ETCカードおすすめ3選を比較!自分にあったお得なカードを選ぼう

有料道路や高速道路を走行する際に役立つETCカード。ETCカードがあれば現金で支払う必要はありませんし、料金所で停まることなく通過でき、ETC割引が効くのでお得ですよね。

お得なETCカードですが、クレジットカードに付帯されているカードなので、クレジットカードを作らないと発行できません。すでにクレジットカードを持っている人はETCカードを追加で発行するだけですが、クレジットカードとETCカードを同時に発行することもできます。

「ETCカードなんてどれも同じ」と思われがちですが、どのカードを選ぶかによって年会費やポイント還元率、付帯サービスなどの内容は大きく異なります。

この記事では、おすすめのETCカードをそれぞれ比較し、紹介しています。またETCカードの選び方や、ETC利用が少ない人・走行距離が多い人・クレジットカードを初めて作る人などにおすすめのETCカードも紹介しているので参考にしてください。

ETC利用の頻度やカードの年会費など、ご自分のライフスタイルに合わせてETCカードを選び、お得に有料道路を走行しましょう。

年会費無料や即日発行も!おすすめのETCカード3選

ETCカードはたくさんありますが、その中からおすすめのETCカードを3枚紹介します。

おすすめのETCカード3選
  1. JCB カード W
  2. 三菱UFJカード VIASOカード
  3. セゾンカードインターナショナル

それぞれのETCカードの特徴や魅力を見ていきましょう。

年会費無料の高還元率カード!JCB カード W

発行会社 JCB
年会費 無料
ETCカードの諸費用 年会費:無料
発行手数料:無料
還元率 1.0%
クレジットカードの申込み条件 18歳以上の方(高校生不可)

JCB カード Wの年会費は永年無料で、ETCカードの年会費も無料です。還元率は常に1.0%以上と高くどこで利用しても高い還元率を誇る人気の1枚です。

ETC利用分の高いポイント還元率で利用できますので一押しの1枚です。

三菱UFJカード VIASOカード

発行会社 三菱UFJニコス
年会費 無料
ETCカードの諸費用 年会費:無料
還元率 0.5%
ETC利用分は1%
クレジットカードの申込み条件 18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方

三菱UFJカード VIASOカードは年会費が無料の上に、ETC料金や携帯料金が常にポイント2倍となるお得なカードです。

先にご紹介したJCB カード Wが39歳以下限定のカードですので40歳以上の方にはこちらのカードがおすすめです。

セゾンカードインターナショナル

発行会社 クレディセゾン
年会費 無料
ETCカードの諸費用 年会費:無料
発行手数料:無料
還元率 0.5%
クレジットカードの申込み条件 18歳以上(高校生不可)で連絡が可能であり、セゾンカードが提携する金融機関に決済口座を持っている人
ETCカードの発行日数の目安 最短即日

セゾンカードインターナショナルは通常還元率が0.5%ですが、セゾンポイントモールを経由してネットショッピングをすると最大でポイントが30倍になります。ETC利用料金は0.5%の還元率でポイントが貯まります。

貯まるポイントは永久不滅なので、有効期限を気にしたくない人にはおすすめのカードです。

1ポイント=5円でギフト券などに交換したり、支払いに利用したり、商品と交換できたりします。

専業主婦や学生でも申し込みが可能です。セゾンカードインターナショナルの提示や利用で、レジャー施設やレストランなどを優待価格で利用することができます。

セゾンカードインターナショナルは、ETCカードと合わせて即日発行することができます。

年会費が無料のETCカードも多い中、あえて年会費が有料であるカードを持つことにメリットはあるのですか?
ポイント還元率が高いことや付帯するサービス内容が充実していることで、人によっては年会費を払うデメリットより得られるメリットの方が大きいことがあるので、年会費が有料でも入会するのですよ。

どのETCカードでも受けられる割引サービスは3つ

年会費や発行手数料、ポイントの貯まりやすさなどは、どのETCカードを選ぶかによって異なります。しかし、どのETCカードを選んでも受けられる割引サービスもあります。

ETCマイレージサービス、深夜割引などのETC割引、そしてETC2.0の割引です。

ETCマイレージサービスは、有料道路・高速道路の支払い金額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントは還元額(無料通行分)と交換できるサービスです。交換した還元額(無料通行分)は、ETCによる通行料金の支払いなどに利用できます。

還元率はどのETCカードでも同じですが、ETCマイレージサービスに登録しないとサービスを受けられません。登録は無料で年会費も不要です。

ETC割引には、休日割引・深夜割引・平日朝夕割引・時間帯割引などのほか、高速道路・有料道路独自の割引制度があります。どのETCカードでも割引率は同じです。

ETC2.0は渋滞緩和が目的の制度で、都心部ではなく圏央道を走行すると2割引になるなど通行料金が変化します。どのETCカードを選んでも割引率などは変わりませんが、ETC2.0を利用するためにはETC2.0対応の車載器が必要です。

ETCカードは年会費無料や高還元率のカードがおすすめ

ETCカードを選ぶ際に重要なのは、年会費とポイント還元率です。

クレジットカードの年会費が無料でも、ETCカードの発行手数料・年会費は有料であるカードや、初年度は年会費が無料でも2年目以降に有料になるカードもあります。

毎年年会費を支払っても元が取れそうなら有料のカードでもいいのですが、そうでないなら年会費が無料のカードを選ぶことをおすすめします。

また、ETCカード選びにはポイント還元率も大切です。ETC利用時のポイント還元率が0.5%と1.0%のカードでは、2倍の差がついてしまいます。カードによっては、クレジットカードの通常利用にはポイントが付くのにETC利用料金にはポイントが付かないカードもあるので確認してから申し込むようにしましょう。

ETCカードは年会費、ポイント還元率以外にETC利用頻度も考慮して選ぼう

おすすめのETCカードはJCB カード W、菱UFJカード VIASOカード、セゾンインターナショナル、です。

ETC利用が少ない人には年会費無料で高還元率のJCB カード Wか三菱UFJカード VIASOカード、ETCカードを早く手に入れたい人はセゾンインターナショナルがおすすめです。

ETCカードを選ぶ際には年会費とポイント還元率が大切ですが、ETCを頻繁に利用する人であれば、高い還元率のカードだとポイントが年会費を上回ることもあるので、ETCの利用頻度も考慮に入れると良いですね。

ご自分の生活に合ったETCカードを選び、お得に有料道路を利用しましょう。

あなたのコメントをどうぞ!

ゲットマネー