ファミペイに登録できるクレジットカードはファミマTカードのみ!

FamiPay(ファミペイ)とは、全国のファミリーマートとネット通販Kaemaで使える決済機能付きのアプリのことです。

財布やカードを持ち歩かなくても、スマートフォンがあればバーコード決済「FamiPay」で手軽に支払いができるようになります。

ファミペイは無料で利用でき、会員認証に必要なSMSの受信ができるスマートフォンを持っている人なら誰でも利用できます。

ファミペイを使うと公共料金や税金等も支払うことができる上、FamiPayボーナスと呼ばれるポイントも付きます。

さらに、ファミリーマートで利用できるお得なクーポンを獲得できるなど、ファミリーマートをよく利用する人にはおすすめのアプリです。

この記事では、ファミペイに登録できるクレジットカードの種類、クレジットカードをファミペイに登録する具体的な手順、クレジットカードでチャージするとポイントが貯まるのかなどについて詳しく解説します。

ファミペイにチャージできるクレジットカードはファミマTカードのみ

今のところファミペイにチャージできるクレジットカードは、ファミマTカードしかありません。

後述しますが、ファミマTカードを使ってチャージすると現金でチャージするよりお得なので、お得にファミペイを使いたい人にはファミマTカードへの新規入会がおすすめです。

ファミマTカードの基本情報は、次のようになります。

ファミマTカード

ファミマTカードの基本情報
年会費 無料
ポイントの種類 Tポイント
基本ポイント還元率 0.5~2.0%
申込み資格 18歳以上(高校生除く)
追加カード ETCカード

ファミマTカードは、支払い金額を自由に決められる「リボ払いカード」です。

1回目の支払いまで(利用から翌々月1日まで)は手数料が一切かかりませんが、未払いの代金が残っているとその翌月からは実質年率18%のリボ払い手数料がかかるので注意してください。

最少支払金額以上であれば月々の支払い金額は自由に設定できるため、リボ払いカードなのですが1回払い専用カードとして利用できます。

毎月の支払い金額を高めに設定しておくと利用残高を毎月全額支払う形になるので、リボ払い手数料はかからず、手数料なしで利用できるようになります。

手数料が発生しないよう、カードが届いたら1回の支払金額を大きくしておきましょう。

ファミマTカードの利用残高の支払いについては、「店頭支払いコース」と「口座引き落としコース」があり、ネットで申し込んだ場合は店頭支払いコースになります。

口座引き落としコースに変更したい場合は、カード到着後に会員専用ネットサービスか振替口座変更用紙で変更できます。

JCB加盟店でファミマTカードを使うと200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)のTポイントが貯まります。

さらに、ファミリーマートでファミマTカードを使って買い物をすると、200円につき4ポイント(還元率2%)が貯まり、そのポイントの内訳は次のようになります。

貯まるポイントの種類 利用金額200円(税込)ごとに貯まるTポイント数
ショッピングポイント 1ポイント
クレジットポイント 1ポイント
特別ポイント 2ポイント

ファミリーマートでTカードを提示し現金で支払うと、ショッピングポイントしか貯まりません。

ファミマTカードでクレジット利用すると、クレジットポイントと特別ポイントが加算されるので、ファミリーマートをよく利用する人にはファミマTカードがお得です。

貯めたTポイントは1ポイント=1円として、ファミリーマートやTポイント提携先で利用できます。

Tポイントに有効期限はありますか?
Tポイントの有効期限は、最終利用日から1年間です。

ですが、貯める・使う・交換などポイントの利用があれば、有効期限を延長することができますよ。

ファミペイにクレジットカードを登録する手順を説明

まず、ファミペイにクレジットカードを登録するためには、本人認証サービスに登録済みのクレジットカード(ファミマTカード)が必要です。

本人認証サービスへの登録は、ファミマTカード会員専用ネットサービスから無料で手続きできるほか、ファミペイにクレジットカードを登録する手続きの途中でも可能です。

では、ファミペイにクレジットカード(ファミマTカード)を登録する手順を紹介していきます。

まず、ファミペイアプリを開き、ホーム画面に表示されている「FamiPayを利用する」をタップします。

ファミペイにクレジットカードを登録する

「FamiPay暗証番号設定」という画面が表示されるので、暗証番号を4~6桁の数字で設定します。

ファミペイの暗証番号を設定する

暗証番号を設定すると、ホーム画面に表示されているバーコードの上に「チャージ」という表示が現れているはずなので「チャージ」をタップします。

ファミペイにクレジットカードでチャージをする

チャージ方法が次のように提示されるので「クレジットカードでチャージ」をタップします。

ファミペイの暗証番号を設定する

暗証番号の入力を求められるので、さきほど設定したFamiPay暗証番号を入力します。

ファミペイの暗証番号を入力する

次に、「ファミマTカード(クレジットカード)を登録する」をタップします。

ファミペイにファミマTカードを登録する

クレジットカードの情報を入力して登録を行います。

事前に本人認証サービスへの登録が必要ですが、まだ本人認証サービスの登録が済んでいない人は「本人認証サービスのご登録はこちら」をタップするとすぐに登録できます。

ファミペイの本人認証サービスを登録する

「次へ」をタップし、「本人認証に進む」というボタンをタップします。本人認証画面にて事前に本人認証サービスで登録しておいたパスワードを入力して「送信」をタップするとクレジットカードの登録は完了です。

なお、ホーム画面の「チャージ」ボタンからではなく、マイページの「クレカ情報変更」からでもクレジットカードを登録することができます。

ファミペイの本人認証サービスを登録する

ファミペイにチャージするには4つの方法!それぞれの手順を説明

クレジットカード(ファミマTカード)をファミペイに登録する手順を紹介しましたが、次にファミペイにチャージする手順を紹介します。

ファミペイにチャージする方法は4つあります。

ファミペイにチャージする方法
  • クレジットカードでチャージ
  • 現金でチャージ(レジ)
  • オートチャージ
  • FamiPayボーナスでチャージ

それぞれのチャージ方法を詳しく見ていきましょう。

クレジットカードでファミペイをチャージする手順

クレジットカード(ファミマTカード)でチャージする場合は、ホーム画面の「チャージ」をタップし、提示されたチャージ方法から「クレジットカードでチャージ」を選択します。

ファミペイにファミマTカードで登録する

入金額は1,000円から30,000円まで選べるので、チャージしたい金額を選択します。その後「チャージする」をタップするとチャージ完了です。

ファミペイにファミマTカードで登録する

クレジットカードでチャージする場合の上限額は1日10万円、1カ月100万円までとなっています。

現金でファミペイにチャージする手順

ファミマTカードに入会できない18歳未満の人や、ファミマTカードを持っていない人は、現金でファミペイにチャージすることができます。

チャージする手順は次のようになります。

ファミペイに現金でチャージする手順

チャージが完了すると、アプリに「チャージが完了しました」という内容のメッセージが表示されます。

現金でチャージする場合の上限額は10万円です。なお、セルフレジで現金チャージはできません。

オートチャージでチャージする手順

チャージ方法から「オートチャージ」を選択すると、オートチャージの設定が可能です。

ただし、オートチャージにはクレジットカード(ファミマTカード)の登録が必要です。

オートチャージを「ON」に設定し、「オートチャージ金額」と「オートチャージ判定金額」を選択して「設定する」をタップするとオートチャージの設定は完了です。

ファミペイをオートチャージを設定する手順

この設定をしておくと、残高が設定したオートチャージ判定金額を下回った場合にオートチャージされるようになります。

例えば上記の画像の例だと、残高が1,000円を下回った時に、自動的に3,000円がチャージされます。

FamiPayボーナスでチャージする手順を説明

FamiPayボーナスとはファミペイのポイント制度のことで、ファミペイで支払いを行うと200円ごとに1円分のFamiPayボーナスがもらえます。

FamiPayボーナスはファミペイにチャージすることで利用可能になり、1ボーナス=1円です。

チャージ方法から「FamiPayボーナスでチャージ」を選択すると、チャージ可能なFamiPayボーナス数が表示されます。

そこで、その範囲の中でチャージしたいFamiPayボーナス数を入力し、「チャージする」をタップするとチャージが完了します。

ファミペイをFamiPayボーナスでチャージする

FamiPayボーナスは1ボーナスからチャージすることができます。

ファミペイでの決済はバーコードを読み取ってもらうだけで簡単

次に、ファミペイアプリを使って支払いを行う方法を紹介します。

まずは上記で説明したいずれかの方法でチャージを行い、「FamiPayを使う」がONになっていることを確認してから、ホーム画面に表示されているバーコードをレジスタッフに提示します。

そしてスタッフにバーコードを読み取ってもらうと精算は完了です。

セルフレジでもファミペイを使って決済することができます。

ファミペイでちゃんと支払えたのか確認したいのですが。
マイページの「電子レシート」や「FamiPay履歴」から支払いを確認することができますよ。

ファミペイの還元率は0.5%!Tカードとの併用で1.0%の還元率

ファミペイを使って買い物をすると200円ごとに1円分のFamiPayボーナスがもらえるのでファミペイの基本還元率は0.5%です。

さらに、収納代行と呼ばれる公共料金や税金の支払いでも、1件につき10円分のFamiPayボーナスがもらえます。

また、ファミペイを使う際にTカードを提示すると200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)のTポイントが貯められます。

さらに、クレジットカード(ファミマTカード)でFamiPayをチャージするとTポイントは貯まります。

チャージ金額の0.5%分のFamiPayボーナスが還元されるので、ファミペイの還元率は合計1.5%にもなります。

なお、FamiPayボーナスをTポイントに交換することはできず、TポイントをFamiPayボーナスに交換することもできません。

ファミペイにチャージしたお金に有効期限はありますか?
ファミペイ最終利用日から10年が経過すると、ファミペイ残高は失効してしまいます。

ファミペイを使わないのなら、使い切ってしまった方が安心ですね。

お得にファミペイを利用したい人にはファミマTカードがおすすめ

全国のファミリーマートとネット通販Kaemaで使えるバーコード決済機能付きアプリ「ファミペイ」。

ファミペイにチャージする方法は主にクレジットカードか現金。

登録できるクレジットカードは今のところファミマTカードだけです。

ファミマTカードはリボ払いカードですが、毎月の支払い金額を高めに設定しておくことでリボ払い手数料なしで利用することも可能です。

現金でチャージするより、ファミマTカードでチャージするとチャージ金額の0.5%分のFamiPayボーナスがもらえる分、お得にチャージできます。

ファミマTカードがない場合でも、現金チャージでファミペイ決済するとFamiPayボーナスが貯まるので、ファミリーマートをよく利用する人はファミペイを活用するとお得です。

さらに、ファミマTカードのクレジット利用でもTポイントが貯まるので、ファミリーマートをよく利用する人は新規入会を検討してみてはいかがでしょうか。

※ 掲載の情報は2019年9月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!