家族カードの解約は電話1本で簡単!

家族カードを作ったけどあまり使わなかった、自分が本会員のカードを新しく作りたい、そういった理由で家族カードの解約を考える場合もあるでしょう。

家族カードは本会員のカードに付属する形で発行されていますから、解約するにあたって不安に思う方もいるはず。

家族カードだけで解約できるの?家族カードを解約する方法は?気を付けるべきポイントは?これらの疑問について詳しくお答えしていきましょう。

クレジットカードの解約は基本的に電話1本でOK!

まず、クレジットカードを解約する方法についてご紹介します。

クレジットカードの解約は、基本的に電話連絡だけで行うことができます。

電話で解約することを伝えるだけで手続きができますので、特に難しいことはありません。

クレジットカードによっては、会員サイトから解約できる場合もあります。

解約は電話だけで出来るなんて便利ですね。

連絡先などは、そのカード会社の公式サイトから調べれば良いのでしょうか。

連絡先については、クレジットカードの裏面に記載されています。

そちらに記載されている番号に連絡をすればOKです。

解約する際には、名義人本人が手続きをすることが必要となります。

クレジットカード解約後の注意点をチェック

クレジットカードは、解約すれば終わりではありません。解約したのだから不正利用の心配はないですが、どのようなリスクがあるのでしょうか。

まず、解約したカードで公共料金など毎月の支払いを行っている場合、解約後の支払いは当然出来ない状態になります。

クレジットカード解約前に、公共料金などの支払先を変更しておく必要があるのです。

また、解約したクレジットカードの支払いは翌月、翌々月となりますので、利用した分の料金についてはきちんと口座残高と一緒に確認しておくようにしたいですね。

クレジットカード解約後のリスク管理については、こちらの記事で更に詳しくご紹介しています。

家族カードのみの解約も可能

クレジットカードは、家族カードのみ解約することは可能です。

家族カードの解約にあたって、本会員のカードを解約する必要はありません。

解約手続き方法も、先ほど紹介した通りクレジットカード会社への電話連絡のみでOKです。

家族カードを解約する際には、家族カードの名義人本人、もしくは本会員が電話をしなければいけません。

クレジットカードの解約は、名義人本人でなければ出来ないのでは?

本会員が連絡して、家族カードを解約することは可能なのですか?

家族カードは、本会員の信用で審査・発行されているものです。

ですから、家族カードの解約を本会員が行うことも出来るのです。

クレジットカードによっては、本会員からの連絡でしか解約できないケースもあります。各クレジットカード会社の手続き方法について確認しておきたいですね。

本会員の審査のみで取得できる家族カード。その審査内容について復習したい方はこちらをチェック!

家族カードは審査に通りやすいってホント!?審査内容や基準をご紹介

家族カード解約時に注意すべき3つのポイント

家族カードを解約する際には、3つのポイントに注意しなければいけません。

  • 公共料金等の支払い
  • ポイント・チャージ残高
  • カードの処分・保管

公共料金などの自動支払いになっている場合は、あらかじめ解約して他の支払い方法の設定をしておく必要がある、ということは先ほど紹介しました。

あと2つ、家族カードを解約する際に注意しなければいけない点があるので、そちらについてご紹介していきましょう。

ポイント・チャージ残高

クレジットカードは、解約すればクレジットカードに残っているポイントやチャージ残高は使えなくなってしまうことがほとんどです。

解約後に、「いくら残っていたはずだから返してほしい」と言っても無理ですので、事前に使い切るようにしておきましょう。

ただ、Suicaなどの電子マネーについては、残高を使い切るまでそのクレジットカードを利用することは可能です。

カードの処分・保管

使用しなくなったクレジットカードは、不正利用される恐れはありません。しかし、クレジットカード番号や名義人名など、個人情報が含まれていますので廃棄する際にはハサミで切断するようにしましょう。

切断する場所はカード番号の間や氏名の間など、元の情報が分からないようにしておきたいですね。もちろん、ICチップにもハサミを入れることを忘れてはいけません。

使えなくなったクレジットカードでも色々な情報が残っているのですね…。解約後はすぐに廃棄するようにしておきます。
解約後のクレジットカードをすぐに廃棄してしまうと、残った電子マネーなどが利用できなくなっていまいます。

電子マネー残高をしっかり使い切ったことを確認した上で、廃棄処分するように注意してください。

解約後のクレジットカードは必ず廃棄しなければいけない、という訳ではありませんが、解約後もしっかり自分が把握できるよう管理することが大切です。

そのまま置いておく、きちんと管理する、ということに自信がない場合は、きちんとチャージ残高などの確認をした上で廃棄するようにすると良いでしょう。

親カードを解約するときは家族カードも解約になる点に要注意!

家族カードは、家族カードだけ解約することは可能です。しかし、親カードは別です。

実は、親カードを解約すると必然的に家族カードも解約扱いとなってしまいます。つまり、家族カードを残して親カードだけ解約するということはできないのです。

家族カードは、本会員の持つ親カードの付属カードになります。本会員の信用で発行されているカードを、本会員が解約した後は継続して利用できないのも当然なのです。

クレジットカードを解約する際には、自分が親カードなのか、家族カードが付帯されていないのか、きちんと確認しておくようにしましょう。

家族カードは本会員からの電話で簡単に解約が可能

家族カードは、本会員もしくは家族カードの名義人本人がカード会社に電話をするだけで解約できます。

ただ、解約手続きが簡単だからこそ注意しておきたいポイントがあります。家族カードを解約する際には、自動支払いのものがないか、ポイントやチャージ残高はないか、確認しておくようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る