ETC車載器とは?セットアップまでの手順と損しない機器の選び方

ETCシステムを利用するなら、ETCカードとともにETC車載器も必需品です。

このETC車載器にはさまざまな種類があり、その値段差も幅広くなっています。

自動車を購入したときに搭載されていればいいのですが、別で車載器を購入しようと思うとどんな車載器が良いか悩んでしまいますよね。

この記事では「これから車載器を初めて購入する予定」の人にもわかりやすいよう、車載器の選び方や取り付け・セットアップ手順などをわかりやすく紹介します。

有料道路・高速道路でETCを利用するなら必須!ETC車載器とは?

車載器は種類が豊富のため、いざ選ぼうと思ってもどれを選んでいいか悩んでしまうかもしれません。はじめて購入するのならタイプから絞ると良いでしょう。

実はETC車載器は「2ピースタイプ」「3ピースタイプ」「ビルトインタイプ」の3つのタイプに分かれています。

早速代表的な3つのタイプを比較していきましょう。

2ピースタイプ

2ピースタイプ

上の画像のようにETC車載器とETCカードの2つで構成されているので「2ピースタイプ」と呼ばれています。

「アンテナ一体型」とも呼ばれており、障害物などで遮られてしまうと無線通信に失敗する可能性もあるため、基本的にはダッシュボード上に設置されています。

そんな2ピースタイプのメリットは「取り付けが楽」「省スペースでコンパクト」「ETCカードの出し入れがしやすい」の3つ。ただしどうしても目立ってしまうため、盗難の危険性があります。

2ピースタイプの特徴
  • 本体とアンテナを1筐体になった収めたタイプ
  • ダッシュボード上の無線通信の支障にならない場所に取り付けられている

3ピースタイプ

3ピースタイプ

3ピースタイプは車載器本体とアンテナ部、そしてETCカードの3つの要素からシステムが成り立っていることから「3ピースタイプ」と呼ばれています。アンテナから分離していることから「アンテナ分離型」とも呼ばれることも。

ダッシュボード上(バックミラー付近)に小型アンテナだけを取り付け、本体は車内のどこへでも自由に設置することができるのが特徴です。

2ピースタイプと違ってアンテナが分離しているため、車載器の取り付け位置を車内の目立たない場所に設置できるのがメリット。ドライバーの視界をスッキリとさせることができます。

外からも見えにくいため、セキュリティ的にも安心。現在では価格面でも2ピースタイプとそれほど差がないことから、3ピースタイプの方が主流となっています。

3ピースタイプの特徴
  • 本体からアンテナを分離したタイプ
  • 車内のどこでも自由に取り付けが可能(本体の着脱に支障がなければOK)

ビルトインタイプ

ビルトインタイプ

ビルトインタイプは基本的に、新車を購入する際にメーカーに依頼をすることで設置してもらえる車載器です。

センターパネル内に設置されているものが多く、車内の内装にこだわる方に人気が高いです。

ちなみにこの「ピルトインタイプ」には2ピースタイプと3ピースタイプがあります。

ビルトインタイプの特徴
  • 車のインテリアとデザインが一体化したタイプ
  • メーカーによって様々なタイプが販売されている

以上3つの車載器のタイプを紹介しました。それぞれの特徴を活かして、ぜひ自分の車に合う車載器のタイプを検討してみてくださいね。

中古の車載器を利用するときの注意点

知り合いが中古のETC車載器を譲ってくれると言うんですが、中古でも利用できるのでしょうか?
はい、可能ですよ。ただし将来的には旧型のETC車載器は使用できなくなることが見込まれています。もらうときに型をチェックしておくと良いでしょう。

旧型のETC車載器が使用できなくなるのは、ETCシステムそのもののセキュリティ規格が変更されるため。

セキュリティ規格が適用されるのは最長で2030年頃になる予定ですが、セキュリティに問題があれば変更が早まる可能性もあります。

車載器の新規格か旧規格かを確認するには、車載器本体に記載された19桁の「車載器管理番号」を確認しましょう。「1」から始まっている場合は新規格対応、「0」から始まる場合は旧規格対応です。

なお中古のETC車載器を利用するときは車や利用者の情報が変わるため、再セットアップが必要となります。

ETC2.0とは?ETCの旧型より進化した点を解説

現在ETCシステムには、旧型の「ETC」と新型の「ETC2.0」があります。

ETC2.0とはETCがバージョンアップしたもので、自動料金収受のサービスはもちろんのこと、ITSスポットでの渋滞回避支援や安全運転支援などの恩恵を受けることができます。

ETC2.0だと、具体的にどんなことが便利になるんでしょうか?
高速道路と自動車がリアルタイムに情報を連携して渋滞の迂回ルートを教えてくれたり、安全運転をサポートや災害時の適切な誘導を行ってくれるんです。

さらにETC2.0なら圏央道(茅ヶ崎JCT~海老名JCT、海老名~木更津JCT)、新湘南バイパス(藤沢~茅ヶ崎JCT)の通行料金が約2割引になります。

ただしETC2.0を使用するには「ETC2.0対応車載器」が必要になります。車載器を購入するときはチェックしてくださいね。

車載器を取り付けて利用できるまでの時間と料金

車載器を利用するには「取り付け」と「セットアップ」という2つの作業が必要になります。

取り付けは個人でも行うことは可能ですが、セットアップはカー用品店またはディーラーしか行うことはできません。

取り付けがうまくいっていないと故障の原因にもなるため、手間や時間を考えたら取り付けとセットアップを一緒に依頼してしまうのも良いでしょう。

車載器の取り付けに掛かる時間と料金の相場
取り付け時間 60~120分
料金 取り付け費用:4,000~6,000円
セットアップ料金:2,500~3,000円

販売店によってはETC車載器の費用自体に「取り付け費用」や「セットアップ費用」が一緒に含まれている場合も。持ち込みか店内商品購入かでも、作業時間や料金は変わります。

ETC車載器を取り付けてより快適に!

ETC車載器はオンラインまたは実店舗で購入できますが、どちらがお得かは人によって異なります。

できるだけ安く車載器を購入したい人や自分で取り付けができる人は、多くの車載器を比較し最安値を探せるオンラインがおすすめ。

一方で取り付けやセットアップを依頼したり、どんな車載器を選ぶべきか相談したい人は店舗での購入がおすすめです。

自分のカーライフに合わせて最適なモデルを選んでくださいね。

あなたのコメントをどうぞ!