メリットがない!?家族カードのあるデビットカードが少ない理由とは

クレジットカードと同じようにショッピングなどで利用出来るデビットカードですが、実はクレジットカードとは違い家族カードを発行してくれるところはかなり少なくなっています。

実は、デビットカードはクレジットカードと比べて、家族カードを使うメリットが少ないのです。デビットカードで家族カードが発行できる銀行はどこなのか、そのメリットとして何が挙げられるのか、ご紹介していきましょう。

現金代わりに使うことができるデビットカードとは

まずは、デビットカードの基本的な情報についてご紹介しておきましょう。

デビットカードの最大の特徴は、利用した金額が預金口座からの即時引き落としとなる点です。

クレジットカードと違い、すぐ引き落とされることで自分が使用した金額が把握しやすく、預金残高を超えた利用ができないという安心感があります。

使いすぎる心配はないと言いますが、口座残高いっぱい使ってしまうリスクはありますよね?

クレジットカードのように限度額を設定したできる方が良いのでは?

デビットカードでも、限度額を設定することは可能です。

1回、1日、1か月単位で設定できるデビットカードなら安心ですよ。

また、デビットカードは国内だけでなく海外での利用も可能です。クレジットカードと同様に、VISAやJCBなどその国際ブランドの加盟店で利用できます。

デビットカードについては、こちらで特集していますので、ぜひチェックしてくださいね。

デビットカードで家族カードを作るメリットが少ないってホント?

クレジットカードと同様に、デビットカードで家族カードを作ることは可能です。

ただ、家族カードが発行できるデビットカードはかなり少ないのが現状です。なぜなら、デビットカードにはクレジットカードほど家族カードのメリットがあるとは言えません。

家族カードのデビットカードを使用するメリットは、家族の使用した金額を把握できる、1つの預金口座で管理できるという点のみです。

また、家族のポイントも一括にまとめられるメリットもありますが、実はデビットカードの還元率はクレジットカードよりも低いので効率よく貯めるということは難しいのです。

デビットカードで家族カードを作ることは、クレジットカードのように本人の審査なしで学生や主婦も持つことができるといったメリットは無いのですか?
デビットカードは、クレジットカードと違い15歳・16歳から申し込めるカードです。

しかも、審査は不要となっていますから、本会員と家族会員という形ではなく、自分自身が本会員になることも出来てしまうのです。

審査なしで利用できるのですか?

収入がなかったり高校生だったりという状況でもデビットカードが作れるのなら、確かに家族カードのメリットは少ないのかもしれませんね…。

ただ、デビットカードを申し込むには自分自身の預金口座がなければいけません。

口座開設が必要となる点は覚えておきましょう。

デビットカードの家族カードが少ない、あまり普及していない理由は、家族カードを作ることによるメリットの少なさが要因と言えるでしょう。

デビットカードの年齢制限については、こちらの記事でご紹介しています。

家族カードが作れるデビットカードはこちら!

家族カードが作れるデビットカードは、限られています。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行といった大手銀行のデビットカードには、家族カードがありません。

家族カードは作れませんが、大手銀行デビットカードについて興味がある方はこちらの記事をチェックしてみてください。

では、家族カードが作れるデビットカードを一部ご紹介します。

  • スルガ銀行(SURUGA Visaデビットカード)
  • 千葉銀行(ちばぎんスーパーカード<デビット>)
  • 名古屋銀行(めいぎんJCBデビット)
  • 福岡銀行・熊本銀行・親和銀行(Debit+)

この4つのカードについて、基本的な情報を見ていきましょう。

銀行名 年会費 年齢条件
スルガ銀行 本会員:無料
家族会員:無料
ただし家族会員は
入会金として540円
15歳以上
(中学生除く)
千葉銀行 本会員:1,350円
家族会員;540円
いずれも初年度無料
15歳から
(中学生除く)
名古屋銀行 本会員:1,000円
家族会員:500円
いずれも税別
初年度無料
15歳以上
(高校生から)
福岡銀行
熊本銀行
親和銀行
本会員:1,350円
家族会員:432円
いずれも初年度無料
15歳以上

家族カードを作るにあたって、年会費の設定や年齢条件などが設けられていますので、そちらは要チェックです。

デビットカードの家族カードは、いずれも年会費が発生するのですね。

これは毎年発生するものなのでしょうか。

初年度無料としているところが多い年会費は、二年目から発生してしまいます。

ただ、年間利用額やカードの種類によって年会費無料となる条件が設定されている所も多いので、そこはしっかり確認しておきたいところですね。

家族カードが作れるデビットカードは少ないですから、自分が口座を持つ銀行のデビットカードが家族カード発行可能かどうかは確認が必要です。

デビットカードで家族カードを作りたいのであれば、家族カード発行対応可能な銀行の口座を新たに作らなければいけないケースがあるということは認識しておきましょう。

家族が使うならデビットカードとクレジットカードどちらがお得?

家族と使うのであれば、デビットカードとクレジットカードはどちらがお得なのでしょうか。

先ほどご紹介した通り、デビットカードのメリットは口座からの即時引き落としとなる点です。

クレジットカードであれば、ポイントを効率よく貯められる、家族カードでもキャッシング機能が使えるといったメリットがありますね。

デビットカードは、海外ATMからの引き出しも可能ですがあくまでも自分の預金口座からの引き出しのみで、キャッシングをすることはできません。

クレジットカードの家族カードでのキャッシングについて詳しく知りたい方には、こちらの記事がオススメです。

どちらがお得なのかについては、やはりポイント還元率の高いクレジットカードがお得ということになります。ただ、家族のお小遣い管理のため、クレジット機能ではなく口座から即時引き落としの方が安心、ということであれば、デビットカードを検討しても良いでしょう。
家族カードならどうしてもクレジットカードのメリットには勝てないのですね。
ただ、クレジットカードの家族カードは基本的に18歳以上が条件となっています。

その点を考えれば、15・16歳から発行可能なデビットカードの方に大きなメリットがあるとも言えますね。

クレジットカードの家族カードは、留学する目的であれば18歳未満でも発行が可能なケースもあります。

興味がある方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

取り扱いが少ないデビットカードの家族カードはメリットも少ない

家族カードが発行可能なデビットカードは、かなり少なくなっています。それは、メリットとして利用明細を一括で管理できる点ぐらいしか挙げられない為です。

デビットカードは15・16歳から無審査で本会員となることができるカードですし、クレジットカードと比較すると家族カードのメリットが少ないのは事実です。

ただ、家族の利用額について一括で管理したい方、口座からの即時引き落としという利用方法に魅力を感じる方は、デビットカードの利用を検討してみるのもアリです。

まずは、取り扱っている銀行をチェックしてみると良いですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る