イギリスでクレジットカードはVISAでOK、2枚は持つといい

確実に英語が通じる国と言うことで、イギリスは旅行先としてだけではなく留学先としても人気ですね。あなたがこの記事を読んでいる目的は旅行ですか、留学ですか、それとも現地への赴任でしょうか。

海外旅行先としてのイギリスなら、クレジットカードは安心して使えます。ただし、ヨーロッパなのでマスターカードかVISAのクレジットカードを持ってくおくのがおすすめです。

日本のカードもほとんどIC化されたので安心して使える

ブレグジットが注目されていますが、イギリスもEUの一員でしたから金融ルールもほぼ同じものが適用されます。

ヨーロッパではICチップを搭載していないクレジットカードは使えないと思っておいて下さい。

とは言え、日本のクレジットカードも大半がIC化されましたし、罰則規定こそまだないものの、お店はすべてIC対応することを法律で義務付けられているのですよ。

VISAかマスターカードでないと支払いができないケースが多い

イギリスもヨーロッパの国ですけど、やっぱりマスターカードが強いのでしょうか。JCBカードを持っているんですが、イギリスでは使えないんですか。
JCBもロンドンでなら使えないわけじゃありませんが、使い勝手はよくないですね。やはりマスターカードかVISAのカードを、必ず2枚以上持っておくことが安全です。

クレジットカードも盗難被害に遭うことや、カードトラブルで使用不能になる可能性は常にあります。ですから、スペアカードは必要です。VISA2枚でもマスターカード2枚でも問題ありませんが、1枚ずつと言うのが良い組み合わせです。

チップ用の少額の現金以外全部カードで支払える

イギリスはカード社会です。現金でしか支払えないものは非常に少ないです。

チップ用に1ポンドまたは2ポンド硬貨を何枚かと、5ポンド紙幣と10ポンド紙幣を何枚か持っておけば十分です。

50ポンド(約7,000円)紙幣は高額紙幣として怪しまれたり、お釣りの面で嫌われたりします。持つにしても必ず細かくしておきましょう。

下記の特集記事も是非ご覧ください。

決済通貨は必ずポンドを指定してカード決済する

また、支払の際にポンドか日本円かと尋ねられることがあるのは、他の外国と同じです。必ずポンドで支払いましょう。

ポンドで支払うと、クレジットカードの国際ブランドが決済の日の基準レートで計算して、請求日には日本円で請求されます。

日本円で支払うと、そのお店が決めたレートで換算していますので、大抵の場合割高になります。例えば、100ポンドの買い物をした時のことを考えます。

ポンドでクレジット払いすると、買い物をした日のレートが1ポンド137円で、国際ブランドの決済日のレートが1ポンド138円だった場合、買い物をした日には13,700円だと思っていたのに、あとで請求を見たら13,800円になっていたと言うことが起こります。

一方、逆のケースもあり、円高に振っていたら13,600円の請求になるかも知れません。いずれの場合もカード会社が決めたルールの中で換算されますから、ぼったくられることはありません。

決済通貨を円にすると言った場合は、お店が決めたレートでの換算になります。もし1ポンド160円と設定していた場合、14,000円以下で買える物が問答無用で16,000円になってしまいます。

ドルやユーロの時にも同じ注意があるようですが、海外で使う時は絶対に現地通貨で決済しないといけないのでしょうか。
そんなことはありません。不安定な通貨を使っている国も多いので、「ハードカレンシー」と呼ばれる通貨の国でだけ現地通貨を使えばいいです。それ以外では日本円か米ドルにしましょう。

ハードカレンシーとは次の6種類の通貨です。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 日本円
  • スイスフラン
  • 人民元

バスなど公共交通機関はプリペイドカードで利用する

ロンドンのタクシーの場合、正式なライセンスを持っている車ではクレジットカードが使えます。しかし、バスや地下鉄などはどうでしょう。

実はイギリスにはSuicaのような「オイスターカード」という物があります。

ロンドン市内を中心に各種の交通機関で利用できる、プリペイド式のIC乗車券で割引もあります。

オイスターカードはロンドン域内の公共交通機関で使える

他の国や地域なら「公共交通機関は小銭が必要」と言うところですが、ロンドンならオイスターカード一枚で公共交通機関が利用できます。

  • ロンドンの地下鉄
  • ロンドン・オーバーグラウンド鉄道
  • ロンドン市内のナショナル・レイル
  • ロンドン交通局のバス
  • サウスロンドン・トラム
  • ドックランズ・ライト・レイルウェイ
  • エミレーツ・エア・ライン(テムズ川のロープウェイ)

この他にもテムズ川のリバーボートやロンドン埠頭から出港する周遊クルーズで10%OFFの特典が受けられます。

オイスターカードはクレジットカードで購入できる

オイスターカードは、ロンドン域内の駅にある券売機で購入できます。手近なところで、ヒースロー空港に降り立ったら、ヒースロー空港駅で “Oyster: Buy, top-up and refund” と書かれた券売機を探してください。

券売機の画面には下の方に国旗が並んでいて、日本の国旗もあります。それを選ぶと日本語で案内されますから簡単で良いですよ。クレジットカードも使えます。

この券売機ではVISAとマスターカードの他、JCBやアメックスも使えます。

初回購入時には5ポンドの保証金が上乗せされますが、帰国直前に券売機で払い戻し “Refund” 手続きを行えば戻ってきます。ただし、合計10ポンドまでしか返金されないので、残額を多く残し過ぎないように気を付けて下さい。

最初は20ポンドくらいのチャージにしておいて、残額が10ポンドを切ったら追加チャージすると言う方法がお勧めです。

初めてのイギリスで、いきなり券売機を使うのは難しそうで不安なんですが、オイスターカードを日本で購入することはできないのでしょうか。
できますよ。送料が少し高くつきますが、”VisitBritain” と言うイギリス観光庁の公式オンラインショップで購入できます。特典もある上、ロンドンに着いたらすぐ使えるので便利です。

「オイスターカード VisitBritain 」で検索すればすぐに見つかります。

VISAデビットならイギリスで問題なく利用できる

イギリスではクレジットカードよりデビットカードのほうがより普及しています。もちろんクレジットカードも便利に使えるので何の問題もありません。

イギリスのデビットカードも国際ブランドデビットですので、日本のデビットカードはそのまま使えます。

ただし、お店で使うのはVISAに限られると考えておいたほうが良いでしょう。

イギリスのメガバンクもデビットカードを発行している

イギリスではデビットカードの普及率が高いそうですが、日本のデビットカードも同じように使えるのでしょうか。
VISAデビットであれば全く問題ありません。JCBデビットはATMを除いて使えるところが限定されます。J-デビットは日本国内専用ですので、イギリスでは全く使えません。

イギリスの4大銀行全部がVISAデビットを発行しているので、日本のVISAデビットでも問題なく使えるのです。

  • HSBC銀行
  • ロイズ・バンキンググループ
  • ロイヤルバンク・オブ・スコットランド
  • バークレイズ

これらのVISAデビットは、VISAクレジットカードと同じように利用できます。ですので、イギリスではVISAの国際ブランドの使い勝手が最も良いと言えるでしょう。

旅行の際に日本から持って行くクレジットカードもVISAのものがおすすめです。

VISAのカードは日本のカード会社の大半が発行していますが、海外旅行とVISAカードということで王道とも言うべき3枚とデビットカード2枚を紹介しておきましょう。

イギリスでおすすめなクレジットカード
イギリスでおすすめなデビットカード

留学や赴任の際には、これらのカードに加えて、上の4行のどれかに口座を作ってデビットカードを持つことがおすすめです。

イギリスではなんと言ってもVISAカード

イギリスではVISAカードを2枚持っておけば安心です。さらにVISAデビットも1枚あると特に安心ですね。

クレジット・デビットカードの使い勝手が非常にいいので安心して旅行に出かけられます。

ただし、ロンドン市域外に出る場合には、少し多めに現金を準備しておいたほうが良いかもしれません。もちろん細かいお札にしておいてくださいね。

※ 掲載の情報は2019年1月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!