ゴールドカードの限度額はいくら?限度額アップのポイントもご紹介

ゴールドカードは、一般カードよりも年会費が高くなってしまいますが、ゴールドカードだからこその特典やサービスが利用できる魅力があります。

しかし、ゴールドカードのメリットは、特典やサービスだけではありません。ゴールドカードは、一般カードよりも利用限度額が高いという特徴もあるのです。高額な買い物をする際、一般カードの限度額では無理でもゴールドカードなら利用できる可能性があります。

ゴールドカードの限度額はどのくらいなのか、どう決まるのか、そしてどうすればアップさせることができるのか、ゴールドカードの限度額について気になる疑問にお答えしていきましょう!

クレジットカードの利用限度額と利用限度枠って何?

まずは、クレジットカードの利用限度額、利用限度枠についてご紹介していきます。

この2つの言葉、同じように思えますが全然違う意味を持ちます。

利用限度額 利用限度枠
利用出来る上限金額 利用限度額内で利用できる残高
利用限度額ー利用代金=利用限度枠

つまり、クレジットカードを利用できる上限金額が100万円だとすれば、利用限度額は100万円になります。

そして、そのうち30万円利用したのであれば、あと利用できるのは100万円-30万円=70万円となり、この70万円が利用可能枠となるのです。利用限度枠は、利用した分を支払うことで戻ります。

利用限度額はカードに設定された利用可能上限額、利用可能枠はこれから利用できる残高、と覚えておきましょう。

法人カードや家族カードは1つの限度額を全部のカードで共有する!?

法人カードは、主カードに対して複数の追加カードを発行することができます。家族カードも、本会員のカードに対して一定数のカードを発行することが可能です。

その場合の利用限度額は、各カードごとに設定されるわけではありません。

主カード、親カードの限度額を皆で共有し、各カードの合計額が限度額を超えての利用をすることはできないのです。

限度額を設定する際には、みんなでカードを利用したときに十分足りるのかどうかも注意しておく必要があります。

1つの限度額をすべてのカードで共有することになれば、限度額をオーバーしないかどうか不安になりながら利用する事になりそうですね。

限度額設定についても、いくらにすべきか迷ってしまいます。

限度額を決めるときの目安として、月間予定額の2倍を設定しておくと安心です。

限度額は月ごとで設定されるわけではなく、支払いが終わっていない金額しか利用できません。ですから、余裕をもって設定したいですね。

法人ゴールドカードについて詳しく知りたい方には、こちらの記事がオススメです。

ゴールドカードの利用限度額はどのくらい?その平均額とは

では、ゴールドカードの利用限度額はどのくらいになっているのでしょうか。

一般カードの平均限度額が10~50万円となっていますが、ゴールドカードの利用限度額は平均で200~300万円となっています。

一般カードと比較すると、ゴールドカードの利用限度額がいかに高いかが分かりますね。

ゴールドカードにも多くの種類があり、それぞれのカードによって設定可能な利用限度額が異なっています。代表的なカードをピックアップしてご紹介しましょう。

カード名 年会費 利用限度額
アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
29,000円(税抜き) 一律の制限なし
ダイナースクラブカード 22,000円(税抜き) 一律の制限なし
三井住友VISAゴールドカード 10,000円(税抜き) 50~200万円
JCB GOLD 10,000円(税抜き) 最高300万円
楽天ゴールドカード 2,160円(税込み) 最高200万円
楽天プレミアムカード 10,000円(税抜き) 最高300万円
MUFGカード ゴールド 1,905円(税抜き) 10万円~200万円
イオンゴールドカード 無料 最高200万円

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードやダイナースクラブカードは、利用限度額の制限がありません。実際、1,000万円近く利用できたという方もいます。

また、その他のゴールドカードも200万円~300万円が最高限度額となっていますから、高額な利用にも十分対応できると言えます。

利用限度額の上限がない、ということは、いくらでも利用することができると考えて良いのですか?
上限のないアメックスゴールドなどですが、カードごとに上限額が設定されている点は同じです。

ただ、カード会社としての上限値を設定していないだけで、利用者の信用次第でどんどん増額することができるわけです。

つまり、最初から1,000万円が利用できるわけではないということですね。
そうです。100万円程度の限度額設定から始まり、利用状況に応じて利用可能額が増額されていきます。

利用限度額の決め方については、次の項目で詳しくご紹介しますね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

利用限度額は申し込み者の信用に応じて決定する

先ほど紹介した各カードの利用限度額は、設定可能な最高額でした。最初から最高額が設定されるわけではなく、申し込み者ごとに審査によって利用限度額が決定します。

ゴールドカードの利用限度額はどう決まるのか、その仕組みをご紹介しましょう。

クレジットカードの利用限度額は各カード会社が独自のルールで決定するわけではなく、基本的には法律によって利用可能額の設定ルールが決まっています。

そのルールが、こちらです。

支払い可能見込み額×0.9≧申し込み者の利用可能額

支払い可能見込み額とは、利用者が無理のない範囲で支払うことが出来るであろうと判断できる金額のことです。

この支払い可能見込み額についても、算出方法が決まっています。

支払い可能見込み額=年収ー年間請求予定額ー法律で定められた生活維持費用

年収に対して生活費用などを差し引き、支払い可能であろう金額を計算するわけです。

生活維持費用については、住宅ローンの有無や賃貸負担の有無、家族構成によって金額が決められています。

居住形態
住宅ローン有無
賃貸負担有無
本人含む
同一世帯人数
 1人
本人含む
同一世帯人数
 2人
本人含む
同一世帯人数
 3人
本人含む
同一世帯人数
4人以上
【持ち家】かつ
【住宅ローン無し】
 または
【持ち家無し】かつ
【賃貸負担なし】
90万円 136万円 169万円 200万円
【持ち家】かつ
【住宅ローンあり】
 または
【持ち家無し】かつ
【賃貸負担あり】
116万円 177万円 209万円 240万円

具体的な例を挙げてみましょう。

  • 年収300万円
  • 家賃負担あり
  • 年間請求額50万円
  • 世帯人数3人

まずは支払い可能見込み額を算出します。300万円ー50万円ー209万円=41万円となりますので、これに0.9をかければショッピング利用可能額の上限値となるわけです。

41万円×0.9=36.9万円。つまり、この方は最高で36万円のクレジットカードショッピング利用額となるわけです。

ゴールドカードを持っていて最高利用限度額が高額になっても、設定される金額が必ずしも高額になるわけではないのです。

では、もう1パターンを見てみましょう。

  • 年収1,000万円
  • 持ち家ローンなし
  • 年間請求額150万円
  • 世帯人数4人

この場合、支払い可能見込み額は1,000万円ー150万円ー200万円=650万円。650万円に0.9を掛け合わせると585万円となりますので、この方は最高で585万円の限度額設定が可能となるわけです。

利用限度額の上限は法律によって計算式が決まっていたのですね。

でも、せっかく高額利用が可能なゴールドカードを持っているのに上限額が低く決まってしまうというのは残念な気がします。どうして上限が制限されるのでしょうか。

クレジットカードの利用で一番怖いのは、使いすぎによって生活が破綻してしまうことです。

無理のない範囲で利用する事が前提となりますから、利用者の生活を守るためにもこのような計算式が定められたのです。

ただし、注意しておかなければいけないのはショッピング枠の上限額が最初からカード限度額として設定されるわけでは無いという点です。計算によって算出された上限額と、申し込み者のクレヒスなどを総合的に判断してカード会社が決定します。

いくら算出された限度額が高くても、クレヒスに問題がある、信用に不安があると判断されれば限度額が低くなってしまいます。限度額の設定には、申し込み者の信用が大きくかかわっていることを覚えておきましょう。

利用限度額をアップさせる方法とは

最初に設定される限度額は、比較的低めになっていることがほとんどです。それは、クレジットカード会社が本当にその限度額で問題なく支払えるかどうか様子を見るためです。

つまり、その限度額に対して支払い能力が十分あると判断されれば限度額をアップさせることは可能なのです。

限度額の増額は、電話やインターネットなどで申し込むことが可能となっています。

では、利用限度額をアップさせるための信用を判断してもらうポイントをチェックしておきましょう。

  • 利用頻度・金額
  • 支払い状況
  • 利用していないカードの整理

それぞれのポイントについてご紹介します。

利用頻度・金額

クレジットカードは、少額でも定期的に利用した方がクレヒスを積むことができます。きちんと利用をして、支払い日にきっちり支払いが出来ている実績を作ることで、信用を高めることができるのです。

また、ある程度高額な利用をしても支払いがきちんと行えていえば、限度額をアップしても問題ないだろうと判断する材料となります。

クレジットカードは少額でも利用して良いのでしょうか。

金額が少ないと抵抗があるので、どうしてもある程度の金額にならなければ利用しづらいのですが…。

クレジットカードのメリットは、現金を持ち歩かないで済むという点にあります。

コンビニなどでもクレジットカードは利用できますし、少額利用に抵抗があれば定期的な支払いや引き落としをカード払いに変えることから始めてみると良いでしょう。

支払い状況

限度額アップのために絶対にクリアしなければいけないのは、毎月の支払いを確実に行うということです。

少しでも支払い遅れがあれば、限度額をアップしても支払いが遅れる恐れがあると判断されて限度額を上げることができません。

まずは、毎月確実に利用し、隔日に支払うことを心がけましょう。

利用していないカードの整理

現在利用していないクレジットカードがあれば、解約して整理することをオススメします。限度額の設定は、現在保有しているカードにすでに設定されている金額によっても変動します。

それは、利用者1人に対する与信枠、支払い見込み可能額が、すべてのカードの合計額になっているためです。

使っていないカードを整理した方が、新たに作成するカードの限度額が高くなる可能性があります。

ゴールドカードの限度額は信用と支払い可能見込み額によって決定する!

ゴールドカードの利用限度額は、およそ200~300万円が上限となっていることが多いです。ただ、この限度額はカード会社が設定できる最高額であり、この範囲の中で申し込み者ごとに限度額が設定されます。

申し込み者の年収や生活維持費用などから算出した支払い可能見込み額、そしてクレヒスなどの信用度から判断し、限度額を設定するのです。

設定された限度額は、信用度が高まれば増額することは可能です。定期的な利用を心がけ、毎月の支払いに遅れないよう注意しておきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る