ドイツはクレジットカードが使いにくい。日本なみに現金主義かも

英語圏以外に旅行や留学で出かけようと言う人は、海外旅行が初めてとか、まったくその国の言葉ができないとか言うことはめったにないと思います。仕事で赴任とか駐在と言う場合でも言葉はある程度できるでしょう。

今回はドイツのお話ですが、英語圏への旅行経験があって、ドイツ語が少しくらいはできると言うことを前提にお話しします。でも実は、私は大学の第二外語でドイツ語を選択したのに、お恥ずかしいことにまったくドイツ語会話がダメなんです。

ドイツと日本の共通点は現金主義。旅行では現金を準備しよう

世界のキャッシュレス化の流れの中で、日本だけが現金主義で、キャッシュレス化の流れから取り残されていると言った論調の記事をよく見かけます。

しかし、実際にはEU経済圏を牽引するドイツも日本以上に現金主義だと言って良いくらいなのです。

ですから日本よりクレジットカード事情はよくないですね。

日本から海外旅行のツアーで利用するようなホテルなら大丈夫

ドイツではクレジットカードが使えないところが多いと聞いているんですが、やはり現金をたくさん持っておかないといけないんでしょうか。
そこまで心配する必要はありません。外国人が良く利用するホテルや飲食店ではクレジットカードが使えることが多いです。ですから、1日50ユーロくらいを目安に現金を準備すれば良いでしょう。

百貨店などでも、1回の買い物で100ユーロを超えるのが普通だと言うレベルのお店なら、たとえ20ユーロの買い物であってもクレジットカードは使えると思います。

一方、庶民的な飲食店でヴルスト(ソーセージ)とビールと言った場合には、クレジットカードが使えないことも珍しくありません。ですから、5・10・20ユーロ札と、チップ用に1ユーロ硬貨を持っておくことをお勧めします。

また、ドイツの公衆トイレは有人・無人を問わずだいたい0.5~1ユーロが相場です。ですので、0.5ユーロ硬貨もトイレ用に何枚か持っておくと良いかもしれませんね。

高額紙幣はどの国でもそうですが、ドイツでもあまり好まれません。お釣りの準備がない店も結構多いようです。

ベルリンやミュンヘンなどの大都市圏ではカードが使える

いわゆる大都市圏ならクレジットカードが使えるお店も多いです。これは日本の感覚と似ているかもしれません。大きな街なら大規模店舗も多くてカードが使いやすいけれど、田舎町ではそうじゃないと言う感じですね。

また、ドイツには日本でいう24時間営業のコンビニはありません。

ですから、全国津々浦々でコンビニならカードが使えると言う日本的な状況は期待できないのです。

とは言え、深夜や日曜日の営業を禁じてきた法律も徐々に緩んできているようですから、昔よりはましになったかもしれません。

生活に密着した食品スーパーでクレジットカードが使える

コンビニがないと言う状況でコンビニに代わる役割を果たしているのが食品スーパーです。有名食品スーパーのレーヴェ( Rewe )は、 Rewe to Go と言うコンビニ形態の小売店の展開を始めているそうです。

コンビニ形態と言っても、量り売りやイートインコーナーもありますが、雑誌や雑貨、衣料品の扱いはあまりないようです。このお店では2ユーロ以上の買い物からクレジットカードが使えます。

スーパーやドラッグストアチェーンはクレジットカードOK

スーパーやドラッグストアがコンビニ代わりになると言うことは、そうしたお店ならどこでもクレジットカードが使えるのでしょうか。
残念ですがそう上手くはいかないのです。基本的にチェーン展開している大きなお店だけだと考えて下さい。逆に大手ではスマホアプリでカードが使えるものもあるようです。

ドイツの中堅~大手スーパーも自社サイトを持っていることが多いので、事前にカード利用ができるかどうかを確認しておくのも良いですね。

あるいは、現地でお店の前に立ってアクセプタンスマークを探すと言う原始的な方法でも良いです。

飲食店は本当にケースバイケースになってしまう

ドイツの飲食店では、クレジットカードの可否はギャンブルです。

アクセプタンスマークの表示があっても嫌がられることも少なくないみたいですね。

ただ、アクセプタンスマークさえあがっていれば、現金でチップを出しながら「お勘定はカードで」と言えば多分受け入れてくれるでしょう。

一つの目安になるのは日本人の「勘」かも知れません。あなたが飲食店を利用した時を想像してみて下さい。

  • 高級レストランで夕食を摂った
  • コンビニでビールとおつまみを買ってイートインで食べた
  • 町の定食屋さんで食事をした
  • 牛丼屋さんで食事をした(ドイツならソーセージとビールなど)
  • 小さな居酒屋で食事込みで一杯呑んだ

使えるかどうかではなく、自分の感覚でクレジットカードを使うかどうかを決めていますよね。それに同じレストランでも都市部のそれと田舎のそれとではカードを出す基準が自分の中で変わると思います。

ドイツ人は日本人と同程度には現金主義ですから、案外この方法は上手く行きそうな気がします。ドイツで試してみてどうだったか、教えてもらえればうれしいです。

テイクアウトをうまく利用すると安上がり

ドイツにも消費税があります、基本税率は19%です。日本では10%ですったもんだしてますが、2倍近い税率ですね。

そして、ドイツにも軽減税率があります。食料品や、外食でもテイクアウトで店内を利用しない場合7%になります。

日本でもテイクアウトの扱いについて議論が続いていますが、ここまで税率の差が大きいと、普段の食事はテイクアウトして外で食べた方がずっとお得ですね。

例えば税別10ユーロ(約1,250円)の食べ物があったとします。これだと外食で税込約1,488円、テイクアウトで1,338円、実に150円の差がついてしまいます。うまく節約して下さいね。

留学の場合にはVISAデビットを必ず1枚は持って行く

これまでお話ししたように、ドイツでのクレジットカード事情は日本と同程度には悪いと言って良いでしょう。ですから必ず現金が必要になるわけですが、留学の場合キャッシングは支払いの問題が起きますね。

そこでVISAデビットです。お金が必要な場合には日本に連絡して、両親などに口座に振り込んでもらえれば、ドイツのATMでユーロを引き出せます。

ドイツではアメックスやダイナース、JCBは使えないことが多い

ドイツでは基本的にVISAまたはマスターカードが必須です。ですから、できればそれぞれ1枚以上は持っておくことをお勧めします。

日本ではクレジットカードがなくても、現金だけで充分生活ができます。日本と同じ程度のクレジットカード普及率なら、ドイツ旅行にクレジットカードは不要なのでしょうか。
そんなことはありません。クレジットカードは支払い手段だけでなく、審査を通っていると言う「信用保証」の性質もあります。ホテルに泊まる時などではクレジットカードは必須ですよ。

ヨーロッパまでの旅行となると、フライト時間も長いだけでなくトランジットが発生するケースもあります。

ですから空港ラウンジが使えると何かと便利なので、楽天プレミアムカードVISAを持っておくと良いでしょう。

楽天プレミアムカードは年会費税別10,000円なのに、空港ラウンジプログラムのプライオリティパス(プレステージ会員)に、無料で申し込めます。もちろん他のカード会社のプラチナカードを持っていれば、それにもたいていプライオリティパスは付いています。

これがあれば世界1,200か所以上の空港ラウンジが無料で利用できますから、長旅のお供にもってこいです。また、海外旅行傷害保険もそこそこ良いものが自動付帯しますからお勧めですね。

旅行の場合には、プライオリティパス(プレステージ会員)に申し込める上位グレードのVISAまたはマスターカードと、それが使えない時のスペアカードとしてのVISAまたはマスターカードを持っておくのが最低限になります。

ドイツに赴任・駐在する場合は銀行口座とECカルテを作る

ドイツに赴任することが決まれば当然住む家も決まりますから住所ができますね。住所があれば貯蓄銀行(個人向けの銀行:Sparkasse)に口座が持てます。

銀行口座ができればキャッシュカードが作られるわけですが、それにはデビットカード機能と電子マネー機能が付いています。

デビットカードはECカルテ(Girocard)と呼ばれています。使い方は日本のデビットカードと同じで、読取機に挿入して暗証番号を入力するだけです。

一方、電子マネーはゲルトカルテ( Geltkarte :現金カードと言う意味)と言う名前で、口座から適宜チャージして使います。上限が200ユーロくらいですので、日本の電子マネーと同レベルですね。

これは非接触決済(かざして使う・サインレス)にも対応しています。バスの運賃や電車の自動券売機でも使えます。自動券売機では少しだけ割引もあるようです。

これらはカードにそれぞれのブランドマークが入っていますので、それで確認して下さい。

非記名式のゲルトカルテもあるので旅行の際に検討しても良い

銀行口座がなくても、銀行でゲルトカルテが買える場合があります。

非記名式なのでたばこの自販機などでは使えないかもしれません。

ドイツ語ができる人はぜひ銀行で尋ねてみて下さい。

あるいは現地の通訳がいるのであれば、教えてもらうのも良い方法ですね。

JCBプラザ・ドイツはフランクフルトにある

ドイツでは比較的使い勝手が悪いJCBカードですが、フランクフルトを中心に動くのであれば持っていても悪くありません。

特にJCBカードでホテルの予約代金を支払った場合であれば、ホテルでもJCBカードが使える可能性が高いです。JCBカードを持っているのなら旅行の時にも持っていきましょう。

オプショナルツアーの追加も申し込めるJCBプラザ

JCBプラザって、どんなことに利用する施設なんでしょう。無料でコーヒーが飲めたりするラウンジのようなものなんでしょうか。
残念ながらラウンジサービスはありません。JCBの出張窓口のようなものでJTBの国際部門が実務を請け負っています。その他、カードをなくした時の緊急対応もしてくれますよ。
  • 現地でJCBカードが使える店の案内
  • 観光情報
  • ホテルやレストランの予約
  • オプショナルツアーの追加
  • 各種チケット販売
  • カードの紛失・盗難時のサポート

このようなサービスを行っているのがCBプラザで、フランクフルトでは海外専用緊急再発行カードの受け取りもできるようになっています。

ただ、ドイツの休日法の関係で土・日・祝日は休業、営業時間は9時から17時半までです。

ドイツではクレジットカード半分、現金半分と思っておく

基本的に高額支払いはカードで行えると考えて良いですが、日常の細かいものは現金になると思っておいて下さい。ドイツ人の財布には平均107ユーロ入っているそうです。

しかし、これはゲルトカルテのような電子マネー支払いが後ろにありますから、旅行者としては200ユーロくらいを細かくして複数に分けて持っておくのが良いと思います。

5・10・20ユーロ札と、公共交通機関を使うならコインも必要ですね。1・2ユーロはコインになりますので、ある程度持っておきましょう。バスなどはコインでしか支払えません。

あなたのコメントをどうぞ!