年齢制限が18歳以上の家族カードを高校生でも利用する方法とは

親がクレジットカードを持っていれば、子どもは家族カードを持つことが出来ます。ただ、家族カードには年齢制限がありますので、子どもなら何歳でも家族カードを持つことが出来るわけではありません。

基本的に、家族カードは18歳以上でなければ持つことはできません。ただ、特定の条件を満たすことで15歳からクレジットカードを持つことが出来る場合もあります。

家族カードの年齢条件、そしてその例外について見ていきましょう。

何歳から持てる?家族カードの年齢条件とは

家族カードは、本会員の家族であることを条件に発行できるクレジットカードです。

本会員の信用のみで発行され、問題なくカードを利用していれば比較的発行されやすいというメリットがあります。

家族カードの審査については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

では、家族カードの発行条件を見ていきましょう。家族カードの発行条件は各クレジットカード会社で異なりますが、基本的には以下のような条件があります。

  • 本会員と同一生計の配偶者、両親、子ども
  • 18歳以上(高校生不可)

このように、家族カードの発行条件には18歳以上という年齢制限があります。そして、18歳でも高校生は不可としているカード会社がほとんどです。

どうして18歳以上が家族カード発行の条件になるのでしょうか。
社会的責任を負うために必要な年齢が、一般的に18歳とされているためですね。

中学卒業後から就職している場合でも、判断能力がきちんと備わると判断される年齢でなければクレジットカードを使用することは出来ないということです。

カード会社によっては、兄弟や従姉弟でも利用出来るケースもあります。各カード会社の家族カード発行条件をチェックしておきましょう。

家族の範囲や、家族以外でも利用できるのか知りたい方は、こちらの記事がオススメです。

留学するなら高校生でも家族カードの発行は可能

18歳以上であることが条件の家族カードですが、ある条件を満たせば高校生でも家族カードを持つことができます。

それが、海外留学をする場合です。

子供が親を伴わずに海外へ留学する、15歳以上18歳以下の高校生でも所定の同意書や申込書を提出することで家族カードを持つことが可能となるのです。

海外留学であれば15歳でも家族カードが発行できるのですね。
海外へ行くという理由なら、長期の旅行などでも適用されるのでしょうか。
海外へ行く目的として、留学だけが認められるのか、それともホームステイも対象になるかについては、カード会社によって判断が異なります。

ただ、海外旅行や海外就労目的の場合は、対象外と考えておきましょう。

留学のときに家族カードを使うメリット

留学に家族カードを使うメリットとして、以下の点が挙げられます。

  • 海外旅行保険が適用される
  • 利用明細を本会員がチェックできる
  • 利用した分だけポイントが貯まる

クレジットカードに付与されている海外旅行保険は、本会員だけでなく家族会員にも適用されます。

ですから、海外で万が一何かトラブルが起こっても、保険が適用されるというメリットがあるのです。

また、利用明細は家族で一括管理されますので、いつどこでいくら利用したかをチェックできるのも魅力です。

ショッピングマイルやポイントもまとめて管理されますから、出来るだけ効率よくマイルを貯めたいという家族にもオススメです。

他にもある家族カードのメリットについて知りたい方は、ぜひこちら知って得する家族カードのメリットを徹底解説!の記事をチェックしてください。

オススメの家族カードをご紹介

では、留学時に使えるオススメの家族カードを3つピックアップしてご紹介しましょう。

カード名 年会費 特徴
JALカード 普通カード
…家族会員1,080円
CLUB-Aゴールドカード
…8,640円
・家族プログラム登録で
 家族のマイルが合算可能
・本会員の年会費の半額以下で
 フライトボーナスマイルや
 カード付帯保険サービスが適用
・マイルがプレゼントされる
 家族会員入会キャンペーンあり
三井住友ゴールドカード
(VISAまたはMastercard)
年会費無料
*家族会員1名まで
 2人目から税抜き1,000円
・国内・海外旅行傷害保険の利用可能
・お買い物安心保険利用可能
・家族会員の口座からも引き落としが可能
JCBゴールドカード 年会費無料
*家族会員1名まで
 2人目から税抜き1,000円
・空港ラウンジサービス利用可能
・国内・海外航空機遅延保険利用可能
・海外旅行傷害保険利用可能

フライトボーナスマイルがもらえるJALカードは、海外へ行く際に飛行機を利用する留学生が大きなマイルを獲得することができるメリットがあります。

基本的にフライトマイルは会員1人ずつのマイル口座へ積算されますが、家族プログラムに登録すれば家族での合算も可能です。

三井住友VISAカードやJCBカードのゴールドカードは、年会費が家族会員1人まで無料となっています。大手クレジットカード会社という安心もありますね。

ただし、家族カードを作る際は留学先で問題なく使うことができるカードブランド(VISA・JCBなど)を選択する必要があります。

使い勝手の良いカードを選ぶことが重要なのです。

家族カードの限度額設定は家族で共有となる点に注意

子供にクレジットカードを持たせることに対して、不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、家族カードは利用明細を本会員で管理・チェックすることができる魅力があります。

ただ、家族カードにはデメリットもあります。それが、利用限度額については家族で共有されていると言う点です。

家族カードの限度額は1人1人に設定されるわけではないので、1人が使いすぎてしまうと他の家族が使える限度額がなくなってしまいます。

必要な時に、クレジットカードが使えないという事態が起こり得るので、この点は注意が必要ですね。

また、家族カードの引き落としは翌月や翌々月となります。その月の口座残高が不足していたとしても、クレジットカードの限度額いっぱいは利用できてしまうので、限度額によっては使いすぎてしまうリスクもあります。

家族カードだけじゃない!留学時に子供が持てるカードとは

実は、家族カード(クレジットカード)以外にも留学する子供が利用できるカードはあります。それが、次の2つです。

  • デビットカード
  • 海外プリペイドカード

この2つの特徴についてご紹介していきましょう。

デビットカード

デビットカードは口座と直接紐づいているカードで、カードを利用した瞬間、口座からその金額が引き落とされるという特徴があります。

このカードのメリットは、口座残高を超えた利用が出来ないので使いすぎる心配がないということ、そしてすぐに口座から引き落とされるので自分がいくら使ったかを把握しやすいという点にあります。

クレジットカードの場合、使用した料金については翌月、または翌々月にまとめて引き落とされることになります。その場合、自分がいつ利用したのかを把握し続けるのは大変です。しかし、デビットカードはその心配がありません。

ただし、口座残高が無くなればカードの利用はできなくなりますので、必要時に利用できない可能性がある、計画的な利用をしなければすぐに使えなくなってしまうというデメリットもあります。

使ったその場で口座から引き落とされるのは確かに分かりやすいですね。
ただ、クレジットカードのようにキャッシングすることはできないですよね。
デビットカードでキャッシングをすることはできませんが、海外ATMで必要な金額を引き出すことは可能です。

このとき引き出すのは自分の口座残高になりますから、金利もかかりません。銀行キャッシュカードと同じようなものですね。

デビットカードは中学生を除く15歳以上、もしくは16歳以上を利用条件としているので、興味がある方は取り扱っている銀行をチェックしてみると良いでしょう。

デビットカードの作り方については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

海外プリペイドカード

海外プリペイドカードは、あらかじめ現金をチャージして使うカードです。チャージした金額だけしか使えませんので、使いすぎる心配がありません。

クレジットカードのようにVISAなどの各国際ブランドに対応したショップで買い物ができます。

海外プリペイドカードのメリットとしては、他にも以下の点が挙げられます。

  • 審査・年齢制限がないカードも多い
  • カードをロックすることができる
  • 日本国内から専用口座への振り込みで入金が可能

海外プリペイドカードは13歳、16歳以上を対象としているカードも多いのですが、年齢制限がないカードも多くあるので小中学生も利用できるという点は魅力です。

また、使わないときにはスマホやパソコンでロックをすることもできます。

使わないときはもちろん、紛失してもすぐにロックできますので安心です。

海外留学へ行く子供への送金、資金管理が簡単にできるので、ぜひ検討しておきたいですね。

18歳以上が基本の家族カードは留学目的なら18歳未満の発行が可能

家族カードは、基本的に18歳以上で高校生ではないことが条件で発行されます。ただ、高校生で18歳未満だとしても、留学目的なら家族カードの発行は可能です。

明細を本会員が一括で管理できる安心感もありますし、カードに付帯されているサービスを利用できるのも魅力なので、留学を考えているなら一度家族カードを検討してみると良いでしょう。

また、家族カード以外にも高校生が留学する際に役立つカードは色々あります。デビットカードや海外プリペイドカードなど、それぞれの特徴をチェックして自分たちに合ったカードを選びたいですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る