードのインビテーションが発行されます。

JCB一般カードは主婦でも比較的簡単に作ることができますし、できるだけ多く利用をして支払いをしっかり行い、インビテーションを待つというのも方法の1つです。

ただ、JCBゴールドカードのインビテーションを待つ場合は数年以上かかる場合もありますので、そこは覚えておきたいところです。

JCBゴールドカードについては、こちらの記事でもご紹介しています。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードは、インビテーションでしか入会することのできないカードです。

インビテーションが届く条件としては、直近の年間利用金額が100万円を超えること、と明確に記載されていますので、目指しやすいカードだとも言えます。

日々の支払い関係をイオンゴールドカードにまとめておけば、特にハードルは高くないでしょう。

項目 内容
年会費 無料
旅行傷害保険 ・海外旅行傷害保険利用付帯(2019年4月から)
…死亡・後遺障害5,000万円
…傷害・疾病治療費用300万円
・国内旅行傷害保険利用付帯
…死亡後遺障害3,000万円
…傷害入院補償日額5,000円
…傷害通院補償日額3,000円
優待・特典 ・空港ラウンジサービス(2019年4月より6空港12か所)
・イオンラウンジサービス

イオンゴールドカードは、年会費が無料というのが最大の特徴です。

インビテーションで入会するので、ほぼ審査落ちの心配がありません。また、旅行傷害保険も充実していますので、国内・海外問わず旅行をする方にはオススメです。

ただし、旅行傷害保険は自動付帯ではなく利用付帯となります。事前に旅行代金についてクレジットカードで支払うことが保険の適用条件となりますので注意しておきましょう。

一般カードであるイオンカードセレクトについては、次の記事で詳しく説明しています。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードは、比較的インビテーションが届きやすいと言われています。

項目 内容
年会費 5,000円
*インビテーションで永年無料
*初年度の年間利用額が50万円を超えれば翌年から永年無料
海外旅行傷害保険 ・自動付帯
・死亡後遺障害補償1,000万円
・傷害・疾病治療費用300万円
優待・特典 ・国内・海外ラウンジの無料利用(国内19空港・海外3か所)
・ボーナスポイント付与あり
・レストランやレジャー施設での優待あり

通常は5,000円かかる年会費が、インビテーションからの申し込みで永年無料になるだけでなく、海外旅行傷害保険が自動付帯となっているのが魅力です。

エポスゴールドカードのインビテーションは、年間利用額30万円~50万円ほどで届くことが多いようです。

他のゴールドカードよりもインビテーションをクリアしやすくなっていますから、まずはクレヒスを積むことを心がけてみましょう。

エポスカードについては、こちらの記事でご紹介しています。

家族カードを発行してゴールドカードを作る方法もある

もし配偶者がゴールドカードを持っていれば、その家族カードを発行することで収入の有無に関わらずゴールドカードを手にすることはできます。

家族カードの対象者は、カードによって異なります。本会員と生計を同一にしている者、という条件はどこも同じですが、親や親族がどの範囲まで該当するかは確認が必要です。

家族カードであれば、ほぼ確実にゴールドカードを手にすることができるのですね。

それなら、自分名義のゴールドカードをわざわざ申し込む必要はないように思えます。

確かに家族カードでも同じような特典が利用出来るのですが、付帯保険など本会員と補償内容が異なることも多くあります。

同じだけの補償を受けたいのであれば、自分が本会員になった方がお得なケースもあるのです。

主婦も2つのポイントに注意すればゴールドカード審査に通る!

パートをしている主婦や、収入のない専業主婦でも、世帯収入がありクレヒスに問題がなければゴールドカードの審査に通る可能性があります。

ただし、専業主婦申し込み可能なゴールドカードなのか、パート収入でも利用できるカードなのか、申し込み前に確認することは必要です。また、比較的作りやすい一般カードを上手に利用して、インビテーションを待つという方法でもゴールドカードを作ることは可能です。

まずは、どのような方法でゴールドカードを持つことができるのかをしっかりチェックするようにしましょう。

※ 掲載の情報は2019年3月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!