ETCカードは学生・未成年も作れる!おすすめカード3選と作り方

ETCカードを持っていなかったら、家族や友人のETCカードを借りてもいいのでしょうか?
それはいけません!規約でETCカードを貸し借りしてはダメだと決められていますよ。

高速などの有料道路を使う際にとても便利なETCカード。車で遠出する際の必須アイテムといっても過言ではありませんよね。

そんなETCカード、学生だから持っていないという理由で人のETCカードを借りるのは規約違反です。

学生や未成年でもETCカードは自分のものを使わなければなりません。

でも学生や未成年はETCカードを作れないんじゃ?
学生や未成年でもETCカードを作ることは可能です。家族に家族カードを発行してもらいETCカードをもらうこともできます。そのうえ、レンタカーを利用する場合は一緒にETCカードを借りることも可能です。

この記事ではETCカードを学生が作る際のポイントや、おすすめカードなどを紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

学生におすすめ!年会費が無料または安いクレジットカード3選

学生がETCカードを作る際にまずするべきことは、クレジットカードを作ること。

というのも、そもそもクレジットカードがなくては、ETCカード自体作ることができないため。

ETCカードは、クレジットカードを作らなければ、作れないものなのですか?
ETCカードは、あくまでクレジットカードに付帯するカードです。そのため、クレジットカードがなければ、ETCカードを作ることはできませんよ。

ETCカードを作りたい場合、まずはクレジットカードを作りましょう。

ETCカードも発行できるおすすめのクレジットカードは次の3つ。

  • JCB CARD W
  • Orico Card THE POINT
  • 三井住友VISAデビュープラスカード

これらはどれも年会費などが安いうえ還元率も高いクレジットカードです。詳しく説明していきます。

39歳以下限定のJCB CARD W

JCB CARD Wの概要

JCBカードCARD W

年会費 無料
ETCカード年会費 無料
申し込み条件 18歳以上39歳以下(高校生除く)
国際ブランド JCB
基本ポイント還元率 1.0%

JCB CARD Wの特徴は、基本還元率1.0%と高い還元率を誇ること。

Amazonやセブンイレブン、スターバックスなどのパートナー店でカードを利用すれば、ポイント還元率が5%以上になる場合も。それらのショップをよく利用する方におすすめです。電子マネー「QUICPay」機能も搭載しています。

電子マネー2つ搭載のOrico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

Orico Card THE POINTの概要

オリコカード ザ ポイント

年会費 無料
ETCカード年会費 無料
申し込み条件 18歳以上(高校生除く)
国際ブランド Mastercard、JCB
基本ポイント還元率 1.0%

Orico Card THE POINTの特徴は、基本ポイント還元率1.0%であるうえに、「iD」と「QUICPay」の2つの電子マネーを搭載していること。

電子マネーの1回の利用金額が少額であっても1カ月の合計金額にポイントがつくため、ポイントが貯まりやすい仕組みになっています。ポイントをお得に貯めたい人におすすめのカードです。

18歳以上25歳以下限定の三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードの概要

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費 初年度:無料
翌年度以降:年1回以上の利用で無料
ETCカード年会費 初年度:無料
翌年度以降:前年度年1回以上ETCの利用があれば無料
申し込み条件 18歳以上25歳以下の学生(高校生除く)
国際ブランド Visa
基本ポイント還元率 1.0%

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴は、基本ポイント還元率が1.0%であるうえ、「iD」や「Apple Pay」、「PiTaPa」、「WAON」などといった多彩な支払方法を選択できること。

26歳以上になると、自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替わるのも大きな特徴の1つです。

どのクレジットカードか悩んだら?学生が重視すべき3つのポイント

では、ETC目的で学生がクレジットカードを作る場合には、どのような点を重視してクレジットカードを選べばいいのでしょうか?

重視するポイントは次の3点。

  • 学生でも作成可能
  • 年会費無料
  • ETCカード年会費無料

これら3つのポイントについて説明していきます。

【カードを選ぶ際のポイント1】学生でも作成可能であること

ETC目的でクレジットカードを作る際に最も重視しなければならない点が「学生でもクレジットカードを作ることができるか」ということ。

学生では作ることができないカードならば、そもそもクレジットカードを作ることができず、ETCカードを手に入れることもできません。

学生がETCカードを作る場合には、学生が申し込みできるクレジットカードを選びましょう。

【カードを選ぶ際のポイント2】クレジットカードの年会費無料であること

学生がカードを作る際に重視したいポイントは、年会費が無料かどうか。

学生時代は、あまりお金に余裕はないですよね。
特に利用頻度が多くない人は、年会費が無料または安いものを選ぶのがおすすめですよ。

【カードを選ぶ際のポイント3】ETCカードの年会費や発行手数料が無料であること

クレジットカードの年会費がいくら無料であっても、ETCカードの年会費が無料でなければ毎年年会費を支払わなければなりません。

パット見は年会費が無料となっていても、「年に1回以上ETCを利用した場合のみ」など条件を設けているETCカードもあります。

またETCカードを作る際に「発行手数料」がかかるクレジットカードもあるため注意しましょう。

ETCカードをすぐに使いたい!発行には2週間程度かかる

ETCカードを申し込むと、何日くらいで届くのでしょうか?
ETCカードが届くためにかかる日数は、発行会社によって異なります。先ほど紹介した3つのカードについてカード到着までかかる日数を説明していきますね。

ETCカードが到着するまでにかかる日数は次の通り。

ETCカード到着までの日数
クレジットカード名 ETCカード到着までの期間
JCB CARD W ネット申し込みの場合:1週間程度
入会申込書または電話の場合:2週間程度
Orico Card THE POINT 2~3週間程度
三井住友VISAデビュープラスカード 2週間程度

JCB CARD Wが到着までにかかる日数は最も短く、他の2つはほぼ同じくらいということがわかりました。

ETCカードは、クレジットカードと同時に申し込んだ場合は同時に来るのでしょうか?
実は同時に来ることはありません。ここで紹介した3枚のカードはどれもクレジットカードの方が先に届きます。
だから届くまでに数週間かかるんですね!すぐにETCを利用したい人は困ってしまいますね。
セゾンカードならカウンターで受け取ることにすれば、クレジットカードもETCカードも最短即日ですぐに受け取ることが可能です。
最短で受け取るための流れや申込の方法は「ETCカードを即日発行する方法とは?お申込みの流れと受け取りまで」の記事で解説しています。

ほとんどのクレジットカードの場合は、クレジットカードよりもETCカードの方が発行に時間がかかると考えておきましょう。

クレジットカードを作らずにETCカードを作る2つの方法

ETCカードはほしいけど、クレジットカードは作れない・作りたくないときは困ってしまいますよね。

自分名義のクレジットカードを新しく作らずにETCカードを作る方法は次の2つです。

  • ETCパーソナルカードを作る
  • 家族に家族カードのETCカードを作ってもらう

この2つの方法について説明していきます。

有料道路の支払いにのみ使えるETCパーソナルカードを作る

ETCパーソナルカードとは
高速道路を運営している6社が発行しているカードのこと。有料道路の支払いに関してのみ使うことができます。

ETCパーソナルカードはクレジットカードではありません。そのため、クレジットカードは作りたくないという方にはいい方法ではあります。

ただし、ETCパーソナルカードを作るには年会費がかかる上、20,000円以上の保証金が必要です。

高額な初期費用がかかってしまうため、学生さんにはあまりおすすめはできません。

ETCパーソナルカードについては次の記事で詳しく解説しています。

家族に家族カードのETCカードを作ってもらう

クレジットカードを作りたくないけれど、ETCカードを作りたい学生におすすめの方法が「家族カードを作ってもらう」こと。

家族カードとは
クレジットカードを所有している本人の家族に発行することができるクレジットカードのこと。家族カードを使いETCカードを発行してもらうことができるクレジットカード会社も多くあります。
家族カードならば収入が少なくても作りやすそうです!
そうですね。一般のカードを作るよりは作りやすいというメリットもあります。ですが、家族カードにはデメリットも。両方を説明していきますね。

家族カードを利用してETCカードを作るメリットは次の3点。

  • 年会費を安く抑えることができる
  • 審査が通りやすい
  • 本人名義カードとほぼ同じ機能が使える

家族カードの場合、年会費が安いまたは無料の場合が多いもの。そのうえ、家族カードであるため、収入が少ない状態でも審査が通りやすくなります。にもかかわらず、機能は本人カードとほぼ変わりません。
デメリットは次の2点。

  • 引き落とし口座は1つにしかできない
  • 親などの家族カードの名義人にいくら使ったかバレてしまう

家族カードの場合は明細が1枚にまとまっており、請求もクレジットカードの名義人に請求されます。

誰がいつ、いくらETCを利用したかはわかってしまうことは覚えておきましょう。

学生でもETCカードは作れる!年会費が無料のもので検討を

ETCカードが付帯しているクレジットカードを作ることさえできれば、学生でも未成年でもETCカードを作ることができるもの。

レンタカーなどの場合はETCカードを借りることも可能ですが、車をよく運転するならば、自分専用のETCカードを持っておいても損はないでしょう。

学生がETCカードを作るならば、年会費無料のものを選ぶのがおすすめです。自分でクレジットカードを作りたくない場合は、家族に家族カードを発行してもらいETCカードを作るのもいいでしょう。

高速道路などの有料道路を運転する際には必須アイテムともいえるETCカード。学生でもETCカードを作って快適なカーライフを送りましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る