ETCカードが審査なしで作る方法を解説!デメリットと代替案も紹介

ETCカードは、高速道路などの有料道路を利用する際には必要不可欠なカードですよね。そんなETCカードはクレジットカードに付帯しているカードである場合はほとんどです。そのため、発行するには審査を受ける必要があります。

ですが、審査なしでも発行してもらうことができるETCカードがあります。

それはETCパーソナルカードです。

ただし、ETCパーソナルカードを発行するには高額なデポジットと年会費を支払う必要があります。それならば、家族カードを発行してもらい、家族カードでETCカードを発行してもらうとよいでしょう。

ETCカードを作る際には、楽天カードで作るのがおすすめです。というのも、楽天カードならばポイント還元率は1.0%であるうえ、様々なキャンペーンでポイントを貯めることができるため。

この記事では審査なしで発行できるETCパーソナルカードや、楽天カードの概要について説明していきます。作ることができないとあきらめずに、便利なETCカードを作ってみましょう。

ETCパーソナルカードは審査の必要なし!ただしデメリットも

ETCパーソナルカードとは
クレジットカードの契約ができない個人でも、ETCカードを利用してもらうために作られたETCカードのこと。利用するには、デポジット(保証金)を入金する必要があります。

ETCパーソナルカードを発行しているのは、東/中/西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社。ETCパーソナルカードは、有料道路の支払いの際にのみ利用できるカードです。

ETCパーソナルカードのメリットとデメリットは次のとおり。

ETCパーソナルカードのメリットとデメリット
メリット 審査がない
各種割引を受けられる
デメリット 年会費とデポジットが必要

ETCパーソナルカードは、クレジットカードではないため審査がありません。

ETCパーソナルカードは、ブラックリストに登録されている人でも作ることができるのでしょうか?
審査がないため、クレジットカードを作ることができない人でも、ETCパーソナルカードを作ることはできますよ。

高速道路などの有料道路は、ETCを利用することで条件に応じた割引を受けることができます。もちろん、ETCパーソナルカードでも様々な割引も受けることは可能です。

ただし、ETCパーソナルカードを作るには、デポジット(保証金)を入金する必要があります。

デポジットの金額は、次のとおり。

デポジットの金額
1カ月の予定利用金額 デポジット金額
5,000円 20,000円
10,000円 40,000円
15,000円 60,000円
20,000円 80,000円

デポジットの金額は、1カ月の予定利用金額の4倍にもなる高額なもの。そのうえ、年会費も1,143円(税抜)必要です。

ETCパーソナルカードは審査がないため、ブラックリストに載っている人などにとってはとても助かる制度です。ですが、その分年会費やデポジットが高額に。

クレジットカードを作れる人は、ETCパーソナルカードを利用するのではなく、クレジットカード会社でETCカードを申し込んだ方がいいでしょう。

法人の場合でもクレジットカードを作らなくてもいいETCカードがあると聞いたのですが、そのようなカードがあるのでしょうか?
それは、法人ETCカードのことですね。高速情報協同組合が発行しているETCカードで、クレジットカード機能がないかわりに審査もありませんよ。
そうなんですね。事業を始めたばかりといった場合にピッタリですね。
最高4枚までしか作ることができませんが、車両の登録が必要ないため、レンタカーでも使うことができる、とても使いやすいカードですよ。

ETCカードを審査なしで作りたいなら家族カードにするのもあり!

ETCパーソナルカードは審査がないため作りやすいカードではあるものの、デポジットや年会費があるため一概にお得とはいえないカードでした。

審査なしでお得にETCカードを作るには、どうすればよいのでしょうか?
審査なしでETCカードを作るには、家族カードでETCカードを発行する方法がおすすめです。
家族カードとは
クレジットカードに追加して発行できるカードのうちの1つ。会員の信用情報をもとに家族名義のカードを作ることができます。

家族カードは、会員になっている家族の信用情報に基づいて作られるカードです。そのため、たとえブラックリストに載っている人であっても関係ありません。

ブラックリストに載っておりクレジットカードを作ることができない人は、家族に頼んで家族カードを作ってもらい、その家族カードでETCカードを作るのも1つの方法です。

ただし、家族カードの場合、会員となっている家族の口座から家族が利用した料金もまとめて引き落としされるもの。利用明細もすべて会員に知らされます。

利用明細を家族に知られても大丈夫であれば、家族カードのETCカードを作ってもらいましょう。

ETCカードを作るなら楽天カード!ポイントの高還元率が魅力的

楽天カード

発行会社 楽天カード
年会費 無料
ETCカードの諸費用 年会費:500円(税抜)(楽天会員ランクがプラチナ・ゴールド、または上位カード保有者は無料)
発行手数料:無料
還元率 1.0%
クレジットカードの申込み条件 満18歳以上の人(高校生不可、主婦・アルバイト・パート・学生可)
ETCカードの発行日数の目安 最短7営業日程度

楽天カードでETCカードを作るメリットは高い還元率!

楽天カードでETCカードを作るメリットは次の3つ。

  • ポイント還元率が高い
  • ポイントが貯まりやすい
  • 申し込みはネットで簡単

楽天カードの特徴は、ポイント還元率の高さ。

通常のクレジットカードの還元率が0.5%なのに対し、楽天カードの還元率は1.0%であり、100円で1ポイント貯まります。

もちろん、高速道路などでETCカードを利用した場合も、通行料金100円につき1ポイント貯まるもの。高速道路でETCカードをよく利用する方におすすめのカードといえます。

また、ポイントを貯めやすいのもメリットの1つ。というのも、楽天と提携している店舗で買い物などをした場合にはポイントを貯めることができるため。

ガソリンスタンドのエネオスも楽天と提携している店舗の1つ。エネオスでガソリンを入れることで、楽天のポイントを貯めることができます。他にも、楽天のポイントが貯まる店舗は街中に数多くあるもの。日々の買い物でポイントを貯めやすいカードです。

そのうえ、楽天市場ではポイントが最大44倍にもなるお買い物マラソンというキャンペーンを行うことがあります。このようなキャンペーンでポイントがよく貯まるため、楽天グループのサービスを使っている方ならば、気付くとポイントが貯まっていたということもあるでしょう。

楽天カードのETCカードを申し込むにはどうすればいいのでしょうか?
申し込み方法はとても簡単ですよ。ネットでクレジットカードを申し込む際にETCカードの欄にもチェックを入れるだけです。

楽天カードの申し込みは、ネットで簡単に行うことができます。ETCカードも1週間程度で届くため、長い間待つ必要がありません。

楽天カードでETCカードを作るデメリットは年会費が必要なこと

楽天カードのデメリットは、次の2つ。

  • 年会費がかかること
  • 家族カードでETCカードを作ることができない

楽天カード自体は、年会費も発行手数料も無料です。ただし、ETCカードの場合は、年会費が500円(税抜)かかります。ETCカードの年会費が無料なクレジットカードも多くあるもの。そのため、年会費が必要という点はデメリットといえます。

ただし、ETCカードの年会費を無料にする方法があります。

その方法とは次の2点のうち、どちらかの条件を満たすこと。

  • 楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードであること
  • 楽天PointClubのランクがプラチナまたはダイヤモンドであること

これらの条件を満たせば、ETCカードの年会費は無料となります。

楽天ゴールドカードやプレミアムカードを持つことで条件をクリアしようとするならば、楽天ゴールドカードの年会費2,000円(税抜)、楽天プレミアムカードの年会費10,000円(税抜)支払う必要があります。

ただしゴールドカードやプレミアムカードの年会費を支払いたくない人もいるでしょう。

そのような場合には、楽天PointClubのランクをプラチナまたはダイヤモンドにするのがおすすめです。

楽天PointClubのランクをプラチナ以上にするには、どうすればいいのでしょうか?
6カ月の間に2,000ポイント以上貯めるか、15回以上ポイントを獲得すれば、プラチナ以上のランクになれますよ。

ETCカードの年会費が500円(税抜)だったとしても、楽天のサービスを日常的に利用する人ならば、条件をクリアすることは難しいことではありません。

そのうえ、ポイントが貯まりやすく、ETCの利用がとてもお得になるもの。そのため、ETCカードの年会費が有料でも楽天カードをおすすめできるのです。

楽天カードは流通系と呼ばれるクレジットカードであり、主婦や無職など今現在収入がないでも申し込めるカード。もしETCカードを作りたいけど、クレジットカードの審査が不安だという人は一度検討してみてくださいね。

審査なしでETCカードは利用可能!便利なETCカードを使ってみよう

車を運転する人には欠かせないETCカード。料金所で止まることなくスムーズに進むことができる、とても便利なカードです。

審査を受けなくても利用できるETCパーソナルカードもあります。 家族カードであれば、家族がクレジットカードを持っていれば審査なしでETCカードを作ることが可能です。自分でETCカードを作る場合には、お得な楽天カードで申し込むといいでしょう。

ただし、ETCカードのみを持っていても、ETCのサービスを十分に利用することはできません。

ETC車載器を車に搭載しセットアップして使うことではじめて、料金所で止まることなく料金を支払うことができます。

ETCカードを手に入れたら、ETC車載器を手に入れてセットアップも行うことも忘れないようにしましょう。

※掲載の情報は2019年7月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!