ETCカードの作り方は簡単!種類と特徴、申し込み方法を解説

ETCカードというものはETCパーソナルカードを除き、原則単体では作れないものです。デビットカードや銀行のキャッシュカードでも発行することはできないため、クレジットカードの発行が必要です。

今回の記事では、個人で使用することを目的としたETCカードの種類ごとの特徴や自分にあったETCカードの選び方のポイントを詳しく解説していきます。これから家族でドライブをしようと思っている人やETCカードを作ろうかと考えている人はぜひ参考にしてみてください。

個人用のETCカードは3種類!それぞれの特徴とメリット・デメリット

個人が利用できるETCカードには分けて3種類あります。法人の場合は個人用ではなく法人ETCカードというものがあり、個人用のETCカードよりも比較的割引率が高いのでフリーランスや個人事業主の人は法人ETCカードを検討してみるのも良いでしょう。

では、個人向けのETCカードにはどんな種類があるのかというと以下のとおりです。

クレジットカード付帯ETCカード 一般的なETCカードがこのタイプです。クレジットカードと紐づいていますが、カード自体が別々に発行されます。
一体型ETCカード クレジットカードとETCカードの機能が1枚のカードに集約されているタイプです。このタイプは別々に管理する必要がないですが、毎回車載器から抜き差しする必要があります。
ETCパーソナルカード クレジットカードがなくても発行することができるETCカードです。クレジットカードを必要としない代わりにデポジットという保証金が必要です。
ETCカードと言ってもいろんな種類があるんですね!どのETCカードを選んだら良いのでしょうか…。
種類によってそれぞれメリットとデメリットがあります。どんな特徴があるのかしっかりと把握しておきましょう。

クレジットカード付帯ETCカードのメリットとデメリット

dカード(ETCカード)

参照元:dカード

クレジットカード付帯ETCカードのメリットはカードが別々になっているの防犯上安心できるという点です。万が一ETCカードを車の中に置き忘れて、盗難にあったとしてもETCカードのみ利用停止すれば問題ありません。

デメリットはクレジットカードを発行しなければいけないという点ですが、ETCカードは原則クレジットカードを発行しなければいけないものなので高速道路の通行料金支払い用として発行しておくことをおすすめします。

一体型ETCカードのメリットとデメリット

イオンカードETC一体型カード

別カードとなっているものが主流のため、一体型タイプのETCカードはあまり見かけることはないでしょう。メリットはクレジットカードとETCカードをまとめて管理できるという点です。

デメリットは盗難・紛失した場合にクレジットカードとETCカードを一度に失ってしまうという点です。

もし盗難・紛失の被害にあってしまったらクレジットカードも一緒に停止しなければいけません。

まとまっていると一見便利ですが、いざ使用してみると不便に感じる人も多いかもしれません。

ETCパーソナルカードのメリットとデメリット

ETCカードパーソナルカードのメリットはクレジットカードを発行しなくてもETCカードを発行できるという点です。

デメリットはデポジットを預けなければいけない・年会費1,143円(税抜)がかかるという点です。デポジットは有料道路の月平均利用額に応じて金額が異なります。

だいたい4倍のデポジットを預ける必要があるので、クレジットカードを作れないという事情がない限りあまりおすすめはしません。

申込方法は?クレジットカード付帯型ETCカード作り方を解説!

1番主流であるクレジットカード付帯型のETCカードの作り方を「クレジットカードと同時発行の場合」「ETCカードのみ追加発行の場合」ごとに詳しく説明していきます。

だいたいそれぞれETCカードが届く期間の目安は以下のとおりです。

同時発行 およそ2~3週間
追加発行 およそ1週間

同時発行はクレジットカードの審査があるのですでにクレジットカードが発行されている追加発行のときよりも届くまでに日数がかかってしまいます。

クレジットカードと同時発行の場合の作り方

クレジットカードとETCカードを同時に発行する方法です。まずはクレジットカード発行するために申込書を記入しましょう。カード会社によってはインターネットでも申し込み可能です。

申し込みをする際には「ETCカード発行」のオプションを指定してください。

申し込み完了したらクレジットカードを発行することができるか審査されます。無事審査を通過したらクレジットカードとETCカードの発行手続きに入ります。基本的にはクレジットカードより先に「ETCカード」が手元に届きます。

クレジットカードの申し込みをするため、以下のようなものが必要となります。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 源泉徴収票
  • 引き落としするための銀行口座

ETCカードのみ追加発行の場合の作り方

すでにクレジットカードを持っていて、クレジットカードにETCカード発行のオプションがある場合は追加発行することができます。追加発行の場合はすでにクレジットカードの審査が通っているので、よっぽどのことがない限りETCカードの発行が可能です。

基本的にETCカードの追加申し込みはクレジットカード会社のサイトから行います。もし、現在持っているクレジットカードがETCカード発行非対応の場合は新たに対応しているクレジットカードを発行する必要があります。

カード会社によってはETCカードの追加発行に別途年会費がかかったり、発行手数料がかかる場合があります。

追加発行の場合には基本的に必要な書類はありません。

追加発行の方がすぐに発行できるから手軽ですね!手数料がかかってしまうけど早く欲しいので追加発行してみようかと思います!
ちょっと待ってください!本当に手数料をかけてまで発行するメリットはありますか?場合によってはクレジットカードを新規発行してETCカードを申し込みした方がお得な場合もあります。じっくり考えて発行しましょう。

自分にあうETCカードはどれ?選び方のポイントを3つ紹介!

ETCカードの種類ごとの特徴について確認したところで、自分にあったETCカードはどんなものなのかを見つけるためのポイントを3つ紹介します。ポイントをチェックして自分にあったETCカードに出会いましょう。

  • 年会費の有無
  • クレジットカードの割引などの特典
  • 学生や専業主婦である

年会費

自分にあったクレジットカードを選ぶポイントとしてまずチェックしておきたいのが「年会費」です。年会費を支払ってでも得するような特典がない限りは、基本的に年会費無料のカードを選ぶのが良いでしょう。

年会費無料といってもクレジットカードは無料でETCカードにはかかってしまうパターンもあるので勘違いしないようにしっかりとカード会社のサイトなどで確認してください。

クレジットカードの特典

クレジットカード会社によって受けることができる特典は異なります。ETCカードはクレジットカードを通して請求されるのでクレジットカードを利用したときと同様の特典を受けることができます。

ETCカードのためにクレジットカードを発行するのであればポイントの還元率が良いものや、ガソリンの割引が効くクレジットカードがおすすめです。

学生・専業主婦の場合

学生や専業主婦の人であれば、新たにクレジットカードを発行するのではなく「家族カード」を検討してみるのも良いでしょう。

家族カードでもETCカードを発行することは可能です。家族カードの審査は本会員の信用情報で行われるので、学生や専業主婦など収入に不安のある人でも発行できる可能性が高いのがメリットです。

ETCカードの発行を検討しているのであれば下調べが大事!

ETCカードは種類によって特徴が違ったり、発行元のクレジットカード会社によって特典が異なります。クレジットカードをすでに持っている人でも新規発行した方がお得な場合もあります。

クレジットカード発行不要の「ETCパーソナルカード」という種類もありますが、基本的にクレジットカードは必要なETCカードの方がお得に利用できて、便利です。

もし学生や専業主婦の人であれば家族カードでもETCカードは発行可能です。

しっかりと特徴や選ぶポイントをチェックして、自分にあっているとっておきのETCカードを見つけてください。ETCカードは発行して終わりではなく、車載器の取り付けとセットアップも必要です。

カードが手元に届くのを待ちつつ、車載器の取り付け方・セットアップについてしっかりと学んでおきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る