ETCカードは複数持つことが可能!2枚以上持つ方法と注意点

ETCカードは1枚しか持てないわけではありません。クレジットカードが複数枚所持できるように、ETCカードを2枚以上持つということも可能となっています。

しかし、今持っているクレジットカード会社に連絡をして「ETCカードを5枚発行してください!」と依頼すれば良いという訳ではありません。ETCカードを複数枚持つための方法というものがあるのです。

そこで今回は、ETCカードを2枚以上持つにはどうすれば良いのかを紹介すると共に、複数のETCカードを持つことによるメリット・デメリットをご紹介していきましょう。

ETCカードを複数枚持つ2つの方法をチェック!

ETCカードは、1つのクレジットカードにつき1枚の発行が基本です。しかし、1人の利用者が複数枚のETCカードを持つ方法はあります。それが、次の2つです。

  • クレジットカードごとにETCカードを発行してもらう
  • 複数発行可能なクレジットカードを申し込む

ただ、複数のカードを発行しても、ETCカードを使用して良いのはそのETCカードの会員本人のみです。

他人のETCカードを使用することは禁止されていますので、複数枚発行して他人が使用する、ということがないよう注意しましょう。

では、それぞれの発行方法について詳しく見ていきましょう。

クレジットカードごとにETCカードを発行する

基本的には、1つのクレジットカードで1枚のETCカードを申し込めるようになっています。複数のETCカードを入手するためには、クレジットカードごとにETCカードを申し込めば良いわけですね。

同じVISAでも、三井住友VISAカード、三菱東京UFJ-VISAカード、りそなVISAカード等、カードの種類が異なればそれぞれでETCカードの発行が可能となっています。

もちろん、ETCカードを発行する際には各クレジットカードを発行することが前提であり、カードの枚数がかなり増えてしまうことになりますからよく考えて精査する必要がありますね。

ETCカードはクレジットカードの新規申し込みのときでしか作れないのでしょうか?
今持っているクレジットカードに追加するという形で後から申し込みをすることも可能ですよ。

すでに複数のクレジットカードを所持している場合は、各クレジットカードでETCカードの発行が可能かをチェックし、それぞれ申し込みをしてみると良いでしょう。

複数発行可能なクレジットカードを申し込む

1枚のクレジットカードで1枚のETCカード、というのが基本ではありますが、実は1つのクレジットカードで複数枚のETCカード発行なものがあります。それが、セゾンカードです。

セゾンカードでは、基本となるクレジットカード1枚につきETCカードを5枚まで所持することができます。

その際は、以下の点に注意が必要です。

  • ETCカードにクレジット機能はついていない(ETC専用カード)
  • 発行されたETCカードは、本人以外使用不可
  • セゾンカードを解約するとETCカードも自動解約

セゾンカードのETCカードは、年会費永久無料で使用できます。また、インターネットや電話で申し込みが可能で、申し込み後最短3日で発送してくれるので急いでいるときも安心ですね。

家族が使用するETCカードなら家族カードで発行が可能

もし家族が使用するETCカードが欲しいということであれば、クレジットカードの家族カードを申し込むことで家族用のETCカードを発行してもらうことが可能です。

家族カード1枚に対して1枚のETCカードが発行でき、利用料金については親カード(契約者名義)の引き落とし口座からの支払いとなります。誰がいくら利用したのかを明細で確認できるというのは安心ですよね。

家族カードの有無、家族カードでのETCカード発行の可否については、各クレジットカード会社で異なる場合があります。今持っているクレジットカード会社に確認してみると良いでしょう。

ETCマイレージサービスも複数枚の登録が可能

ETCマイレージサービスに登録すると、有料道路の利用料金に応じたポイントが付与され、そのポイントが通行料金の支払いに使えるというメリットがあります。

また、平日朝夕割引もあるなどお得になっていますから、ETCカードを持ったらマイレージサービスを利用することを検討するという人も多いでしょう。

このETCマイレージサービス、1人の人間が1台のETCカードに同じ名義のETCカードを複数枚登録することはできません。サービスに登録できるのは車載器1台につき、ETCカード1枚というのが基本です。

ただ、1人につき1枚のETCカードしか、ETCマイレージサービスに登録することができないと限られているわけではありません。

車やETC車載器が複数ある場合は、1枚のETCカードにつき1台のETC車載器を選択して申し込みができます。また、1つの車を家族で使用する、または職場で利用するという場合もありますが、その際は1台のETC車載器で複数枚のETCカードを登録することができます。

ただし、複数枚登録するには条件があります。

  • 同居の家族のETCカード、または同一事業所の法人カードである
  • 1つのETC車載器につき4枚まで
  • 複数カード間でのポイント合算、還元は不可能

ETCマイレージサービスは、登録することで様々な特典を受けられるものです。登録しなければその特典を受けることはできませんから、複数のETC車載器がある、家族それぞれがETCカードを持っているという場合は、速やかに登録手続きをしておきたいですね。

ETCマイレージサービスはネット・郵送で申し込み可能!

ETCマイレージサービスは、郵送だけでなく24時間インターネットで申し込みをすることが可能です。郵送の場合は申込書の送付・確認などである程度日数を要する場合がありますが、インターネットの場合は申し込みをしたその日からポイントが付くというメリットがあります。

郵送で申し込む場合は、高速道路のSAなどで申込書を入手し、送付する際の切手代を負担しなければいけません。インターネット環境があれば、そちらで申し込みをした方がお得ですね。

登録したETCカードは他の車載器でもポイントが付与される!

ETCカードを特定のETC車載器を指定してマイレージサービスを申し込んだ場合、その車載器を使用したときしかポイントが貯まらないのでないでしょうか?
登録したETCカードは他の車載器を使用した場合でもポイントが貯まり、特典を受けることができます。レンタカーを利用するときなど、ETCマイレージサービスを登録したETCカードを用いればきちんとポイントが貯まる仕組みとなっているのです。

お得なETCマイレージサービス、複数のETCカードとETC車載器があればその分だけしっかり登録しておきたいですね。

ETCカード2枚持ちのメリット・デメリットとは

ETCカードを2枚、もしくはそれ以上持つ事には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

メリット

ETCカードを複数枚持っていると、以下のようなメリットがあります。

  • 各ETCカード使用時にポイントが貯まる
  • 使用するカードで引き落とし口座を変えられ、費用管理が楽になる
  • 複数台の車で使用する際、ひとつのETCカードを使い回す必要がない
  • 1枚のカードが期限切れになったとしても、他のカードが使用できる

多くのメリットがあることが分かりますね。特に、複数の車を所持している場合は、ひとつのETCカードを使い回すのは手間がかかるでしょう。
さらにETCカードはクレジットカードと同様に有効期限のあるものです。期限が来る前には事前に通知が来て新カードの発行が行われるはずですが、手違いで発行されなければしばらくETCカードなしで過ごさなければいけないので困りますよね。

しかし、有効期限の異なる他のETCカードを持っていれば、1枚のカードの有効期限が切れても他のカードを使って高速料金を支払うことができます。

複数枚のETCカードを持つ事には、いろいろなメリットがあるのです。

デメリット

一方で、ETCカードを複数枚持つ事のデメリットもあります。

  • 紛失時に気づきにくい
  • 管理の手間がかかる

自分がETCカードを何枚持っていて、それぞれの保管場所や有効期限、使用金額を把握するといった管理の手間がかかってしまうのは大変ですよね。

また、ETCカード複数所持最大のデメリットは、紛失時になかなか気づけない可能性がある、気づかないうちに悪用されてしまっている恐れがある、という点です。

いつも使っているETCカードが決まっていて他のETCカードを放置していた場合、どこにあるか分からない、いつの間にか無断で使用されている、ということが起こらないとは言えません。

ETCカードを複数所持する場合は、きちんとカードの管理をすることを意識したいですね。そして、不要であれば使用するETCカードを1枚に決めて他は解約する、といったことも考えるようにしましょう。

ETCカードは複数持ちが可能!管理に注意して上手に活用しよう

ETCカードは、1人が複数枚所持することができます。

クレジットカードごとに発行する、複数枚発行可能なクレジットカードを作る、といった方法があります。

また、家族の分のETCカードを作りたい場合は、クレジットカードの家族カードを作って家族分のETCカードを発行する、といった方法があります。今持っているクレジットカードがあれば、ETCカードの発行について調べてみると良いでしょう。

ただ、ETCカードを複数枚持つと管理が大変になる恐れがあります。紛失して知らないうちに悪用されては困りますので、その点に注意して上手に活用したいですね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る