ふるさと納税もクレジットカード決済可能!その方法やメリットをご紹介

節税だけでなく、お得に特産品が手に入ることでも注目を集めているふるさと納税。このふるさと納税をよりお得に行う方法として、クレジットカードが利用できることを知っていますか?ただ、ふるさと納税はそもそもどのような制度なのかについて、きちんと把握できているという方も少なくないかもしれません。

今回は、ふるさと納税をすることでどのようなメリットがあるのかを再確認し、クレジットカードを使うことによるメリットには何があるのか、クレジットカードでふるさと納税をするにはどうすれば良いか、クレジットカードとふるさと納税に関する疑問にお答えしていきましょう。

ふるさと納税の仕組みをおさらい!

まずはふるさと納税の基本的な仕組みについて確認していきます。

ふるさと納税とは

任意の自治体に寄付をすることで、寄付した金額から2,000円を除いた金額を所得税から控除できる制度。所得が減るにあたって住民税もお得になる。

つまり、ふるさと納税をすると節税効果が期待できるのです。

ただ、ふるさと納税の魅力はそれだけではありません。ふるさと納税をした自治体から返戻品として地元の特産品などをもらうことができるのです。

この返礼品が魅力でふるさと納税を検討している人も少なくありません。

また、ふるさと納税は寄付したお金を使う目的を指定することができます。

  • 自然保護
  • NPO・各種団体支援
  • 高齢者
  • 医療・福祉
  • 子供・青少年
  • 環境・景観
  • 震災復興
  • 観光
  • おまかせ

これらは一部ですが、自分の寄付したお金の使い道がはっきりしているというのも、ふるさと納税の魅力の1つだと言えるでしょう。

ふるさと納税で節税効果が期待できるのは分かりましたが、申請など面倒な手続きがあるのではないですか?
ふるさと納税には、【ふるさと納税ワンストップ特例制度】というものがあります。

確定申告をすることなく控除を受けることができる制度で、ワンストップ特例制度の申請用紙を寄付した自治体に送付するだけで手続きが完了するのです。

ふるさと納税ワンストップ特例制度について、次で解説しましょう。

ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請条件と申請方法をチェック

ふるさと納税ワンストップ特例制度は、次の2つの条件を満たす人が利用できます。

  • 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要がない
  • 1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまで

寄付する自治体が6つ以上の方や、ふるさと納税ではなくても確定申告を必要とする方はこの制度を利用できないので注意しましょう。

では、手続き方法を解説します。

①ワンストップ特例制度申請用紙を用意(ウェブサイトからダウンロード可能)
②マイナンバー・本人確認書類を用意
③申請書類と本人確認書類を同封し、自治体へ送付

サラリーマンなどで通常確定申告をしていない方は、わざわざふるさと納税の為だけに確定申告をせずに済むというメリットはあります。ただ、寄付のたびに手続きが必要となる点には注意しておきたいですね。

確定申告でふるさと納税の控除を申請する方は、通常の確定申告と一緒に1度の手続きで済ませることが可能です。

ふるさと納税をクレジットカードで行うメリット

ふるさと納税の支払い方法としては、主に以下の方法があります。

  • クレジットカード
  • 各携帯払い
  • コンビニ決済
  • ペイジー

自治体によっては対応していない支払い方法もありますので、どの方法で寄付が出来るかについては確認が必要です。

この中で、クレジットカードを使ってふるさと納税をするとどのようなメリットが得られるのでしょうか。

クレジットカードでふるさと納税を行うメリットは、その金額分のクレジットカードポイントが貯まるという点です。

貯めたポイントは電子マネーや現金だけでなく、ギフト券や商品などに交換することができるので、ただ振り込み等でふるさと納税を行うよりもお得になります。

クレジットカードで支払えば、いつ・いくらふるさと納税をしたかということがカード明細でも確認できます。ですから、クレジットかオードでふるさと納税を行うことはオススメなのです。

ふるさと納税をクレジットカードで行うメリットはよく分かりましたが、デメリットはどうなのでしょう。
クレジットカードで支払うデメリットは、特にありません。手数料も自治体付帯になりますし、注意すべき点があるとすればカード決済のタイミングです。

決済日によって翌年の控除になる可能性もあるのですが、注意点については次でご紹介します。

ふるさと納税をクレジットカードで行う前に知っておくべきポイント

ふるさと納税をクレジットカードで行うデメリットは特にありませんが、注意しておきたい、事前にきちんと確認しておきたいポイントはあります。

それが、以下の3点です。

  • ふるさと納税で利用できるカードブランド
  • ふるさと納税する際のクレジットカード名義人
  • ふるさと納税のクレジットカード決済日と納税締め日

それぞれのポイントについて見てみましょう。

ふるさと納税で利用できるカードブランド

ふるさと納税がクレジットカードで行える場合は、利用できるカードブランドを確認しておきましょう。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ

基本的に、これら5大国際カードブランドは利用できるケースがほとんどですが、稀に対応していないブランドがある可能性もあります。

ふるさと納税する際のクレジットカード名義人

ふるさと納税で利用するクレジットカードは、納税者と同じ名義人でなければいけないのでしょうか。

実は、納税者とカード名義人が異なっていても問題ないケースがほとんどです。

申し込み者が生計を同一としている家族(妻)のカードを使ってふるさと納税をしても、家族が立て替えたとすれば認められた判例もあるようです。

また、申し込み者が家族カード(妻名義)で納税をして、引き落とし口座が親カード(申し込み者名義)の口座となっている場合も有効となります。

妻が私のクレジットカードでふるさと納税を行っても、妻自身の控除にできるということですね。
ここで注意しなければいけないのは、寄付申し込み者を控除したい人(妻名義)にしておくということです。

基本的に寄付控除を受ける方に寄付金受領証明書が発行されるので、この申し込み者名は間違えないようにしたいですね。

カード名義人が寄付申し込み者と違ってもふるさと納税は問題ないケースが多いと言っても、やはり寄付者と支払者が同一であることに越したことはありません。間違いを防ぐためにも、出来るだけカード名義人と申し込み者は同一にしておくことをオススメします。

また、クレジットカードを利用できるのは、カード名義人本人に限られます。そのことを考えても、できるだけカード名義人と申し込み者は同じに出来ると良いですね。

ふるさと納税のクレジットカード決済日と納税締め日

ふるさと納税は、基本的に納税申込日が寄附日として処理されます。ふるさと納税は1~12月の寄附金額が、その年の控除対象となります。

つまり、理屈で言えば12月31日の納税申し込み分までその年の寄附金としてカウントされることになるわけです。しかし、実際はそうではありません。

自治体の手続き・処理の都合上、12月に関しては締切日・区切りが設けられている場合があります。つまり、納税したタイミングによっては1月分として処理されることがあるので注意が必要です。

クレジットカードは申し込みがその日でも、実際に支払われるのは翌月などになりますよね?それでも、申込日が受領日として処理してもらえるのですか。
その通りです。原則として、クレジットカードはウェブでの決済日=受領日となります。

ただ、振り込みなど他の納税法になると入金日=決済日となるので、12月の納税はより意識しておかなければいけません。

ただ、申込日ではなく実際の入金日を処理日とする自治体が無いとも限りませんから、年末の納税は決済日の確認をしておきたいですね。

ふるさと納税をする際は大手サイト経由がオススメ

ふるさと納税をする際には、どのような方法があるのでしょうか。

主な方法としては、各自治体のふるさと納税専用公式ページから申し込む、または各自治体が委託しているポータルサイトを利用するという2つの方法があります。

クレジットカード決済を希望する場合は、大手サイト経由でふるさと納税を行う方が確実で便利です。

大手サイトでは、クレジットカード決済が可能なだけでなく、様々な自治体の返礼品を比較・チェックすることができますし、レビューを確認できる場合もあります。

初めてのふるさと納税で不安だという方も、大手ポータルサイトであれば安心です。

そこで、今回は4つの大手ポータルサイトをご紹介します。

  • ふるさとチョイス
  • さとふる
  • ふるなび
  • 楽天ふるさと納税

それぞれの特徴について見ていきましょう。

ふるさと納税最大手【ふるさとチョイス】

ふるさと納税のポータルサイトでも最も掲載数が多いのは、ふるさとチョイスです。

掲載自治体が1,788と多いのはもちろん、寄附金の使い道から寄附できる自治体を選ぶことができるので、ふるさと納税本来の意図である地域貢献を目的とした納税を行うことができます。

その地域の特産品が返礼品として用意されていますし、ふるさと納税に関する疑問相談セミナーをふるさとチョイスカフェで行っているのも魅力です。

もちろんクレジットカードでの支払いも可能ですが、自治体によってはクレジットカード払いに対応していない場合もありますので申し込み画面での確認が必要です。

認知度No1の【さとふる】

さとふるは、4年連続でふるさと納税ポータルサイトの認知度1位となっているサイトです。

多くの登録自治体がクレジットカード払いに対応していますし、各携帯払いを選択することも可能です。

返礼品数は他のサイトと比較して決して多いわけではありませんが、サイトが使いやすいこと、知名度が高いことから初心者にオススメのサイトだと言えるでしょう。

ふるさと納税をクレジットカードで行う場合は、できるだけ還元率の高いカードを選んだ方がお得です。

ポイント還元率が良いオリコカードザポイントは、しっかりチェックしておきたいところですね。

amazon利用者なら【ふるなび】は要チェック

ふるなび最大の魅力は、充実した返礼品にあります。地域の特産品はもちろん、電化製品まで返礼品として用意されているので、節税や地域貢献よりもお得に返礼品をゲットしたいという方にお勧めですね。

また、ふるなび経由で納税した金額に応じてグルメポイントが付与され、そのポイントが提携店舗で利用できるサービスもあります。更にたまるモールを経由すると、寄附金額に応じたamazonギフト券がもらえるのも魅力です。

寄附金に応じたamazonギフト券がもらえますから、普段からamazonを使用している方はぜひチェックしておきたいサイトです。

もちろん、掲載されているほぼ全ての自治体でクレジットカード払いが可能です。

普段からamazonを利用する方は、クレジットカードもamazonカードにしておくと効率よくポイントを貯めることができますよ。

また、dカードを持っている方は、ポイントアップモール経由でふるなびでの寄附を行うと、ポイントが2倍付与される特典があります。

ポイントアップ期間は限られていますので、要チェックす。dカードについては、こちらdカードはいつでも1.0%還元!しかもコンビニと親和性が高いの記事で特集しています。

ふるなびからふるさと納税をすると多くの特典を得られそうですね。

返礼品も家具家電が充実しているのはとても魅力的です。

ただ、返礼品については今後地域の特産品以外の物を取り扱えなくなる方向になりつつあります。

今ある返礼品が今後いつでも受け取れるとは限りませんので、注意しておきましょう。

楽天スーパーポイントが使える【楽天ふるさと納税】

掲載されているすべての自治体・商品にクレジットカードが利用できるのが、楽天ふるさと納税です。

楽天ふるさと納税は、楽天会員情報で申し込みをすることができ、寄附を申し込むと楽天市場での買い物と同様にポイントが付与されます。このポイントを使って寄附をすることも可能です。

また、楽天カードを持っていればスーパーSALEなどポイントアップキャンペーン時期にふるさと納税をすると、通増より高いポイントを受け取ることが可能です。

もし今楽天ユーザーで楽天カードを利用しているのであれば、楽天カードを使って楽天ふるさと納税から寄附すると更にお得になるということを押さえておきましょう。

楽天カードについては、こちら今や日本一の楽天カード。楽天サービスと組合わせて無敵の還元率の記事でご紹介しています。

ふるさと納税はクレジットカード払いでポイント分お得になる!

ふるさと納税は、振り込みで行うことも可能です。しかし、クレジットカード払いにすると同じ金額を寄付しても金額に応じたポイントがもらえる分お得になるのです。

クレジットカード払いに対応している自治体は全てではありませんが、大手ポータルサイトに掲載されている自治体の多くはクレジットカード払いが可能ですし、金額や返礼品、寄附用途などから寄付する自治体を検索できるのでぜひチェックしてみましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る