家族カードとは?仕組みから疑問まで分かりやすく解説

家族の誰かが新たにクレジットカードを作るのであれば、色々なメリットのある家族カードをぜひ検討してみてください。

そもそも家族カードって何?家族カードの審査は通りやすいの?家族ってどこまでOK?デメリットやリスクは?

家族カードに興味がある方、これから作ることを考えている方は必見!気になる情報や疑問について徹底解説していきます。

家族カードは家族が使うクレジットカード

まず、家族カードの基本的な情報について確認していきます。

家族カードとは

クレジットカードを持っている本会員の申し込みによって発行されるクレジットカード

本会員と同じカードを追加で発行できるため、同じステータスのカードを持ち、同様のサービスを受けることが可能

家族と同じクレジットカードを持つ、ということだけであれば、別に家族カードではなくても自分が本会員となるカードを作っても変らないのでは?
実は、家族カードには家族カードならではのメリットが色々あります。

その1つが、家族会員は審査を受けなくても良いという点です。

え!?クレジットカードを作るのに審査を受けなくても良いのですか?
そうなのです。家族カードの審査について、次でご紹介していきましょう

本会員と同等のステータスのカードを持つことができると言うことは、本会員がゴールドカードなら家族カードもゴールドカードということになります。

家族カードでゴールドカードを持つ事の魅力については、こちらの記事で解説しています。

家族カードの審査は本会員の審査のみ

家族カードは、本会員が申し込みをすることになります。その際、発行を希望する家族の名前を記載しますが、ここで審査されるのは本会員のみです。

家族カードは本会員の信用のみで発行が可能なので、家族カードの名義人の審査は不要となります。つまり、家族カードは本会員が現在問題なくクレジットカードを利用していれば比較的簡単に手にすることができるクレジットカードなのです。

また、本会員と同様のサービスが受けられるので本会員のカードにキャッシング枠が付与されていれば、家族会員もキャッシングをすることができます。

つまり、通常審査で不利になる傾向にある専業主婦や学生でも、本会員の信用でキャッシングを利用できるのです。

家族カードによるキャッシングについてもっと知りたい方には、こちらの記事がオススメです。

家族カードの審査については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

デビットカードにも家族カードがある!

クレジットカードと同じように利用できるカードとして、デビットカードがあります。

デビットカードは、利用した金額が指定した口座から即引き落としとなるので、口座残高を超える利用が出来ないため使いすぎを防ぐというメリットがあります。

そんなデビットカードにも、家族カードがありますが、取り扱っているところは少ないのが現状です。

クレジットカードと同様に明細を一括で管理できるメリットはありますが、デビットカードは無審査で発行できるためクレジットカードの家族カードほどメリットが無いのです。

デビットカードの家族カードについては、こちらの記事でご紹介しています。

審査面だけじゃない!家族カードのメリットとは

家族カードのメリットは、審査面だけではありません。他にも様々なメリットがあります。代表的なものを挙げてみましょう。

  • ポイントを効率よく貯められる
  • 明細を一括で管理できる

家族カードのメリットについては、次の記事でより詳しく解説しています.

今回は、上記で挙げた2つのメリットについて見ていきましょう。

家族カードはポイントを効率よく貯められるのでお得!

クレジットカードは、利用した金額に応じてポイントを貯めることができます。このポイントですが、実は本会員カードと家族カードを合算することができます。

つまり、家族全員でポイントを貯めることができるので、1人でポイントを貯めるよりも効率よく貯めることができます。

目標とするポイントがあるのであれば、1人で貯めるより家族カードを利用した方がお得です。

家族カードならクレジットカード利用状況を家族で共有できる!

家族カードは、利用している家族全員の明細が一括でまとめられることになります。つまり、誰がいついくら利用したかを管理することができるのです。

使いすぎないようチェックすることができますし、子どもや配偶者の利用状況を確認することができるという安心感もメリットだと言えます。

家族カードを使えば、自分がいくら利用したか隠すことはできないということですか?
はい。家族カードは、利用金額が本会員の口座からまとめて引き落とされます。

ですから、本会員が利用明細についてチェックすることができますので、内緒で利用することはできないのです。

家族の利用状況をチェックするということでは、海外留学をする子供に家族カードを持たせることもオススメです。

通常は18歳以上でなければ発行できない家族カードも、海外留学を目的とした場合は18歳未満でも利用することができるケースがある為、オススメなのです。

家族カードの年齢制限については、こちらの記事でご紹介しています。

家族カードと本カードの見分け方ってあるの?

家族カードは、本会員の信用のみで発行してもらっているカードですから、中には家族カードを使っていることは知られたくない、と考える方もいるかもしれません。

家族カードは、カードを見れば家族カードだとすぐにバレてしまうのでしょうか。

家族カードは、本会員の利用している本カードとカード番号は違いますし、名義も自分のものになりますからパッと見で家族カードだと知られる心配はほとんどありません。

カード番号についても、本カードと続き番号になっているわけではありませんし、暗証番号もそれぞれのカードで設定することになります。

ただ、各カードブランドによってカード番号のルールが決まっています。

つまり、カード番号について知識がある方であれば、カードを見ただけで家族カードかどうかを識別することはできるということになります。

国際ブランドごとに決まっている家族カードの番号は、どうやって知ることができますか?
カード番号のルールについては、公表されているわけではありません。

ですから、家族カードかどうかは知る人が見れば分かる、という程度であり、そこまで不安に想うことは無いでしょう。

家族カードの名義は利用する家族本人のもの

家族カードは、本会員が申し込みをして、本会員の信用によって発行されるカードです。

では名義も本会員名義なの?と思うかもしれませんが、カード名義については利用する家族の名義となります。

家族であっても、自分名義ではないクレジットカードを使うことは禁止されているのです。

本カードと家族カードの異なる点は、次の2点です。

  • カード番号
  • 名義

逆に、本カードと家族カードが同じなのは、カードの有効期限、そしてカードのステータスです。

カードの申し込みと同様に、解約をする際も本会員が電話をすることで解約することができます。カード会社によっては、名義人である家族本人が電話をすることで解約できる場合もあります。

家族カードの解約については、こちらので詳しくご紹介しています。

家族カードの【家族】の範囲はカード会社で違う!

家族カードは、【家族】でなければ発行することができません。対象となる家族の範囲については、カード会社によって異なっているので、確認が必要です。

基本的に、家族カードは同一生計の配偶者、子供、両親を対象としています。

同姓、同居していることを条件としているカードもあります。

家族カードを発行した後に離婚をして家族ではなくなった場合も、家族カードを利用する対象ではないとなりますので解約等の手続きをするようにしましょう。

離婚後の家族カードをそのままにしていると、利用金額や支払いの面でトラブルになるケースもありますので要注意です。

離婚した際の家族カードの取り扱いについて知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

一緒に住んで生計も同じであれば、婚約者に家族カードを発行することはできるのではないですか?
婚約者、内縁関係、同性カップルでは家族と認められないケースがほとんどです。

家族カードの【家族】の範囲については、こちらの記事で詳しく解説しています。また、家族ではなくても家族カードを発行できる可能性についても記載していますので、ぜひチェックしてみてください。

家族カードは家族だからこそ利用できるお得なクレジットカード

家族カードは、クレジットカードを持っている本会員の信用のみで、本会員と同ステータスのクレジットカードを手にすることができるというものです。

家族カードは本会員の口座から一括で引き落とされるので利用明細が把握できるだけでなく、ポイントも一括に纏められるというメリットがあります。

ただ、家族カードは利用明細がバレてしまう、利用可能な金額は本会員の限度額の範囲内である、という注意点もあります。

家族カードのメリット、デメリットをチェックし、上手に活用していきたいですね。

※ 掲載の情報は2018年12月現在のものです。

この記事をシェア

家族カードカテゴリー

家族カードの最新記事

ページ先頭に戻る