マイルを貯めたい方必見!ゴールドカードを使った上手な貯め方とは

マイルを貯めて旅行をしたい、そんな夢を持っている方は、できるだけ効率よくマイルを貯めたいと考えますよね。実は、ゴールドカードを上手に使うことで効率よくマイルを貯めることは可能です。

マイルとは何か、マイルを貯める基本的な方法とは何か、という点に加え、効率良く貯める方法にはどのようなものがあるのか、オススメのゴールドカードは何か、気になる情報をご紹介していきましょう。

マイルとマイレージの違いから確認しよう

マイルを貯めたい!と思っている方に質問です。マイルとは何でしょうか。そして、マイレージとは何でしょうか。答えに迷う方、いらっしゃるのでは?

まずは、マイルとマイレージの基本的なことから確認しておきましょう。

マイル マイレージ
航空会社が提供するポイントのこと 航空会社の提供するマイルを貯める制度
サービスプログラムを意味する

つまり、マイレージに登録することでマイルを貯める、ということになるのです。

今利用しているクレジットカードでは、ポイントをマイルに交換することができるようになっています。特にマイレージに登録はしていないのですが、どういうことですか?
カードのポイントをマイルに交換する際、どの航空会社のマイルに交換するか決めます。

そして、その登録番号などを入力する必要があり、マイレージプログラムに登録していなければ交換することができないようになっているのです。

貯まったマイルは、航空券と同様に利用することができ、そのマイルによっては無料で海外へ行くことも可能です。

また、航空券としての扱いだけでなく、クレジットカードのポイントと同様に電子マネーや商品への交換も出来るようになっていることがほとんどです。

マイレージプログラムへの登録方法をご紹介

では、マイルを貯めるために欠かせないマイレージサービスへの登録はどのように行えば良いのでしょうか。

マイレージプログラムへの加入方法を、JALとANAそれぞれについてご紹介しましょう。

航空会社 登録方法
JAL ・マイレージカード(JMBカード)の発行
・JALグローバルウォレットの発行
・JALカードの発行
ANA ・マイレージクラブ入会
・ANAカード発行

マイレージカードの発行や、マイレージクラブへの入会では、クレジット機能のあるカードは発行されません。

飛行機に乗るとき、クレジットカードのポイントをマイルに交換するときなど、会員番号を入力することでマイルが貯まる、マイルに交換できるようになるのです。

登録したいと思ったら、JALもANAもWEBでの申し込みが可能となっています。24時間いつでも申し込めまるのも嬉しいですね。

クレジットカードを使ったマイルの貯め方は2通り!

では、クレジットカードを使ってどのようにマイルを貯めるのでしょうか。主な方法としては、次の2つが挙げられます。

  • クレジットカードを使う
  • 飛行機に乗る

クレジットカードに使えば、ポイントが貯まります。このポイントをマイルに交換するというのが、マイルを貯める方法の1つです。

そして飛行機に乗る。これは、すべての飛行機が対象となるわけではないので、注意が必要です。

貯めたいマイルの航空会社に乗ることで、マイルを貯めることができるのです。

このとき、提携航空会社に乗ることでもマイルが貯められることがありますので、しっかりチェックしておきたいですね。

クレジットカードのポイントをマイルに交換するということで貯まるのであれば、ポイントが貯まりやすいカードを選べば良いのですね。
確かにポイントが多く貯まればそれだけ交換できるマイルも増えますが、ポイントをマイルに交換する際の還元率を忘れてはいけません。

1マイルに何ポイント必要か、その還元率によっては逆に損をする可能性もあるのです。

クレジットカードでマイルを貯める際には、良く使い、貯めたいマイルの飛行機に乗るということだけでなく、還元率もポイントとなるのです。

他にもある!日常生活でマイルを貯める方法とは

日々のショッピング以外にも、日常生活のちょっとしたことでマイルを貯めることができます。

その方法が、こちらです。

  • 電子マネーのチャージ・支払いで貯める
  • 航空会社提携ホテル利用で貯める
  • 家族プログラムで貯める

JALならWAON、ANAなら楽天Edyを利用する事でも、マイルを貯めることができます。

また、JALカードでWAONをチャージしてもマイルが貯まりますし、ANAカードからEdyへチャージすることでもマイルを貯めることができるのです。

航空会社提携ホテルに宿泊すると、特典としてマイルがもらえる場合があります。宿泊ごとに決まったマイルがもらえたり、宿泊代金に応じたマイルがもらえたりするので、各航空会社の公式サイトをチェックしいたいですね。

更に、家族プログラムに申し込むことで家族のマイルを合算することも可能となります。

JALであれば家族プログラム、ANAはファミリーマイルに登録をするだけで、登録手数料無料でマイルが合算できるようになるのです。

マイル自体を貯める方法ではありませんが、家族それぞれが貯めたマイルが一本化できるので、より早く目標マイルを達成することができるでしょう。

ゴールドカードのマイル還元率を比較

ゴールドカードでマイルを貯めるにあたって、マイル還元率が重要であるということはご紹介しました。

ここでは、マイル還元率の高いゴールドカードを比較・ご紹介していきましょう。

カード名 年会費 還元率 マイル対象
航空会社
セゾンゴールド・
アメリカン・エキスプレスカード
10,000円 1.125% JAL
JALカードSuica
CLUB-Aゴールドカード
19,000円 1.0% JAL
デルタスカイマイル
アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
26,000円 1.0% デルタ航空
ANAアメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
31,000円 1.0% ANA
ANAダイナースクラブカード 27,000円 1.0% ANA

通常、マイル還元率としては0.5%というカードが多いのですが、今回紹介したゴールドカードは全て還元率が1.0%以上となっています。

ゴールドカードでマイルを貯めることにメリットがあるのは分かりましたが、やはり高い年会費を支払うことが気になってしまいます。
ゴールドカードにはマイルを貯めるだけのメリットがあるわけではなく、他にも付帯保険が充実している、空港ラウンジを利用できるなどのメリットがあります。

グルメ優待やレジャー施設優待もありますから、自分の生活でメリットがあると思えばゴールドカードは決して損ではありません。

ゴールドカードのメリットについて興味がある方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。

では、それぞれのゴールドカードについて特徴をご紹介していきます。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

JALマイルを貯めるなら最も効率の良いのが、このセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードです。

貯まったポイントはANAマイルへの交換も可能なのですが、年間4,000円(税抜き)を支払ってセゾン・マイル・クラブへ入会することで1,000円で10マイル貯まります。

更に、2,000円の利用でマイル獲得に+1ポイントの永久不滅ポイントが獲得できます。そしてそのポイントでも、マイルへの交換が可能なのです。

セゾン・マイル・クラブサービスは、年間80万円のショッピング利用でJALマイルが8,000マイル貯まり、加えて400ポイントもの永久不滅ポイントを獲得できます。200ポイントで500マイルと交換できますから、結果的に年間で8,000マイル+1,000マイルになるわけです。

JALマイルを効率よく貯めたいのであれば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスは欠かせません。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードは、ショッピングマイル・プレミアムに自動入会するようになっています。このことで、100円1マイルが貯まるようになるのです。

また、Suicaへのチャージでは通常1,000円につき5ポイントのJRE POINTが3倍の15貯まります。このJRE POINTは、ショッピングマイル・プレミアムに加入していると1,500ポイントで1,000マイルと交換が可能です。

つまり、日々のSuicaチャージでも効率よくマイルを貯めることができるというメリットがあるのです。

ただ、JALマイルは有効期限が3年と決まっていますので、貯まったマイルを使うタイミングには注意したいですね。

デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

デルタ航空予約センターでの航空券購入やデルタ航空への支払いをカードで行うと、通常の3倍となる100円で3マイルの獲得が可能となります。

海外でのショッピング利用は獲得マイルが1.5倍になるというのも魅力ですし、毎年のカード継続で3,000マイルが獲得できます。

また、デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの魅力の1つが、入会後1年間はデルタ航空スカイマイル上級会員資格を得ることができる、という点です。

上級会員資格であるゴールドメダリオンになると、専用チェックインや機内への優先案内、デルタ・コンフォートプラスへの無料アップグレードなど魅力的なサービスを受けることができるのです。

デルタ航空、スカイチームに乗る方は、ぜひ押さえておきたいですね。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ポイント(マイル)の有効期限がありません。ですから、ずっと貯め続けることができるという特徴があります。

また、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは入会特典として最大60,000マイルもらえるキャンペーンを実施しています。

項目 獲得マイル
入会ボーナスマイル 2,000マイル
カード利用ボーナス
*入会後1か月以内に
 カードを3回利用する
3,000ポイント
カード利用達成ボーナス1
*入会後3か月以内に
 カード利用代金合計30万円達成
7,000ボーナスポイント
カード利用達成ボーナス2
*入会後3か月以内に
 カード利用代金合計90万円達成
39,000ボーナスポイント
カード利用90万円時に
獲得できる通常ポイント
9,000ポイント

これらを合計すると、入会後3か月で最高60,000マイルを獲得できる可能性があるのです。

期間限定のキャンペーンなので、見逃さないようにしたいですね。

最高60,000マイルがもらえる可能性があるのは嬉しいですが、なかなか3か月で90万円の達成は厳しい気がします。

そうなると、あまりメリットが得られないのではないでしょうか。

確かに最高60,000マイルを獲得するにはハードルが高いかもしれませんが、入会後3か月以内にカードを3回利用する、というのは比較的達成しやすい条件です。

それだけで5,000マイル獲得できると思えば、メリットがあると言えるでしょう。

ANAダイナースクラブカード

ANAダイナースクラブカードも、ポイント(マイル)の有効期限が無期限という嬉しい特徴があります。

また、マイル移行上限も設定されていませんので、しっかり貯めて必要な時にマイルへの交換をすることができるのです。もちろん、移行手数料はかかりません。

カードの利用100円につき1ポイント(1マイル)という還元率の高さも魅力ですし、何よりもダイナースクラブカードというハイステータスなカードを持つ事で海外でも安心して利用することができます。

入会時ボーナスマイルだけでなく、カードの継続利用で毎年2,000マイルもらえるのも嬉しいですね。

マイルが貯まるゴールドカードを選ぶ3つのポイント

マイルが貯まるゴールドカードをピックアップしてご紹介しましたが、この中で自分がどのカードを選べば良いのか迷っている方に、カード選びのポイントをお教えしましょう。

それが、次の3つです。

  • マイル対象航空会社
  • マイル有効期限
  • 付帯保険

それぞれのポイントについて見ていきます。

マイル対象航空会社

せっかく貯めたマイルが使えないと困りますよね。ですから、マイルを使うことができる航空会社がどこなのか、しっかりチェックしてからマイルを貯めるようにしてください。

世界には、主な航空会社グループとして次の3つがあります。

  • スターアライアンス
  • ワンワールド
  • スカイチーム

所属する主な航空会社が、こちらです。

スターアライアンス ワンワールド スカイチーム
ANA
エア・カナダ
ニュージーランド航空
アシアナ航空
シンガポール航空
スイス航空
オーストリア航空
など
デルタ航空
エールフランス
チャイナエアライン
大韓航空
ベトナム航空
など
JAL
アメリカン航空
ブリティッシュエアー
キャセイパシフィック航空
マレーシア航空
など

自分が貯めたマイルがどのアライアンスの航空券として利用出来るのか、しっかり確認しておきましょう。

マイル有効期限

マイルには、有効期限がある場合がほとんどです。有効期限内に使わなかったマイルは消えてしまいますので、交換するタイミングを考えなければいけません。

先ほど紹介したANAダイナースクラブカードなど、いくつかのゴールドカードはマイルの有効期限が無い、無期限のものとなっています。

すぐにはマイルは使わない、長期でマイルを貯めたいという方は、できるだけ有効期限の長い、もしくは有効期限のないゴールドカードを選ぶようにしたいですね。

付帯保険

ゴールドカードには、それぞれ付帯保険があります。マイルを貯めて旅行をしたいという場合は、やはり海外旅行傷害保険はチェックしておきたいところです。

死亡保障金額だけでなく、傷害補償、疾病保障の金額、利用付帯か自動付帯か、家族への適用はどうなっているか、しっかりチェックしておきましょう。

ゴールドカードの付帯保険については、こちら付帯保険が充実したゴールドカードを徹底解説!の記事でご紹介しています。

効率よくマイルを貯めたい方は航空会社系ゴールドカードがオススメ

マイルを貯めて旅行をしたい、そんな目標がある方は、ぜひマイルの貯まりやすい航空会社系ゴールドカードを検討してみてください。

マイル還元率が良いこと、そしてマイルが貯まりやすいサービスプログラムなど、マイルを効率よく貯められるようになっています。

ゴールドカードを選ぶ際には、希望する航空会社航空券として利用できるか、有効期限はどうなっているか、併せてチェックしておきたいですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る