家族カードの【家族】ってどこまで?家族以外で利用する方法とは

クレジットカードの家族カードは、本会員の家族であることを条件として発行されるカードです。

多くのメリットがある家族カードですが、その【家族】とは誰を対象としているのでしょうか。

「親は?」「兄弟は?」「婚約者や内縁関係の相手は使える?」と、家族カードの利用を検討している人のために、気になる家族カードの発行条件と、家族以外でも利用できる家族カードはあるのかどうか、気になる情報について徹底解説していきましょう。

家族カードの家族の範囲は?彼女や婚約者でも発行できる?

まずは、家族カードの基本的な発行条件について見ていきましょう。家族カードの発行条件について、JCBカードのケースを見てみましょう。

本会員と生計を同一にする配偶者・親・子ども(高校生を除く18歳以上)

ただし、本会員が学生の場合は発行不可

つまり、兄弟や祖父母、いとこなどは対象外ということになります。当然、まだ家族ではない彼女や婚約者は発行対象者にならないのです。

基本的に親は発行可能としているカード会社も多いですが、同居していることを条件としているカード会社もあるので細かい条件については各カード会社をチェックする必要があります。

内縁関係にある相手や同棲しているカップルでも家族カードはダメ?

生計が同じで同居していることが条件となるのなら、内縁関係や同棲しているカップルも家族カードの対象になるように思えますが…。
家族カードの原則として戸籍上の【家族】であることを条件としています。

ですから、一緒に住んでいても家族でなければ家族カードが発行できないとしている会社がほとんどです。

先ほど紹介したJCBカードでは、発行対象者を配偶者・親・子どもと限定しています。他のカードの場合をいくつかピックアップしてみましょう。

カード名 発行条件
楽天カード 生計を同一にする配偶者、
親、子ども(18歳以上)に限る
ANAカード 本会員と生計を同一にする
配偶者・ご両親・お子様
(高校生を除く18歳歳以上)の方

やはり、配偶者・親・子どもと対象者が限定されていることがほとんどです。

恋人や内縁関係だけでなく、本会員の兄弟であったとしても対象となる家族の範囲に該当しませんので、基本的に家族カードは利用できないということを覚えておきましょう。

ただし、住民票を提出するなどして同居してることが証明できれば、恋人や内縁関係だとしても家族カードが発行される可能性もありますよ。

また、家族カードの発行にも、審査に通る必要があります。

家族カードの審査は比較的通りやすいという特徴がありますが、申し込み条件を満たしていなければ審査に通ることはできません。

家族カードの審査については、こちらの記事でご紹介しています。

家族カードには家族の範囲だけでなく18歳以上という条件が設けられています。ただ、この条件には例外もあり、18歳未満の高校生でも利用できる場合があるのです。

家族カードを高校生でも利用する方法について興味がある方には、こちらの記事がオススメです。

名字が違う場合は各カード会社の家族カード発行条件を要確認

実は、家族カードの発行条件として【同姓であること】としているカード会社もあります。

つまり、名字が違う場合は家族でも家族カードが発行できないケースがあるのです。

ではここで、同姓を条件としている2つの家族カードをご紹介しましょう。

カード会社 家族カード条件
dカード
dカードGOLD
dカードおよびdカードGOLD会員と
生計を共にする満18歳以上(高校生以上)の配偶者、
お子様、およびご両親
*本会員が学生の場合は家族会員は配偶者に限る
*その他当社が定める条件を満たすお客様
セゾンカード 本会員様と生計を共にする、18歳以上(高校生を除く)の
同姓のご家族の方

セゾンカードは同姓であることを条件としてしっかり明記しています。dカードについても、配偶者の場合は同一姓の場合のみを対象としているとの回答がありました。

名字が違えば家族カードの対象者とならない場合があるので、そのあたりの条件についてもきちんと確認しておきましょう。

夫婦別姓だと家族カードが発行できないということですか?
現在は法律で夫婦別姓が認められておらず、別姓を維持するのであれば事実婚状態となるしかありません。その状態であれば残念ですが家族カードの発行は難しいのが現状です。

ただ、事実婚で家族カードを発行する方法もあります。次でご紹介しますね。

事実婚でも家族カードが発行できるクレジットカード会社

基本的に戸籍上の家族であることが条件となる家族カードですが、実は籍を入れていない事実婚状態でも発行可能な家族カードもあります。それが、アメックスです。

アメックスカード、アメックスゴールドカードについては、内縁の妻や婚約者でも家族カードの発行は可能となっています。

アメックスの家族カード発行条件は、配偶者、両親、18歳以上のご子息・ご令嬢等となっており、対象者は自分が家族と思う相手なら発行できる可能性があります。

アメックスでは、家族会員利用分についても本会員の口座から引き落とすことを了承すれば家族カードを申し込めます。

このとき、家族会員が同一住所である必要もありません。

婚約者や内縁関係だけでなく、義理の両親や兄弟などを相手として家族カードの発行を検討しているのであれば、アメックスをチェックしてみると良いでしょう。

アメックスカードは家族カードの範囲が広いのですね。
アメックスカードは、育ての親や同性婚の相手にも家族カードの発行がOKとなっています。
他のカードには無い特徴ですから、しっかり押さえておきたいですね。

 
家族会員は本会員の口座からまとめて引き落としとなる、というのは、家族カードの基本条件の1つです。

一括で管理できるからこそ、誰がいくら使ったかが分かるというメリットにもなります。

家族カードの基本的な情報やその他のメリットについて確認した方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

アメックスのカードを紹介している記事もあるので、ぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに離婚をしたら、家族カードは使えなくなるのでしょうか?
基本的に離婚をしたのなら、家族カードは利用できなくなります。

次の記事では、離婚した後の家族カードの取扱の注意点を説明しています。

家族カードの【家族】の範囲はカード会社によって違うので要確認

家族カードは、基本的に同一生計の親、配偶者、子供を対象としたものです。その中でも、同姓でなければいけない、同居していなければいけないなど、各カード会社で家族の条件が異なっています。

ただ、多くのカード会社では戸籍上の家族を対象としているため、事実婚や婚約者、同性婚の相手に対して家族カードを発行することはできません。

アメックスカードに関しては、事実婚や同性婚でも家族カードを発行できる可能性があります。家族カードを検討しているを考えているカード会社の申し込み条件についてしっかりチェックし、どの範囲までを対象としているのか確認しておきましょう。

※ 掲載の情報は2018年12月現在のものです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る