ETCカードの更新は自動的。有効期限は自分で管理するのが基本

ETCカードにも有効期限があるのでしょうか。ETCカードもクレジットカードの一種ですし、車の中と言う比較的温度変化が過酷な場所で使うものですから、しっかり有効期限が設定されていて、一定期間ごとに更新されます。

当然、カード会社は更新作業を行ってくれますし、普通に使っている分には有効期限前に新しいカードが届きます。それでも有効期限は自分で管理しておいた方が良いのです。新しいのが届いていないのに気づかなかったら大変ですね。

有効期限切れのETCカードではゲートバーは開きません

高速道路の入口付近や、サービスエリア・パーキングエリアの中、本線車道上の「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」の近くなどには、見出しのような内容の表示があちこちに置いてあります。

当たり前と言えば当たり前の話なのですが、意外に有効期限切れに気づかず使っている人も目立つようです。もちろん、既に切れていたら入口で止められますので、出口であわてることはないでしょう。

ETCカードの有効期限は車載器からゲートに送信される

ETCのシステムは車がゲートに接近してくるときの、ほんの数秒間で必要な情報の通信を行います。もちろん、ゲートから見ても車載器側から見ても、受信側と送信側では周波数を変えてありますので同時送受信が可能です。

それだけではなく、先行車と後続車の混信が起こらないようにもしてありますし、隣のレーンとの混信も起こりません。

それだけ工夫してあっても、そもそも車が走ってくるときの速度と無線通信可能距離の関係で、とてもカード会社への信用照会(オーソリ)を行っている時間はありません。

そこで、車載器はETCカードから有効期限情報を読み取ってゲートに送信しています。これならカード会社との情報のやり取りは必要ないので、瞬時に判別できるわけです。

最近の車載器では、カードを挿入した時に、有効期限を読み上げる機能が付いたものもあります。これなら、自分のカードがあとどのくらいで有効期限を迎えるのかが管理しやすくていいですね。

有効期限が切れたカードを挿していた場合出口は一般レーンを通る

うっかり有効期限切れのETCカードを挿していた場合、入口ゲートで止められます。係員が通行券を持って走ってきてくれますので、それを受け取って出口では一般レーンを通って下さい。

ETCカードには入口情報が書き込まれていませんので、出口でもETCレーンは使えません。一般レーンで通行券を出して、示された金額を支払って下さい。

入口ゲートが開かなかった原因が、カードのセット不良などで、有効期限が切れていたのではない場合、支払用としてETCカードを係員に渡しても問題はありません。但し、この場合でもETC割引などは適用されませんので注意して下さい。

もちろん、期限切れの場合には支払いには使えません。

ETCカードは原則として有効期限の前に自動更新される

ETCカードもクレジットカードと同じで、有効期限月の末日まで利用することができます。

そして、だいたい有効期限月の前月末ごろをめどに新しいETCカードが送られてきます。

これに特別な手続きは必要ありません。カード会社の方で手続きして自動的に送ってきてくれます。

新しいカードが届いたらすぐに古いカードと交換する

新しいETCカードが届いたら、いくつかしないといけないことがあります。

  • 古いカードと同じ番号であることの確認
  • 古いカードとの差し替え
  • 古いカードにはさみを入れて、使えないようにしてから廃棄
  • ETCマイレージサービスで有効期限の書き換え

もちろん、新しいカードで一度高速道路に乗って、カードに問題がないか確かめてから交換しても良いのですが、毎日乗る人ならいざ知らず、めったに乗らないのに、わざわざそのためだけに高速道路を利用するのももったいないですね。

ETCカードも出荷前にはしっかり検査されていますので、めったなことでは初期不良が出たりしません。届いたらそのまま使っても大丈夫です。また、古いカードの有効期限が残っていても、新しいカードが届いたらその日から新しいカードが使えます。

ETCマイレージサービスのポイントは引き継ぎ可能、還元額はダメ

そして、ちょっと注意しておかないといけないのはETCマイレージサービスです。ETCマイレージサービスで貯まったポイントは、新しいカードに引き継げます。しかし、貯まったポイントを無料走行分に還元していた場合、その還元額は引き継がれません。

ですから、ETCカードの有効期限が近付いている場合は、無料走行分に還元しない方が良いのです。新しいカードが届いたらポイントを引き継いで、新しいカードで還元を受けましょう。
ポイントの引き継ぎに手続きは必要ありません。カードの有効期限が新しくなったという更新手続きを会員専用サイトで行うだけで、自動的にポイントの引き継ぎも行われます。
もし還元分が残っていたら、それは古いカードでしか使えません。使い切るように走っても良いですし、捨ててしまっても良いです。

そうしたもったいないことが起こらないようにするためには、ポイントからの自動還元サービスを有効期限が近付いたら、無効化しておくことです。どのタイミングで無効化しておくかは、カードの有効期限月によります。

もともと自動還元サービスはポイントが有効期限切れで失効してしまわないようにするためのサービスで、還元額はカードが有効である限り期限切れにはならないのです。

  • ポイントの有効期限はポイント獲得年度の翌年度末
     ・2018年4月獲得分→2020年3月末
     ・2019年3月獲得分→2020年3月末
     ・2019年4月獲得分→2021年3月末
  • 還元額を1年程度で使い切るとした場合、有効期限の1年前に自動還元サービスをキャンセルする
  • 高速道路の利用頻度が低い場合、初めから自動還元サービスを利用しない
  • 高速道路の利用頻度が高い場合、自動還元サービスをキャンセルせずどんどん使う

このような対処法が考えられます。

古いETCカードははさみを入れて使えなくしてから廃棄する

古いETCカードはクレジットカードと同じように、はさみを入れて切断します。

  • ICチップの端子を切断する
  • 磁気ストライプを切断する

もちろん縦横に切断しても良いですし、ICチップの端子と磁気ストライプを一発で切断しても構いません。

シュレッダーの中にはカード切断機能があるものもありますから、それを利用するのも良いですね。

更新カードが届かなかったらこちらから連絡する

ETCカードの更新に関して、カード会員側から手続きを行うことは原則としてありません。

放っておいても、古いカードの有効期限が切れる前に新しいカードを送ってきます。

しかし、何らかの事情があって更新カードが届かないケースもあり得ます。そうした場合には、カード会社に問い合わせを入れてみましょう。

カード会社側に責任がないケースも考えられるので注意

更新カードが届かない原因として考えられるものに、次のようなケースがあります。

  • 引っ越したのにカード会社に住所変更届を出していなかった
  • 不在票が入っていたのに、7日以内に郵便局に連絡しなかった
  • 郵便事故で紛失した

最も多いケースは、引っ越したのにカード会社に住所変更手続きをしていなかった場合です。クレジットカード関係の郵便物は、原則として転送不要郵便で送られてきます。

引っ越しをして、郵便局に転居届を出していても転送不要郵便は転送されず、発送元に返送されてしまうのです。

カードが返送されてもカード会社が連絡をくれるとは限りません。

最悪の場合、本カードの方も転居先不明と言う扱いで、更新時期が来ても更新されず解約扱いになってしまう可能性すらあるのです。

また、不在票が入っていたのに気付かず放置してしまった場合、カードはカード会社に返送されます。その場合は「不在票を入れたが連絡がなかった」と言う内容の付箋が付いて戻されます。

カードの更新が遅れていると気付いてカード会社に連絡すれば、再度送ってもらえます。

その際、一定の手続きが必要になることもあります。

これは、例えば長期出張や海外旅行などで、一週間以上不在にする可能性もあるからですね。ですから、再送してもらう際には確実に受け取れる日を、カード会社に知らせておきましょう。

そして、めったにないことですが、郵便物がどこかで紛失したという可能性もゼロではありません。その場合は、カード会社から郵便局に問い合わせて対処します。書留郵便ですから、調査は容易です。

一方、カード会員には新しいカードを送ってもらえます。ただし、この場合にはカード番号が変わりますので、ETCマイレージサービスに再登録が必要です。

いずれにせよETCカードが更新されたら有効期限の再登録が必要なので、それほど手間が増えるわけではありません。

ETCカードの更新時にも審査が行われることがある

実際の審査内容は、カード会社によって異なります。通常の途上与信が行われることもあれば、ETCカードの利用実績だけを見るところもあります。その上で発行されないこともあります。

  • 途上与信が行われて本カードの更新が拒否された
     ・信用状態の悪化など
  • ETCカードが長期間利用されていない
     ・前カードの有効期間中に利用が一度もなかったなど
  • ETCカードの利用に不審な点があった
     ・他人に貸していることが疑われるような利用があったなど

こうした場合、特に連絡もなく更新カードが送られてこないことがあります。

いずれにせよ、更新カードが届いていない旨をカード会社に連絡して下さい。

ETCカードの更新後カードは、有効期限の1か月前くらいに送られてくることが一般的ですが、会社によって2か月前から10日前ぐらいと幅があります。公式サイトで確認しておきましょう。

さらに一部のカード会社では長期間利用がない場合、更新の数か月前にETCカード更新の要不要を尋ねる郵便物を送ってくることもあります。それに回答しなければ更新は行われません。カード会社からの郵便物には一応全部目を通しておいて下さいね。

年会費無料のETCカードは利用しないと更新されない可能性

ETCカードには、一般カードに付帯するもので、年会費が500円~1,000円程度必要なものと、年会費が必要ないものとがあります。ゴールドカード以上のカードに付帯するものは年会費無料が多いですね。

一般カードに付帯するもので年会費無料のETCカードは、利用してもらえないとカード会社は丸損です。せめて年に1回以上、数千円レベルで良いので利用するようにして下さい。

特に本カードも年会費無料、ETCカードも年会費無料と言ったケースでは、使われないカードはどんどん排除されて行くと考えておいた方が良いですね。使わなくなったETCカードは更新直前に解約しちゃいましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る