一般カードには無い法人ゴールドカードの魅力を徹底解説!

クレジットカードを検討する際、経営者や自営業者の方にぜひチェックしてもらいたいのが法人ゴールドカードです。

法人ゴールドカードには、一般カードには無い特典・魅力がたくさんあります。しかし、法人ゴールドカードにも多くの種類があるのでどれを選べば良いか、本当に必要なのかどうか分からない方もいるはず。

そこで今回は、法人カードと一般カードの違い、法人ゴールドカードだからこその魅力とカードの選び方について徹底解説していきましょう。

法人ゴールドカードを検討している方に向けて、どのようなものなのか、どのカードがおすすめなのか紹介する記事をお願いいたします。

法人(ビジネス・コーポレート)カードと一般カードの違いとは

まずは、法人カードと一般カードにどのような違いがあるのかついてご紹介します。

法人カードと一般カードの主な違いは、以下の通りです。

項目 法人カード 一般カード
利用対象者 経営者・個人事業主・大規模企業 個人
キャッシング機能 基本的に無し あり
引き落とし口座 法人名義の銀行口座 個人口座

一般カードは個人が使うものですが、法人カードは法人経営者などが対象となっているカードで、支払いについて会社の口座から引き落とせるという点が最大の特徴です。

個人で利用したクレジットカードを経費で精算しようとすれば、手間も時間もかかってしまいます。しかし、最初から会社口座からの引き落としとなっている法人カードを使えば、会計処理の手間が減るだけでなく何にいくら使ったのかという明細も明確となります。

つまり、経費の見直し効果や経費管理の簡略化が出来るというのが、法人カードなのです。

 法人カードと似たようなカードにビジネスカードというものがありますよね。法人カードとビジネスカードはどう違うのでしょうか。

 ビジネスカードやコーポレートカードというのは、法人カードの種類名になります。基本的に、ビジネスカードは中小企業や自営業者向け、コーポレートカードは大手企業向けのカードだと認識しておくと良いでしょう。

ただ、クレジットカード会社によっては、分類や内容について違いがある場合もあります。JCBカードの場合、JCB法人カードが経営者・個人時用主向けになっていて、コーポレートカードやビジネスカードは大規模企業向けとなっています。

法人カードには法人カードならではの特典がある!

法人カードには、一般カードには無い特典があります。

  • 会計ソフトなどのシステムサービス
  • 経営コンサルティング
  • コンシェルジュ
  • 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険
  • 法人ETCサービス
  • 社員向け追加カード発行

これらのサービス・特典は、法人カードによって異なります。法人カードのステータスが高くなればなるほど、サービスも充実していくのです。

ステータスごとの違いについては、次でご紹介していきます。

法人カードにも一般カード・ゴールドカード・プラチナカードがある!

法人カードにも、個人向けカードと同様に一般・ゴールド・プラチナというステータスがあります。当然、その内容・サービスが違ってきます。

簡単に3つのカードの違いについて見てみましょう。

項目 法人一般カード 法人ゴールドカード 法人プラチナカード
年会費 無料もしくは
1,000円前後
10,000円前後 30,000円前後
審査 ・比較的審査に
 通りやすい
・一般カードより
 厳しい
・審査は厳しい
・インビテーション
 限定の場合も多い
付帯サービス ・空港ラウンジ
 サービス
・海外・国内
 旅行傷害保険
 など
一般カードの
サービスに加え
・利用限度額が高い
・高いポイント還元率
・更に充実した
 空港ラウンジ
 サービス
・旅行傷害保険の
 補償額アップ
・飛行機・新幹線
 の優待価格
 など
ゴールドカードの
サービスに加え
・コンシェルジュ
 サービス
・保険サービス
・プライオリティ・パス
・弁護士サービス
 など

このように、法人カードもステータスが上がれば受けられるサービスも多くなります。

年会費やサービスの目安としては、個人のクレジットカードの一般、ゴールド、プラチナカードと似たようなものになっています。

法人カード独自の特典として、会計管理サービスなど事業効率化に関するサービス、出張や接待に使えるお得な優待サービスなどもあり、やはりカードのステータスによって内容が異なります。

ただ、ステータスが上がれば当然ですが年会費も上がりますし審査も厳しくなっていきますね。特に、法人プラチナカードの場合は通常申し込みではなく、インビテーションからの申し込みのみとしているカードもあります。

サービスが充実しているということであれば、やはり高い年会費を支払ってでもプラチナカードを検討した方が良いのでしょうか。
法人プラチナカードのサービスは魅力ではありますが、やはり手にするためのハードルが高く年会費の負担も大きくなる点は注意が必要です。

必要なサービスのみを選びたいということであれば、年会費とサービスのバランスの良いゴールドカードがオススメです。

法人ゴールドカードのサービスには、一般カードよりも充実した空港ラウンジサービスや、補償額や補償内容が充実した旅行傷害保険など魅力的なものがあります。また、ゴールドカードの年会費は比較的お得になっていますから、コスパを考えるのであればゴールドカードを持つことに大きなメリットがあると言えるでしょう。

ゴールドカードのラウンジサービスについては、こちらの記事でもご紹介しています。

法人ゴールドカードのメリットとは

先ほど紹介した通り、法人ゴールドカードは一般カードやプラチナカードと比較してコストパフォーマンスが高いと言えます。

また、ゴールドカードにもいろいろな種類があり、そのサービスはカードによって大きく違います。つまり、選択肢が多いのです。

自分に必要なサービスのみを取り扱っているゴールドカードを選ぶということが可能なのも、法人ゴールドカードの魅力です。

法人カードのステータスに迷っている方は、まずゴールドカードからチェックしてみるのも良いでしょう。

法人(ビジネス・コーポレート)ゴールドカードを選ぶポイント

多くの種類がある法人カードの中から自分に合ったカードを選ぶときは、どのような点をチェックすれば良いのでしょうか。

法人ゴールドカードを選ぶ際にチェックしておきたい3つのポイントが、こちらです。

  • 年会費
  • 利用限度額
  • サービス内容

これらのポイントについて、1つずつご紹介していきます。

年会費がいくらか

まず、ゴールドカードになれば当然年会費が一般カードよりは高めになります。その年会費の負担が大きくないかどうかチェックしておきましょう。

年会費については、初年度無料のカードもありますし、2,000円程度とお得なゴールドカードもあります。ゴールドカード=年会費が高い、ということではなく、詳しく確認することが大切なのです。

利用限度額がいくらか

ゴールドカードになれば、利用限度額もアップします。しかし、その利用限度額は本当に充分なものでしょうか。

限度額は、1か月で利用できる金額ということではありません。限度額が100万円で、50万円使用したとします。翌月の支払い日まで、100万円ー50万円=50万円しか利用する事が出来ないのです。

そして、支払いをすれば、支払った分の限度額が再び利用できるようになります。

限度額は、毎月その金額まで使用できる金額ではないのですね。

ということは、支払いが2か月後などになった場合、ショッピング利用が出来なくなる可能性もあるのですか。

必要な時に使用できる限度額が無いと困りますよね。

経費として法人カードを使用する場合は、毎月の経費の支払いがいくらになるかを把握し、最低でもその倍の限度額設定が必要だと考えておきましょう。

サービス内容がどうなっているか

法人ゴールドカードを選ぶ際に重要視してもらいたいのが、サービス内容です。年会費は抑えられたけど利用できるサービスがない、特典がない、という状態では意味がありません。

ですから、自分が必要とするサービスは何か、そしてそのサービスがきちんと受けられるかどうかをチェックする必要があるのです。

同じ空港ラウンジサービスでも、利用できる空港数がカードによって異なります。

  • 国内空港はどこが利用できるのか
  • 海外で利用できる空港はあるか
  • 利用回数に制限はないか

これらの点について確認が必須です。

また、海外旅行傷害保険でも利用付帯なのか自動付帯なのか、そのほかに何か条件はあるのか、確認しておきたいですね。

法人カード向けとして優待サービスや会計ソフトサービス、コンシェルジュサービスなども用意されている場合があります。これらのサービスも、会社として必要なのかどうかよく検討する必要があります。

オススメの法人ゴールドカード5選

では、オススメの法人ゴールドカードをご紹介していきましょう。今回は、数ある法人ゴールドカードの中から5つをピックアップします。

オリコExGoldForBiz

格安の年会費で法人ゴールドカードをの持つなら、オリコExGoldForBizがオススメです。

個人事業主だけでなく、比較的審査で不利になると言われている創業したばかりの法人でも比較的審査に通りやすいと言われています。

自営業者にオススメの個人向けゴールドカードについて興味がある方は、こちら自営業者がゴールドカードを持つ為に押さえておくべき3つのポイントの記事もチェックしてみてください。

では、基本情報を見てみましょう。

項目 内容
年会費 2,000円(税抜)
*初年度無料
*追加カードの発行無料
ポイント還元率 最大1.1%
*利用額に応じてボーナスマイルあり
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
*国内旅行傷害保険最高1,000万円(利用付帯)
空港ラウンジサービス ・国内主要空港
・仁川国際空港
・ダニエル・K・イノウエ
その他特典 ・クラウド会計ソフト
・国際線手荷物宅配優待サービス
・海外モバイルWi-Fiルーターレンタル
・グルメ優待
・ゴルフ優待
・融資金利優遇制度
・福利厚生サービス「ベネフィットステーション」

年会費が安い法人ゴールドカードは不安だ、という方もいるかもしれませんが、オリコExGoldForBizはゴールドカードのメリットである空港ラウンジサービスや海外旅行傷害保険はもちろん、ビジネスに役立つサービスも充実しています。

また、利用額に応じたポイント制度があるので、効率的にポイントを貯めることも可能です。

オリコビジネスゴールド

先ほど紹介したオリコExGoldForBizは、同じオリコでも個人事業主も対象となる法人ゴールドカードでした。

しかし、オリコビジネスゴールドは法人経営者・代表者を対象としたカードとなっています。

まずは基本情報をチェックしてみましょう。

項目 内容
年会費 2,000円(税抜)
*初年度無料
ポイント還元率 ポイント制度なし
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(自動付帯)
*国内旅行傷害保険も最高1,000万円(利用付帯)
空港ラウンジサービス ・国内主要空港
・ハワイ(ホノルル空港)
・韓国(仁川空港)
その他特典 ・限度額最大1,000円まで
・追加カード20枚まで発行可能
・利用者それぞれの限度額設定が可能
・MasterCardビジネスアシストあり

ポイント制度がないのは残念ですが、法人向けサービスとしてMasterCardビジネスアシストがあるのは魅力です。

その内容を一部ご紹介しましょう。

  • レンタルオフィス・会議室優待
  • 従業員の福利厚生サービス
  • 会計ソフト・会計業務優待
  • 電話翻訳サービス
  • ホテル優待

ビジネスに役立つサービスが充実しているのも、オリコビジネスゴールドの魅力だと言えるでしょう。

JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カードは、JCBカードのプロパーカードとなりますので信頼性の高いカードとなります。

また、ポイント還元率が高めなのも魅力です。

項目 内容
年会費 10,000円(税抜)
*初年度年会費無料(オンライン入会の場合)
ポイント制度 ・OkiDokiポイントプログラム対象店舗利用で2倍~20倍
・海外店舗利用分はポイント2倍
・JCB ORIGINAL SERIESパートナーサイト・店舗利用で
 ポイント2~10倍
海外旅行傷害保険 最高1億円(利用付帯)
*自動付帯分は5,000万円
*国内旅行傷害保険は最高5,000万円
空港ラウンジサービス 国内主要空港とハワイ・ホノルル国際空港ラウンジ無料利用
その他特典 ・JCBゴールドグルメ優待サービス
・ゴルフエントリーサービス
・国内・海外航空機遅延保険

10,000円という比較的お得な年会費で、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯しているのは嬉しいですね。

また、空港ラウンジサービスはもちろん、グルメ優待サービスなど魅力的な特典もあります。

ただ、カード利用枠は50万円~250万円となっています。限度額が十分かどうかは確認が必要です。

JCBゴールド法人カードについては、こちらでも詳しくご紹介しています。

三井住友ゴールドforOwners

三井住友ゴールドforOwnersは、20歳以上の個人事業主、法人代表を対象とした法人カードです。

一般的に、法人カードを申し込む際には登録簿謄本や決算書の提出を求められることが多くなっています。しかし、このカードは代表者本人の確認資料のみでもOKです。

若い人も対象としているので、起業したばかりの人にもオススメの法人カードとなります。

項目 内容
年会費 10,000円(税抜)
*初年度無料
ポイント還元率 0.5%
海外旅行傷害保険 最高5,000万円(利用付帯時)
空港ラウンジサービス 国内主要空港
その他特典 ・ビジネスサポートサービス(アスクル、日産レンタカー、アート引っ越しセンターなど)
・福利厚生代行サービス
・キャッシングが利用可能

三井住友ゴールドforOwners最大の特徴は、キャッシング利用が可能だという点でしょう。ゴールドカードの場合、最高50万円の利用枠を設定することができ、利率も15.0%(年利)とお得になっています。

海外キャッシングが可能な海外キャッシュサービスも、利率18.0%で設定することが可能です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

やはり、法人カードとしてのステータスを求めるのであれば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは外せません。

世界的に知名度が高いアメックスカードは、そのゴールドカードを持っているというだけでメリットがあるとも言えます。

ステータス性の高いカードは、審査も厳しいイメージがあります。個人事業主・自営業者の利用はどうなのでしょうか。

やはり、法人代表者を対象としたカードなのですか?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは法人代表だけでなく個人事業主が申し込むことも可能です。

申し込みフォームも、個人事業主と法人代表者とそれぞれが設置されているので、安心して申し込むことができます。

では、基本情報を見てみましょう。

項目 内容
年会費 31,000円(税抜)
ポイント還元率 0.50%
*メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば2倍になる
海外旅行傷害保険 最高1億円(利用付帯)
自動付帯でも最高5,000円の補償
空港ラウンジサービス ・国内外30空港の空港ラウンジ無料利用可能
・同伴者1名まで無料OK
その他特典 ・帝国ホテルのビジネスラウンジが利用可能
・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料
・ヘルスケア無料電話健康相談
・無料ポーターサービス(成田国際空港、関西国際空港)
・手荷物ホテル当日宅配サービス
・ゴルフ関連サービス
・キャンセルプロテクション
・コンシェルジュサービス

今回紹介した法人カードの中で最も年会費の高いゴールドカードですが、そのサービス内容はかなり充実しています。

海外旅行傷害保険の補償額はもちろんですが、空港ラウンジもカードを持っている本人だけでなく同伴社1名まで無料可能、そしてビジネスに嬉しいサービスも多岐に渡っています。

年会費を支払う余裕があるなら、ぜひチェックしておきたいカードであることは間違いありません。

法人ゴールドカードはお得なサービスが充実の魅力的なカード

法人ゴールドカードは、法人口座からの引き落としができるクレジットカードです。経費管理が楽になる、コスト削減に繋がるといった魅力があるだけでなく、空港ラウンジサービスや海外旅行傷害保険の付帯など、魅力的な特典が多くあります。

法人ゴールドカードは一般の法人カードよりも年会費は高めになってしまいますが、一般カードにはないサービスが利用できます。また、比較的お得なゴールドカードもありますので、自分が必要とするサービスを利用できるカードに絞って探してみると良いでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る