ETCカードでも障害者割引は適用される!利用条件と手続きを解説

障害者手帳があれば電車やバスを利用する際に割引制度を受けることができるように、高速を利用するときでも障害者割引を受けることができます。

もちろん高速道路でETCを利用したときでも障害者割引が適用されるので安心してください。

ただし利用するには条件と手続きがあります。この記事では障害者割引が適用されるETCカードの作り方わかりやすく解説していきます。利用上の注意についても説明しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

障害者割引制度とは?ETCで利用するための条件

高速道路や有料道路では「障害者が自ら運転する」もしくは「重度の知的・身体障害者が同乗し、本人以外が運転する」どちらかに当てはまる場合、事前に登録された自動車1台の通行料金に対して最高50%の障害者割引を利用できます。

知的・身体に障害があって自分では運転できないという方でも高速道路で移動することはあるため、とても嬉しい制度ですよね。

障害者割引が適用される条件

高速道路の通行料金に対して障害者割引が受けられるかどうかの条件は、次の2つに分かれています。

  • 障害者本人が運転する場合、身体障害者手帳の交付を受けていること
  • 本人以外が運転する場合、重度の障害者が身体・療育手帳の交付を受けている人が一緒に同乗していること

障害者本人が車に同乗していない場合は、割引制度を受けられませんので注意しましょう。

ただし障害者の方が同乗していてもタクシーやレンタカー、代車などは対象外になるため注意してくださいね。

障害者割引が適用されるETCカードの作り方

続いて障害者割引が利用できるETCカードの手続きについて説明します。

最初に申し込み時に必要なものを紹介しますので手続きをする前に確認しておきましょう。

申込時に必要となるもの
  • 障害者手帳
  • 自動車検査証
  • 運転免許証(障害者の方が運転する場合)
  • ETCカード
  • ETC車載器セットアップ申込書・証明書
  • 委任状(代理人が申請する場合)

「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」はETC車載器の車載器管理番号を確認できる書類であれば大丈夫です。

ETCカードは原則、障害者本人の名義でなければならないので、まだお持ちでない場合はETCカードを作成してくださいね。

ETCカードの作成にはクレジットカードが必要です。まだお持ちでないは「障害者でもクレジットカードは作れる?例外や審査について説明」の記事も参考にしてみてください。

ただし未成年で重度の障害者のため本人が運転できず、本人以外が運転する場合は親権者または後見人の名義のETCカードも対象となります。

それでは続いて障害者割引が利用できるETCカードの手続きを見てみましょう。

  1. 障害者手帳を管理している市区町村の福祉担当窓口で備え付けの申請書を記入し、提出
  2. 障害者手帳にETCを利用するために必要な情報を記入してもらう
  3. 「ETC利用対象者証明書」をもらい「有料道路ETC割引登録係」に郵送
  4. 届いた「登録結果通知書」を確認

「登録結果通知書」が届くまでは、ETCカードでは割引が適用されません。それまでは一般レーンを通って手帳を提示しましょう。

ETCにおける障害者割引には有効期限があり、基本的に手続きが完了した日から2回目の誕生日までです。

期限後も利用する場合は、更新手続きを忘れないようにしてくださいね。

もしも収入面や過去の延滞でクレジットカードを作れなかった場合はどうしたら良いのでしょう?
その場合は家族カードやETCパーソナルカードの利用を検討してください。

「家族カード」とは簡単に言えばクレジットカードに追加発行できる付帯カードの一種で、家族や配偶者に発行されます。

ETCパーソナルカードについては次の記事で詳しく解説しています。

自動車を買い替えたときは忘れずに変更申請しよう

障害者割引に登録している自動車が変更になった場合は、手続きをする必要があります。

変更申請に必要な情報や書類
  • 自動車ナンバー登録番号
  • 自動車の所有者(使用車)
  • ETCカードの名義(番号)
  • 車載器管理番号
  • 本人の名前と住所

変更の手続きは、障害者割引の申請と同様に福祉事務所で行います。

ETCのレーンが閉鎖されていたら、一般レーンで障害者手帳を提示しよう

もし点検などでETCレーンが閉鎖された場合は、係員のいるレーンまで行って料金を支払う形になります。

係員がいなくても料金精算機にある呼び出しボタンまたはレバーで係員を呼ぶことができるので、慌てずに対処することが大切です。

ただしETC無線通信で走行できなかった場合は、障害者手帳の提示がないと障害者割引が受けられないことも。高速道路を利用するときは、障害者手帳は手元に置いておくと良いでしょう。

運転者名義のETCカードを作って、障害者割引を申請しよう

運転者名義のETCカードと障害者手帳があれば、手続きを済ますだけでETCを利用することができます。

ただし「登録結果通知書」が届くまでは、割引が適用されません。

また障害者割引が適用されたETCカードには約2年間の有効期限があります。自動車を買い替えたときも申請内容の変更が必要となるので、「有効期限」と「利用する車」には注意しておきましょう。

ETCカードを利用すれば、支払いの手間や渋滞回避にもつながります。ぜひ一度、利用を検討してみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る